« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月29日 (日)

MFで

ここ数日の昼間は暖かく春を思わせる陽気になっている。
暖かさに誘われてMFの田圃や湖を歩いてみると、少し霞んだ空では2羽のノスリが空中戦を繰り広げていた(繁殖地ではないのでデイスプレイではなさそうだが?)。大きな猛禽同士なので迫力がある。また彩湖ではホシハジロやキンクロハジロのカモ類が数多く、その中にこの湖では数少ないミコアイサの♂と2羽の♀やホオジロガモの♀も居た。

春のような暖かさで少し霞んだ空で2羽が争っていた大きな ノスリ
7284

さすが猛禽同士のバトルは迫力があるノスリ
7287

いったん離れた2羽がまた接近してきた ノスリ
7309_2

鋭い足の爪を出して襲い掛かる攻撃と防御態勢の ノスリ
7336

この態勢はやっぱり上に居る個体が優勢なのでしょうか ノスリ
7335

ここでは越冬する♂はたまにしか見られない ミコアイサ♂
7092

2羽の♀を引き連れて ミコアイサ
6983

少し遠かったが2羽の♀が泳いでいた ホオジロガモ
7872

ミコアイサと一緒になった ホオジロガモ
7890

田圃では数羽のタゲリと一緒に採餌していた 越冬タシギ
7445

そっと葦の中へ去って行った2羽の タシギ
7457

| | コメント (6)

2017年1月25日 (水)

冬本番

今日も朝は冷え込んだ、昼間も郊外は相変わらず風が強く寒い日となった。

今季は多いようであちこちから話が聞こえてくる コミミズク
3445

今週は近場で撮った鳥たちです。これといった特別な鳥は居ないが森や田圃でも多くの鳥たちが越冬している。いよいよ冬本番となり餌も少なくなるが必死にこの冬を無事越えようとしている鳥たちを観察した。

野焼き後の葦原で餌を探す アリスイ
6358

焼き払われた葦の茎のなかに赤い舌を入れて餌を捕っていた 茎の中にはこんがりと焼かれたご馳走があるのでしょうか 確かめてみたい アリスイ
6400

2羽が見られたが何処かで越冬していたのでしょうか ムナグロ
6271

2羽が鉢合わせするとすぐに餌場を巡って争いが始まる ツグミ
0763

ボケてますが 同時に嘴と足のダブル攻め? ツグミ
6711

近場の公園では200羽超の群れが飛び回っていた アトリ
5849_2

冬枯れの地上で草の実などの餌を探す アトリ
5815_3

餌を求めて藪から出てきた ウグイス
4924_3

| | コメント (8)

2017年1月22日 (日)

陸と海の公園で

今日は昼間は風もなく穏やかに晴れてわりと暖かかった。
昨シーズンにシベリアアオジが見られた公園に今季も同じと思われる個体が観察されている。待っていると葦の中から飛んで来て近くの土手で餌を探していた。今年も無事越冬してほしい。

今季も観察出来た 昨シ-ズンと同じ個体と思われる シベリアアオジ
3935_2

土手の斜面で採餌に夢中の シベリアアオジ
3923_2

先日、海辺の公園で1羽のズグロカモメが飛んでいた。潮が引いて干潟が出た浜辺で好物のカニを獲っていた。この日は他に鳥の姿もまばらだったので、この1羽のズグロカモメが独り占めの浜辺でした。

汐の引いた浅瀬に居た ズグロカモメ
5420_2

時どき飛び出して浜辺を右に左に縦横に飛び回っていた ズグロカモメ
5379_2

干潟に居る獲物を見つけると急降下 ズグロカモメ
5384_2

干潟に居るカニを捕まえた ズグロカモメ
9208

カニを咥えたまま飛ぶ ズグロカモメ
5310

ズグロカモメ
5319

毎回好物のカニを見事に捕まえる 餌捕りの確率100% ズグロカモメ
5395

| | コメント (6)

2017年1月19日 (木)

再び

今日は朝のうちは曇っていたが昼間は青空が広がったものの風が強かった。
アネハヅルが少し遠くの田圃に居るというので行ってみた。9月にMFの田圃で会って以来の再会となった。今度はこの場所に暫く滞在しているというので大勢のカメラマンに囲まれても臆せずに近くまで来て餌を捕ったりしていた。あれ以来時々観察されているので関東のこの周辺に滞在していたようだ。この可愛らしい姿からは8000m級のヒマラヤ山脈を越えるという逞しい姿は想像できないが、しっかり体力をつけて無事に戻って欲しい。

広い田んぼでたまに近くへ来たりして採餌していた アネハヅル
0358

少し水が溜まってぬかるんだところで餌を探していた アネハヅル
0486_2

帰りに近くの山へ寄ってみた。登山道の近くの斜面でミヤマホオジロやカシラダカ、カヤクグリ、ルリビタキ、それに数羽のハギマシコが見られた。

直ぐそばまで来たのでこれ以上下がれず超アップの ミヤマホオジロ
5633

カシラダカの群れの中で採餌していた1羽の カヤクグリ
5705

数羽の個体が樹の洞にたまった水を飲みに来ていた ハギマシコ
5608_2

桜の芽を啄んでいた ウソ
9688

| | コメント (8)

2017年1月15日 (日)

冬のサンショウクイ

今日の朝は氷点下となり昼間も気温が上がらず寒い一日となった。
都会の公園にリュウキュウサンショウクイが居るというので行ってみた。先日も見られたという場所で暫く待つと木々の間の枝にとまったサンショウクイが見られた。渡りの時期に良く見る個体とは違って白い部分が少ないので黒っぽく見える。本来は南の地方に居る鳥だが最近は関東地方でも見られるようになり分布を広げているようだ。

南の地方の鳥だが最近は関東でも確認されているリュウキュウサンショウクイ
4277

胸からの下面が薄黒く白色部が少ない リュウキュウサンショウクイ
4285

高い所を飛び回るので空抜けが多くなる リュウキュウサンショウクイ
4345_2

枝が込み入っているのでなかなか手強い リュウキュウサンシヨウクイ
4321_3

高い樹の天辺にとまった リュウキュウサンショウクイ
4456_2

同じ公園の狭い川に居た何処か具合でも悪いのだろうか アカエリカイツブリ
4658

上空を20羽程の群れが飛んでいた イカル
8931

| | コメント (8)

2017年1月12日 (木)

小さな猛禽他

朝は冷え込むが昼間は比較的暖かい。北日本では大雪となっている。
最近は広い田圃を餌場としているコチョウゲンボウに良く会う。今回は♂には会えなかったが♀タイプの個体が同じ畔に2羽降りていた。身体は小さくて可愛い顔をしているが狩りは上手い。田んぼの土塊の上にチョコンと止まって獲物を見つけると一直線に低空を飛んで行く姿は美しい。田んぼや葦原の名狩人コチョウゲンボウに癒された日だった。

逆光ですが直ぐ近くの畔に降りていた コチョウゲンボウ♀タイプ
0308_2

降りていた場所はあまり綺麗ではないが良い顔です! コチョウゲンボウ
4015

枝が被ってるが田圃の低木にとまっていた コチョウゲンボウ
0325

少し離れていたが同じ畔に居た2羽の コチョウゲンボウ♀タイプ
4002

ピラカンサの実を食べに来た ツグミ
2932

食べるものが少なくなってくるとピラカンサの実もご馳走 ツグミ
2971

MFの芦原では良く見られるようになった ベニマシコ
3798_2

輝きが不足?  頂上に沈む 都内からのダイヤモンド富士(撮影1月1日)
2810

| | コメント (4)

2017年1月 8日 (日)

山や水辺で

今日は強い冷え込みで日差しが無く寒い日になり午後からは雨となった。
先日、クマタカが比較的近くで見られる山へ出かけた。早朝に現地に着き暫くすると「ピーピー」と鳴く声が聞こえ尾根の森の中から飛び出した幼鳥が近くを飛んでくれた。やっぱり幼鳥といえども大きな身体で飛ぶ姿は森の主にふさわしい姿である。

青空の中を飛ぶ大きな クマタカ幼鳥
9014

「ピーピー」と鳴きながら飛ぶ クマタカ
9016

少し前になるが、この日は幼鳥の声にこたえて成鳥が足に餌を掴んで木の茂みに入って行った。 陽に透けた翼や尾羽の模様が綺麗な クマタカ成鳥
0749

MFの田圃で、

MFの田圃で毎日餌を狙っている姿が見られる チョウゲンボウ
9730_2

水辺では、

水辺の公園で1羽のウミアイサがスズガモの群れと一緒に泳いでいたが見ているとどんどん近づいてきて手の届きそうなところまできた。

スズガモの群れの中に1羽のアイサが堤防近くを泳いでいた ウミアイサ♂
3101

赤い眼と赤い嘴が良く目立つ ウミアイサ
3069

助走をして飛び立つ後ろ姿の ウミアイサ
3115

ここではこの♀1羽しか見られなかった ホオジロガモ
2986

全員が何かに注目して同じところを見ているようだ オオハクチョウ
3291

| | コメント (4)

2017年1月 4日 (水)

ハヤブサの水浴び

今日は風もなく穏やかに晴れて3月頃の暖かな陽気になる。
ゆっくりと家を出て先ず湖へ行ってみた。土手の上からカモを見ているとカモの動きがおかしい、陸に近づかずいつもは寝ている個体が多いのにざわざわと落ち着かない。なんだろうと周りの空を見ると1羽のハヤブサが上空を飛んで来た。旋回してカモの群れの上を飛んで湖の端の斜面に降りた。そして周りを気にしながら湖に入って水浴びを始めた。猛禽の水浴びは小鳥ほど派手ではないが見られる機会が少ないので短い時間だったが楽しめた。

湖の上空を飛んで来た ハヤブサ
1158

湖のホシハジロやキンクロハジロなどのカモの上を飛ぶ ハヤブサ
0792

北側の斜面に降りてゆっくりと水の中に入り始めた ハヤブサ
1034

小鳥ほど激しくないがどっぷりとつかって水浴びを始めた ハヤブサ
0947

短い水浴びをして水から立ち上がった ハヤブサ
1010

水浴びが終わると素早く陸に上がる ハヤブサ
1012

警戒心が強いので水浴びも短時間で終了 ハヤブサ
1100

斜面に着地 ハヤブサ
1103

何事もなく無事に体を洗い気持ちよさげな顔の ハヤブサ
1105

陸に上がって間もなくトビが上空に現れたので飛び去る ハヤブサ
1148

| | コメント (4)

2017年1月 1日 (日)

新年

今年もいろいろな沢山の鳥たちに会えることを期待します。

北海道から東北、関東、九州と日本を縦断しているようです ソデグロヅル
8841

幼鳥(左)を連れた家族の ソデグロヅル
8786

| | コメント (14)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »