« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月28日 (木)

今週の野鳥

今日は朝から冷たい雨が降り気温も低く、この頃は天気が周期的に変わる。
天気のいい日は気持ちの良いこの頃, MFではいつもと同じ顔触れだがベニマシコがノイバラや地上に降りたり見やすい所に出てきて人気を集めている。またエナガももう巣作りを始めて巣材集めに飛び回っている。野鳥の世界も春が来た様だ。

最近は見やすい所に出て来るのでカメラマンを惹きつけている ベニマシコ
7382

地上にも降りてきて落ちている種を食べる ベニマシコ
7410

早くも巣作りを始めたので巣材集めに夢中 エナガ
8879

柳の枝に絡んでいた柔らかい巣材を見つけた エナガ
8894

う~んと引張って見つけた巣材を集める エナガ
8873

口いっぱいに集めた巣材を咥えて近くの木へ巣作りに向かう エナガ
8896

逆光なので色が良く出ませんが近くの川に居た イソヒヨドリ
8912

今季はこの個体だけが良く見られた ハイタカ
6082

もう春です。繁殖羽も伸びて綺麗になった ヨシガモ
7032

| | コメント (2)

2019年2月24日 (日)

丸顔の人気者

今日は薄雲が多く空は少し靄っていたが青空で風もなく暖かかった。
今季はコミミズクが出ている所が少ないようだが、先日、前回とは別の場所でも見られると聞き出かけた。数年前にも来たことのある場所だが土手には人工物が多くなりその間を縫って2羽のコミミが飛び回っていた。フワフワと飛び愛嬌のある丸い顔でカメラマンに人気のある鳥だ。

棒杭の先端にとまろうとする顔が薄汚れているような色黒の コミミズク
7856_3

餌を見つけたのか眼光鋭く直ぐに飛び出した コミミズク
7659

土手の草の中に餌を見つけたようだ コミミズク
7641

獲物めがけて急降下する コミミズク
7599

果たして獲物は獲れたのだろうか・・・ コミミズク
7600

土手に降りて居たが再び飛び出した コミミズク
7880

正面から コミミズク
7737

顔をこちらに向けながら飛んでいた コミミズク
7768

空には大きな昼間の月が見降ろしていた コミミズク
7578

| | コメント (4)

2019年2月21日 (木)

嬉しい想定外

今日は天気は良かったが朝から北風が強く日蔭は寒かった。
今季MFでは見られない鳥を求めて都内の海に近い公園へ行ってみたが、ウソは数日前から姿が見えないという。それではと観察センターへ行ってみると、10人ぐらいが池の方にカメラを向けているので、覗いてみると池の真中あたりに1羽のコウノトリが居た。大きいので良く目立つ。暫く撮っていると急に飛び立ち東京の空高く飛び去った。その間30~40分の滞在だったがまったく想定外のコウノトリとの出会いはラッキーだった。

数分前に飛んで来て舞い降りたという 予期せぬ出会いの コウノトリ
8057

野田で放鳥された「きずな♂」という  会えてラッキー! コウノトリ
8093

貝のようなものを採っていた コウノトリ
8051

暖かな日差しを浴びて大きな口であくび?をしてた コウノトリ
8119

約40分ほど滞在していたが急に飛び出した コウノトリ
8191

蒼空に高く舞い上がった 白と黒に赤い足が美しい コウノトリ
8353

数回池の上空を旋回して東京の空を飛んで行った コウノトリ
8303

沢山の群れが泳いでいた ハジロカイツブリ
7296

| | コメント (4)

2019年2月17日 (日)

成果なし

今日は天気は良く気温も11度ぐらいあったようだが風が強く寒かった。
MFはいつものルリビタキやキクイタダキ、ベニマシコ、アリスイ、ヒクイナは居るがすっかり落ち着いて変わり映えが無い。広場ではスズメが餌場争いをしていたり、川べりでは2羽のキジが鉢合わせして争っていた。これからはそろそろ移動がはじまるので寄ってくれる鳥たちに期待するしかない。

数羽の群れが地上で餌を食べている所に1羽が割り込んできたスズメ
5699

さあここから小さな鳥の争いが始まった スズメ
5730

上から来た個体が下に居た個体に攻撃 スズメ
5676

地上に居た個体も反撃お互いに蹴り合っていた スズメ
5679

いつもは小さくて可愛さを感じるが争いは凄まじい スズメ
5690

川辺では2羽が鉢合わせ さあこちらも争いが始まる キジ
6972

身体も大きく足も太いので蹴り合いは強烈 キジ
6967

争いに負けた個体は対岸へ逃れて行った キジ
6984

湖畔に居た イカルチドリ
4970

田圃のふかふかした草の中で冬の日差しを浴びて暖かそうな タゲリ
6830

| | コメント (2)

2019年2月13日 (水)

冬の猛禽

今日は午前中は曇りで午後からは青空が広がり風もなく過ごし易かった。
先日、チュウヒなどの猛禽が見られる葦原へ行ってみた。午後になって遠くの方から頭の黒い(通称ズグロチュウヒ)個体が精悍な姿で飛んで来た。なかなか恰好が良かった。また水路の対岸にはオオタカやハイタカなどの猛禽がとまり楽しませてくれた。やっぱり冬は猛禽が面白い。

遠くからだんだん近づいてきた頭の黒い精悍な顔をした チュウヒ
7388_2

黒い顔の中に鋭い目が光るなかなか恰好の良い チュウヒ
7417_2

低く目の前をとうり過ぎて行った チュウヒ
7416_2

いいですね~! チュウヒ (通称ズグロチュウヒ)
7448_2

狭い水路の対岸の木にとまった オオタカ若
7170

若くても貫禄十分な中型の猛禽 オオタカ
7165

後ろから飛んで来て対岸の木にとまった小型の猛禽 ハイタカ
7348

此処は猛禽が多く、またこの木は絶好のとまり木となっている ハイタカ
7357

| | コメント (4)

2019年2月10日 (日)

沼や海で

今日は夜に降った雪が白い粉のように積もって温度も低く北風が吹き寒い。
先日、少し遠くの沼から海を廻ってみた。最初に行った沼では数羽のチュウヒが葦のある岸部を低く飛び交っていた。また近くの田圃では3羽のオオヒシクイが見られた。

沼の葦が密生している所で数羽の個体が飛んでいた チュウヒ
6219

葦の周辺は餌が多いのか行ったり来たりしていた チュウヒ
6287

急に飛翔姿が突撃モードに変わった チュウヒ
6286

その先にいた大きなアオサギに攻撃体勢をとったが・・・ チュウヒ
6290

遠くの田圃で休んでいた3羽の オオヒシクイ
6328

それから少し離れた冬の海では毎年定番のシノリガモやウミアイサに会えた。しかしこの日は沖合を見ても毎年見られるアビ類の姿は確認できなかった。

近くの岩陰に泳いでいた複雑な模様の シノリガモ
6708

あちこちで泳ぐ姿が見られた シノリガモ
6654

岩の上で休憩する シノリガモ
6451

岩にぶつかった白波が大きく弾ける中を泳ぐ ウミアイサ♀
6495

お決まりの羽ばたきも見せて ウミアイサ
6483

| | コメント (4)

2019年2月 7日 (木)

冬の田圃で

今日は4月並の陽気になり暖かかったが、明日からはまた寒くなるという。
先日、少し遠くの田圃へ出かけてみた。大好きなコチョウゲンボウでも居ないかといつものルートを廻ってみるとノスリが数羽の電柱に居たが、他の猛禽の姿は見えない。時間も迫って来たので帰途に着くと数羽のケリが居た。そしてさらに離れた民家のそばの電線にコチョウゲンボウの姿を見つけた。

電線どまりですが キリっとした顔立ちが恰好いい コチョウゲンボウ
2856

飛び出し用意 コチョウゲンボウ♀タイプ
2870

飛び出し コチョウゲンボウ
2871

一直線に遠くへ飛んで行った コチョウゲンボウ
2872

同じ田んぼでは、

飛ぶと翼の白と黒のコントラストが美しい ケリ
2773

空にはタヒバリも飛んでいた ケリ
2790

田んぼのあぜ道を歩いていたら何かを掴んで猛禽が飛び出したが、カメラを構えた時には遠くなってしまって獲物は何かわからなかった。残念!

近くから飛び出したが何か大きな獲物を掴んで飛び出した ハイタカ
6371

自分の身体と同じぐらいの獲物が重いのか地上すれすれに飛ぶ ハイタカ
6376

| | コメント (0)

2019年2月 3日 (日)

近郷の山里で

今日は午後から雲は多くなったが風もなく4月並の気温になり暖かかった。
以前ミヤマホオジロが居た近郷の山里へ久し振りに行ってみた。始めは見つからず今季は来てないのかと思ったが、暫く探すと数羽の個体が見られた。毎年会いに行っていた公園には姿が無く、年が明けてようやく会うことが出来た。毎冬一度は見たい冬鳥である。

なかなかいい所にはとまってくれなかった ミヤマホオジロ
5087

リラックスして伸びをしていた ミヤマホオジロ
5100

翼や尾羽を広げて ミヤマホオジロ
5096

今季初じめて会うことが出来た  ミヤマホオジロ
5067

♂や♀が数羽で行動していた ミヤマホオジロ
5154

最近のMFでは比較的見やすくなった今季の常連キクイタが飛び回っている。

ほんの少しだけ頭頂の黄色模様が見えた キクイタダキ
Photo

下面からでなく背面から撮りたかった キクイタダキ
2242

トラクターが耕した跡に数羽が餌を求めていた タゲリ
4901

| | コメント (4)

2019年2月 1日 (金)

MFで

夕べの雪の予報は大したことなく、今日は晴れたが強い北風が吹き寒かった
ここ数日はヒクイナを狙っているがなかなか上手く撮れず非常に手強い。その合間に田圃へ行ってみると枯れ木にオオタカの若がとまっていたのでしばらく様子を見ていると遠くに獲物を見つけて飛び出した。数日前には2羽のイカルも見られ、森にはアトリやルリビタキ、キクイタダキなどがモデルになってくれている。

遠くに獲物を見つけこちらに向かって真っすぐに飛び出した オオタカ若
6018

遠くを飛ぶ小鳥の群れに向かって地上スレスレに飛んで行った オオタカ
6019

鋭い目で遠くの獲物を狙う オオタカ若
6014

MFでは今季初の イカル
5957

数羽の個体が良く見られるようになってきた アトリ
5286

可愛い ルリビタキ
0784

午後からは今日もヒクイナ。

今日も頑張って何とか被らないで撮れたが手強い ヒクイナ
6182

開けた場所は足早に移動する ヒクイナ
6181

| | コメント (0)

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »