« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月30日 (土)

年末のコミミ

今日も冷え込んだが朝から良い天気。
河川敷にコミミが出ているというので行ってみた。現地に着いた時はまだ風もあったが暫く待つと風も弱くなり土手向こうからコミミズクが顔をだし、餌を探して土手沿いに右へ行ったり左へ行ったりとながい間飛び続けてくれた。年の瀬を充分に楽しめた一日でした。

目の前の棒にとまってそこから飛び出す コミミズク
2487

安定感の無い細い棒から飛び出し準備 コミミズク
2486_2

土手の向こう側から飛んで来た コミミズク
2399

餌を探しながら土手の斜面を飛ぶ コミミズク
2277

餌を見つけたのか土手の斜面に飛び降りたが コミミズク
2511

降りていた土手の草むらから飛び出した コミミズク
2518

| | コメント (4)

2017年12月26日 (火)

久し振りの遠征

先日、イスカの大きな群れが居るというので遠くの山へ行ってみた。現地に着くと既に先着のカメラマンが居た。仲間に入れて貰って待つ間もなく30羽ほどのイスカの群れが飛んで来て一本の木にとまった。その後も松林の方へ飛んでいったかとおもうと暫くしてまた群れがやって来るという繰り返しだった。この山から見える北アルプスはガスって良く見えなかったが、御嶽山や途中の高速からは南アルプスや八ヶ岳の雄姿が見え心を癒してくれた。

冬の青空をバックに真っ赤な色が良く目立つ イスカ♂
1397

後ろは北アルプスのはずですがガスっていてみえません イスカ
1377

一本の恰好良い止り木を独り占めの イスカ♀
1336

小枝の多い木にたくさんの群れがとまったが画像には数羽だけ イスカ
1212

この日は30羽や10羽の群れが飛んで来てとまった イスカ
1296

木の樹液を舐めているように見える イスカ
1331

白樺の木の枝に並んでとまった3羽の♂ イスカ
1553

2羽がだんだん近づいてきて求愛給仕でしょうか イスカ
1628

枝から飛びだした イスカ♂
1721

| | コメント (5)

2017年12月24日 (日)

今年もあと数日

今日は曇りだったが風がないのでそれほど寒くはない。
比較的近場にホシムクドリが居ると聞き午後から出かけた。現地に着くと先着の人がだいぶ待っているがムクドリの姿も見えないと言っていた。それではと周辺を探し回わるとムクドリの群れの中に数羽のホシムクドリがみられたが、遠くへ飛んでしまった。それから元の場所に戻ってみたら3羽のホシムクドリが戻っていた。以前は南の方でしか見られなかった鳥たちが近年は関東でも良くみられるようになった。

畑のようなところに降りて餌を探していた ホシムクドリ
6928

身体が黒っぽいのでムクドリより強そう見える ホシムクドリ
6978

8羽居たというがこの時は3羽しか見られなかった ホシムクドリ
7018

なにが気に入らないのか他の2羽に向かって威嚇する ホシムクドリ
7006

電線にとまっていたが下の畑に降りる ホシムクドリ
7060

最近のMFで、

水路沿いでいつも一緒に行動している3羽の群れ ベニマシコ
3985

この群れの中には真っ赤な雄は居ない ベニマシコ
4035

アカハラよりは数が多い シロハラ
4417

農道を渡ろうとしてじっとこちらの様子を窺う イタチ
3864

| | コメント (4)

2017年12月21日 (木)

ハヤブサとカモ

今日も朝から快晴、今月は雨が降らず晴天が続いている。
先日、少し遠くの調整池に珍しいカモのアカハシハジロが居るというので行ってみた。あまり大きくない池に黄金色の大きな頭と赤い嘴が良く目立つ日本には渡来数が少ないカモが泳いでいた。

大きな黄金色の頭と赤い嘴が鮮やかな アカハシハジロ
5923_2

一度見たら忘れられない色鮮やかな アカハシハジロ
5887_2

寝ていてもしっかりと周りを見ている アカハシハジロ
5931

今日のMFでは公園の鉄塔にいつものハヤブサがとまっていた。どこかで大きなご馳走を食べてきたらしく「そのう」が大きく膨らんでいる。この鉄塔は食後のお休み処としてお気に入りの場所の様だ。時々カラスが来るが直ぐに追い払ってしまう大きくて強い。今回は一度飛びだしたがカラスを追い払ってからまた鉄塔に戻って休んでいた。今季はこの個体が楽しませてくれるのでなるたけ長く居て欲しい。

鉄塔から飛び出す準備の鉄兜を被ったような顔の ○○ハヤブサ
194a6568

カラスがそばに来たので飛び出したが、そのあと追い払った ハヤブサ
194a6615

餌をたっぷり食べたと見えて「そのう」が大きく膨らんでいた ハヤブサ
194a6692

一度飛びだしたがカラスを追い払ってからまた鉄塔に戻った ハヤブサ
194a6801

正面から ハヤブサ
194a6710

| | コメント (6)

2017年12月19日 (火)

今季もヤツガシラ

今日は風も弱く天気も良いので穏やかな暖かい日だった。
今日は少し遠くの調整池へ行った帰りにヤツガシラが出ていると教えて貰った公園へ行ってみた。現地に着くとまだ出ていないという。数時間待ってそろそろ帰ろうかと思っていたら、アンテナにヤツガシラがとまった。その後芝生に降りて採餌を始めたが、一応撮ったし西日の斜光が強くなってきたので引き揚げた。ここは今年の2月にも見られた場所なのでヤツガシラのお気に入りの場所なのだろう。

超近かった!振り向いたら目の前の杭にとまっていた ヤツガシラ
6116

芝生に降りて餌探しを始めた ヤツガシラ
6160

西日が降り注ぐ中を少し遠かったが颯爽と歩く ヤツガシラ
6214

民家のアンテナにとまっていた ヤツガシラ
194a6074

| | コメント (2)

2017年12月17日 (日)

師走の鳥

今日は青空が広がったが強い風が吹き体感温度が低く寒かった。
最近の森は冬鳥が少ないが、空を見上げればハイタカの成鳥や幼鳥の姿が良くみられ、ヒメアマツバメも良く飛んでいる。やはり良く晴れた青空の中を飛ぶ姿は恰好が良い。

森の上空で良くみられる よそ見をしながら飛ぶ ハイタカ成鳥♀
1637

田圃を歩いていると上空を飛んでいた ハイタカ幼鳥
194a4678

この個体はシーズン初めに会って以来の ハイタカ幼鳥
194a4691_convert_20171215201107

最近は度々彩湖上空を数羽の群れが飛び回っている ヒメアマツバメ
4212

前からの表情が面白い ヒメアマツバメ
4208

近くの公園で、色とりどりの枯れ葉の中で トラツグミ
4449

明るい所にでてきたら急いで植え込みに走り込んだ トラツグミ
4544

少し離れた公園の小さな池で、

たった1羽しかいないが直ぐ近くにも来る トモエガモ
3737

| | コメント (2)

2017年12月13日 (水)

予期しないツミ

今日も朝は冷え込んだ。天気は良かったが午後から北風が冷たかった。
近くの公園にイカルが来ているというので行ってみた。その後、他の鳥を撮っていたら突然水場に水飛沫を上げてツミが舞い降りた。良く見ると綺麗な成鳥の♂だ!側にいたオナガを追いだしてバタバタしているのでなおも良く見ると足元から黄色い嘴が見える。なんとイカルを捕まえていたのだ。それから間もなく獲物のイカルを掴んで飛び去った。いや~、ビックリ!予期しない場面に会えて少し興奮気味だった。

いや~びっくり! 他の鳥を撮っていたら突然舞い降りてきた ツミ成鳥♂
4487_2

近くのオナガを威嚇して追っ払う よく見ると足に何かを掴んでいる ツミ
4476_2

さらに良く見ると足元に黄色い嘴が見える水の中にイカルを捕まえてた ツミ
4460_2

残念ながらボケボケで獲物がイカルか何か分からないと思いますが、
足にイカルを掴んで飛び上がった ツミ
4494

隣の森では10数羽の群れが樹の洞の水を飲んでいた イカル
4271

時どき良い声で鳴いていた餌の少ない山から下りてきた イカル
4386

| | コメント (10)

2017年12月10日 (日)

今季もハイチュウ

今朝も寒かったが昼間は気温も上がり過ごし易かった。
ここ数日はハイイロチュウヒの♂が昼間に飛ぶという少し遠くの2か所の広い芦原へ行ってみた。まず北の方の葦原では3時ごろ1羽が飛んで来たがこの1回だけのチャンスをものにしなければならないので難しい。また南の方の葦原では午前中に数回、午後からも2羽が同時に飛びだし並んで飛ぶ姿が見られた。かなり遠くで鮮明には撮れなかったが、今季もハイチュウ♂の優雅な姿を観察出来たので良し。

ここでは一回だけ比較的近くを飛んだ ハイイロチュウヒ♂
3390_2

ここでは昼間から何回も飛んでくれるが遠い ハイイロチュウヒ
3871

遠くて鮮明でないが広い芦原を優雅に並んで飛ぶ2羽の ハイイロチュウヒ
0807

もう少し近くで並ぶ姿を見たかった ハイイロチュウヒ
0808

チュウヒが飛んだらその下から飛び出した ハイイロチュウヒ
0732

こちらは近くを飛んで行った ハイイロチュウヒ♀
0932

翼の下面の模様が綺麗な ハイイロチュウヒ♀
0937

| | コメント (6)

2017年12月 7日 (木)

山で赤い鳥

今朝は寒く、昼間は日差しもあり風が無いのであまり寒く感じなかった。
先日、オオマシコが居るという近くの低山へ行ってみた。現地に着くとすでに大勢のカメラマンが居た。暫く待つと谷の方から真っ赤な成鳥のオオマシコが現れ、次々と♀や若い個体など8羽~10羽ほどがやって来た。鮮やかな真っ赤な衣装の♂は特に人気がある。ここは毎冬オオマシコが見られるという。

すぐ近くの枝にとまってくれた赤い衣装の オオマシコ
2995

初冬の青空に真っ赤な姿が映える オオマシコ
2578_3

冬の主役に数えられる絶大な人気を誇る オオマシコ
3155

8羽~10羽ほどが出てきてくれた オオマシコ
3171

可愛い! オオマシコ
2847


| | コメント (4)

2017年12月 4日 (月)

戻ってきたトラフ他

今日は朝のうちは晴れてたが午後からは雲が厚くなり夕方には雨となった。
シーズン初めには良く見られたが、ここ暫くは姿が見えず別の場所に移動したかと思っていたトラフズクが戻って来て全身が比較的明るい所に出ていた。今日は2羽の姿を確認できた。

暫く留守だったがここ数日前から戻ってきた トラフズク
3423

今日は全身が見えた横から見た トラフズク
3413

羽繕いの後のおどけたようなポーズの トラフズク
3382

数羽が入っていて良く鳴いている ルリビタキ♀タイプ
3532


昨日、行った近場の低山で、

ヤマザクラの木にとまった瑠璃色がとても鮮やかで綺麗な ルリビタキ♂
3227

マユミの実を食べに来た コゲラ
3289

枝に逆さにぶら下がり赤い実を咥える コゲラ
3269_3

| | コメント (8)

2017年12月 2日 (土)

MFの猛禽

今日は朝からスッキリと晴れ冷え込んだが気持ちの良い青空が広がった。
このところ森にはウソやアリスイやトラツグミなどが居るようだがなかなか会えない。そこで今回は最近MFで見られている猛禽を取り上げてみた。まず大陸系の大きなハヤブサの若、それから森や葦原で突然現れるハイタカ、たまに葦原上空を飛ぶミサゴ、数羽のノスリ、常連のチョウゲンボウなど、他にもオオタカの成鳥や幼鳥が飛び回っているのでこれからは冬の空を見上げるのが楽しい。

今季は大陸系と思われるこの個体が見られる ハヤブサ幼鳥
7583

なかなか大きくて飛ぶ姿も立派な ハヤブサ
7483

この個体は大きいので湖のカモを狙うときもある ハヤブサ
7478

鉄塔の高い所にとまり獲物を見つけると飛び出す ハヤブサ
0464

今季は数羽が見られるので楽しみな ハイタカ
1633

曇り空の中を飛ぶ ハイタカ
194a1424_2

時どき現れて近くの川で狩りをする ミサゴ
3380

1羽がカラスと絡んでいたらもう1羽が援護に現れた ノスリ
1548

大きなバッタを捕まえた チョウゲンボウ
2480

| | コメント (4)

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »