« 2021年9月 | トップページ | 2021年11月 »

2021年10月30日 (土)

少しずつ

今日は朝から青空が広がり昼間は気温も上がり気持ちの良い日になった。
MFの森に入ると意外とカメラマンは少なかった。奥の方へ歩いていくと目の前を黒い鳥が横切ったが早すぎて何かわからなかったが。探していると暫くして目の前の枝にとまった鳥を見るとクロジだった。今季初!また近くの水路には3羽~4羽のジョウビタキが飛び回っていた。今後が楽しみになってきた。

目の前の枝にとまったので動けずに近過ぎた クロジ
194a6395_20211030211201

一度通り過ぎた個体がまた近くに飛んで来た クロジ
194a6391

この冬も宜しくと挨拶に来たような クロジ
194a6400_20211030211301

水路の周辺には3羽から4羽の個体が飛び回っていた ジョウビタキ
94a6333

セイタカアワダチソウの黄色い花にとまった ジョウビタキ
94a6248

MFの森や水路のあちこちに入って来た ジョウビタキ
94a6297

2羽の♀が威嚇し合っていた ジョウビタキ
94a6346

ゴチャゴチャした藪の中を動いていた アオジ
194a6371

 

| | | コメント (0)

2021年10月26日 (火)

曇り空の沼で

今日は朝から雨が降っていたがお昼頃には晴れてきた
昨日 今にも雨の降りそうな暗い沼にいってみた。ハマシギが4羽採餌しているのが見られた。それと1羽のウズラシギも一緒に居た。そして何故か暗い中でコガモやハクセキレイが争っていた。餌場の争いなのかもしれないが自然界の厳しさを知らされた。

そろそろこの沼のシギチも終盤かその中で数羽が見られた ハマシギ
194a5753

3羽しか写ってないが4羽の群れが水の引いた干潟に居た。ハマシギ
194a5728

ハマシギ
194a5734

そして同じ場所に居た1羽の ウズラシギ
194a5845

沼の端の方では2羽の個体が餌場の取り合いか争っていた コガモ
194a5838

相手に噛みつこうと激しく争う コガモ
194a5837 

とうとう片方が相手を倒して馬乗りになって攻める コガモ
194a5836

岸に近い草むらの上でもバトルが始まっていた ハクセキレイ
194a4077

相手を威嚇して追いかける ハクセキレイ
194a4076

しつこく追いかけて餌場から追い払う ハクセキレイ
194a4085 

| | | コメント (0)

2021年10月20日 (水)

ソリハシセイタカシギ

今日は朝は気温が低く天気は真っ青な秋晴れだが北風が強く寒かった。
数日前からソリハシセイタカシギが入っているという沼へ行ってみた。現地では一回目の冬羽の若い個体が始めは沼の真中に居て遠かったがそのうち浅瀬の方に移り比較的近くで観察できた。いつ見ても白黒の美しい鳥だ。今回は久し振りとなった。

数時間まって比較的近くで観察できた ソリハシセイタカシギ
94a5351 
泳いでいるのでは無くここは浅瀬なので歩いている ソリハシセイタカシギ
94a5239

久し振りに会った ソリハシセイタカシギ
94a5168

ソリハシセイタカシギ
94a5245

細い嘴の先端の反りが特徴の ソリハシセイタカシギ
94a5249

白と黒の翼のコントラストが美しい ソリハシセイタカシギ
94a5185

帰りに寄った広い葦原では強い風の中をミサゴやノスリまた早くも冬の猛禽ハイイロチュウヒ♀タイプが飛んでいた

山を背景に飛ぶ大きな ミサゴ
194a5493

ミサゴ
194a5496

今季初の 遠くの高いところを飛んでいた ハイイロチュウヒ♀タイプ
194a5535

| | | コメント (0)

2021年10月18日 (月)

ノビタキ三昧

今日は朝から良い天気になったが急に冷え込んで11月の陽気になった。
近くの河川敷では数羽のノビタキが飛び回っていた。黄色くなったセイタカアワダチソウの天辺にとまったり地上に降りてえさを捕っていた。そろそろ秋のノビタキに会えるのも後わずかになってきた。

いまが盛りのセイタカアワダチソウの天辺にとまる ノビタキ
194a4571

まっ黄色なセイタカアワダチソウに乗ると映える ノビタキ
194a4661

数羽の中に少し顔の黒っぽい個体も居た ノビタキ
194a4526

ノビタキ
194a4546

時々地上に降りて餌を捕っていた ノビタキ
194a4680

横から ノビタキ
194a4694

前から ノビタキ
194a4736

飛び出した後ろ姿 ノビタキ
194a4689_20211018165501

毎年この公園で越冬する ノスリ
194a3628_20211018165601

青空に赤い実が映える ハナミズキ
194a3597

| | | コメント (0)

2021年10月14日 (木)

秋の河川敷で

今日は雨も上がり青空が出て朝は涼しく昼間も秋らしい天気となった。
近くの河川敷の葦原から飛び出して近くの枯れ木に1羽のアリスイがとまった。暫く前から居るらしいがなかなか姿を見せず待つこと数時間やっと出てきた。とても近くしかも比較的長くとまっていたのでしっかり観察できた。

待っていたら目の前の枯れ木にとまった アリスイ
194a4310

非常にリラックスして数分間とまっていた アリスイ
194a4331

何かを探しているような アリスイ
194a4288 
 
地味だが複雑な模様の羽衣を纏った アリスイ
194a4422 
 
また近くの柳の樹には1羽のツツト‘‘リの幼鳥が元気に飛び回っていた。もう数日この周辺に居るらしいがそろそろ越冬地へ帰らないと仲間に遅れをとってしまうのではないかと心配してしまう。

近くの河川敷で元気に飛び回っている ツツト‘‘リ
194a4178

連続で青虫を捕って食べていた ツツト‘‘リ
194a4147

餌を見付けて飛び出す ツツト‘‘リ
194a4036
 
キツツキみたいな恰好で樹の幹にとりついていた ツツト‘‘リ
194a3847 

地上にも降りて餌を探していた ツツトリ
194a4045

| | | コメント (0)

2021年10月10日 (日)

都会の野鳥たち

今日は少し雨が降ったが午後からは晴れ間が出て日差しが強かった。
このところ近くの公園に行っているがツミを良く見かけるようになった。近くの森で繁殖したと思われる幼鳥や立派な体格の成鳥が飛び回っている。この日も近くの枝から飛び出して帰って来たらセミを捕まえていた。

比較的低い枝にとまっていた ツミ♀
4a3753

飛び出してまた同じような枝にとまった足元にはセミを捕まえていた。ツミ
94a3709

獲物が小鳥でなくセミとは少し淋しいが・・・ ツミ
94a3708

食べても少しは腹の足しになるのかな ツミ
94a3706

セミの羽だけ残してまた次の獲物を探す ツミ
A3744

近くの水路では

そして近年は都会にも進出してきて水路でも見られる  イソヒヨドリ
194a3583

都会の水路なので背景はコンクリートで良くないが イソヒヨドリ
194a3593

同じ水路に居た クサシギ
194a3574

良く見られる イソシギ
194a2517

| | | コメント (0)

« 2021年9月 | トップページ | 2021年11月 »