« 残暑お見舞い | トップページ | 定番のシギチ »

2020年8月12日 (水)

田圃や池で

今日も気温は高く照り付ける太陽は厳しかったが午後からは雷雨となった。
毎年これからのシーズンには渡りのシギチが見られる田圃に行ってみると1羽のオオハシシギが休耕田で採餌している姿が見られた。他にはムナグロの群れやコチトリが居たが他のシギチはまだ見られなかった。

休耕田の奥の方で採餌していた この田圃では少数派の オオハシシギ
Cf5a4333_convert_20200812165404_convert_ 

一緒にいるマガモが物凄く大きく見えて大小の対比が面白い  オオハシシギ
Cf5a4330_convert_20200812165230_convert_

草の伸びた休耕田の中に居た タカブシギ
Cf5a3068_convert_20200812183759_convert_

先日行った海辺の公園で成鳥の姿は見られなかったがもう親離れたヒクイナの幼鳥に会えた。子供は数羽居たはずだがこの日見られたのはこの1羽だけだった。他の子供たちはどうしたのだろうか何かアクシデントがあったのかも。それにしても生後何週間かのこの年齢のヒクイナの幼鳥に会えるチャンスは少ないと思う。

大きな石の上に乗って周囲を警戒する 会える機会の少ない ヒクイナ幼鳥
Cf5a4061_convert_20200809200213_convert_

暗い岩の間を抜き足差し足で歩く ヒクイナ
Cf5a40912_convert_20200809200237_convert

明るい場所に出てきた ヒクイナ
Cf5a4106_convert_20200809200309_convert_

開けた場所に出たら走りだした 速い速い!  ヒクイナ
Cf5a4109_convert_20200809201208_convert_


 

 

 

 

| |

« 残暑お見舞い | トップページ | 定番のシギチ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 残暑お見舞い | トップページ | 定番のシギチ »