« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月31日 (日)

今日のMF

昨日の寒さがウソのような穏やかで暖かな日となった。
今日も前回は遠くてあまり良く撮れなかったオオホシハジロに会いに行った。午後になって比較的近くで光線具合も良く観察することが出来た。久しぶりの珍しいカモの訪問で賑やかな日となった。

今日は比較的近くで撮れた オオホシハジロ♀
4354

順光で撮れた オオホシハジロ
4366

雲が出てきて水面が白くなった頃の オオホシハジロ
4247

近くの芦原では、

5~6羽の群れの中の綺麗な ベニマシコ♂
2464_2

餌を頬張る ベニマシコ
1359

森では、

少数のグループがあちこちで見られた キクイタダキ
3994

上の葉に付いた餌をみつけてホバリングをする キクイタダキ
3960

| | コメント (10)

2016年1月30日 (土)

こんなカモが!

今日は雪の予報だったが雨に変わって寒い一日でした。
越冬中のホシハジロやキンクロハジロの群れの中に1羽の見慣れぬカモが泳いでいた。ここでは年々渡来数が少なくなってきているカモたちだが近場では久し振りに大物のオオホシハジロの姿を見ることが出来た。

ホシハジロの群れの中で眠っていたが起きて泳ぎだした オオホシハジロ
0942

立派な体格の オオホシハジロ♀
9455

特徴のある嘴の オオホシハジロ
9462

何をしているのか分からないが頸を持ち上げた オオホシハジロ
0938

羽繕いの後に片足を上げて変な恰好の オオホハジロ
9494

羽ばたき オオホシハジロ
9505

| | コメント (3)

2016年1月27日 (水)

冬の水鳥

朝は冷えたが昼間は久しぶりに13度と二桁の温度になり暖かく感じた。
冬の海辺では数羽のダイシャクシギが見られ、ハマシギやミユビシギ、沖にはスズガモの大きな群れが飛んだりしていた。冬の海も風さえなければそれほど寒くは感じなかった。

杭の上で良く寝ていたがたまに顔を上げた越冬中の ダイシャクシギ
9927

汐の引いた浅瀬で餌捕りを始めた ダイシャクシギ
0046

飛んだ後ろ姿 タイシャクシギ
0052

大きな群れの一部分 ハマシギ
9829

都会のビル群を背景に飛ぶ大きな スズガモの群れ
9943

内陸では目的地へ向かう途中の小さな沼に雪の塊のようなものが浮かんでた。
良く見るとハクチョウの小さな群れだった。コハクチョウの家族とオオハクチョウの数羽の家族と思われる。この沼でハクチョウを見るのは初めてだった。

この小さな沼では初めて見た数羽の コハクチョウ
2013

同じ沼で雪の塊のように見えた 良く眠っていた群れ オオハクチョウ
3003

近くの池には優雅な姿で泳いでいた ミコアイサ
8847

短い助走をつけて飛び出した ミコアイサ
8863

| | コメント (5)

2016年1月24日 (日)

冬の空で

日本海側や九州などでも大雪、その気圧配置の影響で北風が強く寒くなった。
冬の空が大きくひろがる河川敷ではハイタカとカラスがバトルを繰り広げていた。カラスに比べると身体のかなり小さいタカが大きなカラスを追いかけていてなかなか恰好良かった。

冬の空が広がる河川敷では小型の猛禽とカラスが争っていた ハイタカ
2227_2

かなり距離があったが柳の木の高い所にとまった ハイタカ
2282_2

冬の青空に映える小型の猛禽 ハイタカ
2249_2

数羽のカラスが現れて小さなタカを追い始めた ハイタカ
2225

今度は小さな身体でカラスに挑みかかる形勢逆転、ハイタカ
2242

身体の大きいカラスも猛禽の攻撃に逃げ始めた ハイタカ
2243

うるさいカラスを追い払って悠々と去っていった ハイタカ
2218

ある公園では、

道端の草藪で餌を探していた ここでは数少ない カヤクグリ
2861_2

あまり回りを警戒もせずに餌探しに夢中の カヤクグリ
2848

| | コメント (8)

2016年1月20日 (水)

残雪の中で

今日も良い天気だが北風が強くとても寒かった。
森は2日前に降った雪がたくさん残っていて鳥影は少なかったがアオジやシメ、シロハラ、アカハラなどが餌を探して飛び回っていた。そんな森の広場で1羽のトラツグミが雪の少ない場所で枯れ葉をひっくり返して餌を捕っていた。今回は残雪の中の小鳥たちです。

森の中はまだたくさん残っている雪の上を歩いていた トラツグミ
2017

地上で餌を探していたが危険を察知して飛び出した トラツグミ
1733

雪の少ないところを探して飛び回っていた トラツグミ
1729

枝の上に飛び移った トラツグミ
2033_2

近くにとまったがゴチャゴチャした枝だった トラツグミ
1753_2 

雪のない水溜りの周りで餌を探す トラツグミ
2154

近くの芦原では、

湿った重たい雪で倒れた葦の根元に居た アリスイ
1541

少し距離のある葦にとまっていた アリスイ
1596

雪の少ない餌場を探して オオジュリ♂
1637

大きな群れになっていた カシラダカ
1641

| | コメント (6)

2016年1月17日 (日)

ズグロカモメ

午前中は青空だったが午後からは雲が広がり寒くなった。明日は雪とか。
汐が引き始めた海辺に行くと成鳥と第1回冬羽の2羽のズグロカモメが餌を探して飛び回っていた。高い所から餌を見つけると急降下して浅瀬に突っ込む。餌のカニは豊富なようで殆ど外すことはないように見えた。待っていると近くを飛んだり遠くへ行ったりして楽しませてくれた。

汐の引き始めた海辺で2羽の個体が餌捕りに飛び回っていた ズグロカモメ
0738_2

高いところから餌を見つけ飛び込む体勢 ズグロカモメ
0137_3

餌のカニを目がけて角度をつけて急降下する ズグロカモメ
0144

浅瀬を飛ぶ ズグロカモメ
0112_3

捕まえたカニを洗って水中から引き上げる ズグロカモメ
0606_2

大きなカニを咥えて満足顔の ズグロカモメ
0891

カニをしっかりと咥えて場所を移動する ズグロカモメ
0177_2

餌のカミを咥えて飛ぶ ズグロカモメ
0210

少し遠かったがし水飛沫を上げて水浴びを始めた ズグロカモメ
0498

| | コメント (8)

2016年1月14日 (木)

今週の猛禽

今日も朝は冷え込んだが昼間は風もなく暖かく穏やかな日となった。
冬の田圃を走っているといろいろな猛禽に出合えることがある。この日も広い田んぼの真ん中辺りにじっととまっているコチョウゲンボウが居た。農道からはかなりの距離があり、比較的近くに回り込むと逆光であまり良くはないが会えるだけでも嬉しい。他の田圃でも上空をハイタカやノスリなどが舞っていた。冬は猛禽の種類が多くなるので楽しめる。

冬の田圃の畔であたりを警戒しながらとまっていた コチョウゲンボウ♂
2938_2

枯れた草の陰で隠れているつもり?可愛い コチョウゲンボウ
2926

片方の羽を伸ばした コチョウゲンボウ
2888

翼と尾羽を伸ばして準備運動をする コチョウゲンボウ
2904

小鳥を追って近くを飛んでいった ハイタカ
8608

空の高い所を旋回してた ハイタカ
8502

電柱から飛び出して餌捕りに向かう チョウゲンボウ
8417

旋回する ノスリ
9680

| | コメント (2)

2016年1月10日 (日)

冬の海辺で

朝は気温が低いが昼間は暖かく過ごし易い良い天気が続く。
冬の海辺へ行ってみた、岩礁のある浜辺には波間に浮かぶ数羽のシノリガモやアカエリカイツブリの姿がみられ、少し沖合には多数のカンムリカイツブリやカモメ類が浮かんでいた。暖冬のせいか例年よりも暖かく感じた海だった。

岩礁にあたって砕ける白波の間を泳ぐ シノリガモ♂
8829

何とも言えない複雑で派手な衣装を纏った シノリガモ
9029

地味な羽衣の♀と派手な衣装の♂ シノリガモ
8995

波乗りを楽しむ? シノリガモ
8855

岩礁の間に1羽で泳いでいた アカエリカイツブリ
8953

ときどき潜って餌を探していた アカエリカイツブリ
8880

こちらは穏やかな別の海辺での ウミアイサ♀
8655

お腹を見せてラッコポーズで羽繕いをする ホオジロガモ♀
8683

海辺の岩場で、イソヒヨドリ♂
8769

| | コメント (8)

2016年1月 6日 (水)

暖かい

今日は久しぶりに曇り空になったが、明日はまた晴れて少し寒くなるという。
今のところ暖かい日が続き、広い芦原の空を飛び交うタゲリや川を覗けば越冬中のツルシギなどが暖かい冬の日を楽しんでいるようだった。

穏やかな冬の空に映える 大きな群れが飛んでいた タゲリ
7916

高度を下げて葦原の空き地に降りる タゲリ
7854

葦原の中の川岸で越冬中の ツルシギ
7830

2羽で仲良く採餌中の ツルシギ
7842

彩湖周辺では、

彩湖では毎年今頃の時期にやって来るミコアイサの♂♀が離れた場所にいたが、ただ長居はしないようだ。また周辺の芦原ではベニマシコも来ているが例年よりは数が少ないように思える。

遠い!湖の真ん中あたりを泳いでいた  ミコアイサ♂
8027

♂とはかなり離れた場所で泳いでいた ミコアイサ♀
8338

川岸の ベニマシコ♀
7571

♂は良い所にとまってくれません ベニマシコ
7228

| | コメント (3)

2016年1月 3日 (日)

獲物を追って

今年の正月は暖かく穏やかな晴天が続く。
最近ハヤブサが鉄塔や水門の上で良く観察されている。この日は水門の上に居た若鳥が下の川の上を飛んでいた鳥をめがけて猛スピードで急降下、残念ながら狩りは失敗したがその素早い動きに感動した。まず年初は猛禽からです。

水門の上で休んでいたが立ち上がり回りを見回す ハヤブサ若鳥
7472

下の川の上を飛んでいた獲物めがけて真下に飛び出した ハヤブサ若鳥
7488

どんどんスピードを出して突っ込む ピントが合いません ハヤブサ
7489_2

最高速度に到達か?早い早い!弾丸のごとく ハヤブサ
7490

獲物の手前で尾羽を広げて制動をかけたが獲物は捕まらず ハヤブサ
7497

別の場所でも、

正月休みで人の殆どいないグラウンドでは鉄塔から飛び出したハヤブサの成鳥が小鳥を追いかけて右に左に追いかけ回していた、こちらも小鳥に逃げられ狩りは失敗だった。鳥の中では最速を誇るハヤブサもそう簡単には獲物を捕れないようだが、そのスピードを存分に観察出来た。

静かな広いグラウンドでスピードを上げ小鳥を追いかける ハヤブサ成鳥
8247

人の居ないグラウンドを地上低く飛び回っていた ハヤブサ
8249

少し遠くなったが反転して小鳥を追いかける ハヤブサ
8168

獲物に逃げられて追うのををやめ高く上がって飛び去った ハヤブサ
8159

| | コメント (10)

2016年1月 1日 (金)

謹賀新年

 アカアシチョウゲンボウ
4744

| | コメント (7)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »