« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月29日 (土)

台風の前に

今日は昼前から台風が接近している為、午後からは本降りになった。
いろいろなシギチの群れが入っているというので少し遠出をした。現地ではオグロシギの15羽の群れやコアオアシシギの10羽ほどの群れ、その中に2羽のツルシギが見られ、そしてオジロトウネンの群れは数か所に居たし、タカブシギ、クサシギ、撮りそこなったがアカアシシギも居た。また雨が落ちてきた空には沢山のアマツバメとショウドウツバメの群れが乱舞していた。雨が激しくなってきたので帰路に就く。。

コアオアシシギの群れの中で一緒に採餌していた ツルシギ
4639

赤い足と嘴が目立つ ツルシギ
4760

水浴びをして飛び立つコアオアシシギと ツルシギ
4804

別の田ではたくさんの群れが見られた オグロシギ
4565

少数の群れが分かれて採餌全部で15羽居た オグロシギ
4526

ツルシギと一緒に居たが飛び出した10羽居た群れコアオアシシギ
4875_2

余り綺麗なところではないが蓮田には複数いた オジロトウネン
4428

この田でも群れが見られた オジロトウネン
4783

雨が降ってきた空には沢山の群れが飛んでいた アマツバメ
4685






こちらも蓮田の上を低く高く飛び回っていた ショウドウツバメ
4812

| | コメント (2)

2018年9月26日 (水)

雨、雨、

今日も雨模様で急に寒くなった。富士山も早い初冠雪とか。
近くの霊園にヨタカがでていると聞き、行ってみると大きなケヤキの木の横枝にとまって良く寝ていた、たまに動くがほとんど定位置。また雨模様の森ではコサメビタキやエゾビタキがみられる。そろそろ冬鳥も来る頃になってきたので楽しみだ。

樹のコブのように見える 昼間は寝てばかりいる  ヨタカ
Cf5a4325

サルスベリの花の間から撮ってみたが・・・ 体勢は変わらない ヨタカ
Cf5a4308

高~い枯れ枝にとまっていた コサメビタキ
Cf5a3424

餌を見つけて飛び出してはまた同じ枝に戻る コサメビタキ
Cf5a3446

群れで入って来たのらしく今年は数の多い エゾビタキ
194a3405

晴れた日に出かけた近くの低山で、

タカ渡りが見られるという近くの低山で以外と低く飛んで来た ハチクマ♂
194a3418


こちらは高い所を飛んで来て豆粒ぐらいにしか見えない小群の サシバ
194a3381

今日の沼で、

雨の合間に行った近くの沼ではツルシギは飛んでしまった後だったが、4羽のアオアシシギやカモの群れの中に2羽のシマアジも見られた。これからはカモの種類も増えて楽しみが増す。

2羽しか写ってないが4羽居て盛んに鳴いていた アオアシシギ
4359

渡り途中に沼で休んでいた この時期に毎年数羽が観察される シマアジ
4400

コガモなどと一緒に泳いでいた2羽の シマアジ
4398

| | コメント (4)

2018年9月23日 (日)

秋の定番

予報では朝から晴天ということだったが、晴れたのは午後になってから。
MF周辺の田圃ではノビタキの個体数が増えてきた。また森では越冬地へ向かう秋の渡りの小鳥たちがいろいろ入っていたが、なかなかいい写真は撮れなかった。それでも今日は森で一日中たっぷり楽しめた。

近くの田圃には複数羽の個体が観察出来る ノビタキ
3807

だんだん増えてきた ノビタキ
3805

真下からなのでお腹だけの キビタキ成鳥
4133


下面のオレンジ色が良く目立つ  キビタキ
4140

正面からなので背中の色は見えないが僅かに翼の青色が オオルリ
4194_2


僅かに背中の青色と頭の茶色が確認できる「半分青い」 オオルリ幼鳥
4054

アカメガシワの樹の天辺ですまし顔の エゾビタキ
4222

クルミの樹にとまる黒い幼鳥だが成鳥になると灰色になる? ツツドリ
3655

キョトンとした表情の可愛らし ツツドリ幼鳥
3607

| | コメント (2)

2018年9月19日 (水)

秋らしい天気


最近の短時間豪雨も止み、今日は多少雲もあったが秋らしい天気になった。
先日、近くの沼へ行ってみた。着いた時は居なかったが暫くすると後ろの方からオグロシギ飛んで来て目の前に降りた。水浴びをしたり美しい羽を上げて見せてくれたりとじっくり観察出来た。その後姿が見えないというが近くに居るかもしれない。

羽模様がとっても美しい! オグロシギ
2696

尾羽も広げて欲しかった オグロシギ
2690

近くの沼に降りた オグロシギ
2765

暫くすると水浴びを始めた オグロシギ
2670

水浴び後の羽を時間を掛けて丁寧に繕う オグロシギ
2716

先日行った海岸の砂浜で、

数羽が水溜りに居た ハマシギ
3226_2

短い足で駆け足 キョウジョシギ
3261_2

1羽だけ見られた ダイゼン
3229_3

| | コメント (6)

2018年9月16日 (日)

とまるのは苦手

今日は曇り空で少しは青空も出たが蒸し暑かった。
だいぶ前から関東の沿岸に来ているオオグンカンドリをやっと見に行った。2羽が同じ場所に来ている。大きな身体で漁港周辺を飛び廻っていた。暫く餌を捕ったりして飛んでいたが近くのアンテナにとまっては休んでまた飛び出す。羽ばたきもせず悠然と飛んでいるが、アンテナにとまるのは苦手のようで何回かずり落ちて大きな身体で滑稽だった。今季は関東周辺に複数羽が飛来しているのは珍しいと思う。

近くを飛ぶと大きすぎて画面からはみ出しそうな オオグンカンドリ
3114

漁港の周辺を飛び回っていた オオグンカンドリ
2884

2羽が仲良く並んで飛んでいた オオグンカンドリ
2950_3

休憩する為鉄塔のアンテナにとまろうとする オオグンカンドリ
3111

何回かアタックしてやっと上手く止まれたかと思ったが オオグンカンドリ
3070

おっとっと!足が滑ってずり落ちた オオグンカンドリ
3084

ずり落ちて首が引っかかった とまるのは苦手なようだ オオグンカンドリ
3085

やっと止まれたアンテナで羽繕いして休憩2羽の オオグンカンドリ
3191

| | コメント (8)

2018年9月12日 (水)

涼しい森

今日は朝は少し青空も出たが午後からは厚い雲が垂れこめていた。
昨日撮れなかったサンコウチョウを今日こそはと思って涼しくなった森に入った。早朝に撮った人がいたらしいが、その後は姿さえも見られなかった。その代わりではないがこの秋は初のキビタキ♂の姿が見られた。その後は森の中が暗くなり隣の公園に行くとあちこちでツツドリが飛んでいた。

実の生るミズキの樹の天辺にとまる コサメビタキ
2055

遠かったので余り鮮明ではないが今季初の キビタキ♂
2080

枝から枝へ飛び交っていたのは遠くても目立つ キビタキ
2085

この公園では複数が飛び回っている ツツドリ
2223

あちこちで姿が見られる ツツドリ
2204

やはり餌の毛虫が居る桜の樹にとまることが多い ツツドリ
2305

たまには蝶も撮ってみた クロコノマチョウ
2104

| | コメント (2)

2018年9月 9日 (日)

今週の森

今日は気温が上がって湿度も高かったが風があって体感温度は低かった。
9月に入って森には早速渡りの小鳥たちが入ってきた。ツツドリはだいぶ前から複数羽が飛び廻っているし、センダイムシクイやコサメビタキの姿がみられた。サンコウチョウも確認されている。これから短い期間だが越冬地へ向かう秋の渡り鳥たちが寄ってくれるだろう。

シジュウカラの群れと一緒に行動していた センダイムシクイ
1674

柳の樹の低い枝にとまっていた センダイムシクイ
1691

こちらもシジュウカラの群れの中に見られた コサメビタキ
1816

空抜けですが桜の樹にとまっていた コサメビタキ
1840

複数羽で飛び回っている  撮れた!と思ったら葉っぱ被りの ツツドリ
1673_2

真っ青な空の中を飛ぶ オオタカ幼鳥
1928

空中でも暑いのか口をあけて飛んでいた オオタカ幼鳥
1937

| | コメント (0)

2018年9月 5日 (水)

怒るチゴハヤ

あちこちに被害をもたらした大型の台風も去ってまた暑くなった。
ここ暫く日替わりで入るシギチを紹介してきましたが、今日は先日チゴハヤブサが見られるというので少し遠くへ行った時の画像です。。現地に着くとすぐに幼鳥の声が聞こえてきて、高い樹の枝に2羽の幼鳥と親がとまっていた。時折親が飛び立って暫くすると餌を持って戻ってくると子供は鳴きながら餌を貰いに親を追う。3年ぶりに会ったがいつ見ても恰好良い猛禽だ。

いつも決まった枝で尾羽を広げて休憩する チゴハヤブサ成鳥
8342_2

急に青空が広がってきたなかを飛ぶ親と子供 チゴハヤブサ
7817_2

餌を持ってきてくれとばかりに親の後を追う チゴハヤブサ親子
7816_2

どんどん広がってきた青空のなかで チゴハヤブサ
7819_2

この木陰の枝は親がとまる定位置 チゴハヤブサ
7670

親が持ってきた餌に飛びつく子供の チゴハヤブサ
7717
ひったくるように餌を貰った チゴハヤブサ
7725

獲物は小さかったが嬉しそうな顔の チゴハヤブサ
7733

1羽が食べおわったころもう1羽の幼鳥もやってきた チゴハヤブサ
7735

子供のいる上空にサシバが現れた 親が直ぐに攻撃 チゴハヤブサ
7744

「よそ者は出ていけ」とばかり威嚇し追いかける親の チゴハヤブサ
7745

怒る親鳥の気迫に負けてサシバは去っていった チゴハヤブサ
7746

| | コメント (4)

2018年9月 2日 (日)

田圃のトウネン

今日は朝から雨が降ったりやんだりでぐずついた天気となる。
いつもの田圃では昨日までアカエリヒレアシシギやエリマキやトウネン、ヒバリシギなどで賑わっていたが今日は殆どのシギチの姿が見えなくなった。連日の雷雨にどこかへ行ったか、それともまだ近くに居るのだろうか。そこで今回は数日前に撮ったこの田圃では珍しいヨーロッパトウネンとトウネンの2種を紹介します。

少し水のある田圃の真中に出てきた スタイルの良い ヨーロッパトウネン
0905

この田圃では飛来数が少なく珍しい ヨーロッパトウネン
0899

この個体はキリっとした眉斑でイケメンの ヨーロッパトウネン
0911

田圃の奥の方で草の陰に居たが出てきた ヨーロッパトウネン
0728_4

飛び出し ヨーロッパトウネン
0747

少数でやって来たトウネン。

3羽で仲良くどこへ行くにも一緒の トウネン
1515

広い田圃をあちこち飛び回っていた3羽の トウネン
1527


何に驚いたのか一斉に飛び立った トウネン
1539

トウネンと同じ田圃に居た、

トウネンと一緒に居たが1羽なので大股歩きで去っていった ヒバリシギ
1130

☆ ヨーロッパトウネンは今日(9/3)も居ました。

| | コメント (6)

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »