« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年10月31日 (木)

少ない晴れ

秋ヶ瀬野鳥クラブ写真展
Photo_20191031190101

今日は1日中良い天気の予報であったが薄雲が多く日差しは少なかった。
MFの森は泥とゴミだらけらしく車は入れないし、歩いて入る気にもなれず、近場をあちこち行っても余り収穫はないが近くの田圃の土手にはまだ4羽のノビタキが飛び回っていた。そのうちの1羽は顔がかなり黒い個体であった。

田圃のどてに4羽の仲間と行動していた1羽は顔グロの個体 ノビタキ♂
4023

まだ居た 非常に顔の黒い個体 ノビタキ♂
3939

そろそろ越冬地へ向かう ノビタキ
3978

後ろからの飛翔姿 ノビタキ
3979

河川敷の水辺に1羽だけ居た コハクチョウ
Photo_20191031163201

公園のイベントで子供達が作っていた作品  可愛いミミズク?
1431



| | コメント (0)

2019年10月27日 (日)

今日の鳥見

朝から昼頃までは晴れていたが午後からは雲が多くなった。
今日は少し遠くの公園へ行ってみた。森の中に行くと数羽のマミチャジナイが見られた。またちかくには冬鳥のシメも飛び交い、少し奥へ行くとカッコウの幼鳥もいた。他にもアオバトやマヒワが居たというが会うことは出来なかった。MFの森にも冬鳥が来ていると思われるので早く入れるようになって欲しいものだ。

好物の樹の実を食べに集まってきた渡り途中の マミチャジナイ
3660

4羽ぐらいの小さな群れが飛び回っていた マミチャジナイ
3624

暗いのと葉が多く撮りずらかった マミチャジナイ
Photo_20191027205901

この画像のように頭や上半身しか見えないときが多い マミチャジナイ
4645

この時期になっても居た幼鳥 カッコウ
Photo_20191027211501

冬鳥もやって来た今季初の シメ
Sime

 居る場所が分かるてしょうか 沢山のカラスに囲まれていた オオタカ
Photo_20191027210501 

とうとう我慢しきれずに飛び出した オオタカ
3777

| | コメント (0)

2019年10月24日 (木)

今週の水辺

今日は朝からどんよりとした今にも雨が降り出しそうな暗い天気となる。
近くの沼へ行くと僅かな浅瀬に3羽の群れと少し離れて1羽の4羽のハマシギが採餌していた。まだ数羽のアオアシシギも居た。そして昨日はオニアジサシが三番瀬に飛来したというので久し振りに行ってみた。午後からだったので堤防のかなり遠くにウミネコなどと一緒に居て時々飛んだりしていたが距離があるので証拠写真となった。

4羽の群れが浅瀬に居た ハマシギ
3046_20191022212001

水面に映って倍の数が居るよう見える 飛ぶと翼帯が綺麗な ハマシギ
3122

3羽が揃って着地 ハマシギ
3125

この個体は3羽の群れとは別行動をしていた ハマシギ
3052

三番瀬では、午後から出かけたので満潮となり鳥との距離は遠かった。

かなり遠くの堤防の上に居た証拠写真 オニアジサシ
3232_20191024214001

遠いのと陽炎で鮮明ではないが翼を上げた赤い嘴が目立つ オニアジサシ 
3258

暫く経つと飛び出して沖へ餌捕りに飛んで行った オニアジサシ
3284



新刊紹介  10月24日発売     ¥1300
3179_20191023212001


 
 

| | コメント (0)

2019年10月22日 (火)

新刊紹介

長年にわたり東京新聞で「探鳥」を連載していた堀内洋助氏が、この度「野鳥 観る撮るハンドブック」を完成しました。この本は野鳥写真の魅力、テクニック、機材などをわかりやすく紹介しています。10月24日発売です。興味のある方はぜひご覧になってください。

  新刊紹介  10月24日発売  著者 堀内洋助氏
3179_20191022215701


裏表紙
3182_20191022131801
 

| | コメント (0)

2019年10月20日 (日)

今年も

今日は朝から青空が出て気温も上がり10月としては暑くなった。
今年も湖の堤防下に越冬地へ行く途中のノゴマが寄ってくれた。今日は♂が2羽と♀が1羽の3羽がブッシュの中を移動していたが、なかなか表には出て来ない。聞くところによると表に出るのは朝と夕方だけというで、そろそろ帰ろうかと思っていたらヒョッコリと姿を見せて暫くじっとしていた。

喉の赤いエプロンが目立ち人気のある ノゴマ
Photo_20191020195601

越冬地へ行く途中に寄ってくれた ノゴマ
2932

暫く葉の上に乗っていた ノゴマ
2935

何か小さな声でしゃべって?いた ノゴマ
2968

周辺では数羽が飛び回っていた ノビタキ
2473

秋の個体は滞在日数が長い ノビタキ
2482

子どものところに虫を咥えてやってきた ホオジロ親子
2693

湖には10羽ほどが泳いでいた ハジロカイツブリ 
Hajiro


昨日、車が入れないので自転車で彩湖の様子を見に行った。先週の台風19号の被害は想像外だった。
彩湖の北の端(上流)荒れようは大地震か大津波が来たようだった。彩湖
Photo_20191020213401

カモはたくさん来ていたが 普段は斜めのなだらかな斜面がこの有様 彩湖
Photo_20191020214001

 

| | コメント (0)

2019年10月16日 (水)

台風の後

今日は午前中は曇りで午後から少し晴れ間も出たが気温が下がり寒かった。
大型台風が去った翌日まだ吹き返しの風が強く吹いていたが新興住宅の調整池に3羽のコシジロウミツバメが入っているというので行ってみると、遠くに2羽が飛び回り、1羽は非常に近くで泳いでいた。台風で飛ばされてきたのだろうが、海鳥をこんなに近くで見られる機会は余り無い。

この個体は近くで泳いだり時々飛び上がったりしてた コシジロウミツバメ
9756_20191014134201

波が立つ中で泳いでも強い風でまた近くに戻される コシジロウミツバメ
9632_20191014134601

時どき短距離を飛んで特徴の一つの腰が良く分かる コシジロウミツバメ
9796_20191014134601

2羽は遠くの方を良く飛んでいた コシジロウミツバメ
9432_20191014134701

昨日、北の公園にヨタカが居ると聞き行ってみると、少し高い横枝にコブのようにとまっていた。時々身体を小刻みに動かしていたが夜行性なので昼間はほとんど動かずじっとしている。この周辺には以前にもヨタカが入ったことがある。この場所は短時間で切り上げた。

今回は前を向いたので正面顔も撮ってみた ヨタカ
2420_20191016152301

枝の上に居るときこの態勢は良く見られる  ヨタカ
2314_20191016152401

少し立ち上がったので珍しく短い足が見られた ヨタカ
2199

複雑な羽模様の後ろ姿 ヨタカ
2328

| | コメント (2)

2019年10月13日 (日)

続 まだ楽しめる

大きな水害をもたらした大型台風が去り、雲一つない晴天となった。
台風が来る前に行った蓮田ではウズラシギ、アメリカウズラシギ、トウネン、ヒバリシギ、ジロネン、ツルシギ、アオアシ、コアオアシ、エリマキ、ハマシギなど多くのシギチが見られ、楽しめた。

もう少し奥の田圃へ行くと2羽が一緒に採餌していた オグロシギ
1823
 
2羽で餌捕りに夢中の オグロシギ
1854_20191011123201

随分大きさが違いますね コアオアシシギとオグロシギ
1841_20191011123301

気がついた時にはもう頭の上まで来てた2羽の オグロシギ
2077_20191011123301

同じ蓮田に10羽ぐらいの群れが居た コアオアシシギ
1907_20191011123501

大きなアオアシシギと一緒に餌を探すスマートで可愛い コアオアシシギ
1933 

細い嘴と細身の身体で飛ぶ コアオアシシギ
2053

こちらは近くに来ず遠かった  ツルシギ
2104_20191011125501

 
 

 

| | コメント (0)

2019年10月10日 (木)

まだ楽しめる

今日も真っ青な空で過ごしやすい秋晴れの日となった。
昨日、少し遠いところの蓮田にシギチを見に行った。始め毎年良く鳥の入ってる場所へ行ってみたがなにも居なかった。これは外したかなと思いながら周辺を廻っていたら今まであまり行ったことのない蓮田にいろいろなシギチが入っていた。今年はこの場所が賑わっているという。沢山撮ったので2回に分けて載せます。

トウネンやハマシギの群れからは離れて餌を探してた アメリカウズラシギ
1749_20191010144201

やはり青い水の中では姿が映える アメリカウズラシギ
1777_20191010144301

空も水も真っ青な秋晴れの中で ハクセキレイとアメリカウズラシギ
1791_20191010144501

6羽ぐらいの群れが居た ウズラシギ
2016_20191010145901

このハス田の真中で1羽だけすまして立ってた アオアシシギ
2029_20191010164901

腰から背なかまで食い込んでる白色が目立つ アオアシシギ
1688_20191010165001

真っ青な秋の空の中を鳴きながら飛ぶ アオアシシギ
1691

沢山の群れで採餌していた トウネン
1759_20191010184901

 

 

| | コメント (2)

2019年10月 7日 (月)

今日は一種だけ

久しぶりに昼間の気温が下がり秋らしい過ごし易い日となった。
今日は午前中だけの探鳥。早速葦原へ行きアリスイは居ないかと探した。なかなか会えず戻ろとしていたら鳴かずにじっととまっているアリスイが居た。遠かったりゴチャゴチャした樹で良くはなかったが、今季初のご対面となった。そのご森にも行ったが何も撮れず今日はアリスイ一種だけとなったが短時間で目的の鳥に会えて良かった。
 
とまった低木は枝だらけでゴチャゴチャしていたが アリスイ
1563

鳴かずにとまっていたので良く分からなかった アリスイ
1556

遠くて枯れ葉じゃないかと思って双眼鏡で見たら アリスイ
1513

バックのアワダチソウは良かったが鳥は遠くて不鮮明 アリスイ
1461_20191007184001


 

| | コメント (4)

2019年10月 3日 (木)

いつまでも暑い

今日は曇りの予報だったが晴れ間が出てまた暑くなった。
久し振りにMFの森へ行ってみた。久しぶりに仲間に会って挨拶を交わした。これと言って変わった鳥は居なかったが複数のツツドリが飛び交い田圃では4羽のノビタキが飛び回っていた。そして沼では3羽のツルシギが見られた。

メタセコイヤの周辺で複数が飛び回っていた ケムシを捕まえた ツツドリ
1275_20191003203401

後ろ姿も ツツドリ
1274

雄も雌も見られた キビタキ
1218

田圃では3羽が飛び回っていた ノビタキ
1273

鮮明ではないが3羽がフレームに入った ノビタキ
1329_20191003203601


近くの沼では3羽のツルシギや長逗留のアオアシシギ、そしてヒドリガモやコガモなどが入っていた。

近くの沼で採餌していた ツルシギ
1129

この沼で3羽が見られるのはめったにない ツルシギ
1153_20191003203801
 
赤い足が目立つ ツルシギ
1165_20191003203801

この日はとても近くで見ることが出来た ツルシギ
1080


 
 

| | コメント (2)

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »