« 2022年5月 | トップページ | 2022年7月 »

2022年6月30日 (木)

猛暑日が続く

早くも梅雨が明けて朝からギンギラギンの太陽が照り付け連日の猛暑日となる。
このところ暑すぎて出かける気になれずやっと半日だけ出かけた。公園で繁殖していたツミが巣立したと聞き行ってみた。現地では親は観察できたが幼鳥はまだ高い所に居てよく見えなかった。その後別の公園のアオゲラを確認して暑さに負けて短時間で引き揚げた。

真夏の太陽が照り付ける中で枯れ木にとまっていた成鳥 ツミ♀
194a6086-1

時間差で同じ枯れ木に飛んで来た小柄な体の若い個体 ツミ♂
194a6067-1 

ここの主で子供を見守るスマートな若いお父さん ツミ♂
194a6049-1_20220630193401

樹の高い所にとまっていた幼鳥 ツミ
194a6101-1

猛暑の中で元気に育って欲しい ツミ幼鳥
194a6105-1

別の公園で

大きな木の幹にピッタリと張り付いて登り始めた アオゲラ♂
194a6179-1

樹の幹の根元に降りて来て餌を探していた アオゲラ♂
194a6216-1

地上にいる餌を見つける アオゲラ
194a6225-1

よく鳴くので居場所がわかる アオゲラ
194a6258-1

| | | コメント (0)

2022年6月25日 (土)

巣立ち!

今日はまだ6月だというのに猛暑日となり今後も暑い日が多いという。
毎年同じ所でオオタカが営巣していたが今年は4羽の幼鳥が巣立した。今年は営巣途中で雄親が居なくなり雌が1羽で子育てをしたという。たいした肝っ玉母さんで感心してしまう。いかつい顔をした猛禽も幼鳥のしぐさは可愛い。元気に育って欲しい。

大きな口を開けて「お腹がすいたよ~」と鳴いていた オオタカ幼鳥
194a5791-1

一番上のお姉ちゃんと思われ餌をたっぷりと食べた オオタカ
194a5802-1

暫く止まっていたが羽を伸ばしてストレッチを始めた オオタカ
194a5820-1

翼を大きく傘のように広げた オオタカ
194a5851-1

大きなつばさを目いっぱい広げて伸びをする オオタカ
194a5857-1

「ピーエ ピーエ」と泣いて他の幼鳥と話し合っていた オオタカ
194a5897-1

オオタカ
194a5904-1

こちらの幼鳥もストレッチ オオタカ
194a5908-1

首を傾けて可愛い顔をした オオタカ幼鳥
194a5934-1

| | | コメント (0)

2022年6月19日 (日)

晴れて暑くなった。

今日は朝から青空が広がり1日中晴れて暑くなった。
今まで楽しませてくれた夏鳥は繫殖のため山の方へ行ってしまったので姿はなく寂しくなってしまった森。唯一ホトトギスは鳴いていた。今回は最近に近くの公園や里山へ行ったときの画像です。

近くの公園で目の前の樹に飛んで来てとまった アオゲラ
194a5176-1

近くで営巣しているようだ アオゲラ
194a5206-1

メタセコイヤの天辺で大きな口を開けて鳴いていた ホトトギス
194a5092-1_20220615102901

その後に別の樹にもとまっていた ホトトギス
194a3930-2

先日行った山では仲の良い2羽の ゴジュウカラ
194a3373-1

こちらも可愛い顔をした仲の良い2羽の コゲラ
194a5007-1

餌を口に咥えて満足顔の スズメ
194a2272-1

 

 

 

 

| | | コメント (0)

2022年6月14日 (火)

梅雨の合間

今日は朝から雲の厚いどんよりとした空で午後からは雨が降ってきた。
昨日 久し振りに近県の広い葦原へ行ってみた。コヨシキリは比較的近くにいたが目的のオオセッカは声はあちこちから聞こえていたが姿は遠くて諦めた。またこの時期としては珍しい1羽のチュウヒの姿が見られたが遠すぎた。その代わりではないが期待していなかったコウノトリが新しく建てた巣塔に2羽の個体が入っていた。抱卵中かと思ったがその後2羽とも飛び去ってしまった。

広い葦原の中の巣塔に2羽の個体が入っていた コウノトリ
194a5262-1_20220614194801

暫くして飛び出して塔の周辺を飛び回っていた コウノトリ
194a5317-1

大きいので距離があってもはっきりわかる コウノトリ
194a5302-1

何回か旋回していたがその後2羽とも飛び去った コウノトリ
194a5349-1

1羽が座っていたので抱卵中かと思ったが違うようだ..... コウノトリ
194a5231-1

比較的近くにとまってくれた コヨシキリ
194a5440-1

精一杯の声を張り上げて縄張りをアピールしていた コヨシキリ
194a5470-1

こちらも負けじと数では圧倒的に多い オオヨシキリ
194a5270-1

今頃は多くの個体が子育ての真っ最中 ツバメ
194a6918-1

| | | コメント (0)

2022年6月10日 (金)

梅雨時の鳥

梅雨入りし今日は午後から晴れ間が出たが今週はぐずついた天気となる。
今週は雨が降ったり止んだりの天気が続きあまり外に出られない日が続くが近くの山里や田圃周辺で撮った定番の鳥たちの姿です。

近郷の山で飛びまわっていた可愛い コガラ
194a4271-1

少し見すぼらしい姿で水浴び後でしょうか。餌を咥えた コガラ
194a4286-1

葦の間から姿を見せ周りを警戒する 右を向いて ヨシゴイ
194a4911-1

左を向いて 警戒する ヨシゴイ
194a4906-1

目の前に居た個体がへっぴり腰で飛び出した ヨシゴイ
194a4861-1_20220609160001

どじょうを咥え2羽で餌取りしながら歩く ダイサギ
194a1214-1

田圃の畔でじっと餌を待つ辛抱強い ゴイサギ
194a3307-1

3羽の可愛い雛を連れて カイツブリ
194a4494-1-2

親のお腹の下に潜り込んむ甘えん坊の雛 コチドリ親子
194a3175-1

2羽の小さな子供 コチドリ
194a3250-1



 

 

| | | コメント (0)

2022年6月 4日 (土)

山の水場 Ⅱ

今日は朝から青空が広がり湿気も少なく気持ちのいい日となった。
山の水場では枯れ葉の中で余り綺麗な場所ではないが画像以外にもキビタキやゴジュウカラやコガラなど多くの小鳥たちの自然な姿に会えて楽しいひと時を過ごせた。

余り綺麗とは言えないが山の水場に降りてきた クロツグミ
194a4528-1

水浴びをするいい場所を探している クロツグミ
194a4119-1

水浴びに適当な場所が見つかり水しぶきを上げて クロツグミ
194a4412-1

その後にやってきたのは雌の クロツグミ♀
194a4592-1

クロツグミ♀
194a4610-1

次にやってきたのは足の長い コルリ
194a4081-1

水浴びの場所を探す コルリ
194a4087-1

枯れ葉の中で見つけにくかった コルリ♀
194a4239-1

水場に降りようとする コルリ♀
194a4261-1

小さいので見つけるのが遅く数カット撮ったら飛ばれた ヤブサメ
194a3989-1-1

| | | コメント (0)

2022年6月 2日 (木)

山の水場で

今日は朝から青空が見られ暑くなってきた。
前日 毎年訪れている近県の山の水場へ行ってみた。此処は珍しい鳥は居ないが水場の周辺で営巣するお馴染みの夏鳥たちがいろいろ見られた。落ち葉が多くゴチャゴチャした水場だが一日中居ても飽きない場所である。今回は12種類ほどの小鳥たちが見られた。沢山撮ったので数回に分けて掲載します。

近くで営巣しているのか水場の周りの樹に飛んで来た コサメビタキ
194a4332-1_20220602204401

声が聞こえた後 降りてきた 山の水場にやって来た アカゲラ
194a4314-1

滞在時間が短く直ぐに奥へ飛び去った アカゲラ
194a4318-1

枯れ葉の溜まった水場にやって来た アカハラ
194a4004-1

水場の岸を歩く アカハラ
194a4031-1

綺麗な青い鳥もやって来た オオルリ
194a4197-1

水場に飛び降りる オオルリ
194a4492-1

水場の浅瀬に降りてこの後は水浴びを始めた オオルリ
194a4471-1

ごつい顔だが声は朗らかな綺麗な声の イカル
194a4618-1-1

| | | コメント (0)

« 2022年5月 | トップページ | 2022年7月 »