« 良く鳴いていたジュウイチ | トップページ | 山の水場で »

2022年5月26日 (木)

森もそろそろ

今日は朝は晴れた居たが午後からは雲が多くなってきた。
MFの森へ行ってみると直ぐにホトトギスの声が聞こえてきた。早速先着の仲間と声を頼りに姿を探し始めるが枝葉が茂った森の中では姿をみつけるのは至難であちらこちらと歩き回ってやっと数回とまっている姿を確認できたが先日のジュウイチと同じで高い所を見上げて疲れた。毎年MFの森もホトトギスが来る頃になるとそろそろ夏鳥は殆ど見られなくなる。しかし今のところ1羽のキビタキの声は毎日聞こえて来る。

森の中をあちこち飛び廻り大きく口を開けて囀っていた ホトトギス
194a3587-1

のどを膨らませて「トッキョキョカキョク」と大きな声 ホトトギス
194a3597-1

毎年他の夏鳥が通過した後の遅い時期にやって来る ホトトギス
194a3603-1

又帰り道にも寄って欲しい ホトトギス
194a3536-1

毎日聞こえて来る朗らかな声 いつまで居るのか キビタキ
194a3619-1

数日前の森で良く鳴いていたMFでは遅い通過の若い オオルリ
194a3235-1


少し離れた場所の鎮守の森で

杉の樹の高い所で見張っていた父親の アオバズク
194a3504-1

立派なヒゲが風に靡いているような葦原の夏鳥 オオヨシキリ
194a2678-1

 

| |

« 良く鳴いていたジュウイチ | トップページ | 山の水場で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 良く鳴いていたジュウイチ | トップページ | 山の水場で »