« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月29日 (日)

春を歌う

今日は曇りで午後からは雨が降るが気温は高かった。
春は晴天が続くとなぜかそわそわしてあちこちへ出かけたくなる。今週も広い芦原や近くの山などへ行ってみた。鳥たちも春を謳歌するように囀っていたし、桜も次々と開花し、平地も山も春の彩が濃くなってきた。今回はあちこちで撮った春のいろいろです。

満開の菜の花で黄色く染まった土手を飛ぶ ハイイロチュウヒ♀タイプ
4102

眩しいばかりの菜の花の斜面を餌を探しながら飛ぶ ハイイロチュウヒ
4128

近場の低山では杉花粉がいっぱい飛んでいた。この日に確認した小鳥は少なかったが歌声が春の山に響き渡っていた。

木の幹を登ってる姿を見ることが多いが横枝にとまって歌う ゴジュウカラ
2600

山の桜はまだ蕾が小さいがその枝で歌う ヤマガラ
4257

大きく膨らんだ木の芽を啄んでいた ヤマガラ
4239

田んぼの農道では2羽で仲良く餌を探して春を満喫していた ケリ
3550

車の近くだったのでドアップになりました ケリ
3594

MFの田んぼではタシギがウジャウジャと表現してもいい程たくさんの群れが飛び回っていた。確実にはわからないがかなりの数の個体が居るようだ。他にはヒバリが空で歌いぬかるんだ田には少数のコチドリが居た。

10~20羽の群れが次々と飛び回っていた相当な数が居るようだ タシギ
4276

遠くや近くを群れが飛び交っていたMFの田圃 タシギ
4326

| | コメント (10)

2015年3月25日 (水)

開花

天気は良いが風が強いので寒い。桜は西の方から次々と開花宣言。
満開の河津桜にニュウナイスズメが来ているというので行ってみると、ピンクの花びらに埋もれて蜜を吸っていた。見ていると蜜の吸い方もいろいろあり、花びらを千切って咥える個体や花びらの中に顔を突っ込んで吸う個体などいろいろ居て面白かった。今回はまだ滞在している冬鳥と南からやってきた夏鳥などです。

満開の河津桜の花の中で花びらを摘まんで蜜を吸うニュウナイスズメ
3469

この個体は花ビラを摘まむのが上手かった ニュウナイスズメ
3501

この個体は花びらの中に嘴を突っ込んで蜜を吸っていた ニュウナイスズメ
3513_2

MFの桜はまだ咲いていませんが、開花は近い。膨らんだ蕾がいまにも弾けそうな枝に4~5羽のウソがやってきていた。

大きく膨らんだソメイヨシノの蕾を美味そうに食べていた アカウソ
2938

食欲旺盛な アカウソ
2927

4~5羽の群れが桜の蕾をたべていた ウソ
2886

MFのレンジャクはまだ居ました。

池の上に伸びた枝にとまり水を飲む キレンジャク
3714

池で降下し一瞬水面に尾を付けまた飛び上がる 何の行動?キレンジャク
3674

先週あたりから煩雑に見られるようになったツバメが田んぼや土手の上を飛び回っていた。

先週から観察されるようになった 南からの使者 ツバメ
3946

野草咲く土手の斜面を高速で飛ぶ ツバメ
4031

| | コメント (6)

2015年3月22日 (日)

ハイタカ♂

朝はまだ寒いが昼間は暖かな日が続き今日も20度を超えたようだ。
今年に入ってハイタカの♂を狙ってたびたび訪れた河川敷でやっと枝どまりを撮ることができた。今まで枝どまりはあまり撮れていなかったので今回スッキリした場所ではないが何とか目的を達成できた。この場所に越冬しに来ていたがそろそろお別れの季節になった。今冬は猛禽が少なかったのでこのハイタカがもっとも大きな成果だった。また来季も来て欲しい。今回は冬の間に撮った枝どまりに重点を置いて載せました。

河川敷周辺で狩りをし休憩をしに戻ってきて柳の木にとまった ハイタカ♂
5609

この河川敷周辺に越冬しに来ていた ハイタカ
5608

柳の木の密集する林中を獲物を追いかけて飛翔する ハイタカ
4773

この日は雲が多かったが小鳥を追いかけてきてとまった ハイタカ
4662

柳の木は小枝が多く枝の陰が被ってしまったが正面からの ハイタカ
Photo

近くを飛んでくれた ハイタカ♂
2_2

少し高いところだが青空に映える ハイタカ
Photo_2

| | コメント (8)

2015年3月18日 (水)

キレンジャクと

今日は雲が多かったが薄日も差し気温が20度を超えポカポカ陽気となった。
MFのレンジャク祭りはたくさんのカメラマンを集めて一週間近くになり今日の午後からは池の上で虫を捕る空中ショウはあまり見られず、あちこちに分散しているようだった。そろそろ移動の時期も近そうだ。

池の上空を飛ぶユスリカを捕りに飛び回る キレンジャク
2007

見つけた目標に向かって飛び出す キレンジャク
1736

池の上に伸びた枝の上で一休み キレンジャク
1750

地上の草むらでジャのヒゲの実を咥える キレンジャク
2382

ちょっと海へ、

何となく春の海にも行ってみようと出かけた。もうカモ類も少なくこれといった収穫は無かったが、すっかり夏羽になったハジロカイツブリや少数のクロガモが見られた。

すっかり夏羽になって金色に輝く顔の飾羽が見事な ハジロカイツブリ
2736_2

怪しく光る赤い眼と金色の飾り羽が目立つ ハジロカイツブリ
2770

漁港には少数の群れが泳いでいた ハジロカイツブリ
2710

まだ沖合のところどころに群れが居た クロガモ
2699

| | コメント (8)

2015年3月15日 (日)

山と沼で

今日は薄雲が多く少し肌寒かったが薄日も差し春らしい日となった。
近くの低山へオオマシコに会いに行った。2月に行った時はまだ周辺にはたくさんの雪があり条件は良かったがオオマシコに会えなかった。今回は暫く待つと4羽のオオマシコが谷の下の方からやってきた。数は少ないが真っ赤な♂も居たし何よりも近くで会えるのがうれしい。他にはアトリやカヤクグリ、ヒガラ、コガラなどが見られた。

冬のシ-ズンに一度は会いたい色の濃い真っ赤な オオマシコ
1258_2

この群れには1羽しかいなかった真っ赤な オオマシコ
1257_2

枝の切跡の上にチョコンと乗った オオマシコ
1170_2

同じ枝で仲良く2羽の オオマシコ
1194

だいぶ夏羽に移行している アトリ
1022

草むらから用心深く出てきた カヤクグリ
Photo

少し遠くの沼にシジュウカラガンが居るというので行ってみると広い田んぼの一角で餌を食べていたが暫くすると飛んで近くの沼に戻った。今冬はシーズンはじめの東北には数百羽のシジュウカラガンが来ていたという。毎年日本に来る数が増えているようだ。まだ関東では少数しか見られないが近い将来には多くのシジュウカラガンが見られる日が来るのではないかと期待している。

広い田んぼで食事中だった シジュウカラガン
2107

お腹一杯になり飛び出した シジュウカラガン
2117

安心のできる沼に戻って泳ぐ シジュウカラガン
2216

| | コメント (4)

2015年3月13日 (金)

キレンジャク

今日の朝は寒かったが昼間の平地は風も弱く穏やかな日となった。
午前中出かけていたので午後からMFの森に行ってみた。森の中に入るとレンジャクだらけでたくさん飛び回っていた、数がだいぶ増えたようだ。知り合いに聞くとキレンジャクが4羽いるというので探すと♂と♀のキレンジャクだけの数羽の群れが低いところに居た。この森ではヒレンジャクはだいぶ前から入っていたがキレンジャクは今季初めてなので人気の的となっていた。今日は遅い時間だったのでカメラマンも少なくゆっくりと観察できた。

ヒレンジャクが多い中で少数の黄色は人気がある 正面顔の キレンジャク
1468

あまり警戒心がなくすぐ近くの枝を飛び回っていた キレンジャク
1416_2

沢山たべて丸々としていた キレンジャク
1487

目の前の枝にとまる キレンジャク
1380

3羽の黄色い仲間が一緒に行動していた キレンジャク
1414

赤いのも一枚 ヒレンジャク
1291

| | コメント (4)

2015年3月12日 (木)

MFで

今朝は冷え込んで風が強かったが気温は高いので春を感じる日となった。
森に入ると数羽のヒレンジャクが池の周りを飛び回っていた。良く見るとたくさんのユスリカが飛んでいる、これを食べるために池の上空をホバッて捕まえていた。見晴のいい枝にとまっては次々とユスリカの群れの中に突っ込んでいくヒレンジャクの舞う姿を存分に楽しませてもらった。いつもはヤドリギやリュウノヒゲなどの実を食べているところを観察することが多いが空中でユスリカを捕っている行動は興味深かった。

ユスリカの群れに突っ込んでホバリングし口を開けて捕まえる ヒレンジャク
0935_2

餌を捕っては見晴の良い枝にとまって次の餌を狙う ヒレンジャク
0815_2

この池で大量発生したユスリカの中を飛び回っていた ヒレンジャク
0930

餌を捕まえるためにホバリングをしながら狙いを定める ヒレンジャク
0885

右や左とたくさんいる餌を捕るため変則的な飛び方をしていた ヒレンジャク
0927

今シーズンは数が少なくてなかなか会えなかったトラツグミをそろそろ冬のシーズンも終わろうとする今回やっと近くで観察することが出来た。

遅ればせながら やっと近くで会えた トラツグミ
0477

藪の中からなかなか出てこないがあえると嬉しい トラツグミ
9473

最近は姿を見せることがわりと多くなった アカハラ
0399

居るところはあまり綺麗なところではないが良く見られる シロハラ
0426

| | コメント (4)

2015年3月 8日 (日)

名残惜しい

先日、広い田んぼを車で流していたら、真ん中あたりにコチョウゲンボウのペアが降りていた。♀タイプは餌を見つけてすぐに飛んだが♂はじっとしていた。可愛い顔をしているが狩りの名手で餌を見つけると真っ直ぐに猛スピードで飛んでいく、その姿は格好良くほれぼれとする小型の猛禽だ。今季は会う機会が少なかったがそろそろ移動するこの時期に会えて、また来季もここで越冬してくれることを期待しながら名残惜しいがこの場を去った。

田んぼの土塊の上に居たが小鳥を見つけ飛び立つ体勢 コチョウゲンボウ♂
2

田んぼの土塊の上にチョコンととまっていた コチョウゲンボウ♂
9867

いつ見ても可愛い顔をした小型の猛禽 コチョウゲンボウ
2502

田んぼなどの開けた場所で狩りをする コチョウゲンボウ
2533

♂と同じ田んぼに居たが飛んで電線にとまった コチョウゲンボウ♀タイプ
2241

電線被りですが飛び出した コチョウゲンボウ
2245

MFの森で久しぶりにハイタカが飛んでいた。ここのところあまり見ていなかったし、今季はこの周辺でハイタカやハヤブサなどの越冬しにくる猛禽が少なかったように思う。久しぶりに見たこの個体は栄養状態が良いのか少し小太り気味だが立派な体格をしていた。ドアップで!

森の上空を低く飛んできたが旋回しながら徐々に高度を上げた ハイタカ
9763

| | コメント (6)

2015年3月 4日 (水)

春だ!

今日は暖かく4月並の陽気となり、ウグイスの初鳴きも聞えてきた。
昨日、植物園にアオバトが数羽来ていると聞き出かけた。現地へ着くと少し前に出て今はどこかへ行ったという。暫く待っていると4羽のアオバトが飛んできて近くの木にとまった。頭から腹にかけて黄緑色の綺麗な♂だけの群れだ。良く海水を飲みに海岸に来る姿を見るが林の中の姿もなかなか美しい。

頭から腹にかけて黄緑色が美しく目がつぶらで可愛い アオバト♂
9453

寒かったので丸々と膨らんでいた 雨覆いの赤紫色がポイント♂のアオバト
9468

高い枝の込み入った所で寝ていたが目が覚めて動きだした アオバト
9368

背景は曇り空でも黄色の下面が綺麗な アオバト
9499

別の場所では1羽のキレンジャクが入ったというので行ってみた。午前中は近くで見られたようだが午後からは遠くにとまること多く思ったように撮ることはできず今季の初見だったが消化不良気味だった。

遠いのと横からのポ-ズなので特徴的な尾羽の黄色は少し キレンジャク
9050

もう少し近くで観察したかったが今季初なので証拠写真となる キレンジャク
9051_2

今日、調整池でシマアジが居ると聞き行ってみるとあまり広くない水路でカルガモと一緒に泳いでいた。春の声を聴いた途端に渡り途中の夏羽の個体を見ることが出来てよかった。

渡り途中に寄った きりっとした白い眉班が良く目立つ夏羽の シマアジ
9691

春色満開
9571

| | コメント (8)

2015年3月 1日 (日)

再度

今日は数日晴れたかと思うとまた雨という季節の変わりめの気候となった。
昨日、オオモズがまだ同じ場所に居るというので今回リベンジのつもりで再度出かけてみた。現地に着いて暫く待っていると遠くの柳の木の天辺にとまっているのが見えた。そのうちあちこちを飛び回って比較的近いところにとまったがそこえ普通のモズが現れて追い出されだんだん遠くへと行ってしまった。12月にオオモズを撮りに行ったときは逆光の個体しか撮れなかった。今回も思ったようには撮れなかったが前回よりは観察できた時間も長くかなり良かった。

正面からですが 始めのうちは比較的近い枝にとまった オオモズ
2004

地上に餌を見つけて飛び出した オオモズ
2701_2

地上で餌を探していたが捕れずに次の目標に向かって飛び立つオオモズ
2088

飛んだ先の少し離れた竹竿にとまろうと羽を全開して制動をかける オオモズ
2097

少し離れたところの芽吹き始めた柳の枝にとまる オオモズ
2121

春ですね!小さな声でさえずっていた オオモズ
2151

普通のモズが現れたのでどんどん遠くへ行ってしまった オオモズ
2160

近くの田んぼでは数百羽のミヤマガラスの群れの中に数羽のコクマルガラスの淡色型が居た。

農道の電線に姿勢良く?とまっていた黒色型と淡色型の コクマルガラス
8890

| | コメント (8)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »