« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月28日 (火)

晩秋のMF

今日は雲が多めながら午後からは晴れ間も出て暖かな過ごしよい陽気となる。
MFの森も季節は進み晩秋の装い。地上は枯れ葉の絨毯が敷き詰められ、歩くとフワフワして気持ち良い。鳥はというと数週間前に見られたリュウキュウサンショウクイが今度は前回とは違う森で再び現れて高い所を飛び回っていた。また時期外れのムシクイも居て楽しませてくれた。只これらの鳥は見られない日もある。これからの冬には何が入るか楽しみだ。

前回とは違う隣の森に現れた リュウキュウサンショウクイ
2144

なにか虫を捕まえた高いところを飛び回る リュウキュウサンショウクイ
2167

黄葉を楽しんでいるかのような シロハラ
1781_2

鳴き声が種名の確認の決め手ですが・・・ ムシクイSP
1934

 枝から枝へ飛び回る ムシクイ
2064

周辺の川にいた まだ飾り羽の伸びていない ヨシガモ
2252

周囲のカモと湖岸で休んでいた イカルチドリ
8496

| | コメント (6)

2017年11月25日 (土)

猛禽を求めて

今日は午前中は晴天で午後からは雲が出てきたが風も弱く暖かい日だった。
午後から少し遠くの広い田圃から葦原へ行ってみた。まず第一目的のコチョウゲンボウを探して広い田圃を走り回った。暫く探すと車の前を小さなな猛禽が横切った。♀タイプのコチョウゲンボウだ、降りた先を探すと畔で餌を食べていた。今日は♂には会えなかったがまた次の楽しみが増えた。毎年冬はこの田圃で猛禽類に会えるのが楽しみの一つである。葦原ではミサゴやオオタカ、ノスリなどが飛んでくれた。

田圃の畔に降りていた小さな猛禽 コチョウゲンボウ♀タイプ
0541_2

毎年この田圃ではこの鳥を探すのが楽しみだ コチョウゲンボウ
0537

小鳥を捕まえて食事中だった コチョウゲンボウ
0503

飛びだした方向が向こう側だったので後ろ姿になった コチョウゲンボウ
1904_2

広い芦原で

青空に大きな身体で存在感がある ミサゴ
3400

低く飛んで来た ミサゴ
3395

青空を悠々と旋回していた オオタカ
Photo

毎年猛禽の中でも一番多く見られる ノスリ
1372

| | コメント (4)

2017年11月21日 (火)

赤や青など

今日はスッキリと晴れ渡り富士山が見事な姿を見せていた。
森へ入ってルリビタキが居るという場所で暫くまっていると近くから地鳴きが聞こえてきて目の前の枝にとまってくれた、綺麗な青い♂の個体だ。まだシーズンはじめなので落ち着かないがこれから冬の主役になるだろう。また川沿いでは真っ赤な♂のベニマシコの群れも入ってきた。アオバトもまだ滞在してる。そして田圃ではキツネに会った。

後ろが眩しすぎるが小枝に立てにとまった綺麗な青い♂の個体 ルリビタキ
1317_2

来春までこの森で越冬してほしい今季初の ルリビタキ
1315

赤いノイバラの実の中で真っ赤な ベニマシコ♂
1177

4~5羽の♂の群れが飛び回っていた ベニマシコ
1125

まだ長居をして毎日ノイバラの実を食べている アオバト
1009

久し振りに後頭部の赤い羽が見えた個体 コゲラ
4949

田圃では久々にキツネに会った。タヌキやイタチや最近増えてきたアライグマは良く見るがキツネはかなり以前に一度見たことがあるだけでここでは珍しい。その時は痩せて毛艶も悪かったが今回の個体は野生としては良い感じだった。まだまだMF周辺は自然が豊かなんだと改めて感じた。

農道を走ってきてにらめっこ意外に毛並の良い超久し振りに会った キツネ
1218_2

直ぐにUターンして遠くの葦原に消えた 自然豊かな田圃の キツネ
1220


| | コメント (6)

2017年11月18日 (土)

山とMFで

今日は朝からどんよりした空で雨模様となる寒い日だった。
昨日、近くの低山へ行ってみた。期待してた鳥には会えなかったが、まだ時間が早かったので帰りに寄ったダム湖ではほとんど期待していなかったが遠くの稜線を悠然と飛ぶクマタカ成鳥が見られた。遠かったがその姿をみられただけでも良かった。

「そのう」が大きく膨らんでいるので餌を食べた後の様だ クマタカ成鳥
9731

稜線の高い所を飛んでいたが急にスピードを上げて移動する クマタカ
0866

黄色くそまった針葉樹の中に大きな群れが居た可愛い エナガ
0708

ヤマザクラの枝で餌探し ヤマガラ
0700_2

今週のMFでは,
アオバトはまだ居る。あとはツグミも増えてきたしベニマシコも増えてきたようだが良い場所には出ない、しかし冬鳥はいろいろ入って来ている。

ツグミがノイバラの実を啄んでいる所に飛んで来た ビンズイ
0250

早く場所を開けてくれと言わんばかりに口を開けて叫んでいる ビンズイ
0252_2

この画像には右端上にビンズイ、ツグミ、左端下にアオジの3羽が
0252

種が入っているんでしょうかオギの穂を啄んでいる ホオジロ
0262

この日は湖で2羽の沼アジサシが飛んでいた クロハラアジサシ
0968

| | コメント (4)

2017年11月14日 (火)

赤い実

今日は朝から曇り空でお昼ごろから予報より早く雨になった。
ここ数日のMFではアオバトの若やウソなどが居て楽しませてくれている。アオバトは低木のなかで休んでいることが多いが時々出てきてノイバラの赤い実を食べている。またウソは今のところ♀しか見ていないが♂も近くに居るはずだがなかなか会えない。鳥たちは今の時期は豊富にあるいろいろな木々の実をたくさん食べて餌の少なくなる冬に備えている。

黄色く染まった枝葉の中で休んでいた アオバト若
0327_2

ここ数日同じところに滞在している アオバト
0353_2

枝被りですが黄緑色をした身体で可愛い顔をした アオバト
9378

休憩から動き出すと近くにあるノイバラの実を食べにくる アオバト
0125

「フイ フイ」と柔らかい鳴き声が聞こえてくると近くに居る ウソ♀
9744_2

赤い実を口いっぱいに頬張る食欲旺盛な ウソ
9868

今の時期の森の中にはいろいろな実が生っている ウソ
9941

低木にとまって尾羽を開いていた ジョウビタキ♀
9678

飛びだし ジョウビタキ
9683

| | コメント (2)

2017年11月12日 (日)

今週のMF

今日も良い天気だが北風が強くいよいよ寒くなってきた。
ここ数日はリュウキュウサンショウクイが森の中を飛び回っているので多くのカメラマンが集まり賑やかになっている。田圃のアカガシラサギもまだ居るようだ。また今日はミヤマホオジロが居ると連絡を貰い行ってみると、イチョウの黄色い落ち葉の中で♂が採食していた。黄色いイチョウの葉と黄色い冠羽のミヤマホオジロはなかなかうまく撮れなかったが今季初めてなので我慢しよう。。

小さな実の生る中でスッキリした枝にとまった リュウキュウサンショウクイ
8893

何を見ているのでしょう リュウキュウサンショウクイ
8912

大きな毛虫を捕まえた リュウキュウサンショウクイ
8749

後ろ姿もスマートな身体の リュウキュウサンショウクイ
8714

今日の森では、

餌が落ちている舗装された道に出てきた今季初の ミヤマホオジロ
9206_2

黄色いイチョウの葉で黄色い冠羽が目立たないが ミヤマホオジロ♂
9261_2

黄色いイチョウの落ち葉に染まる ミヤマホオジロ
9216

地上に落ちているドングリの実をさがす カケス
3739

人が通る合間を見つけて餌を捕っていく カケス
3775


| | コメント (4)

2017年11月 8日 (水)

海辺で

今日は朝から小雨が降りあとはずっと曇り空の一日だった。
先日、オニアジサシが居るという海辺の公園へ出かけた。堤防で待っていると遠いところをオニアジサシが飛んだが近くには来なかった。他には近場の干潟で餌捕りを繰り返すズグロカモメの若い個体とダイシャクシギやミヤコドリが見られた。たまには海で潮風に吹かれるのも良いものだ。

汐が満ちてくると遠くの干潟を飛びだしたが 距離がありすぎ オニアジサシ
6491

こちらに向かってきたが此処迄で戻ってしまった オニアジサシ
6520_2

青空の中を気持ちよさそうに飛んでいた オニアジサシ
6527

餌をみつけて急降下体勢の オニアジサシ
6541

目の前の近くを飛んでくれたのは ズグロカモメ若
6272

干潟を飛ぶ ズグロカモメ
6356

数羽の個体が餌を捕っていた ダイシャクシギ
5886

ズクロカモメと ダイシャクシギ
6043

干潟で」餌捕りに夢中のダイシャクシギと ミヤコドリ
6005

汐が満ちてきて飛びだす ミヤコドリ若
6055

皆様のお越しをお待ちしています
Photo_3

| | コメント (8)

2017年11月 4日 (土)

MFにも来た

今日も良い天気で殆ど風もなく過ごし易い陽気となった。
森の入り口近くでサンショウクイの声が聞こえた。仲間と探したがなかなか姿が見えなかったが、なおも探すとすぐ頭の上で枝から枝へ飛び移る姿を確認でき暫くの間近くを飛び回っていた。そして写真に撮って良く見たらリュウキュウサンショウクイだった。近年は関東にも進出してあちこちで観察されているようだ。暫く居ついてくれると嬉しいのだが。

胸から腹にかけて薄汚れたような色の リュウキュウサンショウクイ
7406

MFの森では初お目見えの リュウキュウサンショウクイ
7399

近年は関東にもあちこちで観察されている リュウキュウサンショウクイ
7262

小さな虫を捕まえたようだ リュウキュウサンショウクイ
7196

良く鳴いて飛び回っていた サンショウクイ
777438

あれっ、まだ渡り途中の個体が居た  ツツドリ
7099

まだ数羽が森に滞在している キビタキ
6637

| | コメント (8)

2017年11月 3日 (金)

今日のMF

朝は寒いほどだったが昼間は晩秋の暖かい日差しが気持ち良かった。
MFでは昨日見られた冬羽のアカガシラサギが今日も田圃に滞在していた。葦原に降りてしまうと頸だけしか見えないので飛ぶところを狙ってみた。また森ではアカハラやシロハラや愛嬌があるヤマガラなどが飛び回っていて、冬鳥の姿も多くなかなか楽しい一日だった。

白い翼が綺麗な土手をバックに飛ぶ アカガシラサギ冬羽
7035

後ろからの飛び姿も アカガシラサギ
666926

田圃の中に降りてこんな恰好の アカガシラサギ
6905

降りた田圃は草が多くて全身が見えない アカガシラサギ
7008

森では、

木の実を狙って高い所にとまっていた アカハラ
6598

こちらも木の実をたべにやって来た シロハラ
6622

目の前の低木で餌を採っていた可愛い ヤマガラ
6748

下の枝にある木の実を狙う態勢の ヤマガラ
6752_2

落ちないように羽ばたきながら見事に実を咥えた ヤマガラ
6753

| | コメント (4)

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »