« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月25日 (水)

もうじき春

今日は雲が多かったが徐々に晴れ間も出て暖かくなった。明日はまた雨とか。
もうハクチョウやツルなどの冬鳥の北帰行が始まっているという。越冬しに来ている鳥たちも春が待ちどうしいようだ。田んぼのヒバリなどは高く舞い上がり囀りを聞かせるようになってきた。今回は河川敷などで会った鳥たちを載せます。

もうじき春が来る! 万歳三唱 ルリビタキ♀タイプ
1919

残り少ない木の実を啄む ルリビタキ1893

お澄ましのポーズ ルリビタキ
1912

この場所では赤い♂は見当たらなかった ベニマシコ
8684

ゴチャゴチャと小枝の密集した林の中から飛び出した オオタカ成鳥
8671

枝の密集した林を巧に飛ぶ オオタカ
8672

体下面の白さが眩しいほど美しい オオタカ
8677

青空の高いところを飛んでいた ハイタカ♂
Photo_5

頭上を数回旋回してくれた ハイタカ
Photo_6

広い冬空を気持ち良さそうに飛んでいた ハイタカ
Photo_8

| | コメント (4)

2015年2月22日 (日)

低山で

餌場に来たホオジロを追い出そうと猛烈にアタック頭に一撃を加える アトリ
1941_3

今日は朝から弱い雨が降ったりやんだりで最近は天気の移り変わりが早い。
昨日、近くの低山へ出かけた。前日までは通行止めだったらしいがこの日は開通した。道路の両端や山肌にはまだ雪がたくさん残っていた。現地では目的の鳥は出てこなかったが、餌場を独り占めしている元気なアトリやカヤクグリ、ミヤマホオジロ、コガラ、ルリビタキなどが見られ、久しぶりの山で冷たい澄んだ空気を吸い心も晴れやかになった。

同じ餌場にホオジロがやってきてお互いに争いになった アトリ
1946_2

後から来たホオジロを追い出そうと威嚇する アトリ
1954_2

始めは優勢だったホオジロを徐々に追い詰める アトリ
1942_2

「ガツン」とホオジロの頭に強烈な一発を見舞う瞬間一枚目と同じ画像アトリ
1941_2

勝負あった!猛攻に耐えきれず逃げ出すホオジロをなおも攻撃する アトリ
1951_3

そばの地上にやってきたのは黄色い冠羽の ミヤマホオジロ
1865_2

斜面に残った雪の上に2羽でやってきた カヤクグリ
1854_2

頭上からカラ類の声が聞こえてきた見上げると枝に居た コガラ
1810_2

| | コメント (8)

2015年2月18日 (水)

葦原と池で

今日は昼間から雪の予報だったが雪でなく朝から冷たい雨が降り続いた。
先日、今年になって久しぶりに広い芦原へ行ってみた。見晴の良い場所に居たら突然ハイイロチュウヒの♂が飛んできてすぐ近くを通過していった。現地に着いて直ぐだったのでまだ気持ちも体勢も整っていなくて慌ててカメラを向けたがピン甘と後ろ姿しか撮れなかった。
残念!またリベンジしょう。

すぐ近くを飛んでくれたがピントが甘くなってしまった ハイイロチュウヒ♂
8440_2

カメラを向けるのが遅く後ろ姿が多くなってしまった ハイイロチュウヒ
8437_2_2

芦原の上を滑空して瞬く間に遠くへ離れていく ハイイロチュウヒ
8440_3

芦原に行く途中のこの場所は麦畑ならぬトビ畑 たくさん降りていた トビ 
7782

芦原の近くの池では10羽ほどのミコアイサや3羽のオシドリ、ヒドリガモ、ホシハジロ、コガモ、ハシビロガモ、キンクロハジロ、ヨシガモなどのたくさんのカモ類が泳いでいた。

この池でみるのは初めてだった 見事なイチョウ羽の オシドリ
1723

3羽が仲良く泳いでいた オシドリ
8359

10羽ほど居たがなかなか近くには来てくれなかった ミコアイサ
1664

マガモが飛んだら一緒に飛び出した ミコアイサ
1391

水面を低く飛んでいく ミコアイサ
1408

今年も元気に咲いてくれました鉢植えのユキワリソウ
Photo

| | コメント (8)

2015年2月15日 (日)

空と海で

ここ数日は天気は良いが強い風が吹き荒れて野外では体感温度が下がる。
今頃になると毎年この地にやってくるオオワシに会いに行ってみた。現地に着くとまだ姿を現わしていないというので土手の上でじっくりと待つことにした。お昼近くになって空の高いところをまったく羽ばたかずに悠然と飛んできた。それからは遠くへ行って見えなくなったかと思うとまた上空に現れ旋回したりして長い時間周辺を飛んでくれた。しかし餌獲りに水面近くには降りてこなかった。今年もオオワシの大きな姿を見て満足し次に移動した。

青空をまったく羽ばたかずに悠然と飛んでいた世界一美しいワシ オオワシ
1530

すぐに1羽のカラスが纏わりつきはじめた真っ白な尾羽が美しい オオワシ
Photo_2

しばらくするとカラスは2羽に増えたがまったく意に介さない オオワシ
1562_2

カラスは3羽に増え流石に煩わしくなって徐々に高度を上げた オオワシ
1547

低いところを飛んできたが遠かった オオワシ
1587

その後、近くの海岸へ海鳥を探しに行ってみた。
午後からだったので波は比較的穏やかだった。遠く沖合にはたくさんのカンムリカイツブリの群れが波間に浮き沈みして、クロガモの群れ、少数のシノリガモが見られた。そして少し遠かったが大きなアビ類が1羽泳いでいた。よく見ると冬羽のハシジロアビのようだ。沖合の群れをスコープで観察すればもっと他の海鳥も居たかもしれないが、ここでは数少ないハシジロアビが観察できたのは大きな収穫だった。

少し遠かったので鮮明ではないが浪間に見えかくれしていた ハシジロアビ
Cf5a7663

太い黄白色の嘴がよく目立つ大型のアビ類 ハシジロアビ冬羽Cf5a7692

もう少し近くで会いたかった ハシジロアビ成鳥冬羽
Cf5a7665

複雑な羽模様のお洒落な衣装を纏った可愛らしい シノリガモ♂
7652

さらに遠くの沖合を泳いでいたペアの クロガモ
7672

| | コメント (8)

2015年2月12日 (木)

穏やかな日

今日は風も殆どなく気温も高くなり冬としては暖かく穏やかな日となった。
MFのレンジャクは時々数羽が来ても居つかないが、近くの駐車場へ行ってみるとヤドリギに5羽のヒレンジャクが来ていた。実を腹いっぱい食べて地上の水溜りに降りては水を飲んでいた。行動は朝からその繰り返しだが久しぶりに長い時間楽しませてくれた。

5羽で久しぶりに長い時間同じヤドリギに滞在していた ヒレンジャク
7833_2

尾羽の先の緋色が鮮やかな ヒレンジャク
7836_2

ヤドリギの実を咥える ヒレンジャク
6178

枝から枝へと飛び移る ヒレンジャク
7886_2

ヤドリギの実を食べた後は必ず水を飲みに来る ヒレンジャク
7860

水溜りに降りてきて姿勢を低くして飲もうとする ヒレンジャク
7882

水を飲んで素早くヤドリギのある木に戻った ヒレンジャク
7900

別の場所で、

近くの公園で可愛い姿を見せた ヤマガラ
7526

時々姿を見せる若い個体が近くを飛んだ オオタカ
5039

| | コメント (6)

2015年2月 8日 (日)

今週のMF他

今日は朝がた晴れ間も見えたがお昼ごろからから雨となった。
最近のMFは一時来ていたレンジャクもあまり来ないし、これといった目玉も居ないが、ウソの5~6羽の群れやマヒワの10数羽の群れ、アトリ、ベニマシコなどが観察できる。また今季はカシラダカが多く森の中でも大きな群れが居る。

この日は地上近くに降りてきてイノコズチなどの実を食べていた ウソ♂
7199

「フィフィ」と柔らかな声が心地良い5~6羽で森を飛び回っている ウソ♀
7175

今季はあちこちで多く見られているがこの森ではなぜか数が少ないアトリ
6864

数が少し増えてきたようです、10数羽の群れが見られた マヒワ
7422

ハンノキに群がっていた マヒワ
7443

芦原だけでなく森の周辺でも見られるようになった ベニマシコ♂
7224

田んぼの畔で土の中に顔まで突っ込んで餌を探していた タゲリ
5944

少し遠くの芦原へ出かけた。途中の田んぼにコチョウゲンボウの♂が降りていたが、遠いいのと陽炎が立ってピントが来ない。また少し離れた低木には♀タイプの個体もとまっていた。。

枝被りですが田んぼの中の低木にとまっていた コチョウゲンボウ♀タイプ
1343

田んぼで、遠いのと陽炎が立っていてピントがこない コチョウゲンボウ♂
1309

| | コメント (4)

2015年2月 4日 (水)

山と平地で

今日は立春、風もなく温かく日向に居ると眠くなるような日和となったが明日は雪が降るという予報である。
毎年行く近くの低山に今季もハギマシコが来ているというので出かけた。数週間前は4羽というので行く気がしなかったが、この日は10数羽に増えていた。それでも数は少ない方だと思う。以前はもっとたくさん来ていた。しかし近場で渋い赤紫色のハギマシコに会えるのは嬉しい。

草が刈られた斜面で餌を探しながら近づいてきた ハギマシコ
1223

斜面の半分以上は雪が積もっていた中で餌さがし ハギマシコ
1264

雪のない斜面を探してビンズイと一緒に行動していた ハギマシコ
1065

餌をたべた後は近くの電線に止まって休憩 ハギマシコ
1271

夢中になって草の斜面で餌を食べていた ビンズイ
1057

平地では、
コイカルのペアが居るというので行ってみるといままで居たが遠くへ飛んでしまったという。仕方がないので待つことにしたが、なかなか戻ってこない、そろそろ待ち飽きてきたころまず♀が桜の木に続いて♂がトウカエデの木にとまった。そして2羽で小さな芽を盛んに啄んでいた。

椿の木の中にある枝にとまった コイカル♂
7114_2

トウカエデの枝先にとまって小さく膨らんだ芽を食べていた コイカル
7086

太い嘴で食べていたのは小さな芽 コイカル
7034

2羽で夢中で食べていた コイカル♀
7005

| | コメント (6)

2015年2月 1日 (日)

河川敷でⅡ

ここ数日天気は良いが強い北風が吹き体感温度が低く寒い。
暫く通っていた河川敷でこの日は2羽のオオタカが青空のもとを飛んでいた。いつものペアかと思っていたら2羽が争い始めた。若い個体は時々ここに現れる青い足環をつけたよそ者のオオタカだった。テリトリーに侵入してきた流れ者を追い出しにかかったのだ。

澄み切った青空の中を成鳥と若い個体が飛んでいた オオタカ
4843

そのうちに成鳥が若いよそ者に向かっていきバトルが始まった オオタカ
5471

真っ青な空の中で2羽の空中戦 オオタカ
5473

青い足輪を付けた若い個体(左)も必至で応戦する オオタカ5474

次の日は地上でも、
前日空中で争っていた青い足環をつけたよそものの若い個体がこの日も現地に居て水辺で寛いでいたところへ何処からか地付きの成鳥が現れ再び襲いかかった!

回りを警戒しながら水の中に入ってきた青足環の若い オオタカ
5437

突然まだ居たのか!とばかり若い個体に襲いかかった成鳥 オオタカ
5454

気が付いた若が間一髪鋭い爪の攻撃を身をよじって避けた オオタカ
5455

その後もバトルが続いたが参ったと身を翻して逃げる若と追う成鳥オオタカ
5458_2

追伸、このあと青い足輪の若い個体は姿を見せていないようだ。

| | コメント (10)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »