« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月27日 (水)

秋の鳥たち

今日は雲が多く晴れ間もでたが天気は下り坂で明日は雨の予報。
昨日、MFの森はキビタキやサンコウチョウ、コサメビタキなどの越冬地へ帰る途中に寄ってくれた渡りの小鳥たちが飛び交っていてカメラマンも多く大賑わいだった。しかし今日は一転これらの鳥がほとんど見られなかった。

比較的低い枝にとまってくれた いつも人気がある キビタキ♂
9377

緑の中で綺麗な後ろ姿も良い キビタキ
9387

毎日のように確認されていた サンコウチョウ
8998_2

枝から虫を狙って飛び出しまた元の枝に戻る コサメビタキ
9244

高い所の枝から枝へ飛び回っていた コサメビタキ
9177

今度は下の方に餌を見つけたのでしょうか真っ直ぐに降りる コサメビタキ
9173

今日の彩湖ではまだ少数のコムクドリが居たしノビタキも2羽見られたがアリスイには会えなかった。

土手を歩いていたら反対側から2羽の小鳥が飛んで来た コムクドリ
9433

見ていると大きく旋回して少し近くに戻って来た コムクドリ
9432

かなり距離があったが土手の下の木にとまった コムクドリ
9447

| | コメント (7)

2017年9月24日 (日)

秋の空

雲が多いが秋らしい爽やかな陽気になってきた。
先日、クマタカが飛ぶ峠へ久し振りに行ってみた。待っている間に小鳥や渡りの猛禽がとぶかと期待したが何も現れず、退屈していたが、午後になって遠くにクマタカの姿が、そして暫くすると今度は2羽の成鳥が比較的近くに現れた。視界が狭く短時間のチャンスしかなかったが、久しぶりのクマタカの雄姿に良しとした。また別の場所ではデイスプレイ飛翔も観察出来たという。

顔が陰になってしまったが食事をした後でそのうが膨らんでいる クマタカ
0197

光の向きで尾羽の太い横帯が透けて綺麗だったペアの クマタカ
0211_2_2

とつぜん2羽が並んで現れ大きな身体で悠然と飛んで居た クマタカ
0206_2

バイバイと顔は見えないが背中をみせて去って行った クマタカ
0163

今日は近場の丘陵地へタカの渡りを観察に行った。サシバは十数羽の群れが何回も飛んだが高すぎて点にしかならなかった。

唯一低く来て頭上で細かく羽ばたき飛んで行った ツミ
8715

1羽だけ比較的低く飛んでいった サシバ幼鳥
8821


MFの田圃では、晴天だが白い雲がぽっかりと浮かんでいる秋の空に渡り途中の2羽のアマツバメが沢山のツバメと一緒に飛んでいた。

鎌形の細くて長い翼、スピード感があって恰好良いですね アマツバメ
8513_2

たくさん飛んでたツバメの中にひときわ大きな身体の アマツバメ
194a8268_3

近くを飛んでくれたがバックが雲で白くなってしまった アマツバメ
8343_3

ツミ

サシバ

| | コメント (4)

2017年9月20日 (水)

今週のMF

今日は彼岸の入り、ことわざどうり暑さも和らいで曇りだが秋らしい陽気になった。
森に入ると2羽のサンコウチョウが暗い木々の間を飛び回っていた。細かい枝や葉の中で撮るのは難しかったが、比較的低い所にもとまってくれて今季やっと会えた。また近くの森ではコサメビタキも入って来たし、翌日には川向うの田圃で2羽のノビタキにも会えた。今週になってやっと日替わりで秋の渡リの小鳥たちに会えた。いよいよ本番。

この日は2羽が暗い森の中を飛び回っていた サンコウチョウ
Photo

良く姿は見せてくれたが撮るのは難しかった サンコウチョウ
7787

真上にきてしまうとお腹ばかりが見える サンコウチョウ
7755

今季は同じ個体か新しく入って来たのか毎日見られている サンコウチョウ
7663

桜並木の中でじっとしていた コサメビタキ
7544

空抜けですが コサメビタキ
7499

今季はなかなか会えなかったが居ると教えて貰った ノビタキ
7921

2羽が葦原を飛び回っていた ノビタキ
7861

まだ顔の黒味が残っている ノビタキ
8030

| | コメント (4)

2017年9月17日 (日)

寄せ集め

日本列島縦断の大型台風の接近で朝から雨となったが、明日は晴れるという。
森には渡りの小鳥たちがいろいろと入り始めているのだがなかなか会えない。昨日もサンコウチョウやキビタキの♂はチラッと見えたが直ぐに見失って見ただけで終わってしまった。台風の通り過ぎた後に期待しよう。今回はあちこちで今月に撮った寄せ集めの画像です。

シジュウカラの群れの中に居たが なんとか撮れた キビタキ♀タイプ
6176

♂もいたが見ただけでだった キビタキ
6174

可愛い仕草の エナガ
1472

秋晴れの澄んだ青空のもとでホバーリングして餌を探す チョウゲンボウ
6097

こちらは鈍よりとした曇り空の中を飛ぶ2羽の チョウゲンボウ
194a1473
先日行った海辺で沢山の群れが飛んでいた トウネン
3001

昼間からヒラヒラと飛び回っていた アブラコウモリ 別名(イエコウモリ)
194a4365_3

目の前を飛んでいる餌の虫を狙う アブラコウモリ、別名(イエコウモリ)
4321_2

カワトンボ
2535

| | コメント (6)

2017年9月14日 (木)

楽しめた田圃

今日も昼間は秋晴れで澄んだ青空が広がり暑くなった。
ツルシギが入っているという沼へ行ってみたが遠くて写真にならない。と思っていたら近くにシギチの入る休耕田があるというので行ってみると3羽のエリマキシギやタカブシギ、オジロトウネンとたくさんのコチドリが居た。またもう一つの休耕田には沼から飛んだツルシギまで居てそこにエリマキやヒバリシギも来て賑やかになり、久しぶりにシギチを堪能できた。この時期に水の入った休耕田がもっとあればシギチがもっと寄ってくれるのだが。

赤い長い足で水の中を歩くスマートな ツルシギ
7310

2羽で仲良く採餌していた ツルシギ
7370

赤い足で大股に歩く ツルシギ
7426

水の僅かに残った休耕田を並んで歩く2羽の ツルシギ
7100

飛んでる時も尾より長く出た赤い足が目立つ ツルシギ
7123

エリマキシギや沢山のコチドリと一緒に飛ぶ ツルシギ
7190

飛びだしたが一回りしてまた戻って来た ツルシギ
7133

ツルシギと一緒に採餌していた3羽の エリマキシギ
7259

何に驚いたのか一斉に飛びだした タカブシギとエリマキシギ
6851

エリマキシギのそばに居ると随分大きさが違う オジロトウネン
6766

草の間を隠れるように歩く ヒバリシギ
7026

| | コメント (4)

2017年9月10日 (日)

沼アジサシ

今日は朝から快晴、昼間は暑くなり人出が多かった。
昨日サンコウチョウが入ったというのでMFの森を廻ってみたが渡りの鳥はツツドリだけで他は見つからなかった。  まだ水のたっぷり入った近くの沼には1羽のクロハラアジサシが飛び回っていた。夏羽から冬羽に換羽中の個体で毎年この時期には数羽が立ち寄ってくれるので今後は幼鳥も来てくれるだろう。

沼の杭にとまって休んでいた 夏羽から移行中の クロハラアジサシ
5603

制動をかけて全開した羽が透き通って綺麗な クロハラアジサシ
5673_2

沼の杭に降りた クロハラアジサシ
5670

沼の葦が茂った島の間を飛ぶ クロハラアジサシ
5663

餌を見つけて飛び込んだが失敗して飛び出す クロハラアジサシ
5650

次のターゲットへ向かう クロハラアジサシ
5651

まだ身体の下面に黒い夏羽の名残りがある クロハラアジサシ
5507

近くの田圃は稲刈り時期なので水を抜いてしまいシギチはあまり期待できないのだが少し離れた田圃では、たくさんのタシギとトウネン、ヒバリシギ、ウズラシギ、タカブシギなどが居た。

まだ水の残っている田圃に居た1羽の ウズラシギ
194a5171

この休耕田では6羽は確認できた 水のある所では多いタシギとヒバリシギ
5266

| | コメント (2)

2017年9月 6日 (水)

稲刈り後

今日は朝から雨が降ったりやんだりで気温も低く暗い天気。
昨日、田圃にエリマキシギが居るというので帰りに寄ってみると姿が見当たらない。飛び去ってしまったかと思い奥の方を探して歩きそろそろ諦めかけた頃、目の前の田圃に3羽のエリマキシギが飛んで来て降りた。稲刈り後の田圃は切株の背が高く見ずらかったが3羽で仲良く餌を獲っていた。今季初だ。

3羽のうちで一番大きな個体だったので♂と思われる エリマキシギ
4729

目の前の田圃に飛んで来た3羽のうちの1羽 エリマキシギ
4630_3

切株や草の中で見難かったが3羽の エリマキシギ
4676_2

稲の切株や草に着いた虫を食べているようだ エリマキシギ
4768_2

これからの長旅に備えてしっかりと体力をつけて欲しい エリマキシギ
4784_2

3羽が並んで飛んで来たが2羽しか入らなかった エリマキシギ
4637

草の背丈が高い田んぼに降りた エリマキシギ
4651


少し離れた田圃へ行ってみると、ここはまだ水があり、たくさんのコチドリの中に6羽のトウネンと2羽のヒバリシギが居た。

午後なので逆光になってしまい見ずらかった トウネン
4507

遠くばかり見ていたら目の前まで来ていた ヒバリシギ
4531

| | コメント (4)

2017年9月 3日 (日)

爽やかな秋空

今日は朝から澄み切った秋空が広がり湿度も低く気持ち良かった。
MFの森ではまだ渡りの鳥の姿はツツドリとコムクぐらいでムシクイも居たというが見つからない、田圃はもう干上がっていてシギチは期待できない。したがってアップできる画像が少ないので、今回は6月に撮ったキビタキとサンショウクイの在庫です。

枯れ木の洞で営巣する キビタキ 撮影6月
4198

餌を運んで来た キビタキ♂
4192

枝のまたに皿型の巣を作っていた サンショウクイ 撮影6月
3688

子供を温めに巣の中に入った サンショウクイ
3721

今日のMFで、

桜の木の中は枝葉が多く今回も良い場所にはとまらない ツツドリ
194a4221_3

羽をバタバタさせて親を待つ メジロ幼鳥
5285

砂利道に出てきて砂浴びをしていた ヒバリ
2594

| | コメント (2)

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »