2018年2月18日 (日)

MFで

今日は天気は良かったが冷たい風が強く寒かった。
森に入ると2羽のヒレンジャクが飛来し午後までヤドリギ周辺で休んだり、ゴルフ場の方へ行ってもまた戻って来ていた。ここ数日は姿が見られなかったので心配していたが安心した。このまま居ついて欲しい。

仲間を呼ぶ声か「ヒーヒー」と鳴いて暫くすると飛びだす ヒレンジャク
Photo

ヤドリギをたくさん食べてまん丸に膨らんでいた ヒレンジャク
Photo_2

この森では久し振りに会えたが♀だけだった ウソ
6668

絶大の人気で大勢のカメラマンを惹きつける ベニマシコ
6847

土手を歩いていると突然オオタカ成鳥が飛んで来て近くの藪に飛び込んだ。獲物を狙ったらしいが、暫くしてヤブから飛び出してきたがその足には獲物は無く失敗だったようだ。正面に向かって飛んで来た精悍な姿が恰好良かった。

獲物を狙って飛び込んだが逃げられ藪から飛び出した オオタカ成鳥
194a6781

狩りに失敗して藪からこちらに向かって飛びだした オオタカ
194a6784

こちらに真っ直ぐに向かってくる正面顔 オオタカ
6785

途中で方向転換して土手を越えて飛んで行った オオタカ
6795

上空ではカラスに絡まれていた オオタカ若
6760

最近ここで良く見られる オオタカ
6764

| | コメント (4)

2018年2月13日 (火)

葦原のケアシ

今日は天気は良いが風が強く寒かった。
広い芦原にケアシノスリが来ているというので行ってみた。現地は風が強く非常に寒かったが、遠くの方に白いノスリの姿が見え、徐々に近づいてきた。頭の上を飛んだり、遠くへ行ったり、広大な葦原を縦横に飛び回っていた。久しぶりのケアシノスリを見られて撮っている間は寒さもあまり感じなかった。また奥の池には7~8羽のヒシクイの群れも見られた。

身体が白いので遠くからでも良く目立つ ケアシノスリ
4187

強風の中を悠々と飛んでいた白さが目立つ綺麗な ケアシノスリ
3998

青空の中で映える尾羽の黒帯が特徴の ケアシノスリ
4037

上面の風切基部に白いパッチが入る ケアシノスリ
4068

其処へ上空を飛んでいた個体がケアシノスリ目がけて急降下 ミサゴ
4104

ミサゴが足指を開いて掴みかかってきたので応戦体勢の ケアシノスリ
4095_2

暫く絡んでいたがその後何事もなく飛び去ったミサゴと ケアシノスリ
4096

電線が入ってますが7羽ほどの群れが飛んで来た ヒシクイ
4119

数百メートル離れた遠くの池に降りようとする ヒシクイ
4167

| | コメント (6)

2018年2月11日 (日)

沼と海岸で

今日は朝から暖かく上着を一枚脱いで丁度良かった。
MFの森には1羽のヒレンジャクが来ていたが余り写真は撮れなかった。先日オオワシが来ている少し遠くの沼とその近くの海岸へ行ってみた。ここへは毎年行っているが、今回はオオワシは飛んでくれたが遠く、海岸での海鳥も種類が少なかった。

沼の上空を旋回後に遠い木の天辺にとまった オオワシ
3448

この日は遠くの方ばかりを飛んでいた オオワシ
3792

もっと遠くへ行ってしまった オオワシ
3266

午後から行った近くの海岸ではウミアイサやシノリガモは居たが毎年この時期に沖合でみられるアビ類は見当たらなかった。

盛んに雌を追いかけまわしていたがアタックは成功か ウミアイサ
3824

デイスプレイでしょうか2羽で近くの雌にアピールする ウミアイサ
3774

ここの磯にはあちこちに居たウミアイサと シノリガモ
3879

黒い身体に光沢のある青色がある細い嘴の ヒメウ
3501

50羽ぐらいの群れが泳いでいた ハジロカイツブリ
3034

鏡のような波の無い水面で ハジロカイツブリ
3019

巨大なコブ白鳥と下を泳ぐ小さなハジロカイツブリの対比が面白い
3770

| | コメント (2)

2018年2月 7日 (水)

冬晴れ

今日も朝は冷え込んだが空気が澄んで真っ青な冬の空が広がった。
MFのいつものヤドリギにはレンジャクが居つかないが近くの別のヤドリギには一昨日は10数羽、昨日は2羽、今日も2羽がやって来て楽しませてくれた。そして公園ではいつものアリスイやベニマシコが人気を集めている。

沢山食べてまん丸くなってヤドリギのそばで寛ぐ ヒレンジャク
5469

今季は近くに現れたり暫く姿を見せなかったりの ヒレンジャク
5521

この日は2羽で行動して長い時間ヤドリギの周囲に居た ヒレンジャク
5239

MF周辺の場所では、

今日のベニマシコ
5923

公園の焼け跡で茎の中に居る餌を赤い舌で吸い出す アリスイ
5447

木のコブで羽繕いをしてリラックスする アリスイ
5833

まだ勢いがつかない飛びだし アリスイ
5866

草はらではたくさんのスズメが餌を探して群れていたが 
5699_2

この時期は少ない餌の奪い合いであちこちで争っていた スズメ
5676

上が優勢か下が優勢かどっちでしょう スズメ
5690


| | コメント (6)

2018年2月 4日 (日)

立春

今日は暦の上では春だがこれからまだまだ寒い日が続くという。
湖そばの土手へ登ってみると目の前の電線に黒っぽい鳥がとまっていた。、この冬にここで越冬している亜種のオオハヤブサだ。いつもは高圧線の鉄塔にとまっていることが多いが高いので見上げてばかりだが、ここはほとんど目の高さでしかも近い!ここから下の湖に沢山居るカモ類を狙っているらしい。しかしここにとまることは稀なのでこの近さで会えればラッキーである。

この日は久しぶりに湖そばの電線にとまって獲物を狙う オオハヤブサ若
4993_2

電線が数本入ってゴチャついてるが豪快に飛びだした オオハヤブサ
7676

多数の電線が邪魔ですが 目線の高さと近さが良い オオハヤブサ
6777

猛禽を見つけ大慌てで移動するカモと 群れに向かって行く オオハヤブサ
5013

獲物は獲れなかったのでいつもの定位置である鉄塔へ戻る オオハヤブサ
5149

いつもの鉄塔にとまる瞬間 オオハヤブサ
194a4227

オオハヤブサ

| | コメント (8)

2018年2月 1日 (木)

田圃の人気者

今日は曇りで午後から雨が降り今夜から明日にかけてはまた雪が降るという。
昨日、だいぶ雪は溶けてしまったがコミミズクが飛ぶ田圃へ再度行ってみた。田圃の畔や草の上に降りたり枝にとまって餌を見つけては飛び回っていたが、この日はなかなか餌が捕れなかったようだ。フワリフワリと飛ぶ姿と顔盤の中の丸い目が愛嬌があって人気者だ。

近くの細い枝に器用にとまって精悍な顔の コミミズク
4868

この日は狭い範囲を飛んだり降りたりして餌探し  コミミズク
4525

頸をクルクル回して餌探しをする コミミズク
4789

餌を見つけて飛びかかったが獲れなかったようだ コミミズク
4773

雪の溶けた田圃の畔に降りた コミミズク
4818

この日は餌を探して短い距離を飛んでいた コミミズク
4666

田圃から葦原へ向かう コミミズク
4667

MFの原っぱで、

真っ青な空に真っ赤な姿が眩しい ベニマシコ
4389_2

この日は良い所に出てきて鳴いていた ベニマシコ
4324

ベニマシコ

| | コメント (4)

2018年1月28日 (日)

残雪のMF

今日は朝から暗い曇り空だったが午後になって西から青空が広がってきた
雪の為閉まっていたMFの森へのゲートが開通した。まだまだ雪の残る森にはレンジャク狙いのカメラマンが20人ぐらいいたが午前中は出なかったようだ。トラツグミやビンズイ、アオジは良く見られたが、その他の鳥は少なかった。猛禽はオオハヤブサが鉄塔の天辺に、ハイタカが森の上空を、ノスリとチョウゲンボウが田圃で見られた。画像は昨日今日に撮ったものです。

冬の青空をバックに ハイタカ
7592

ここ暫く見ていなかったが元気に飛んでいた ハイタカ
7593

いろいろな人口物のある川沿いの田圃で低く飛んでいた ノスリ
3543

後ろの木と重なって見ずらいですが ノスリ
3546

たくさんの枝が被ってますがお腹の色が目立つ アカハラ
3745_2

園路を横切って雪の無い所に移動する トラツグミ
3675

道路際の松並木には複数の個体が餌を探していた ビンズイ
3468

200羽ぐらいの群れが雪のグラウンドに集まっていた スズメの集会
3567

| | コメント (4)

2018年1月25日 (木)

今日の彩湖

今日の最低気温は40数年ぶりとかで昼間も気温は上がらず寒かった。
MFの森はゲートが閉まっていたが彩湖の駐車場へのゲートは開いていた。まだ一面雪に覆われた湖の周辺はジョキングの人もいなくて静かな雪道を土手に上がり湖面を見るとカモの群れの遠くに白い姿のミコアイサ♂と3羽の♀が居た。毎年少数が来てくれるが今年はなかなか見られなかった。やはりMFでその白い姿を見れるのは嬉しい。周辺ではオオジュリンやアオジ、ベニマシコ、ホオジロなどが雪に覆われた葦原で餌を探していた。

今年はMFの湖にやって来るのが遅かった ミコアイサ♂
3075

毎年数は少ないが姿を見せてくれる ミコアイサ
3314

彩湖では数少ないカモの部類に入る ペアのミコアイサ
3333

湖岸でカモを見ていると近くに飛んで来た ベニマシコ
3267_2

湖周辺の葦原で雪の上に出てきた オオジュリン
2886_2

逆光で雪の上にクッキリと影が映った アオジ
3158

帰りに寄った一面雪に覆われた田圃では今まで何処にいたかと思うほどヒバリの数が多かった。他はホオジロ、タヒバリ、カシラダカなどが餌を求めて出てきた。

田圃では群れがあちこちで見られ一番多かった ヒバリ
3368

せっかく現れたが逆光でしかも向こうを向いていた ホオアカ
Hoo

| | コメント (8)

2018年1月24日 (水)

雪の後

東京で久しぶりの大雪の後は雪掻きが大変だし道路も凍り付いて歩きにくい。
近くの公園へ行ってみた。小鳥の姿は余り見られなかったが、ルリビタキやシロハラが少ない餌を求めて雪の中に出てきていた。また歩いていると良い声が聞こえてきたので見上げると10羽程のイカルが居た。天気は良いが明日はもっと寒くなるという。

後ろの小枝が邪魔ですが雪の上に降りた ルリビタキ
2789_3

僅かに枝のまたに残った雪と ルリビタキ
2844

ところどころ残った雪の枝で ルリビタキ
2823

少し解け始めてきた雪の上で何かの餌を見つけた シロハラ
2508_2

顔がだいぶ黒くなってきた アトリ
2536

細い枝にとまり逆さまになって餌をとる イカル
2659

良い声で鳴いていた 餌を口に咥えて満足顔の イカル
2662

大きな木の実を口いっぱいに頬張っていた イカル
2684

枝から枝へ イカル
2693_2

| | コメント (2)

2018年1月20日 (土)

MFにも来た!

今日の午前中はどんよりとした雲で寒かったが午後からは青空が広がった。
最初の森では相変わらず愛想のいいトラツグミがいつもの場所で餌を探していた。そしてお昼ごろに次の森に行ってヤドリギのある木を見ると何とヒレンジャクの群れがとまっていた!数えると15羽の群れだった。数枚シャッターを押したところで直ぐに飛んでしまったので証拠写真程度になってしまった。おまけにまだ曇り空で飛び去った後に急に青空が広がってきた。青空の下で撮りたかったが今季初なので仕方がない。

声が聞こえてきたので見ると15羽の群れがとまっていた ヒレンジャク
2257

まだ曇り空だったので色が良く出なかった ヒレンジャク
2274

ヤドリギの中には入らなかった群れ ヒレンジャク
2281

飛び去ったあと急に青空が広がってきたがまだ空は真っ白 ヒレンジャク
2290

田圃の水路でゴチャゴチャした葦の中に居た ベニマシコ
2196

| | コメント (8)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

日記・コラム・つぶやき | 野鳥 |