« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月28日 (日)

残雪のMF

今日は朝から暗い曇り空だったが午後になって西から青空が広がってきた
雪の為閉まっていたMFの森へのゲートが開通した。まだまだ雪の残る森にはレンジャク狙いのカメラマンが20人ぐらいいたが午前中は出なかったようだ。トラツグミやビンズイ、アオジは良く見られたが、その他の鳥は少なかった。猛禽はオオハヤブサが鉄塔の天辺に、ハイタカが森の上空を、ノスリとチョウゲンボウが田圃で見られた。画像は昨日今日に撮ったものです。

冬の青空をバックに ハイタカ
7592

ここ暫く見ていなかったが元気に飛んでいた ハイタカ
7593

いろいろな人口物のある川沿いの田圃で低く飛んでいた ノスリ
3543

後ろの木と重なって見ずらいですが ノスリ
3546

たくさんの枝が被ってますがお腹の色が目立つ アカハラ
3745_2

園路を横切って雪の無い所に移動する トラツグミ
3675

道路際の松並木には複数の個体が餌を探していた ビンズイ
3468

200羽ぐらいの群れが雪のグラウンドに集まっていた スズメの集会
3567

| | コメント (4)

2018年1月25日 (木)

今日の彩湖

今日の最低気温は40数年ぶりとかで昼間も気温は上がらず寒かった。
MFの森はゲートが閉まっていたが彩湖の駐車場へのゲートは開いていた。まだ一面雪に覆われた湖の周辺はジョキングの人もいなくて静かな雪道を土手に上がり湖面を見るとカモの群れの遠くに白い姿のミコアイサ♂と3羽の♀が居た。毎年少数が来てくれるが今年はなかなか見られなかった。やはりMFでその白い姿を見れるのは嬉しい。周辺ではオオジュリンやアオジ、ベニマシコ、ホオジロなどが雪に覆われた葦原で餌を探していた。

今年はMFの湖にやって来るのが遅かった ミコアイサ♂
3075

毎年数は少ないが姿を見せてくれる ミコアイサ
3314

彩湖では数少ないカモの部類に入る ペアのミコアイサ
3333

湖岸でカモを見ていると近くに飛んで来た ベニマシコ
3267_2

湖周辺の葦原で雪の上に出てきた オオジュリン
2886_2

逆光で雪の上にクッキリと影が映った アオジ
3158

帰りに寄った一面雪に覆われた田圃では今まで何処にいたかと思うほどヒバリの数が多かった。他はホオジロ、タヒバリ、カシラダカなどが餌を求めて出てきた。

田圃では群れがあちこちで見られ一番多かった ヒバリ
3368

せっかく現れたが逆光でしかも向こうを向いていた ホオアカ
Hoo

| | コメント (8)

2018年1月24日 (水)

雪の後

東京で久しぶりの大雪の後は雪掻きが大変だし道路も凍り付いて歩きにくい。
近くの公園へ行ってみた。小鳥の姿は余り見られなかったが、ルリビタキやシロハラが少ない餌を求めて雪の中に出てきていた。また歩いていると良い声が聞こえてきたので見上げると10羽程のイカルが居た。天気は良いが明日はもっと寒くなるという。

後ろの小枝が邪魔ですが雪の上に降りた ルリビタキ
2789_3

僅かに枝のまたに残った雪と ルリビタキ
2844

ところどころ残った雪の枝で ルリビタキ
2823

少し解け始めてきた雪の上で何かの餌を見つけた シロハラ
2508_2

顔がだいぶ黒くなってきた アトリ
2536

細い枝にとまり逆さまになって餌をとる イカル
2659

良い声で鳴いていた 餌を口に咥えて満足顔の イカル
2662

大きな木の実を口いっぱいに頬張っていた イカル
2684

枝から枝へ イカル
2693_2

| | コメント (2)

2018年1月20日 (土)

MFにも来た!

今日の午前中はどんよりとした雲で寒かったが午後からは青空が広がった。
最初の森では相変わらず愛想のいいトラツグミがいつもの場所で餌を探していた。そしてお昼ごろに次の森に行ってヤドリギのある木を見ると何とヒレンジャクの群れがとまっていた!数えると15羽の群れだった。数枚シャッターを押したところで直ぐに飛んでしまったので証拠写真程度になってしまった。おまけにまだ曇り空で飛び去った後に急に青空が広がってきた。青空の下で撮りたかったが今季初なので仕方がない。

声が聞こえてきたので見ると15羽の群れがとまっていた ヒレンジャク
2257

まだ曇り空だったので色が良く出なかった ヒレンジャク
2274

ヤドリギの中には入らなかった群れ ヒレンジャク
2281

飛び去ったあと急に青空が広がってきたがまだ空は真っ白 ヒレンジャク
2290

田圃の水路でゴチャゴチャした葦の中に居た ベニマシコ
2196

| | コメント (8)

2018年1月19日 (金)

MFで、

今日の午前中は以外と風があったが午後からは収まってきた。
最近のMFはアリスイやベニマシコやトラツグミなどの冬の常連たちが定着して良くみられるようになった。これらの鳥たちも良く観察するといろいろな仕草などが見られ面白い。まだまだこれからが冬本番。レンジャクの話もあちこちから聞こえてくるので期待したい。

芝生から飛んで枝から枝へ飛び移っていた トラツグミ
2063

最近はあちこちで見られるようになった後ろ姿の トラツグミ
2094

横枝を駆け足で移動する面白い恰好の トラツグミ
2096

急に飛んで芦原に飛び込んだ トラツグミ
2152_2

ムクドリと鉢合わせ 羽を立て姿勢を低くして威嚇する トラツグミ
2118

たまに木にとまりコゲラのように登っていた アリスイ
2046

焼いた葦原で茎の中から虫を探す 焼け跡には餌が豊富にあるアリスイ
7169

イノコズチの種を食べにこの藪に出てきた ベニマシコ
1115

この日は同じ場所で何回も旋回して上昇していった ハイタカ
1486

| | コメント (0)

2018年1月17日 (水)

暖かな日

今日の朝から気温が高く昼間は暖かくなったが午後から雨模様。
昨日、クビワキンクロが来ているという池へだいぶ遅くなったが行ってみた。もうカメラマンも少なく数人だった。クビキンは対岸の葦の中で寝てばかりいてたまに少し前へ出てきたがあまり近くには来なかった。また同じ葦のすぐ近くには越冬中のツルシギが1羽見られた。

渡来数が少なく珍しい クビワキンクロ♀
9816_2

葦の中で寝ていてようやく少し出てきた クビワキンクロ♀
0192_2

クビワキンクロと同じ葦の中で寝ていたが起き出した越冬中の ツルシギ
0110_2

赤い足と嘴がよく目立つ  居るとは思わなかった ツルシギ冬羽
0154_2

羽を広げてそのまま水の中へ入った ツルシギ
0160_2

水の中に入ってカモのように泳いでいた ツルシギ
0169_2

カモの中でも派手な羽模様で目立つ ハシビロガモ
9862_3


別の公園では、

汐の引いた池の干潟で餌を探す越冬中の アオアシシギ
1277

ゴカイを見つけ引っ張り出す アオアシシギ
1281

| | コメント (2)

2018年1月13日 (土)

年初のコミミ

今日は気温は低かったが風も殆どなく穏やかで余り寒くは感じなかった。
比較的近くの休耕田にコミミズクが居るというので行ってみると、暫くして3時過ぎに1羽2羽と飛び始めそれからは夕暮れの休耕田を右に左にと飛び回っていた。

3羽の個体が広い休耕田の中を飛んでいた コミミズク
0669

ところどころに残っている葦原から飛び出した コミミズク
0812

夕方の コミミズク
0815

休耕田の中を飛び回っていた コミミズク
0768

近くのあぜに降りてくれたが逆光の中の コミミズク
0836_2

2羽の個体が高く上がって絡み合っていた コミミズク
0614

今日のMFの森では人が殆どいなかったが直ぐ眼の前にトラツグミが飛んで来たり、他の鳥を見ていてすぐ近くの枯れ木に眼をやるとアリスイがとまっていたりと労せずに鳥の方から近くに来てくれた日だった。

ガビチョウを見ていたら目の前の折れた枯れ木にとまった アリスイ
4131

車を降りて歩いていたら直ぐに目の前の枝にとまった トラツグミ
0382

| | コメント (4)

2018年1月10日 (水)

葦原の猛禽

今日は温度はそれほど低くないが風がだんだん強くなり寒かった。
先日、少し遠くの広い芦原へ行ってみた。ハイイロチュウヒは後ろ姿ばかりだったが、変わりにいろいろな羽模様のチュウヒが近くを飛んでくれて楽しかった。コチョウゲンボウも♂に会いたかったが今度も♀タイプだ。また夕方にはコミミズクも飛んだ。冬の空は猛禽が面白い。

真っ青な空の中を気持ちよさそうに飛ぶ頭の白い チュウヒ
2738

広い芦原を獲物を探しながら近くを飛んでくれた チュウヒ
2733

全身が茶褐色で精悍な感じのする チュウヒ
2696

いろいろな羽模様で面白い チュウヒ
0667

近くを飛んでいたノスリにモビングする  チュウヒ
2710

ここのテリトリーはどちらのものでしょうか チュウヒ
2712

太陽が西に傾いたころ電線にとまっていた コチョウゲンボウ♀タイプ
9244

MFでは10数羽のアトリが見られるようになった。また公園の入り口に近い芝生では近くに子どもなど人が居るのに1羽のチョウゲンボウが餌を食べていた。

10数羽の群れが飛び回っていた アトリ
9364

公園の入り口近くの芝生でカワラヒワを捕食していた チョウゲンボウ
9396

| | コメント (6)

2018年1月 5日 (金)

小寒

いよいよ本格的な寒さになるという「小寒」、昼間でも一桁の気温となった。
画像は今日と昨日のMFの様子です。いつもの芝生に着くと鉄塔にオオハヤブサがとまっていた。食事後のお休み時間のようだ。暫くすると3羽のカラスが来てバトルを繰り返していたがそのうち嫌気がさしたのか遠くへ飛び去った。

今日は鉄塔でながい間食休みをしていたが飛びだした オオハヤブサ若
8895_3

3羽のカラスとのバトル後に頭上を低く飛び回っていた  オオハヤブサ
8772_3

昨日は葦原上空をハヤブサとトビとミサゴという3羽の猛禽が同時に現れ精悍なオオハヤブサがトビやミサゴにけん制して突っかかっていた。また湖を覗くと沢山のカモの中にホオジロガモの♀が2羽浮かんでした。毎年姿を見せるがここでは数少ないカモだ。

そばを飛んでいた大きなトビに攻撃、怖いもの知らずの オオハヤブサ
8579

今度は近くを飛んでいたミサゴにアタック オオハヤブサ
8535_2

この個体はボラと思われる大きな獲物を掴んでた ミサゴ
8604

先日とは違う隣の森に居た警戒心の強い トラツグミ
9213

今年に入って毎日姿を見せるようになった トラツグミ
9205

遠かったが今年も2羽が姿を見せた ホオジロガモ♀
8454

ながい間2羽で一緒に水浴びをしていた ホオジロガモ
8446

時どき見せる頸を上に持ち上げるポーズの ホオジロガモ
8419

| | コメント (4)

2018年1月 3日 (水)

初撮り

今日は天気は良かったが風が強く気温も上がらず寒い日だった。
正月で空いている道をMFへ出かけた。森に入ってからグラウンドの辺りを歩いているとトラツグミが姿を見せ、明るい所にも出てきた。なぜか年が明けると良くみられるようになるトラツグミ。その後近くに居た4羽のムナグロとタゲリを撮って今年の初撮りとなった。

正月で人が殆どいない広いグラウンドに出てきた トラツグミ
8150

姿勢を低くして餌のミミズを探す トラツグミ
8131

芝生から飛んで近くの林の枝にとまった トラツグミ
8199

ほんの少し翼を広げたので白い翼帯が見えた トラツグミ
8209

この後すぐ下の藪に降りた トラツグミ
8210

綺麗な金属光沢の羽模様の タゲリ
8324

だれも人が居ない裏のグラウンドで10羽の群れが居た タゲリ
8281

仲間のタゲリと餌場の争いをしていた タゲリ
8319

静かな正月のグラウンドで餌を探していた 越冬ムナグロ
7998

4羽居たが人が来たので2羽が並んで飛んだ ムナグロ
7923

| | コメント (6)

2018年1月 1日 (月)

謹賀新年

  山の王者は仲が良い!             イヌワシ(撮影 新潟県)
Img_1099

| | コメント (8)

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »