« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月26日 (木)

今年もあと数日

今日は雲が多く薄日は射したが風が無かったので寒さはあまり感じなかった。
冬は良く行く少し遠くの田圃の調整池に近県で繁殖して放鳥された2羽のコウノトリが仲良く餌を捕っていた。将来的にはもっと多くのコウノトリが田圃の空に舞う日がやって来ることを願っている。

国内で繁殖して放鳥された個体が調整池に コウノトリ
0118_20191226194301

大きな体格で優雅に歩いていた コウノトリ
0027

2羽が嘴をカタカタと合わせてコミニュケーションをとる コウノトリ
0127_20191226194501

いつも一緒で仲の良い2羽 コウノトリ
0141

羽繕いの仕方まで同じ コウノトリ
0142

ときには大きな羽を広げて コウノトリ
0096

近くの田圃では

猛禽の中でも小さくて可愛い コチョウゲンボウ♂
Photo_20191226194701

ピンボケですが 離れた所には コチョウゲンボウ♀タイプ
0355

| | コメント (0)

2019年12月21日 (土)

白と黒

遠征2日目は朝から曇りで午後からは雨が降り暗い天気となった。あちこちの田圃には沢山のマガンの群れとその中に少数のハクガンが見られた。また別の群れの中には予想をしていなかった1羽のコクガンが居た。この日は白と黒のガンを堪能した日となった。今回はクラブの仲間との東北探鳥の旅でした。

マガンが群れる田圃の畔に白い群れが居た。ハクガン
9735_20191220213101

白いので小雨が降る暗い田圃でもすぐわかる ハクガン
9802_20191220213201

周りに居たマガンが飛び立ったので一緒に飛び出した ハクガン
9811_20191220213301

雨に煙る田圃の遠くの方を飛ぶ ハクガン
9909

旋回してまた近くに降りた ハクガン
9976

マガンの群れの中に居た1羽の黒い コクガン
9549

海辺の沿岸でみることが多いが田圃で見ることは少ない コクガン
9999

仲間からはぐれて1羽は寂しい コクガン
9582

沼に浮かんでいたが飛び立って目の前を通過して行った カワアイサ
9096

 

| | コメント (0)

2019年12月19日 (木)

遠征

今日は雨が降り気温も上がらず寒く暗い一日となった。
先日 東北のガンの越冬地へ遠征した。10万羽以上のマガンをはじめヒシクイやハクガンやシジュウカラガンが群れてる沼と田んぼを走り回ったが。目的の鳥には会えなかった。しかし久し振りに訪れた東北の地の探鳥は楽しかった。

日の出前に一斉に飛び立つ群れ マガン
8682_20191219090001

早朝の月と マガン
8660

日の出とともに真上を飛んで行った シジュウカラガン
8784

沼に居た数種類のガンが一斉に飛び立った ヒシクイ
9065

田圃の畔に居た カリガネ
9437 

飛び立ち準備の カリガネ
9442

マガンにつられて飛び立つ カリガネ
9443

カリガネ
9460

| | コメント (2)

2019年12月15日 (日)

今週の鳥

今日も天気は良かったが少し風があり冷たかった。
今回は最近あちこちで撮った野鳥たちです。同じ所でいろいろの種類には会えませんが 山や公園や川で今季初めてのウソやクロジに会えました。

近郷の山へ行くと遠くの樹にとまっていたペアの アカウソ
7166_20191209220501

ゴチャゴチャした細いツルの向こう側にとまっていた コチョウゲンボウ
7705_20191211184501

暗い藪から警戒しながら出てきた クロジ
8254

いろいろな小鳥がやって来た クロジ
8306

近くの川には♂や♀がたくさん泳いでいた  ミコアイサ
7618_20191211184601


 


| | コメント (0)

2019年12月12日 (木)

広い田圃で

今日は朝から気温が高く12月とは思えない陽気になった。
少し遠くの広い田圃へ行ってみた。車を流していると柱の上にハヤブサの♀がとまっていた。ながい間じっとしていて貫禄十分。次に車を止めた真横の葦から獲物を掴んで猛禽が飛び上がった。よく見るとスズメを捕まえたハイタカで後ろ姿になってしまった。この田圃には良く行くが猛禽が面白い。 

柱の上にとまっていたのは一時注目を集めた大きな ハヤブサ♀
7730 

真下までいっても動かず貫禄十分な ハヤブサ
7776

ハヤブサ髭も濃くて褐色味があり腹の横斑も太い ハヤブサ ♀
7782

近くから飛び上がった足には獲物をしっかりと掴んでいた ハイタカ♀
6730_20191207161401

気がつくのが遅く後ろ姿になった 獲物はスズメのよう ハイタカ
6737_20191207161401

しっかりと掴んで飛び去った ハイタカ
6736_20191207161501

逆光の中で変な色になってしまった ハイイロチュウヒ
7919_20191207193501

ミヤマガラスの中に居たシロマルの コクマルガラス
8064

帰り道の途中にとまっていた群れには2羽がいた白黒の コクマルガラス
8056

| | コメント (2)

2019年12月 8日 (日)

紅葉の低山で

今日の朝は冷えたが晴れて日差しがあったので比較的過ごし易かった。
先日 低山へ行った帰りに寄ったクマタカの居る湖岸では今年生まれの幼鳥が良く飛んでくれた。山はまだ木々の紅葉が見られその中を飛ぶ大型の猛禽は見栄えがした。遠かったが久しぶりのクマタカはやはり恰好良かった。

遠い対岸の崖の樹にとまっていた クマタカ幼鳥
0169

遠くても精悍な顔の大型の猛禽 クマタカ
0205

急に飛び出した クマタカ
0223

近郷の低山ではまだ沢山ある紅葉の木々の中を飛ぶ クマタカ
0246

 紅葉と クマタカ
0236_20191203081701

紅葉と針葉樹の緑の中を鳴きながら飛ぶ クマタカ
0246-2

稜線の上高くを飛ぶ クマタカ
6578

| | コメント (0)

2019年12月 6日 (金)

沼の珍客

今日は午前中は晴れ間もあったが午後からは雲に覆われて暗くなった。
近くの沼にツクシガモが入っているというので行ってみる。着いたのが午後になり雲も厚くなり暗くなってきたが1羽のツクシガモが居た。おまけにかなり距離があり色も良く出なかったがこの沼では珍しいと思われる。他にここでは余り見られないオオハシシギやハマシギの大きな群れも見られた。

午後からは暗くなり色が良く出なかったが この沼では珍しい ツクシガモ
0324

関東への渡来数は少ないカモ 水の引けた干潟に1羽が居た ツクシガモ
0486

暗くて色も目も出ない もっと天気の良い時に撮りたい ツクシガモ
0514

羽繕いの後に泳いで沖に行ったが直ぐに元の場所に来た ツクシガモ
0535

50羽超の群れが飛び回っていた ハマシギ
0497

此処ではあまり見られない 天気の良い日に撮った オオハシシギ
6481_20191206201701

数日前に撮った画像ですが 今日も居た オオハシシギ  
6413

川向うの田圃には50羽ぐらいの群れが居た タゲリ
6565_20191206202401
 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年12月 4日 (水)

今年も低山で

師走に入り数日は暖かい日となり過ごし易かった。
今年も近くの山にオオマシコが来ているというので行ってみた。8時半ごろ現地着すぐに7~8羽の群れが姿を見せた。なかには真っ赤な綺麗な♂も混じっている。余り姿を見せない日もあると聞いたがこの日は良く来てくれたので満足して午前中には引き上げた。

今年も冬の赤い鳥がいつもの山にやって来た超人気がある オオマシコ
7038_20191203082901

赤味の強い♂が3羽その他♀や若い個体が7~8羽居た オオマシコ
7039_20191202100401

今年は早い時期から見られたよう オオマシコ
7113

地上に落ちている餌を探す オオマシコ
7532

後ろ姿も オオマシコ
7237

余り警戒心もなく近くの低木にとまった オオマシコ
7151

この日は良く姿を見せてくれた オオマシコ
7124

 

 

| | コメント (0)

2019年12月 1日 (日)

大きすぎた!

師走に入った今日の朝は雲が多かったが少し晴れ間もあり暖かかった。
近くの低山へ行ってみた。小鳥たちが数多く居たが、近くに来たので画面いっぱいになってしまい鶏状態となった。とりあえず整理の出来た順から載せます。低山では定番の小鳥たちです。

近くで見るとなかなか鋭い顔をしてる 山では定番の ゴジュウカラ
6614

羽の一枚一枚までハッキリわかるような絵になった ゴジュウカラ
6618

たった1羽で近くの樹にとまっていた 冬鳥の定番  アトリ
6646-2 

黒い顔の中で目が光ってると怖い顔になる正面からの アトリ
6661

動きが早いが小さくて可愛い 低山の定番 コガラ
6591

枯草の中から餌を探す コガラ
6608_20191130213301

高い所でさかんに尾を振っていた ビンズイ
6494

草の斜面で餌を探してた ビンズイ
6503

沢山居た愛想の良い ヤマガラ
6571

| | コメント (0)

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »