« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月29日 (水)

郊外の里山で

今日は朝のうちに雨が止み雲が多かったが午後からは晴れ間もみえた。
毎年サンコウチョウやオオルリなどの小鳥たちがやって来る近場の里山へ行った。少し歩きはじめるとすぐにオオルリの囀りが聞こえてきた。そして間もなくサンコウチョウの声も始め遠かったが暫くすると近くに聞こえてきた。またキビタキやコサメビタキの姿も見られた。此処は都心からも近くこれからが楽しみ。


近くて‘‘声がしたので待っていると針葉樹にとまった サンコウチョウ
7066_1


とまったがまた直ぐに飛びだした サンコウチョウ
6067


ここと思えばまたあちらと飛び回っていた サンコウチョウ
7082


「ホイホイホイ」と鳴き声を頼りに探す サンコウチョウ
7039



 狭い範囲で同じような場所を‘飛び回っていた  オオルリ
6943


鳴きっぱなしで 愛想の良かった オオルリ
6947


針葉樹の天辺にとまって囀る オオルリ
6973


分かり難いかも コサメビタキ
7117

| | コメント (0)

2019年5月25日 (土)

河川敷で

今日も5月としては記録的な夏日が続いて暑い、今年の夏が思いやられる。
夏羽のコジュリンに会いたくて久し振りにすこし遠くの河川敷へ行ってみた。以前は数多く見られたが最近は少ないのだろうかやっと近くで1羽を見つけた。それと一緒にみられるだろうと思っていたオオジュリンやオオセッカの姿は無く、広い葦原で元気にとびまわっていたのはセッカとコヨシキリぐらいだった。
 

大きな口を開けて囀る 真っ黒な覆面をすっぽり被ったような コジュリン
6804_4


土手と草はらを行ったり来たりしていた コジュリン
6828


光線の加減が良くないので黒い顔の中の眼は出ませんが コジュリン
6794


飛び出した コジュリン
6796


大きな虫を口に咥えた セッカ
6844_2


この河川敷の草はらでは一番元気の良かった セッカ
6849


車で走っていたら横の田圃から飛び出した足には大きなネズミが サシバ
6866_1

| | コメント (0)

2019年5月21日 (火)

今季初のタマシギ

田圃で餌を探すペアの姿が見られた タマシギ
6468_1  

今日は朝から時々風雨が強くなり大荒れそれでも夕方には雨もやむ。
昨日の田圃は一枚の田に複数のタマシギの姿が見られた。たまに隣の田圃に餌捕りに来ては先に居たペアと争いになったりしていた。一枚の田に5羽の個体を確認したがそれ以上居たかもしれない。MFで同じ場所で複数の個体と余り見たことのない光景が見られ楽しめた。

隣の休耕田から水の入ってる田圃へ畔を越えて入る タマシギ
6403


雌の後を追って雄も畔を越えてきた タマシギ
0432


2羽で仲良く採餌中の タマシギ
0472_1


餌捕りが終わると奥の方で2羽が揃って水浴びをしていた タマシギ
0433


2羽が稲の間を歩いていると前方から別のペアの♂が近づいてきた タマシギ
0516_1


狭い稲と畔の間で鉢合わせした2羽 前方の♂(水玉模様の茶色い羽)と手前のペアの♀(翼の内側の白い羽)が威嚇し合う タマシギ
0522


お互いに羽を目いっぱい広げて威嚇し合う手間が♀向こう側が♂ タマシギ
0525


勝負あり知らん顔をしていた手前の♂も何食わぬ顔でその場を去る タマシギ
0527


まだ向こう側の♂が威嚇しているが手前の♀はや~めた タマシギ
0528


争いに興味の無かった手前の♂の逃げ足は速かった急ぎ畔を超える タマシギ
0525-2

| | コメント (0)

2019年5月19日 (日)

褐色のタカ

先日、サシバが見られる所へ行ってみた。現場はサシバの餌場の近くで暫く待つと♂がやって来た。近くの枯れ木にとまって地上に飛び出しては昆虫を捕っていた。今の時期は♂が餌を捕っては雌の所へ運んでいるようだ。これからはあちこちで姿が見られるようになるだろう。来た時は2羽でも秋には多くの幼鳥と一緒に帰って欲しい。

逆光ですが、草はらの中の直ぐ近くに立つ枯れ木にとまった サシバ♂
4128


その奥の枝に餌の昆虫を持ってとまった サシバ
8677_1


暫く周りを見渡していたが急に飛び出した サシバ
8681_1


長い翼と尾羽の横帯が目立つ褐色のタカ サシバ
8682


足に小さな獲物を掴んだまま♀の待つ所へ飛んで行くサシバ
8683


森の奥深くへ飛び去った サシバ
4150

海辺では、

2羽が仲良く餌を探しながら歩いていた アオアシシギ
0209_2


鳴きながら飛んできた アオアシシギ
0187_2


干潟で餌を捕っていたが急に飛んだので後ろから ホウロクシギ
0081_2


お伽の国のお城の前を飛んでいった ホウロクシギ
0170_2

 

 



| | コメント (2)

2019年5月17日 (金)

遅いお出まし

今日は朝から晴れて気温も上がり蒸し暑くなった。
MFの森に午後から出かけるとサンコウチョウが入っているという。早速行ってみると暗い森の高いところを長い尾を靡かせて枝から枝を飛び回っていた。♂♀がいて今季はもうこないかと思っていたほど遅いお出ましとなった。それでも毎年来るものが来て一安心した日でした。


真後ろからなので尾羽が短く見えるが本当は長~い♂の サンコウチョウ
5663_1


雌も入っていたが♂しか撮れなかった尾羽がなが~い サンコウチョウ
5561_1


先日、2羽の雛が巣立ちした 心細そうに寄り添う フクロウ子供
4505


数日たって2羽は低い所と高い所に移動していた フクロウ
4688

 

| | コメント (2)

2019年5月15日 (水)

近場の田圃で

今日は徐々に青空が出てきて昼間は雲があったが晴れ間が多かった。
MFもあまり鳥が居ないのでどこへ行こうかと思っていたらすぐ近くの田圃にアカエリヒレアシシギが居るとの連絡があり、行ってみると1枚の狭い田に1羽のアカエリヒレアシが泳いでいた。毎年どこかの田圃で見られているのでそろそろ来る頃だとは思っていたが、少し赤味の薄い個体だがこんな近くでとは思わなかった。


1羽だけだが渡り途中に内陸の田圃に寄ってくれた アカエリヒレアシシギ
5230_1


畔に咲く野草が彩を添える赤味の薄い個体の アカエリヒレアシシギ
5276

翼を上げて羽ばたいたが後ろ向きだった アカエリヒレアシシギ
Cf5a5337


目いっぱい伸ばした羽を畳む アカエリヒレアシシギ
5338


忙しなく水面の餌を捕っていた アカエリヒレアシシギ
5415


近くの葦原からオオヨシキリが飛んで来たので驚く アカエリヒレアシシギ
5386


川向うの田圃で、


3羽が居たが一緒には撮れなかった チュウシャクシギ
4816_2


繁殖地へ行かなかったのかこの時期にこの田圃ではあまり見ない マガモ
4810_2
 

 

| | コメント (2)

2019年5月12日 (日)

連休後のMF

5月の10連休中にジュウイチが出てカメラマンを喜ばせたが、それ以降はキビタキやムシクイなどは来たがその後はだんだん静かな森になり今のところサンコウチョウもまだ来ていない。そして田圃もチュウシャクシギやキョウジョシギ、キアシシギ、アマサギと入って来たがムナグロの数も少なく、森も田圃もいまいちの感がする。


連休後の森は静かだったがこの鳥の良い声だけが響いていた キビタキ
Photo_14


大きな口を開けて目いっぱい歌っていた キビタキ
Photo_15


田圃では、


北と南の田圃に1羽ずつだが入っていた チュウシャクシギ
4546


この日は2羽が見られたが川向うの田圃には8羽が居た キアシシギ
4403


ムナグロの群れと一緒に居た キアシシギ
4427


田を耕すトラクターの後について餌を探していた アマサギ
452


この日は4羽が居たが今日は居なかった アマサギ
482

| | コメント (2)

2019年5月 9日 (木)

海鳥(冠ウミスズメ)他

今日は一転して朝から曇り空。
昨日の続きでカンムリウミスズメの親子です。2羽の雛を連れた家族を数回見られたが、とにかく雛は小さくフワフワして時々「ピッピッ」という鳴き声も聞こえてきた。この時期この海域の目玉となる海鳥です。他にはウミスズメの群れやクロアシアホウドリ、ハシボソミズナギドリ、遠くにシロエリオオハムなどが観察出来た。


この日は何回も子ずれを含めた個体が見られた カンムリウミスズメ
3686

陸で孵化後1~2日で海に入るという雛を連れた親子の カンムリウミスズメ
3555


波間に見えかくれするまだフワフワした羽の可愛い雛 カンムリウミスズメ
3522_1


親が両側からしっかりと見守りながら泳ぐ カンムリウミスズメ親子
3530


小さな雛は可愛いですね~! カンムリウミスズメ
3486


海面の低い所をゴチャゴチャになって飛ぶ ウミスズメの群れ
3050


近海でも良く見られる大きな  クロアシアホウト"リ
3119


身体が大きいので助走をつけて飛び上がる クロアシアホウト"リ
3890


ときどき5~6羽の群れが飛んでいた ハシボソミズナギドリ
3461_1


港の近くに群れが飛び回っていた 逆さまになって飛ぶ個体も居る アジサシ
3127_2

 

| | コメント (0)

2019年5月 8日 (水)

海鳥(トウゾク3種)

今日は朝から一日中雲一つない晴天が続き気持ちの良い春の日となった。
先日.相模湾の海鳥調査の船に乗せて貰った。出航して暫くするとすぐにアジサシの群れが見られ.またクロトウゾクカモメの淡色型と暗色型の2羽がウミネコを襲ったり船の近くに降りて浮かんでいた。またオオトウゾクカモメやシロハラトウゾクカモメも飛びトウゾク3種をじっくりと観察した。そしてカンムリウミスズメの親子やクロアシアホウト"リなと"が見られたが画像が多くなるのて"今回は2回に分けて掲載します。ご一緒した皆さんお世話になり有難うございました。

 

船の近くを並走してくれた オオトウゾクカモメ
3602


なが~い尾を靡かせ高いところを飛ぶ やっと撮れたシロハラトウゾクカモメ
3737_1


船の近くに降りて浮かんでいた。クロトウゾクカモメ淡色型
3330_1


ベレー帽を被ったような個体が飛びたった クロトウゾクカモメ
3339


尖った中央尾羽が特徴の クロトウゾクカモメ
3348


近くに真っ黒な個体も海面に降りていた数少ない クロトウゾクカモメ暗色型
3247

近くに居た淡色型と暗色型の2羽が一緒に飛びたった  クロトウゾクカモメ
3103


ピンがきてませんがウミネコを襲う淡色と暗色2羽の クロトウゾクカモメ
3026
 

 


 
 

| | コメント (2)

2019年5月 5日 (日)

田圃にも

MFの田圃も田植えが進み少し落ち着いてきた。昨日、午後から近場を廻ってみると2羽のキョウジョシギが見られ、近くに2羽のタカブシギの採餌する姿も見られた。これから入って来るシギチに期待。

田圃の畔に居たがここでは数少ない キョウジョシギ
2727


田植えの終わった田圃を背景に2羽が畔を壊して居た? キョウジョシギ
2667


たった一輪のタンポポのそばで キョウジョシギ
2820-2


少し遠かったが仲の良い2羽が餌を捕っていた タカブシギ
Photo_10
畔のそばで見難かった タカブシギ
Photo_11

休耕田や水の少ない田で鳴きながら飛び回っていた コチドリ
Photo_12


畔から飛び出した コチドリ
Photo_13


今日の森は静まりかえっていてあんなに居たヒヨドリの声も聞こえず、バーベキュウの人たちの良い匂いと煙がもうもうとしていた。また駐車場やその周辺の路の混みようは半端じゃなかった。そして夏鳥はキビタキとコムクドリが見られたぐらいあった。


10羽居たというがこの時は2羽がみられた コムクドリ
2929

餌の青虫を捕まえた コムクドリ
2914

 

 

 

| | コメント (0)

2019年5月 2日 (木)

MFでは珍しい

今日の朝は曇っていたが次第に晴れて暖かくなりどこも行楽の人でいっぱい。
森に入るとジュウイチがいるという。暫くすると「ジュウイチ ジュウイチ」と森中に響くような大きな声が聞こえ葉陰や込み入った枝の間に綺麗なジュウイチ成鳥の姿が時々見える、枝や葉が被って良い所には出てくれなかったが、この森ではめったに見られないし、山へ行ってもなかなか姿を見られない鳥をMFで会えて令和の初めに良い日となった。。


新緑の中で時々姿が見える所に出て来る ジュウイチ成鳥
2320_1


MFの森で見られるのは非常に珍しい ジュウイチ
2338_1

声はすれども姿をみるのは難しい ジュウイチ
2343

枝が被ってますが一番近かった ジュウイチ
2355

成鳥は後ろ姿も綺麗で見応えのある ジュウイチ
2366

枝の間から覗くようにして撮った ジュウイチ
2499

大きく口を開けて森中に響くような大きな声で鳴いていた ジュウイチ
2532


前日の森では3羽のキビタキが良く鳴いていた。

こちらもいつもの朗らかな声で囀っていた キビタキ
2297


枝から枝へ移動する キビタキ
2287_1

| | コメント (2)

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »