« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月28日 (日)

ツクシガモ

今日の朝は冷え込が強く昼間も気温は低かった。
暫く滞在しているというツクシガモに会いに行った。見ているとはじめは遠くの方を泳いでいたがだんだんと近づいてきて浅瀬に上がり歩きはじめたが突然飛び出し遠くへ行ってしまった。しかし暫くするとまた元の場所に戻ってきた。関東では数少ないカモだが今季はあちこちで観察されている。ツクシガモの当たり年のようだ。

西の方ではよく見られるようだが関東では飛来数が少ない ツクシガモ
Photo_7

遠くで泳いでいたが近づいてきて干潟に上がってきた ツクシガモ
Photo_10

尻をふりふり歩いていたが急に走り出して飛んだ ツクシガモ
Photo_2

飛び出した カモとしては大型の ツクシガモ
Photo_3

暫くしてまた元の場所に戻ってきた ツクシガモ
Photo_4

羽模様や色がよくわかる着水寸前の後ろ姿 ツクシガモ
Photo_5

着水後は徐々に遠くへ泳いで行ってしまった ツクシガモ
Photo_6

| | コメント (8)

2014年12月25日 (木)

都内の公園で

Img_2080

師走はあわただしいが、今日も寒いけど良い天気です。
先日、遅ればせながら都内の公園に居るというアカハジロを見に行った。雨が降ったりやんだりの日で、余り大きくもない池でホシハジロなどと一緒に泳いでいた。交雑種ではないかという話もありますが、ここではアカハジロとして載せます。

岸の紅葉が映る池の中でゆったりと寛いでいた アカハジロ
Img_2075

小さな池なので水面はあまり波もなく姿が綺麗に映っていた アカハジロ
Img_2099

おなじみの羽ばたきです アカハジロ
Img_2128_2

冷たい雨の降る中で身体に水滴を受けてじっと浮かんでいたアカハジロ
Img_1901

| | コメント (8)

2014年12月14日 (日)

葦原で会った猛禽

ここ数日は日本海側は雪で荒れ模様だが関東は穏やかな晴天が続いている。
先日、広い葦原でいろいろな猛禽たちに出会った。土手の上に居ると川沿いを白い鳥が飛んでいる。ハイイロチュウヒの♂だ!みているとどんどん近づいてきて少し離れた林の前を通過して行った。予期せぬ場所で出会った美しい姿に魅了された。他にもチョウゲンボウやミサゴ、オオタカ、ノスリ、コチョウゲンボウなどの猛禽が飛んでいた。冬の葦原は面白い。

枝が込み入った林の前を飛ぶ その美しい姿に魅了される ハイイロチュウヒ♂
Photo

葦原の上を餌を探しながら低く飛ぶ ハイイロチュウヒ
Img_3390_3

遠くの方で小鳥の群に飛び込んでいた ハイイロチュウヒ
Img_3429_2

土手から飛びあがったら足にはしっかりとカナヘビを捕まえていた チョウゲンボウ
Img_3578_2

しっぽの長いカナヘビを捕まえこの後飛びながら食べていた チョウゲンボウ
Img_3579

川の上空で魚を狙って旋回していた大きな ミサゴ
Img_3204

遠くの方で魚を捕まえて戻ってきたが後姿になってしまった ミサゴ
Img_3638

水路岸の柳の木にとまっていた オオタカ
Img_3295

| | コメント (6)

2014年12月11日 (木)

水鳥いろいろ

今日は朝から雨の予報だったがパラパラと降っただけでどんよりした日だった。
先日、MFの森の小さな小さな池にトモエガモが1羽泳いでいた。疲れていたのだろうか
此処で見られるとは思わなかった。お蔭で近くでしっかりと観察することが出来た。なお翌日には抜けてしまった。また、昨日は彩湖にツクシガモが居たという、その時は行けなかったので今日は午前中晴れ間も見えたので自転車で下流から上流へと探してみたが見つけることは出来なった。今季は数少ないカモなどの水鳥がいろいろ見られて面白い。

MFの小さな池に舞い降りた顔の巴模様が綺麗な トモエガモ
Img_1397

池が小さいのですぐ近くで見られた トモエガモ
Img_1411

紅葉が写り込んで綺麗な水面を泳ぐ トモエガモ
Img_1573

カルガモと一緒に地上に上がって枯葉の中のドングリを食べていた トモエガモ
Img_1475

今日の彩湖で、

今にも降りそうなどんよりした天気の彩湖で今日は近かった アカエリカイツブリ
Img_1618

彩湖には3羽ほどが来ている 可愛いが怪しげな赤い目が光る ハジロカイツブリ
Img_1658

少し遠い公園で、

1羽だけが泳いでいた オシドリ♀
Img_1317

家族と思われる オオハクチョウ
Img_3048

飛翔 オオハクチョウ
Img_3284

| | コメント (6)

2014年12月 7日 (日)

珍カモ2種

今日も朝はだいぶ冷え切んだが良い天気。
アカハシハジロの♂が居るという沼を訪れた。現地に着くとすでに数人のカメラマンが居た。状況を聞くと今近くに居たがオオタカが来て葦の奥の方に行ってしまったという。暫く待つと奥の方からこちらに向かって他のカモと一緒に目の前に近づいて来たのでしっかりと観察出来た。アカハシハジロは以前に滋賀県で見て以来久し振りのご対面となった。まだ少し若いようだが綺麗な個体だった。また昨年も見られたクビワキンクロの♀も来ていた。珍しいカモを2種類も同時に見られて良い日となった。

関東ではなかなか見られない色鮮やかな珍しいカモ アカハシハジロ♂
Img_2851

まだ成鳥ではなく少し若いようだが頭の橙色が鮮やかで綺麗な アカハシハジロ
Img_2891

起きている時は良く羽の手入れをしていた アカハシハジロ
Img_3130

やや前方から見た アカハシハジロ
Img_3037

羽繕いの後の羽ばたき アカハシハジロ
Img_3002

同じ沼で、

眼の周りの白いリングが良く目立つ クビワキンクロ♀
Img_3233

今年もきてくれた クビワキンクロ
Img_3059

羽ばたいてくれた クビワキンクロ
Img_3071

ラッコポーズで羽繕い中の クビワキンクロ
Img_3228

| | コメント (8)

2014年12月 3日 (水)

もう師走

ここ2日は良い天気が続いたが朝は冷え込み師走らしい冷たい風が吹いた。
今日こそは新しい冬鳥の姿が見られるのではないかと森へ行ってみるが、相変わらずでカケスやツグミ、アカゲラなど同じ顔ぶれだが、最近はウソが見やすい場所に出て来てくれる。葦原もアリスイやベニマシコは良く見られる。今回は少し遠い田圃のコクマルガラスやチュウヒなども撮ってみた。

最近は見やすい良いところに出てきてくれるようになった ベニマシコ
Img_0730

この時は近くでゆったりとして羽を伸ばしたりしてリラックスしていた ベニマシコ
Img_0788

こちらも見易いところで低い常緑樹の木のなかに居た アカウソ
Img_1009

♂♀数羽の小群が常緑樹の中で何か食べていた ウソ
Img_1014

少し遠い田圃で、

ミヤマガラスの中に4羽の白黒が居た コクマルガラス
Img_2587

今日は車のすぐ近くに居た コクマルガラス
Img_2579

葦原を低く飛ぶ チュウヒ
Img_2770

チュウヒ
Img_2734

| | コメント (3)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »