« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年7月30日 (木)

まだ居ます。

毎日雨がふったりやんだりの暗い空模様。
雨の降り始めた沼に久し振りに行ってみると数週間前に居たアカガシラサギが葦から葦へと飛んだ。一時居なくなったと思われていたが早朝と夕方には沼に帰って来ると聞いていた。この沼を塒にしているらしいが昨日は正午ごろに飛び出し元気な姿を見ることが出来た。

数週間前と同じ場所を昼間も飛び回っていた アカガシラサギ
Cf5a3401_convert_20200729214156_convert_

雨がぽつぽつ降ってきた沼を葦の島から葦へ飛ぶ アカガシラサギ
Cf5a3396_convert_20200729214138_convert_

一時姿を見られなかったが早朝と夕方には帰って来るという アカガシラサギ
Cf5a3405_convert_20200729214116_convert_

今日は昼間から見られた アカガシラサギ
Cf5a3412_convert_20200729214246_convert_

これからは田圃に渡りのシギチがやってくる季節になった。毎年クサシギは早い時期から見られるが今季も2羽の個体を見ることが出来た。

田圃の水路でザリガニを採った クサシギ
Cf5a3092

2羽の個体が仲良く餌を探していた クサシギ
Cf5a3100

| | コメント (0)

2020年7月26日 (日)

雨の連休

今日も朝から雨が降ったり急に青空が出たりまた激しい雨が降ったりと大気の不安定に伴い目まぐるしく変わる天気になった。
ころころ変わる天気だが昼前に青空が見えた短時間に近くの森へ行ってみると久し振りにオオタカの成鳥がわりと近くにとまっていた。

比較的近い柳の樹にとまっていた オオタカ♀
Cf5a2962_convert_20200726161630_convert_

盛んに後ろの方を気にしていた オオタカ
Cf5a2968_convert_20200726161654_convert_

何かを見つけたのか突然向きを変えて飛び立つ準備 オオタカ
Cf5a2973_convert_20200726161721_convert_

飛び出し オオタカ
Cf5a2976_convert_20200726161742_convert_

そのまま森の奥の方へ飛んで行った オオタカ
Cf5a2977_convert_20200726161806_convert_

寝癖のついた頭の成鳥がじっと置物のようにとまっていた ゴイサギ
194a5465_convert_20200726094721_convert_

少し遠かったがオイカワを捕まえた ササゴイ
194a6184_convert_20200726094842_convert_

獲物の魚を落としてしまった ササゴイ
194a6185_convert_20200726094911_convert_

まだ居るようです! 姿を見れるのは早朝飛び立って日没前には帰ってくるとかこの沼を塒にしているようです 画像は先日撮ったもの。アカガシラサギ
Cf5a1964_convert_20200726095512

| | コメント (0)

2020年7月23日 (木)

梅雨ももう少し

今日は朝から雨が一日中降っていたが来週には梅雨も明けそう。
毎年この時期になるとこの公園にはコムクドリの大きな群れがやって来る。今年も50羽とも100羽とも言われる群れが池の端で水浴びをしたりネムの樹の中にとまって羽繕いをしていた。

もう繁殖の終わった50羽程の群れが飛び回っていた コムクドリ
Cf5a1712_convert_20200714130228_convert_

赤いホッペがチャームポイントの コムクドリ♂
Cf5a1703_convert_20200714123826_convert_ 

群れの中には多くの幼鳥も混じっていた コムクドリ幼鳥
Cf5a1684_convert_20200714123723_convert_

幼鳥は可愛い!一生懸命仲間と一緒に飛び回っていた コムクドリ
Cf5a1692_convert_20200714123748_convert_

満開のネムの花咲く樹の中で休憩する コムクドリ
Cf5a1304_convert_20200714104438_convert_

コムクドリ
Cf5a1381_convert_20200714104510_convert_

日差しを避けて葉の陰にかたまっていた コムクドリ
Cf5a1408_convert_20200714104538_convert_

青虫のご馳走を捕まえた コムクドリ
Cf5a1518_convert_20200714120549_convert_

地上の池の端で水浴びをする コムクドリ
Cf5a1564_convert_20200714122156_convert_ 


 

| | コメント (3)

2020年7月19日 (日)

鎮守の森で

今日は今月に入って初めて一日中青空が広がり暑くなった。
鎮守の森のアオバズクが巣立ちしたというので行ってみた。一番子の時は親と並んでいたが今日はすでに高い所に3羽の幼鳥が移っていて良く見えなかった。また同じ森で3羽のツミも巣立ちしていて飛び回っていた。そして近くの川では毎年ササゴイが餌のオイカワを捕るが今日は水が多く流れも早いので餌捕りの場面には会えなかった。

巣立ちした一番子に親が寄り添ってガードしていた アオバズク親子
Cf5a2377_convert_20200718083013_convert_

これは何? 団子3兄弟と+親 アオバズク
Cf5a2479_convert_20200719170029_convert_

アオバズクと同じ森で巣立ちし 親が持ってくる餌を待つ ツミ幼鳥
Cf5a2520_convert_20200719195856_convert_

むしった鳥の羽を口につけ足にはしっかり獲物を掴んで幼鳥に餌を運ぶ ツミ
Cf5a2422_convert_20200718210743_convert_

この時は長い時間獲物を狙っていたが魚を獲れなかった ササゴイ
Cf5a2474_convert_20200719170442

ササゴイ
Cf5a2691_convert_20200719170255_convert_

上空をトビが飛んだらこんな格好をしていた 擬態と思われる ササゴイ
Cf5a2681_convert_20200719170216_convert_

小雨の降る暗い田圃の真中にとまっていた オオタカ若
Cf5a1735_convert_20200718083530_convert_

一家でくつろいでいた キジ
Cf5a2722_convert_20200719165941

| | コメント (0)

2020年7月16日 (木)

梅雨の沼

今日は久し振りに一日中曇りで昼間は少し青空も出た。
梅雨の最中に近くの沼にアカガシラサギが居るというので行ってみた。沼の中にある葦の間を行ったり来たりしていたが鳥との距離はかなりあった。何回も見ているが赤褐色の身体と真っ白な翼が美しい。

鳥との距離は遠かったが葦から別の葦へと飛ぶ アカガシラサギ
Cf5a1864_convert_20200716183146_convert_

暗い梅雨空の沼を飛ぶ アカガシラサギ
Cf5a1949_convert_20200716184355_convert_

沼の中の葦の中に降りようとする アカガシラサギ
Cf5a1917_convert_20200716184902_convert_

アカガシラサギ
Cf5a1919_convert_20200716185457_convert_

赤褐色の身体と白い翼のコントラストが美しい アカガシラサギ
Cf5a2083_convert_20200716185942_convert_

アカガシラサギ
Cf5a2029_convert_20200716190439_convert_

対岸の葦の根元に降りたが遠すぎた アカガシラサギ
Cf5a1994_convert_20200716190841_convert_

| | コメント (0)

2020年7月12日 (日)

3兄妹

今日は朝は曇っていたが久し振りの晴れ間があり昼間は非常に暑くなった。
前回と同じ場所に行ってみると3羽の幼鳥は親が餌を持ってくるのを待つ間は兄妹で活発に飛び回っていた。近場のツミなど毎年3~5羽の雛を育て巣立しているのに翌年やその後の飛来数などからは数が増えているようには思えない。無事に成鳥までになるのは1羽ぐらいという話も聞くが自然界の厳しさ故なのだろうか。

3兄妹の子供達が横に並んでとまっていた ツミ幼鳥
Cf5a0943_convert_20200706153159_convert_

羽繕いをしたり伸びをしたり思い思いの仕草をしていた ツミ
Cf5a0984_convert_20200706175405_convert_

松の木の低い所を飛び回っていた ツミ
Cf5a0758_convert_20200706202751_convert_

子供は仕草が面白い ツミ
Cf5a0731_convert_20200706202836_convert_

次に飛び移る場所はと探しているような ツミ
Cf5a0745_convert_20200706211156_convert_

足を伸ばしてえだに飛び移るのが上手くなった ツミ
Cf5a0757_convert_20200706211234_convert_

見通しの良い樹の先端にとまっていた幼鳥 ツミ
Cf5a0850_convert_20200706213552_convert_

其処に近くに居たオナガの親が飛んで来て襲い掛かった ツミ
Cf5a0855_convert_20200706213630_convert_

オナガに攻撃されてビックリ! 追い払われてしまった幼鳥 ツミ
Cf5a0856_convert_20200706213659_convert_

| | コメント (0)

2020年7月 7日 (火)

近くの公園で

今日も雨が降ったりやんだり前線が停滞して梅雨のまっただ中。
近くの公園のツミを見に行った。この番いは♂は少し若い個体だが♀は立派な体格で見事に3羽の雛を巣立ちさせた。最近は♂♀が若い個体や片方が若い個体の番いが良く見られるようになったと思う。

子供を守るのは立派な体格をしている母親 ツミ♀
Cf5a0474_convert_20200706122947_convert_

餌を持ってきて雛に与えた後一休み お父さんは少し若い ツミ♂
Cf5a0552_convert_20200706123046_convert_

お母さんは丁寧に羽の手入れをしていた ツミ♀
Cf5a0652_convert_20200706123151_convert_

子供達の近くに飛んで来たカラスを追い払いに飛びだす母親 ツミ♀
Cf5a0737_convert_20200706123224_convert_

木陰でじっと餌を待つ3羽のうちの1羽 ツミ幼鳥
Cf5a0607_convert_20200706123121_convert_

木陰に居たのは母親と末っ子 ツミ親子
Cf5a1005_convert_20200706123346_convert_

ツミが営巣している所には必ずと言っていいくらいにオナガも営巣している。カラスなどの天敵をツミが追い払ってくれるからと言われているが時にはツミに子供を奪われることもある。今回はオナガの幼鳥が落ちてしまい必死に這い上がろうとしていた。

直ぐ近くには数個の巣があるが1羽が落ちて藪の中に居た オナガ幼鳥
Cf5a1017_convert_20200706123602_convert_

何とか藪から出て来たが不安そうな顔 がんばれ!がんばれ! オナガ
Cf5a1048_convert_20200706123622_convert_

上では母親が盛んに鳴いて呼んでるよ 少しずつ灌木を登り始めた オナガ
Cf5a1072_convert_20200706123810_convert_

| | コメント (0)

2020年7月 3日 (金)

コウノトリ

今日は午後から雨となり蒸し暑かった。
先日の天気が良い日にすでにテレビや新聞で報道され人気の繁殖中のコウノトリを見に行った。巣の中の雛はかなり大きくなって遠くても良く分かる。日差しが強いので親は羽を広げて日蔭をつくったり近くの沼から水を含んで来て雛に与えたりしてしていた。東日本での野外繁殖は初というコウノトリに大勢の人が集まっていた。

広い草はらの中の近くの沼へ餌捕りに向かう コウノトリ
194a3339_convert_20200703184902_convert_

沼の岸部を餌を探しながら歩く コウノトリ
194a3324_convert_20200703183317_convert_

餌は捕れなかったが水を口いっぱいに含んで巣へ コウノトリ
194a3355_convert_20200703183404_convert_
巣には可愛い数羽の雛が待っている コウノトリ
194a3390_convert_20200703183127_convert_

早速口の中に含んできた水を雛たちに掛けて身体を冷やす コウノトリ 
194a3410_convert_20200630195235_convert_

巣の中の2羽の雛に一緒に水を与える コウノトリ
194a3413_convert_20200630071625_convert_

1羽の雛は親の嘴の中にまで突っ込んで飲んでいた コウノトリ
194a3430_convert_20200703182919_convert_

満足したのか水を貰った雛はリラックス コウノトリ
194a3478_convert_20200701170839_convert_

交代で巣の中の雛を守ってるが2羽が揃うと嘴を「カタカタ」と合わせて
コミニュケーションを取っている コウノトリ
194a2876_convert_20200703191739_convert_

 

 

| | コメント (2)

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »