« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月28日 (日)

河川敷で

今日は風も穏やかで暖かい日となった。
少し遠くの河川敷にコミミズクが出ているというので行ってみた。今季はコミミの話が少なかったがここでは3羽居るという。この日は雲が多かったが午後3時頃から飛びはじめ30分ほど広い河川敷を飛び回っていた。暫くすると遠くの方からハイイロチュウヒの白い姿が見え少し遠かったがぐるっと一回りしてくれた。コミミズクとハイチュウの2ショットは撮れなかったが楽しませてくれた日だった。

葦原の茎にとまって良く回る首でキョロキョロする コミミズク
3825_2

キョロキョロしていたが暫くして飛び出した コミミズク
3718

餌を探しながら葦原を低く飛ぶ コミミズク
3732

愛嬌のある顔で人気のある コミミズク
3944

地上の餌を見つけたようです コミミズク
3863

真っ逆さまに葦原に突っ込む コミミズク
3866

獲物は捕れなかったようで飛び立った コミミズク
3984

同じ河川敷で、

少し遠かったが土手を低く飛ぶ ハイイロチュウヒ
4267_2

土手の上に咲き始めた河津桜の若木を背景に飛ぶ ハイイロチュウヒ
4261

いつ見ても恰好良い ハイイロチュウヒ
4264

| | コメント (12)

2016年2月25日 (木)

近くなった!

最近まで湖に居たオオホシハジロが見られなくなったと思っていたら、なんと近くの公園に移っていたようだ。たくさんのホシハジロやキンクロハジロの中で良く眠っていた。今まで滞在していた湖では鳥との距離がかなり遠かったりしていたが、今度はそれほど大きくない公園の池なのですぐ近くで観察できる。

寝ていたが起きだした 近い! 羽の1枚1枚までわかる オオホシハジロ♀
1734

なかなか可愛い顔をしている オオホシハジロ
1737

口を開けていたが声は聞こえなかったのであくびでしょうか オオホシハジロ
1741

何か上を向いていたが目は眠そう オオホシハジロ
1739

同じ池に居たがこちらも近い ミコアイサ♀
1770

残念ながら後ろ向きですが大きな魚を捕食した ミコアイサ
1723

MFの森では、

数週間前にも数羽が居たがその後見られず今回また会えた イカル
1549

10羽ほどの群れだった イカル
1563

MFで久し振に会った、今季はここでは少ない ハイタカ
1601_2

| | コメント (4)

2016年2月21日 (日)

ワシと海鳥

昨日からの雨も上がり風は強かったが青空が広がった。
オオワシが移動途中に寄る沼へ行った。毎年ほぼ同じ時期にここにやって来て暫く滞在する。沼には餌となる魚が居るので体力をつけてから北に帰るのであろう。今回は餌捕りの場面は見られらなかったが、その大きな姿で頭上を旋回してくれた。無事に帰ることを願う。

流石大きいですね!移動途中に毎年寄って暫く滞在する オオワシ
3169

ワシの中では一番美しいといわれる オオワシ
3166

その後まだ時間が早かったので近くの海岸へ行ってみた。岩礁の連なる海辺にはシノリガモやウミアイサが近くで見られ、沖合には多くのアビ類が波間に浮かんでいた。

磯の岩礁の間を泳ぐ シノリガモシ
3387

さっきまで遠くに居たのにいつまにか近くに来ていた ウミアイサ
3427

ペアで近くを泳いでいた ウミアイサ♂♀
3446

だいぶ離れた波間を泳ぐ 沢山居た アビ
3283

遠いのではっきりはわからないが,  シロエリオオハム?
3238


谷津干潟では1羽のコクガンが泳いでいた。

群れからはぐれたのかたった1羽でカモの群れと一緒に居た コクガン
1156

2羽の猛禽が上空に現れヒドリガモと一緒に飛び出した コクガン
1063

| | コメント (4)

2016年2月19日 (金)

数万羽の大群

今日は4月頃の気温となり汗ばむほどの陽気となった。
広い田んぼにアトリの数万羽の大群が飛び回っていた。空を覆い尽くすその光景は物凄い迫力というか壮観である。これだけの数だと群れが移動するたびに「ザザッ、ザザッ、ザザッ」と羽音が聞こえてくる。一度見てみたいと思っていたが今回その機会に恵まれ、目の前に広がるその情景に圧倒された。

雪を被った山をバックに乱れ飛ぶ大群 アトリ
7595

望遠で撮ってもあまり迫力が伝わらないかも アトリ
8828

周りの木にビッシリと隙間なくとまっている、画像はごく一部です アトリ
7537

近くの水路で水浴び、しぶきで辺りがぼやけている アトリ
0721

隣の川でも一斉に水浴びし一斉に飛び上がる アトリ
0648

見ているとアトリの群れの中へ猛禽が突っ込んできた。ハヤブサだ!猛スピードで群れの中に飛び込んでいくがなかなか捕れない。しかし暫くすると水飲み場で捕まえたのか、しっかりと獲物を捕まえて頭上を飛んで行った。大きな群れの中で撮るのは難しいらしい。他にも餌のアトリを求めてハイタカやコチョウゲンボウやチョウゲンボウ、オオタカなどの猛禽が集まって来て飛び回っていた。

高空からアトリの群れを目がけて雪山をバックに飛んできた ハヤブサ
1987

猛スピードでアトリの群れに突っ込んだ 狙われた小鳥は不運 ハヤブサ
9930_2

しかし群れの中ではなかなか捕れない事が多かった ハヤブサ
9931

暫くしてアトリを捕まえて近くに飛んできた ハヤブサ
0424

しっかりつかんで空中で食べ始めた ハヤブサ
0419

こちらも一直線に飛んできた チョウゲンボウ
9848

餌を求めて狩りの上手いいろいろな猛禽がやって来る ハイタカ
0738_2

| | コメント (12)

2016年2月17日 (水)

日替わり陽気

最近は気温が上がったり下がったりと日替わり陽気なので体調維持が難しい。
先日、比較的近くの田圃にサバンナシトドが出ているというので行ってみた。現地では草の中や水路の近くを姿勢を低くして餌を探していた。以前もこの近くの田圃で見たことがあるが、相変わらず良いところには出てこないので探すのに苦労した。(今は見やすくなったようだ)しかし会う機会の少ない珍しい鳥なので観察できたことは良かった。

渡来数が少なく草の中を移動しているので探すのが難しい サバンナシトド
5752_2

地味な色模様なので田圃の草の中に溶け込む サバンナシトド
5721_2

水路のコンクリートの上で一休み サバンナシトド
5760_2

別の場所で、

こちらも藪の中を移動することが多い ムジセッカ
4977

広い芦原では、

高いところを飛ぶ ハイイロチュウヒ♀タイプ
4074

夕方の芦原で反転して降りた ハイイロチュウヒ
3257_2

| | コメント (6)

2016年2月14日 (日)

クロツラ&ヘラサギ

午前中降ってた雨もやみ午後からは春一番の風が吹いたがスッキリと晴れた。
一昨日、海辺の公園へ行ってみると浜辺でクロツラヘラサギとヘラサギの2羽が仲良く並んで餌の小魚を撮っていた。関東ではどちらか片方でも珍しいのに両方を一度に見られるとはラッキーな日となった。

仲良く並んで浅瀬に舞い降りた クロツラヘラサギ(手前)とヘラサギ(奥)
6744

並んで餌捕りに夢中の クロツラヘラサギとヘラサギ
6800

ハゼのような魚を捕まえた クロツラヘラサギ
6402

こちらも魚を捕まえて食べていた ヘラサギ
6530_2

後ろから海のギャングが餌を横取りしょうと現れ 逃げるクロツラヘラサギ
6579

ギャングが大接近 逃げろ!クロツラヘラサギ
6581

餌を咥えたまま飛びまわる クロツラヘラサギ
6649

仲の良い所を見せていつも一緒の クロツラヘラサギとヘラサギ
6690

橋のたもとの松の木には2羽が越冬中 トラフズク
1torafu

| | コメント (8)

2016年2月11日 (木)

MFなど

昨日の強風も収まり今日は穏やかに晴れて暖かかった。
MFの森を歩いていると目の前を小鳥を追いかけて猛禽が横切った。近くにとまったので少し近づいてみるとツミだった。遠くへ渡らずにこの森の周辺で越冬した個体でしょうか。立派な成鳥だった。また近くで今度はアカゲラも観察出来た。他にはいま人気を集めているキクイタダキやトラツグミ、アリスイなども近くで見られている。

小鳥を追いかけて目の前の枝にとまったのは立派な ツミの成鳥♀
5996_2

獲物を見つけたのかこちらに真っ直ぐに飛んできて頭の上を通過 ツミ
6004_2

葦原では低木にとまってじっと餌をみつけていた若い個体 ノスリ
2627

後ろからですが上面の羽模様もなかなか綺麗な ノスリ
2647

声がするので上を見たら近くの木にとまってた アカゲラ
6159_3

田圃の畔に顔を出した ホオアカ
5592_2

別の場所で、

2羽しか映ってないが電線にたくさんとまってた ニュウナイスズメ
3824_2

この中に4羽の淡色型コクマルガラス(↑)が居る ミヤマガラスの群れ
5134_2

| | コメント (6)

2016年2月 7日 (日)

今週の鳥

今日も良い天気だったが風が強く体感温度は低かった。
少し遠くの公園へヤマシギを見に行った。以前は毎年のように訪れて居たが、最近は行っていなかった。今年も数羽のヤマシギがいるという。前に良く出た場所で待ったが姿を見せないので別の場所へ行ったら盛んに嘴を突っ込んで餌を捕っている姿が見られた。

枯れ葉の積もった広場に出てきた 保護色で見つけずらい ヤマシギ
5494_2

ながい嘴を地中に突っ込んで餌のミミズを捕まえた ヤマシギ
5501

林の藪の中から用心深くゆっくりと出てきた ヤマシギ
5288

先日、山道を走っていると遠くの木にとまっているクマタカを見つけた。ここでは初めてだったが、予期せぬところで会えて嬉しかった。遠かったが初めての場所で見つけた時の満足感は倍増する。

かなり距離がありしかも逆光なので鮮明ではないが クマタカ
2990_2

飛び出して旋回していた若い個体 クマタカ
3048_2

近くの山では大きな声で鳴きながら数羽の群れが カケス
3343

枝から枝へ飛び移る カケス
3356

近くの山道で会った ルリビタキ♂3377

MFで、

MFの森では6~7羽の群れが小さな木の実を食べていた イカル
4619

| | コメント (12)

2016年2月 3日 (水)

直ぐ会えた!

朝は雲が多く冷え込んだが、午後は青空が広がり良い天気になった。
先日、遅ればせながらキバラガラを見に行ってきた。実は昨年も行ったが証拠写真しか撮れなかったので、そろそろフイーバーも収まった頃と思いリベンジに出かけてみた。現地に着くとカメラマンは数人だけで静かだった。車から降りて30分ほど探すと近くの松の木にやって来た小鳥がキバラガラだった。前回はたくさんのカメラマンで見れる人と見れない人がいたが、今回は短時間で直ぐに会えてゆっくりと観察出来た。

現地に着いてから短時間で会えた キバラガラ
3569_2

松の木を素早い動きで移動していた キバラガラ
3564

松ボックリにとまった 目が大きくて可愛い キバラガラ
3580

真下からだったので黄色い下面が キバラガラ
3520

何を咥えているのでしょうか キバラガラ
3666

その後、まだ時間が早かったので近くの漁港をまわってみると、数羽の小さなウミスズメが堤防の近くで採餌している可愛い姿が見られた。。

あちこちの漁港に入っていた数羽の小さな可愛い ウミスズメ
3772

これは姿勢の良い ウミスズメ
3833

黒覆面を被ったような精悍な正面顔の ウミスズメ
3765

餌の小魚を探して頻繁に潜っていた ウミスズメ
3800

カモの群れから離れてポツンと泳いでいた アカエリカイツブリ
3839

| | コメント (6)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »