« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月31日 (火)

可愛い鳥も

今朝は寒かったがだんだんと晴れ間が広がり昼間は過ごし易かった。
MF周辺の公園では今年もベニマシコの声が聞こえ暫くするとその可愛い姿を見せてくれた。若い個体のようだ。まだ1~2羽だがこれから徐々に数も増えてきて楽しませてくれるだろう。他にもシメが飛び回り、例年見られるアカゲラも来ていた。また湖ではたくさんのオオバンやホシハジロと一緒に少数のヨシガモの姿も見られ、冬鳥の種類が増えてきた。

MFの冬には常連だが今季初の可愛い ベニマシコ
5828

「ピッポ ピッポ」と柔らかい声が聞こえ姿を見せた ベニマシコ
5834

背景はゴチャゴチャの藪ですが今季初なので良しです ベニマシコ
5801

水路沿いの枝が込み入った場所で ベニマシコ
5748

藪の中で草の実を食べるのに夢中の ベニマシコ
5630

近くのノイバラの藪に来ていた ジョウビタキ
5674

隣の林では枯れ木を叩いていたこちらも冬の常連の アカゲラ
5582_2

赤いパンツが鮮やかな アカゲラ
5562

少数の群れで飛び回っていた シメ
5472

湖の真ん中辺りで距離があるので色が出ないが ヨシガモ
5524

| | コメント (4)

2017年10月28日 (土)

順調に

今日の午後からはまた台風の接近で雨になる。
MFの公園では今日もマヒワの大きな群れが飛び回っていたし、昨日は2羽のアトリが見られた。またカシラダカやシメなども来ていたし、他にもいろいろ見られているようだ。これからもっと多くの冬鳥が入って来るだろう。今のところ森も順調に鳥たちが替わってきている。

2羽と少数だが先遣隊が入ってきた アトリ
4726

近いうちには大きな群れが来るかも アトリ
4537

暗い所でカナムグラの実を食べていた アトリ
4610

以外と近くで観察出来た アトリ
4558

森に来たばかりなので落ち着かないのか直ぐ移動した カシラダカ
4416

立派な冠羽を立ててた カシラダカ
4418

この日も30羽ほどのマヒワが飛び回り桜の木の周辺では餌を獲るためホバーリングをしていたので、その様子を撮ってみた。

ホバーリングをしてクモの巣に引っかかった餌を獲ろうをする マヒワ
4371

なかなか思うように獲れないようで何回も挑戦する マヒワ
4372

結構長い間ホバッてた マヒワ
4373

最後は何とか餌が捕れたようだった マヒワ
4375

| | コメント (2)

2017年10月26日 (木)

増えてきた冬鳥

今日は久しぶりに朝から青空が広がり気持ちの良い陽気となった。
MFの水路沿いでは今季初のジョウビタキの声が聞こえ、暫くすると鮮やかなオレンジ色の姿を現した。そして可愛いアオジも来ていた。その後森に入ってみると小さな小鳥が飛び回っていた。マヒワです!約50羽ほどの群れが狭い範囲を移動していた。今日は数種類の冬鳥に会う事が出来て久しぶりに楽しめた。この調子でいろいろ来てくれることを期待しよう。

群れには若い個体が多い 木の実を頬張る マヒワ
4044_4

逆さまの体勢で餌を食べる マヒワ
3939_3

木の実を食べた後には水辺に降りて喉を潤す ペアのマヒワ
4270

今日の公園には台風の後の水場が沢山ある マヒワ
4239

次々と水辺に舞い降りてきた マヒワ
4197

ピントが合っていませんが青空の中を飛ぶ マヒワ
3249_2

鮮やかなオレンジ色の身体が良く目立つ ジョウビタキ
3435

可愛い アオジ
3498

| | コメント (6)

2017年10月21日 (土)

僅かな時間

今日も雨、秋雨前線と台風の接近もありまだまだ雨は降り続くようだ。
昨日、毎日降る雨が少しやんだ僅かな時間に近場を廻ってみた。暗く人影もない静かな田圃では久しぶりにオオタカ成鳥の姿が見られた。また葦原ではハヤブサの若が鉄塔から飛び立って湖に浮かぶカモを狙い急降下する姿も見られた。田圃も葦原も駆け足で回ったのでゆっくり観察する時間もなかったが、天気に関係なく鳥たちは餌を求めて活動している。

雨の合間の田圃で電柱にとまっていた土手の上から見た オオタカ成鳥
9834

雨模様の空の中をカラスに追いかけられる オオタカ成鳥
1192

超接近し口を開けて騒ぐカラスの表情と無視して飛ぶ綺麗な オオタカ
1218

飛びながら口を開けて何かしゃべっているような ノスリ
9524

葦原の鉄塔の中段から飛び出す 今季時々見られる ハヤブサ若
0464

2羽の仲間が1羽の個体を執拗な攻撃で仰向にした カラス
Photo

雨模様の水辺では、

近くの沼で少数のカモの群れの中にいた スズガモ
4134

湖畔で甲羅を干していた大きな スッポン
3038

| | コメント (0)

2017年10月18日 (水)

やっと晴れた

数日続いた雨もやみ朝から青空がでたが今日一日だけという。明日はまた雨。
湖畔にノゴマが出たと聞いたが、雨で行く気がせず、やっと晴れた今日行ってみた。ここは毎年ノゴマが越冬地へ向かう途中に寄ってくれて楽しませてくれる。2~3羽いるというが、現地は大盛況だった。

数日振りに顔を出した眩しいばかりの太陽を浴びてクモの巣と ノゴマ
2947

ツツジの植え込みの上に出てくれた ノゴマ
2826

ところどころに咲いているセイタカアワダチソウの茎にとまった ノゴマ
2975

堤防のはずれの桜の木の枝で 若い個体のようだ ノゴマ
2017

植え込みの下の暗い所で餌を探して歩いていた ノゴマ
3074

隣の湖ではカモ類の姿が少なかった。

マガモ、ホシハジロ、オナガガモ、ヒドリガモ、コガモなどの混群
3038

皆様のお越しをお待ちしています
Photo

| | コメント (6)

2017年10月15日 (日)

在庫の猛禽

ここ数日は秋雨前線が本州南岸に停滞して一日中雨。
このところ雨続きで鳥見に出かけてないので新しい画像がありません。これからの晩秋から早春にかけての季節はいろいろなタカが比較的近場で会える時期になる。そこで今季も会えることを期待して、画像は以前に晩秋から早春にかけて撮った在庫です。

土手一面に咲く菜の花の中を低空で飛ぶ ハイイロチュウヒ♂ 撮影3月
7643

川にいるカモを追いかけて旋回する ハヤブサ
5496_2

日当たりの良い枝で寛ぐ コチョウゲンボウ♂
2751_2_3

細かい枝がゴチャついてる木にとまっていた ハイタカ♂
5623

田圃の上空を飛んで来た ハイタカ♀
7592

以下の猛禽はほぼ一年中見られるタカです。他にも空を見上げるとオオタカやチョウゲンボウなどが飛んでいる姿が良く見られる。

比較的近い低山で繁殖している クマタカ幼鳥
0805_2

青空のもと大きな枯れ木にとまっていた クマタカ
1702_2

これは大きい!!見事な鯉を捕まえて水中から飛び出した ミサゴ
4453_2

| | コメント (2)

2017年10月11日 (水)

夏日のはずが

予報では暑くなり夏日の予想だったが、朝から靄が掛かりそれほどでも。
先日、少し遠くの蓮田へシギチを見に出かけた。休耕田では9羽ほどのオグロシギの群れの中にまだ夏羽の綺麗な個体が1羽居た。他にはコアオアシシギやツルシギ、トウネン、オジロトウネンなどが居て賑やか田圃は楽しめた。

紫色のミズアオイが咲き乱れる休耕田で採餌 ツルシギ
2408

ここの中継地でしっかりと栄養をつけて長い旅に備える オグロシギ
2239

さすが胸の筋肉が発達している これから長距離を飛ぶ オグロシギ
2241

まだ夏羽の残る綺麗な個体 オグロシギ
2170

後方のミズアオイの花が彩を添える休耕田で オグロシギの群れ
2313

尾羽の白黒模様が綺麗な後ろから見た オグロシギ
2265

飛びだして移動する トウネンとオジロトウネンの群れ
2083

別の場所では、久しぶりの数少ないカモが見られた。

隣県の調整池にやって来た白い虹彩が目立つ メジロガモ
2737_2

| | コメント (6)

2017年10月 8日 (日)

MFでは

今日は朝から晴れ間が出てまた暑くなった。数日の温度差が激しい。
空気の入れ替わったここ数日の森ではヒタキ類が数多く入って来て、賑やかになって来た。キビタキやエゾビタキも複数羽入っていてミズキやアカメガシワの木の周りで良く見られている。また会えなかったがオオルリも入っている。そしてアカゲラやカケスの声もよく聞こえる。これからはいろいろな他の鳥たちも入ってくるだろう。

つめたい空気と共にやってきたのか近くで見れた キビタキ
1329

ミズキの木の中で キビタキ
1409

アカメガシワの実を頬張る キビタキ♀タイプ
1524

この日は複数の個体が飛び回っていた エゾビタキ
1621

高い枝にとまってじっと小鳥の来るのを待っていた ツミ若
7153_2

公園のメタセコイヤの天辺にとまっていた カケス
9990_2

彩湖上空を飛んでいた大きな ミサゴ
1944

ハトの群れを追いかけた直後には左上空からチョウゲンボウが オオタカ
9595_2

直ぐにモビングし始めたチョウゲンボウと オオタカ
9588

| | コメント (6)

2017年10月 4日 (水)

冷たい空気

今日は今までと違い冷たい空気に入れ替わり気温がだいぶ低くなった。
毎日通ってもなかなか会えなかったアリスイがやっと見られた。土手にでると遠くから声が聞こえ探すと高い木の天辺にとまっていた。いったん飛んだが今度は低い枝にとまったのでじっくりと観察出来た。また森では数日前に数羽のカケスが入って来て飛び回っていた。

低木にとまり良く鳴いていた やっと会えた今季初の アリスイ
1092

この鳥の声を聞くと季節の変わりを実感する アリスイ
0984

森に数羽が入って来た 暗い曇り空を飛ぶ カケス
9939

何とか色が出ました カケス
9940

鈍よりとした曇り空だったが、近くの沼ではアオアシシギ、セイタカシギ、イソシギ、コチドリなどと一緒にオジロトウネンとヨーロッパトウネンがいた。

水が少なくなって干潟が出た岸近くを歩く ヨーロッパトウネン
0047

足の長さがだいぶ違う オジロトウネンとヨーロッパトウネン
0236

同じ場所で仲良く採餌するとオジロトウネンとヨーロッパトウネン
0069

採餌に夢中の オジロトウネン
0337_2

右へ行ったり左へいったりヒラヒラ飛ぶ蝶にうろうろする イソシギ
0126

| | コメント (6)

2017年10月 1日 (日)

秋晴れ

今日は朝から真っ青な空が広がり気持ちのいい秋晴れとなった。
先日、MFの森では渡りのヒタキ類が少なくなって少し淋しくなったが、この森では冬鳥のアカゲラが見られた。このまま定着してくれると嬉しいのだが、また田圃や草はらには複数のノビタキが飛び回っている。

今季の森では初お目見えの アカゲラ
9753

高い所の枝で餌捕りまだ葉が多いので見つけずらい アカゲラ
9694

真下からなのでお腹ばかりが目立つ コサメビタキ
9758

荒川沿いの土手下では2羽の個体が飛び回っていた ノビタキ
9468

少し遠かったが花の咲く土手で ノビタキ
9610

もう力のなくなったセミを捕まえて食べてた モズ
9499

今日、近場の山では数羽のエゾビタキが良く現れてくれた。また20羽ほどの渡りのサシバが雲取山周辺の上空でタカ柱をつくっていた。渡りのルートなのだろうか、この山でまとまった数を見たのは初めてだった。

数羽が近くの谷で飛び回っていた エゾビタキ
0310

20羽ほどが山の上空でタカ柱をつくっていた サシバ
0357

暫くして今度は比較的低い所を7羽ほどが飛んで行った サシバ
0355_2

| | コメント (4)

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »