« 冬の空で | トップページ | こんなカモが! »

2016年1月27日 (水)

冬の水鳥

朝は冷えたが昼間は久しぶりに13度と二桁の温度になり暖かく感じた。
冬の海辺では数羽のダイシャクシギが見られ、ハマシギやミユビシギ、沖にはスズガモの大きな群れが飛んだりしていた。冬の海も風さえなければそれほど寒くは感じなかった。

杭の上で良く寝ていたがたまに顔を上げた越冬中の ダイシャクシギ
9927

汐の引いた浅瀬で餌捕りを始めた ダイシャクシギ
0046

飛んだ後ろ姿 タイシャクシギ
0052

大きな群れの一部分 ハマシギ
9829

都会のビル群を背景に飛ぶ大きな スズガモの群れ
9943

内陸では目的地へ向かう途中の小さな沼に雪の塊のようなものが浮かんでた。
良く見るとハクチョウの小さな群れだった。コハクチョウの家族とオオハクチョウの数羽の家族と思われる。この沼でハクチョウを見るのは初めてだった。

この小さな沼では初めて見た数羽の コハクチョウ
2013

同じ沼で雪の塊のように見えた 良く眠っていた群れ オオハクチョウ
3003

近くの池には優雅な姿で泳いでいた ミコアイサ
8847

短い助走をつけて飛び出した ミコアイサ
8863

|

« 冬の空で | トップページ | こんなカモが! »

コメント

noriさん おはようございます。
ダイシャクシギやホウロクは数が減っているようです。
ミコアイサは遠い時が多いですが、
この日はわりと近かったです。
人気者ですね。

投稿: moto8 | 2016年1月29日 (金) 09時37分

ダイシャクシギのたたずむ姿、いいですね~。
ミコアイサも近くで見られたんですね。
黒の中で見えづらい眼もしっかり見えていますね(^ ^
最後の写真は羽の美しさがよく分かります~。

投稿: nori | 2016年1月29日 (金) 09時22分

ダイシャクは随分近くまで寄って来たんですね。
遠くの杭から動かないものだと思ってました。(笑)
オオハクチョウとコハクチョウが一緒にいたんですか。
ラッキーですね。
そう言えば今年は暖冬で池が凍らないので南下しない水鳥が結構いるみたいですね。

投稿: ジダン | 2016年1月28日 (木) 21時10分

isaさん こんばんは、
赤い鳥と並んで白い鳥は人気がありますよね。
春は新緑、秋の紅葉、冬枯れの木々などの中での鳥で季節を感じられるのは幸せです。

投稿: moto8 | 2016年1月28日 (木) 19時10分

海行って無いな~~、沼行ってないな~~"^_^"
ミコアイサは一時期イメージがあったのですが(笑)
やっぱりいいですね!気品も感じるし。

moto8さんも、海へ山へ!健康的ですね^_^;
探鳥カレンダーな人です。尊敬しちゃいます。

投稿: isa-bird | 2016年1月28日 (木) 14時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冬の空で | トップページ | こんなカモが! »