« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

2020年8月31日 (月)

涼しい風が吹く

今日は雲が多く涼しい風が吹いて日蔭に居ると気持ち良く過ごし易かった。9月に入っても暑い日はありそうだがそろそろ猛暑日は終盤か。
MFの森では今日もサンコウチョウが居るというので探すとシジュウカラやエナガの群れと一緒に飛び回っていた。なかなか良い所にはとまってくれず撮り難かった。またツツドリは居るのだが一瞬だけ姿を確認できたぐらいだった。

シジュウカラやエナガの群れと一緒に今日も居ました サンコウチョウ幼鳥
Cf5a6690_convert_20200831195716_convert_

なかなか良い所にとまってくれず非常に撮り難かった サンコウチョウ
Cf5a6703_convert_20200831195437_convert_

近くの公園では

2羽の個体が見られた ここではこれから冬にかけて見られる ヤマガラ
Cf5a6654_convert_20200831072817

羽を広げて餌の木の実を食べていた ヤマガラ
Cf5a6596_convert_20200831072717 

先日 少し遠くの田圃でハジロコチドリに会った。海沿いの干潟などを好むが内陸の田圃に飛来するのは数少ない。

内陸の田圃では珍しい 足のオレンジ色が鮮やかな ハジロコチドリ
Cf5a5130_convert_20200825074328_convert_

田圃の奥の方に居たが飛んで近い所に降りた ハジロコチドリ
Cf5a5137_convert_20200825074348_convert_

水の溜まった所に降りて飲んでいた ハジロコチドリ
Cf5a5138_convert_20200825074413_convert_

羽にハッキリとした白い翼帯が見られる証拠写真 ハジロコチドリ
194a3605_convert_20200825074300_convert_

後ろからの飛翔姿 ハジロコチドリ
194a3603_convert_20200825074233_convert_

| | コメント (0)

2020年8月28日 (金)

森にも渡り鳥が

今日は明け方にかなりな雨が降ったが昼間は晴れてお決まりの猛暑。
昨日森で数羽のツツドリが桜並木に来ていたので今日も寄ってみた。ツツドリが出てくるのを待っているとシジュウカラの群れと一緒にサンコウチョウが飛び回っていた。今年も森に小鳥たちが寄ってくれる秋の渡りが始まっている。

シジュウカラの群れと一緒に柳の樹の中を飛び回っていた サンコウチョウ
Cf5a6485_convert_20200828160646_convert_

まだ木々の葉が多いのでなかなかスッキリしない サンコウチョウ幼鳥
Cf5a6473_convert_20200828160617_convert_

来年の春には長い尾羽になって来て欲しい サンコウチョウ
Cf5a6503_convert_20200828160707_convert_

次の場所へ飛び移る用意 サンコウチョウ
Cf5a6548_convert_20200828160727_convert_

同じ森で

昨日森の桜並木に3羽の個体が来ていたが今日は2羽が見られた ツツドリ
Cf5a6315_convert_20200828161006_convert_

暑い中ご馳走のケムシを探す ツツドリ
Cf5a6243_convert_20200828160836_convert_

見事捕まえました!ツツドリ
Cf5a6262_convert_20200828160904_convert_

おいらにはやっぱり毛虫が一番の好物🐛 ツツドリ
Cf5a6268_convert_20200828160938_convert_

この桜には毎年今頃の時期に寄ってくれる ツツドリ
Cf5a6237_convert_20200828165108_convert_

 

| | コメント (2)

2020年8月26日 (水)

今日の田圃

今日も照りつける太陽はギンギラギンの残暑
いつもの田圃には昨日入ったアカエリヒレアシシギが今日も元気に餌を探していた。そしてカルガモの群れの中に小さなカモが一緒に飛んで居た。降りたところへ行ってみると狭い水路に2羽のシマアジが泳いでいた。夏羽のように綺麗ではないが春と秋に寄ってくれるので楽しみです。

今日も滞在していました毎年少数が見られる アカエリヒレアシシギ j
Cf5a5735_convert_20200826195650_convert_

小さくて可愛いがクルクルと忙しなく動いてます アカエリヒレアシシギ
Cf5a5817_convert_20200826195711_convert_

中途半端に羽を上げた アカエリヒレアシシギ  j
Cf5a5831_convert_20200826195731_convert_

長い旅の途中に近くの田圃に寄ってくれた アカエリヒレアシシギ
Cf5a5888_convert_20200826195752

そして稲田の間の水路には

稲田の間の狭い水路に降りてカルガモと一緒に居た シマアジ
Cf5a6095_convert_20200826200034_convert_

2羽が入っていて仲良く行動していた シマアジ
Cf5a6088_convert_20200826200009_convert_

右上のカルガモが大きいので羽ばたいても小さく見える シマアジ♂
Cf5a6037_convert_20200826195824_convert_

空気が揺いでいるので鮮明ではないが今日は2羽に増えていた シマアジ
Cf5a6159_convert_20200826195918_convert_

黄金色に染まる稲穂の田圃を飛ぶ2羽の シマアジ♂
Cf5a6165_convert_20200826195941_convert_

| | コメント (0)

2020年8月24日 (月)

少し暑さ和らぐ

今日の朝は久し振りに涼しく感じたが午後からは気温が上がり明日からはまた暑くなるという。
いつもの田圃より少し遠くの田圃にツバメチドリがいるというのでいってみた。着くと2枚の休耕田の真中の畔にムナグロやタカブシギやキアシシギなどと一緒に居た。かなり距離があり余り鮮明には撮れなかったが楽しめた。

田圃の真中の畔で休んでいた ツバメチドリ
Cf5a5387_convert_20200824195439_convert_

1羽では寂しそうな ツバメチドリ
Cf5a5392_convert_20200824195505_convert_

羽繕いのあとはねを広げてジャンプしたりしていた ツバメチドリ
Cf5a5426_convert_20200824195531_convert_
青空を飛んで欲しかったが・・翼下面の赤褐色が綺麗な ツバメチドリ
Cf5a5541_convert_20200824195559_convert_
夏羽のような顔とは違い地味な感じの ツバメチドリ
Cf5a5620_convert_20200824195646_convert_

数羽の個体が居た キアシシギ
Cf5a5375_convert_20200824195300_convert_

後ろ姿の タカブシギ
Cf5a5373_convert_20200824195359_convert_  
いつもの田圃では

3羽の個体が居たらしい ヒバリシギ
Cf5a4925_convert_20200824205840_convert_

小さくて可愛い ヒバリシギ
Cf5a4958_convert_20200824205917_convert_
 

| | コメント (0)

2020年8月21日 (金)

厳しい残暑

この夏の気温は35度や36度はあたりまえとなってきて厳しい暑さが続く。
一週間ぐらい前にオオハシシギが見られたがその後姿が見えず抜けたかと思っていたが今週になってまだ居ることが分かった。他にはムナグロの群れもいるが以前より数が少ないしタカブシギが時々見られるくらい。

抜けたかと思っていたがまだ居ました オオハシシギ
Cf5a4884_convert_20200821185352_convert_ 

畔で寛ぐ オオハシシギ
Cf5a4890_convert_20200821184908_convert_

広範囲に行動している シロチドリ
Cf5a4393_convert_20200821201042_convert_

1羽だけで居た真っ黒な夏羽の ムナグロ
Cf5a4441_convert_20200820075947

草の畔の上に居ると可愛く見える ムナグロ
Cf5a4701_convert_20200820080017

グルグルと田んぼの上空を飛んでいた タカブシギ
Cf5a4750_convert_20200820075655 

一部の田圃で はもう稲刈りが始まっている。その刈り終わった田圃で親離れした3羽のチョウゲンボウが餌を探していた。

稲刈りの終わった田圃の上空で餌を探してホバリング チョウゲンボウ
Cf5a4789_convert_20200820075724

地上に降りていたが餌は持っていなかった チョウゲンボウ
Cf5a4830_convert_20200820075820_20200820131601

飛び出した チョウゲンボウ
Cf5a4831_convert_20200820075842

 

| | コメント (0)

2020年8月17日 (月)

定番のシギチ

今日も猛暑! 静岡では41.1度と国内の最高気温が記録されたという。
先日海辺の公園へ行ってみた。シギチが多く見られるかもと期待してたが  定番のアオアシシギやタカブシギやキアシシギなどが見られた。暑いので公園の一部分しか回らなかった。これから徐々に増えていくと思われる。

この場所には4羽の個体が見られた定番の アオアシシギ
Cf5a4672_convert_20200817072826_convert_

いつ見ても可愛い! この時期定番の タカブシギ
Cf5a4622_convert_20200817073533_convert_

タカブシギ
Photo_20200817192001

この池では2羽の個体が見られた キアシシギ
Cf5a4684_convert_20200817073340_convert_

水の引いた干潟を歩いて餌を探す イカルチト‘‘リ
Cf5a4534_convert_20200817072859_convert_

イカルチト‘‘リ
Cf5a4559_convert_20200817072950_convert_

数羽の群れが水浴び後に飛び出した コムクドリ
Photo_20200817192401

子供が巣立ちした後の オオヨシキリの巣
Cf5a4120_convert_20200817183900_convert_

| | コメント (0)

2020年8月12日 (水)

田圃や池で

今日も気温は高く照り付ける太陽は厳しかったが午後からは雷雨となった。
毎年これからのシーズンには渡りのシギチが見られる田圃に行ってみると1羽のオオハシシギが休耕田で採餌している姿が見られた。他にはムナグロの群れやコチトリが居たが他のシギチはまだ見られなかった。

休耕田の奥の方で採餌していた この田圃では少数派の オオハシシギ
Cf5a4333_convert_20200812165404_convert_ 

一緒にいるマガモが物凄く大きく見えて大小の対比が面白い  オオハシシギ
Cf5a4330_convert_20200812165230_convert_

草の伸びた休耕田の中に居た タカブシギ
Cf5a3068_convert_20200812183759_convert_

先日行った海辺の公園で成鳥の姿は見られなかったがもう親離れたヒクイナの幼鳥に会えた。子供は数羽居たはずだがこの日見られたのはこの1羽だけだった。他の子供たちはどうしたのだろうか何かアクシデントがあったのかも。それにしても生後何週間かのこの年齢のヒクイナの幼鳥に会えるチャンスは少ないと思う。

大きな石の上に乗って周囲を警戒する 会える機会の少ない ヒクイナ幼鳥
Cf5a4061_convert_20200809200213_convert_

暗い岩の間を抜き足差し足で歩く ヒクイナ
Cf5a40912_convert_20200809200237_convert

明るい場所に出てきた ヒクイナ
Cf5a4106_convert_20200809200309_convert_

開けた場所に出たら走りだした 速い速い!  ヒクイナ
Cf5a4109_convert_20200809201208_convert_


 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年8月10日 (月)

残暑お見舞い

暦の上では立秋を過ぎましたが猛暑の毎日です。身体に気をつけましょう

太平洋の大海原を優雅に飛ぶ アホウドリ
Cf5a2352_convert_20200810065111_20200810070001

 アホウドリ
194a5858_convert_20200810065144_20200810070001

 

| | コメント (0)

2020年8月 5日 (水)

暑くなった

梅雨が明けたら毎日暑い日となったがこれから暫くは猛暑が続くようだ。
田圃を廻ってみると雨で水のたまった所には数羽のクサシギがいた。また昨年と同じ場所には1羽のシロチドリの姿が見られた。 近場の田圃にはジシギが少しずつ増えてきているがまだ他のシギチの姿は余り見られない。

猛暑の田圃には6羽の個体が居たが画面には3羽しか入ってない クサシギ
Cf5a3655_convert_20200805200537_convert_

背丈が伸びてきた稲の間を飛ぶ クサシギ
Cf5a3592_convert_20200805200514_convert_

雨水の田圃は猛暑が続くと干上がってしまう 昨年と同じ? シロチドリ
Cf5a3674_convert_20200805200608_convert_ 

近くの公園には秋の七草のひとつのオミナエシの花に昆虫好きに人気のある青いハチのオオセイボウが数羽やってくる。光沢のあるブルーが鮮やかだ。

オミナエシの黄色の中の青いハチは良く目立つ オオセイボウ
Cf5a3783_convert_20200805200423_convert_

オオセイボウ
Cf5a3821_convert_20200805200332_convert_

此処には4個体が居て交互にやって来る オオセイボウ
Cf5a3876_convert_20200805200358_convert_

近くには宝石のような綺麗な色の タマムシ
Cf5a3703_convert_20200805200659_convert_ 

カブトムシやクワガタが樹液を吸いにたくさん集まっていた。
Cf5a2995_convert_20200805200452

 

 

| | コメント (0)

2020年8月 1日 (土)

梅雨明け

今日は朝から青空が広がり梅雨明けとなった。これまで雨の日が多かったのでこの青空はまぶしかった。
数日前の雨で良い具合に水の溜まった休耕田に渡来数の少ない夏羽のサルハマシギが入っていた。この周辺の田んぼでも少数派のシギで貴重な存在である。しかし残念ながら今日は姿が見つからなかった。渡りの他のシギチたちもこれからいろいろ入って来ることを期待しよう。

渡来数が少くこの田圃では特に珍しいまだ夏羽の サルハマシギ
Cf5a3316_convert_20200731070248_convert_

雨水のたまった休耕田にやって来た サルハマシギ
Cf5a3256_convert_20200731070039_convert_

春と秋に見ることが多いがはやくも真夏にやって来た旅鳥 サルハマシギ
Cf5a3273_convert_20200731070110_convert_

半分が水の中に入ってますが足が長くスマートに見える サルハマシギ
Cf5a3290_convert_20200731070139_convert_

前からの サルハマシギ
Cf5a3308_convert_20200731070204

浅い水中の中の小さな餌を探す サルハマシギ
Cf5a3318_convert_20200731070330_convert_

まだたっぷりと夏羽の残っている サルハマシギ
Cf5a3351_convert_20200731070459_convert_

羽繕いの後で羽が乱れている サルハマシギ
Cf5a3190_convert_20200731070526_convert_

 

 

| | コメント (2)

« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »