« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月30日 (日)

黄色いムシクイ

今日は曇り空でかなり寒くなった一日でした。
数日前、モリムシクイが桜並木に出没していると聞きライファーなので早速行ってみた。現地に着くと早朝は姿が見当たらなかったが、暫くすると何処かから桜の木にやって来て餌となる小さな青虫を捕りながらずっと狭い範囲を飛び回っていた。離島でも稀な鳥を関東で見られるとは思わなかった。

桜並木に暫く滞在している 黄色みの強い モリムシクイ
9334_2

桜の木に居る小さな青虫を盛んに獲って食べていた モリムシクイ
0288

青空の元で気持ち良さそうな モリムシクイ
9796

枝から次の枝へジャンプ モリムシクイ
9809_2

枝から枝へと飛び移る モリムシクイ
9810

| | コメント (10)

2016年10月27日 (木)

秋深まる

今日は秋も深まり暑くなく寒くなく丁度いい快適な秋晴れとなった。
午後から広い葦原へ行ってみた。まず川に行くと沢山のカモとその中に1羽のマガンが泳いでいた。また葦原ではチュウヒが飛び、田圃ではコチョウゲンボウがやって来ていた。ここは晩秋から冬にかけていろいろな種類の猛禽が見られこれからの季節には楽しみな所なのでこれから通う頻度が多くなる。

カモやカワウなどと一緒に川を泳いでいたが急に飛びだした マガン幼鳥
0564

この個体は暫くこの川に滞在しているようだ マガン
0567

大きな身体でザブンと着水 マガン
0579

深まる秋の芦原を飛ぶ綺麗な飛翔姿の ヨシガモとヒドリガモ
0618

葦原に獲物を見つけて急降下 チュウヒ
0524

ススキの咲く広い芦原を低く飛ぶ チュウヒ
0423

広い田んぼの真ん中で今季もやって来た コチョウゲンボウ♀タイプ
7842

逆光と陽炎ユラユラでこんな画像に 冬の猛禽 コチョウゲンボウ♂
7932

シメ

| | コメント (8)

2016年10月23日 (日)

水場で

ここ数日は秋らしい爽やかな晴天が続いて、平地でも少し紅葉が見れる。
いよいよ冬鳥もやって来て、田圃の川沿いにジョウビタキの♂の綺麗な姿が見られた。また、近くの公園の水場にはシロハラが来ていたし、渡り途中のクロツグミやマミチャジナイが水を飲むために現れた。冬鳥や夏鳥がやって来てなかなか豪華な顔ぶれが見られた。水場はある程度の距離を保っていればいろいろな鳥がやって来るのじっくり観察できる。

田圃の水路際の低木にとまってくれた綺麗な ジョウビタキ
8504

水場にやって来た、このままここで越冬してほしい シロハラ♂
8557

水を飲んで満足気に飛んで行った シロハラ
8561

越冬地へ向かう途中に寄ってくれた クロツグミ♂
8652_2

水場は鳥たちの社交場のような賑やかさだった クロツグミ
8668

メジロやシジュウカラなどが次々とやって来る水場 クロツグミ
8616

この水場を気に入ったんでしょうか マミチャジナイ♂
8967

他の鳥が居なくなったらしばらくして出てきた マミチャジナイ
8949

水場は混浴の露店風呂のようにもなる メジロ
8814

| | コメント (10)

2016年10月19日 (水)

今季初!

今日は平年並みだが気温が上がったり下がったり明日はまた夏日になる。
昨日、アリスイの出が良く、行く先々で姿を見ることが出来た。その後森に行って何か冬鳥が入ってないかなと思いながら歩いていると葉の落ちた桜の枝に小鳥がとまっていた。良く見るとミヤマホオジロの♀だ! ♂も近くに居ないかと探したがこの雌1羽のようだ。この森でミヤマホオジロは時々見られるがその後が続かないことが多い、今季は長く居て欲しいし、♂も期待したい。

黄褐色の冠羽が目立つ MFでは数少ない冬鳥の ミヤマホオジロ♀Cf5a8218

秋の柔らかい日差しを浴びて日向ぼっこ ミヤマホオジロ
8216

♂も近くに来ていることを期待する ミヤマホオジロ
8199

この日良く姿が見られたが左上に映ってるコバエのような小さな虫が多く鼻や口や耳や目など所かまわず纏わりついてギブアップだった アリスイ
Cf5a8083_2

小鳥を追いかけて近くの枝にとまった ツミ幼鳥
7815

また直ぐに獲物を追いかけて飛び出していった ツミ
7819

| | コメント (6)

2016年10月16日 (日)

旅鳥

この時期としては朝かなり冷え込んだが、昼間は平年並みの秋晴れとなった。
先日、ノゴマの出た場所に今度はキマユホオジロが居ると聞き行ってみると、堤防下のツツジの低木の上に時々出てきてくれ、数羽のホオジロと一緒に行動していた。日本海側の島などでは毎年見られるが、この近辺では見られる機会が少ない旅鳥。

ツツジの枝にとまって暫くじっとしていた キマユホオジロ
7580

白い頭央線と眉斑、顎線がはっきりしていて目立つ キマユホオジロ
7549

後ろ姿の見返り キマユホオジロ
7608

リラックスして羽繕い中の キマユホオジロ
7639

森で、

力強く穴を掘っていた アオゲラ
7866

隣の木に飛び移って登り始めた アオゲラ
7811_2

| | コメント (6)

2016年10月13日 (木)

寒くなった!

最近まで暑い暑いと言ってたのに今日は気温が低く肌寒いくらいになった。
昨日、MFの河川敷ではアリスイやエゾビタキが良く見られたが流石にトケン類の姿はなかった。また少し遠くの芦原では久々の青空のもと川の上を大きなミサゴが飛んでいたし、その川には1羽のマガンが餌を食べる姿が見られた。

餌を探しながら超低空で川の上を旋回していた大きな ミサゴ
7289

上と同じ ミサゴ
7292

下の川に餌を見つけて急降下の体勢をとる ミサゴ
7208_2

桜の木の天辺にとまった アリスイ
7081

とまっていたのは短時間で飛んでしまった アリスイ
7094

ゴマキの実を食べにやって来た エゾビタキ
7009

ゴマキの実はピンクで花のようなガクが弾けて黒い実が エゾビタキ
6845

少し遠くの河川敷で、

川の澱みに居た北からやって来た1羽の マガン幼鳥
7163

数輪の花が咲いていた季節外れの 八重ザクラ
7143

| | コメント (4)

2016年10月10日 (月)

秋らしく

今朝は気温も下がりようやく秋らしくなって,運動会が多く行われていた。
森にはまだツツドリやカッコウの姿が見られた。今回はそのカッコウ幼鳥の飛翔姿に焦点を当てて撮ってみました。

柳の樹に飛び移る瞬間、 尾羽などの羽模様が美しい カッコウ幼鳥
6538

なかなか精悍な恰好の飛翔姿 カッコウ
6532

隣の柳の樹に餌の虫を見つけたようだ カッコウ
6533

尖った翼の  カッコウ
6597

目標の枝にとまろうとする後ろ姿の カッコウ
6512

少し離れた湖の堰堤下にノゴマが来ているというので行ってみると、下の方のツツジの低木の上にお馴染みの喉の赤いノゴマが姿を見せていた。ここは毎年この時期にやって来て楽しませてくれる。

ツツジの藪の上に出てきた ノゴマ
6771

前から見ると赤い喉と白い眉斑と顎線が良く目立つ ノゴマ
6781

ここには毎年秋にやって来る ノゴマ
6814

枯れ枝にとまろうとする ノゴマ
6809

| | コメント (8)

2016年10月 7日 (金)

秋晴れ

今日は雲が多かったが気温も下がり爽やかな秋晴れとなった。

季節は進み秋も深まって来た 赤トンボが飛ぶ爽やかな秋の空と コスモス
6203

昨日、少し離れた公園にジュウイチが居ると聞き行ってみた。現地に着いて直ぐに木々の間を飛び交うジュウイチの幼鳥の姿が見られた。春は声が聞こえても姿を見るのが難しく、秋は少数が平地にも寄ってくれるが幼鳥が多いようだ。

木々の間を飛び回っていた まだあどけない顔の可愛い ジュウイチ幼鳥
6149

平地では見られる機会が少ない 渡り途中に寄った ジュウイチ
6152

虫を狙って枝から枝へ移動姿勢の ジュウイチ
6161

なにか盛んに上空を気にしていた ジュウイチ幼鳥
6178

◎皆さんのご来場をお待ちしております。

Photo

会場案内図
Photo_3

| | コメント (4)

2016年10月 5日 (水)

湖の周辺で

台風は日本海側を通過するようだが、雨も降りどんよりとした空模様となる。
昨日久し振りに晴れて暑くなった湖周辺は送電線の鉄塔にハヤブサがとまっていた。見ていると時々獲物を追いかけて飛び出すが、見ている間には狩りは成功しなかったようだ。毎年秋から冬にかけて餌を求めてやって来る同じ個体のようだ。これからはハヤブサのスピード感ある飛翔姿を観察できるのも楽しみの一つとなる。また水辺にはカモ類の種類も増えてきた。

獲物を見つけたようだ、とまっていた鉄塔から飛び出した ハヤブサ
5532

獲物めがけて急降下を始めた ハヤブサ
5507

川に居た獲物には逃げられたようだ ハヤブサ
5535

スピード感ある飛翔姿 ハヤブサ
5490

高く上がってまた鉄塔の見張り場所へ戻る ハヤブサ
5631

今度は遠くの水門の上に居たハトを狙って追いかけた ハヤブサ
5697

湖で、

2羽が流木の上でお見合いをしていた イソシギ
4885

数羽の姿が見られたが、これからどんどん数が増えるだろう オオバン
5740

他にもヒドリガモやオナガガモ、コガモなどが来て居た ハシビロガモ
4719

森では、

葉や枝の間からしか見られなかった オオルリ
5786

| | コメント (6)

2016年10月 2日 (日)

河川敷など

今日は久し振りに朝から青空が広がり昼間は暑くなった。
まずアリスイ目的で河川敷の芦原へ行く。先に行ってた人たちに会うと今出ていたが遠くへ飛んでしまったといって帰って行った。今日は良い天気なのでまた出るだろうと暫く待っていると数回声が聞こえ比較的近くの低木にその独特な姿を現した。2羽は居るようだ。帰りにはノスリが柵にとまっていた。いよいよ河川敷も賑やかになって面白くなってきた。

毎年今頃の時期にこの葦原にやって来て越冬する アリスイ
5263

まだ葉がたくさん茂っているので見つけ難い アリスイ
5192

低木から隣の茂みに移動する アリスイ
5269

別の河川敷では柵にとまっていたノスリの幼鳥がカラスに絡まれていた。カラスに負けないで無事に越冬してほしい。

2羽のカラスが近くに寄って来たので威嚇する ノスリ幼鳥
4954

そろりそろりと近づいてくるカラスを睨む ノスリ
4952

急にカラスが頭の近くを飛んで嫌がらせ 避ける ノスリ
4959

しつこいカラスを避けてその場を離れる ノスリ
4966

まだ少し心細そうな感じがする ノスリ
4969

これからの厳しい冬を無事に乗り切って欲しい ノスリ
4979

そして森では渡りの小鳥で人気が高い複数のキビタキやコサメビタキが見られた。早い時間にはサンコウチョウも居たらしい。

春秋の渡りの小鳥の中では定番だが綺麗なので人気がある キビタキ
4697_3

| | コメント (10)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »