« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月28日 (水)

山で会った

ここ数日は梅雨前線が停滞していて今日も降ったりやんだりの雨模様。
先日、毎年行く山の方へ行ってみた。まずいつもの山里でいつものサシバを見て、奥へ進みハチクマを探したが今年は遠いところにとまっているのを見ただけだった。林道を進むとサンショウクイが営巣していた。午後からは谷向うの山里で人気者のチゴモズに会って一日をたっぷりと楽しんだ。

田圃の脇の針葉樹の天辺から餌を探していた サシバ
3579_2_2

今年も会えた数少ない人気者の チゴモズ
3907

チゴモズ
3898

餌を見つけ飛び出す体勢の チゴモズ
3924

枝葉の隙間から チゴモズ
3886

近くに巣があるらしく餌を運んでいた サンショウクイ
3694

スマートな体型で尾も長い サンショウクイ♂
3772_2

森の中で大きく口を開けて歌っていた ノジコ
3668

少し離れた樹の天辺にとまっていた ハチクマ♂
194a3766

| | コメント (6)

2017年6月24日 (土)

いろいろ

梅雨時は雨や曇りだと涼しいが太陽が出て晴れると真夏日になる。
過去に実績のある山や高原などへ行ってみてもなかなか目的の鳥には会えないこともあるが、その他のいろいろな鳥たちが居て楽しませてくれる。今回は近場のあちこちで撮った鳥たちです。

暗い神社の杉の木でじっと見つめて番をしている アオバズク
1263

涼しい高原で、平地で普段見ているモズとはだいぶ違うが 高原モズ
2140

他の亜種と間違えそうな綺麗な 高原モズ
2158

沼では 1羽だけ飛び回っているのが見られた クロハラアジサシ
3097

かなり遠くの竹竿にとまった クロハラアジサシ
3113

近くで見ると 餌を捕りに行くときは精悍な顔の コアジサシ
7135

ドアップで!頭上の近くを通過していった ミサゴ
9912

MFの草はらで昆虫好きに人気の綺麗なハチ オオセイボウ
2208

| | コメント (6)

2017年6月21日 (水)

山の水場

今日は朝から雨が降り昼過ぎには風雨ともに強くなった。明日は暑くなる。
山の水場へ行った。ゆっくり出かけたので午後になってコルリやクロツグミ、キビタキなどが出た。鳥の出は余り良くなかったが、涼しい水場の周辺ではゴジュウカラのペアや人懐っこい3匹のシマリスなどが愛嬌を振りまき心を癒された。

水場のそばの岩に3匹が出てきてその可愛い仕草に癒された シマリス
3164

喉が渇くと水場に降りて水分補給 シマリス
3470

最初に水浴びに出てきた コルリ♂
3419

暫くすると今度出てきたのは♀の クロツグミ
3461

そして小さな ヒガラ
3271_2

周辺の森では幹に登ったり降りたりして餌を咥えていた ゴジュウカラ
3341

別の枝では2羽のペアが幹を掘って餌を探していた ゴジュウカラ
3375

左の個体が虫の幼虫を掘り出したのを口を開けて待つ右の ゴジュウカラ
3381

捕った餌をもう1羽に与えていた仲の良いペアの ゴジュウカラ
3398

別の木の幹にはこんな小動物も アカネズミ?
3510

| | コメント (4)

2017年6月18日 (日)

元気な子供たち

今日は朝から曇り空で夕方からは雨が降って来た。
先日、巣立ちしたトラフズクを見に行った。この日は枝葉の少ない樹に移動していて3羽の幼鳥が興味ぶかく頸を左右に振ったりいろいろな仕草をして楽しませてくれた。ここは毎年複数の雛が巣立ちをして育っていく貴重な場所なので大事にしたい。また今の時期はあちこちで雛が巣立ちしベビーラッシュである。

巣立ちして近くの木の枝の間から見た トラフズク幼鳥
1559

頸を左右に振って不思議なものを見るかのような仕草の トラフズク
1511

子供だけどもう大人のような顔つきの トラフズク
1569

2羽の子供が手(足)をつないで何か話をしていた トラフズク
1800

手(足)をつないだままピッタリ寄り添う仲の良い兄弟 トラフズク
1833

グー、チョキ、パーで遊んでいるような トラフズク
1935

沼では、

今の時期はあちこちの沼や池で子供の可愛い姿が見られる カイツブリ
2812

此処は4羽の雛が居るが2羽が親の背中に乗ってました カイツブリ
2824

ここも2羽の子供が親に餌を貰っていた カイツブリ
2685

| | コメント (2)

2017年6月15日 (木)

求愛給仕

今日の朝は曇っていたがしだいに晴れて陽が射すと暑くなった。
以前ツミが居た森に今年も♂♀のペアが来てました!しかし両方ともまだ若い個体だった。暫く観察していると若い♂が餌を運んできて♀の待つ枝にやって来た。見ているとそのまま♀に餌を渡すのかと思っていたら、同じ場所で未練たっぷりに餌を離さずに♀と一緒に取り合いを始めた。暫く2羽で突ついていたが結局♀が餌を取って別の枝で食べ始めた。2羽とも若いからか面白い行動を観察出来た。この時期はあちこちでいろいろなペアの姿が見られる。

まだ若い♂がまだ若い♀の待っているところに餌を運んで来た ツミ
1295

運んで来た餌のスズメを2羽で突き合っていた若いペア ツミ
1299

まだ♂は未練がましく持ってきた餌をはなさない ツミ
1305

やっと若い♂が諦めて♀が自分のものにしたようだ ツミ
1308

その後場所を移動して♀がゆっくりと食べ始めた ツミ
1359

田圃で、

近くにカルガモが飛んで来たら寄っていき羽ばたき始めた キジ♂
2578

自分の相手と勘違いしたのかカルガモにピッタリと仲良く寄り添う キジ
2582

沼で、

ほら、ご馳走だよ、こっちを向いてと言っているような コアジサシ
2528

しっかりと餌を貰った コアジサシ
2540

| | コメント (6)

2017年6月11日 (日)

森と田んぼで

今日は雲が多かったが昼頃から青空が出てきて過ごし易い天気となった。
先日、沢沿いの杉林でサンコウチョウが鳴いていた。尾の長い♂だ!ヒラヒラと長い尾を靡かせて枝から枝へと飛び移る人気の夏鳥だ。今年もその姿に会えて嬉しい。

声がするとすぐに長い尾の♂が近くに姿を見せた サンコウチョウ
1432

姿も良いがその独特の声も良い「ホイホイホイ」 サンコウチョウ
1473

リラックスして羽繕い サンコウチョウ
1479

長い尾をヒラヒラなびかせて飛ぶ サンコウチョウ
1481

長い尾を持ちながら巧に林の中を飛ぶ サンコウチョウ
1483_2

今日の田圃で、

午後から田圃にムラサギサギが居ると聞き行ってみると、稲がだいぶ育ってきた緑の田圃でその細長~い首を伸ばして餌を捕っていた。ときどき低く飛んでも近くの田圃に降りてまた餌捕り、若い個体のようだ。5月にも海沿いの公園でムラサキサギの幼鳥に会ったばかりでまた会えるとは思わなかった。

広い田んぼを飛んで近くに移動していた ムラサキサギ若
2439

緑の絨毯のような稲の中で餌を捕る ムラサキサギ若
2232

獲物を見つけたようだ 少し喉を膨らませてスタンバイ ムラサキサギ
2522_2

ときどき飛んではまた近くの田圃に降りる ムラサキサギ
2335

| | コメント (6)

2017年6月 7日 (水)

梅雨入り

今日は梅雨入り宣言があった。朝から曇り空で今晩からは雨が降るという。
ハヤブサの親子がいるというので会いに行った。岩場の中腹に巣からは出たがまだ飛べない幼鳥が3羽居て親鳥が餌を持ってくるのを待っていた。暫くすると親が餌を掴んで飛んで来たので、幼鳥たちは大きな声で鳴いて餌をねだったが親鳥は何処かえ隠してまた飛んで行ってしまった。久しぶりにハヤブサの親子に会うことが出来て、以前いろいろな所へ行ったことが思い出され懐かしかった。

岩場の横の枯れ枝にとまって子供を見守る ハヤブサ
1146

羽繕いなどをして長い間とまっていた ハヤブサ
4112

そろそろ飛びだす準備か羽を目いっぱい伸ばした ハヤブサ
4047_2

暫くしてもう1羽が獲物をぶら下げて帰って来た ハヤブサ
1075_2

その足にはしっかりと小鳥を掴んでいた ハヤブサ
1047

子供の待つ岩場の前を飛ぶ ハヤブサ
1035

捕まえた獲物はどうやらヒヨドリのようだ ハヤブサ
1115_4

巣から出て近くの急斜面の岩場を恐る恐る歩く ハヤブサ幼鳥
3955

急斜面を上手く登れずバタバタしていた ハヤブサ
3977_2

翼を目いっぱい羽ばたいて滑り落ちるのを防ぐ ハヤブサ
3979

| | コメント (4)

2017年6月 4日 (日)

低山で

今日は抜けるような青空が広がり気温もあまり上がらず清々しかった。
先日、低山へ出かけた。途中の田圃ではサシバの姿が見られ、渓流沿いにはクロツグミやコサメビタキ、オオルリ、キビタキなどが、サンコウチョウやサンショウクイの声が響いていた。久しぶりの森林浴は気持ちが良かった。

山沿いの田圃で餌を狙う夏の猛禽に会った サシバ
8952

人工物のパイプにとまっていた サシバ
8943

頸を真後ろまで回して警戒する サシバ
8921

頭の上から良い声が聞こえてきた クロツグミ
Kuro

山では比較的多く見られた クロツグミ
9022

青空の元気持ち良さそうな コサメビタキ
9104

近くで営巣でもしているのだろうか コサメビタキ
9124

帰りに寄った広い芦原で、

わりと近い所に居た オオセッカ
2954

あちこちから声が聞こえてきた オオセッカ
2960

鳴きながら飛び上がってはまた同じような場所へ戻って来る オオセッカ
2967

こちらは道路の近くで良く姿を見せた コヨシキリ
1885

| | コメント (4)

2017年6月 1日 (木)

遠征

今日は朝から曇りで気温も上がったが蒸し暑い日だった。
先日、船はとんぼ返りだったが無事に島に渡れ、さっそく探鳥を始めるが、鳥影が少なく聞こえてくるのはカワラヒワの声ばかり。主だったものは初日に一人だけが撮ったコマミジロタヒバリ、帰る日にTさんが見つけたマミジロキビタキ♂、♀も水場に居たようだが会えなかった。また松林にいた第一回夏羽のマミジロやカッコウ、ツツドリ、それにコサメビタキ、サメビタキ、エゾビタキ、オオムシクイなどのムシクイ類など今回はかなり種類、数とも少なく寂しい遠征だった。同行された皆さんお世話になりました。

後ろからですが 松の木の中を移動していた マミジロキビタキ
0609_2_2

嘴が枝に被ってしまったが マミジロキビタキ
0618_2

ずっと同じような場所に居た 若い個体 マミジロ
0473

唯一じっくりと何回も姿を見せた マミジロ
0522

最近は増えてきたのか良く姿を見せる カラスバト
0219

満開のニセアカシアをバックに サメビタキ
0245

地上に降りていた エゾビタキ
0339

電線に並んだ コムクドリ
0289

頭の真っ黒な個体が松の木にとまっていた アトリ
0352

あれっ、まだ居るんだと思った冬鳥の ベニヒワ
0549

僅かに見える頭頂の赤い色がポイントの ベニヒワ
0565

| | コメント (4)

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »