« 残雪の中で | トップページ | 冬の水鳥 »

2016年1月24日 (日)

冬の空で

日本海側や九州などでも大雪、その気圧配置の影響で北風が強く寒くなった。
冬の空が大きくひろがる河川敷ではハイタカとカラスがバトルを繰り広げていた。カラスに比べると身体のかなり小さいタカが大きなカラスを追いかけていてなかなか恰好良かった。

冬の空が広がる河川敷では小型の猛禽とカラスが争っていた ハイタカ
2227_2

かなり距離があったが柳の木の高い所にとまった ハイタカ
2282_2

冬の青空に映える小型の猛禽 ハイタカ
2249_2

数羽のカラスが現れて小さなタカを追い始めた ハイタカ
2225

今度は小さな身体でカラスに挑みかかる形勢逆転、ハイタカ
2242

身体の大きいカラスも猛禽の攻撃に逃げ始めた ハイタカ
2243

うるさいカラスを追い払って悠々と去っていった ハイタカ
2218

ある公園では、

道端の草藪で餌を探していた ここでは数少ない カヤクグリ
2861_2

あまり回りを警戒もせずに餌探しに夢中の カヤクグリ
2848

|

« 残雪の中で | トップページ | 冬の水鳥 »

コメント

isaさん こんばんは、
平地のカヤクグリは雪の上ではないのでいまいち締まりません。
ハイタカは好きな猛禽なんですが、
今季は近場では少ないように思います。

投稿: moto8 | 2016年1月26日 (火) 21時40分

やっとこさカヤクグリも山を下りてくれたのでしょうか(^_^;)
カヤクグリも、平野部で会わないと冬を感じませんね!

ハイタカはいつかどこかでたっぷり付き合って欲しい、、、の
ですが、、、、やはりかっこいいです!

投稿: isa-bird | 2016年1月26日 (火) 21時04分

noriさん こんばんは、
ハイタカやツミなどの小型の猛禽は気が強いようです。
カヤクグリは冬は少数が平地で越冬するようです。
寒波の峠は越えたとか。

投稿: moto8 | 2016年1月26日 (火) 19時24分

ハイタカは体の大きさではカラスに負けていても
やっぱり強いですね~。
カヤクグリは平地に下りてきてるんですね。

投稿: nori | 2016年1月26日 (火) 14時12分

ジダンさん こんばんは、
冬は良く猛禽とカラスのバトルが見られますよね。
1対1なら小型の猛禽でも対抗できるようです。
カヤクグリは平地では地べたが多いですね。

投稿: moto8 | 2016年1月25日 (月) 18時25分

やはりハイタカくらいのサイズだとカラス撃退はなかなか時間がかかりそうですね。
カヤクグリ、全身丸出しですか。
これは撮りやすいですね。

投稿: ジダン | 2016年1月25日 (月) 08時41分

tokiさん おはようございます。
冬の空はバトルシーンが良く見られます。
猛禽の良く飛ぶところで待ってます。
カヤクグリは草のある地上で這いつくばって餌を捕ってますから
枝どまりなどはなかなか難しいです。

投稿: moto8 | 2016年1月25日 (月) 08時25分

またまたバトルですね。
よくこういうシーンに遭えるな~って
感心してしまいます。
カヤクグリってやっぱり冬は
こういうシーンですね。
先日裏高尾でも見たのですが、
見ただけに終わりました。

投稿: toki | 2016年1月25日 (月) 08時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 残雪の中で | トップページ | 冬の水鳥 »