« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月30日 (日)

コチョウゲンボウ他

先日、芦原を車で走っていたらあまり大きくない川岸の枯れ枝にコチョウゲンボウがとまっていた。始めにとまっていたのは♂だった、この時は間に合わず飛んでしまったが直ぐに今度は♀タイプの個体が同じ木にとまった。そして暫くするともう1羽が近くの木にとまった。以前に一本の木に♂♀数羽のコチョウゲンボウがとまっているのを見たことがあるが、それ以来久し振りに1度に3羽のコチョウゲンボウを観察することが出来て楽しい日でした。

車で走っていたら後ろから飛んで来て枯れ木にとまった コチョウゲンボウ♀タイプ
Img_2340

羽繕いの後にリラックスしていた コチョウゲンボウ
Img_2443

暫くするともう1羽がやってきた こちらは別個体の コチョウゲンボウ♀タイプ
Img_2344

観察していたらこちらに向かって飛び出した コチョウゲンボウ
Img_2465

暫く観察出来たがそのうち2羽ともつぎつぎに飛び去った コチョウゲンボウ
Img_2469

今日のMFは森に入ると直ぐウソの声が聞こえてきた。探すと桜や柳の木に4羽ほどの個体が小さくふくらんだ芽を食べていた。他にはカケスが多く見られた。

10日ほど前に見られその後あまり姿を見られなかったが今日は近かった ウソ♂
Img_0951

同じく新芽を食べていた♂♀の4羽の群れだった ウソ♀
Img_0967

ベニマシコ

ベニマシコ

| | コメント (8)

2014年11月27日 (木)

あれっ!

今日は朝から素晴らしい晴天となり橋の上から見た雪を被った富士山が綺麗だった。
先日、小さな公園で小さな小鳥が枝の間を飛び交っていた。良く見たら「あれっ」コサメビタキではないか、今頃なんで・・・・・。別の公園ではアトリも来ていた。しかし今季は冬鳥が見られそうでなかなか見られない日が続いている。

秋色の中で比較的近くで飛び廻っていた季節外れの コサメビタキ
Img_9804

秋色の中の方が良く似合う可愛い コサメビタキ
Img_9805

今季はなかなか会えなかったが1羽だけ出てきてくれた アトリ
Img_0272

今日のMF周辺の葦原ではアリスイがあちこちで多く見られその声を聞くのも楽しみの一つである。また彩湖ではホシハジロやキンクロハジロ、ヨシガモなどの群れのなかに1羽のミコアイサ♀がみられた。

今日もあちこちで鳴き声が聞こえてきて探すと低木にとまっていた アリスイ
Img_0641

暖かい陽射しを浴びてゆったりと羽繕いをしていた アリスイ
Img_0666

ここでは毎冬少数が姿を見せてくれる 早く♂も来てほしい ミコアイサ♀
Img_0538_2

ホシハジロなどと一緒に泳ぐ ミコアイサ
Img_0555

まだ飾り羽も短く換羽中だが今年も群れがやってきた ヨシガモ
Img_0542

| | コメント (6)

2014年11月23日 (日)

晩秋の山で

今日も良い天気で気温も高く比較的暖かくなった。
この時期はあまり行かない山へ何か来ていないかと思い行ってみた。早朝に着き歩き始めるがあまり小鳥の声が聞こえない。暫くするとウソの声がして、コガラとカケスはあちこちで飛び交っていた。またアカゲラの声がしたので探すとすぐ近くの木の幹をオオアカゲラが登っていた。他にはアオゲラやカワガラスなどが見られたが鳥影は少なかった。冷え込んでいたが清々しい山の空気を吸ってリフレッシュをした日でした。

声がしたので探すと近くの幹を登っているのが見つかった オオアカゲラ
Img_0042

コツコツと幹を突きながら餌を探していた オオアカゲラ
Img_0027

木の枝の入り組んだところを登る オオアカゲラ
Img_0045

細かい枝が密生したところを逆さまになって突いていた オオアカゲラ
Img_9936

空気の澄んだ山で会うと身体の黄緑色が映えて美しさが増す アオゲラ
Photo

餌の実を銜えて飛んできた あちこちにたくさん居た カケス
Img_9843

両足の間にしっかりと木の実を掴んで辺りを警戒する カケス
Img_0143

何かの餌を見つけて突いていた コガラ
Img_0170

| | コメント (10)

2014年11月19日 (水)

徐々に

朝は冷え込んできたが晴天が続き空気が乾燥してきた。
MFの水路際では相変わらずベニマシコの群れが飛び廻り、ジョウビタキやツグミ、アカハラ、シメ、アリスイなどが居て冬鳥も徐々に増えて賑やかになってきた。また森では数日前から居ると聞いていた3羽のウソを見ることが出来た。まだあまり良い所には出てこないが柔らかな鳴き声と共にこの姿をMFで見られると嬉しくなる。他にもアトリやマヒワの話もあるので今後に期待したい。

遠かったので鮮明ではありませんが3羽が見られた 柔らかな鳴き声のアカウソ
Photo_2

水路の苔むした岸辺に水を飲みに来た アカハラ
Img_9528

赤いノイバラの実の中で飛び廻っていた2羽の アカハラ
Img_9587

♂の数羽の群れの中でもこの個体が一番綺麗な ベニマシコ
Img_9667

草はらの手前に出てきた ベニマシコ
Img_9080

| | コメント (4)

2014年11月16日 (日)

人気集中

朝晩は寒くなったが気持ちの良い晴天が続いている。
最近のMF周辺では複数のアリスイや多くのベニマシコが入っていてたくさんのカメラマンがやってきて人気が集中している。またツグミも群れで入って来たしシメも来た。ウソを見たという人もいる。これからが楽しみだ。

葦原のあいこちから声が聞こえたまに木の枝の見える所に出てくる アリスイ
Img_9210

ここの水路は暗くて背景がゴチャついているが良く出てくる赤い ベニマシコ
Img_9229

セイタカアワダチソウの実を食べる赤色が濃い ベニマシコ
Img_9283

オスが4~5羽の少数の群で飛び廻っている 人気のある ベニマシコ
Img_9331

見晴の良い場所に出た ベニマシコ
Img_9450

森では相変わらず良く見れる アカゲラ
Img_7251

| | コメント (8)

2014年11月12日 (水)

紅葉とオオタカ

今日は午後から晴れる予報だったが、何時まで経ってもどんよりとした空模様だった。
先日、木々が赤や黄色に色づいた森でオオタカが飛び廻っていた。すると直ぐに数羽のカラスがやってきて嫌がらせを始め、ながいことオオタカはカラスを振り払おうとあちこち飛んでいたがとうとう森から出て行った。今回は紅葉の森を飛ぶオオタカの姿です。

木々の色が鮮やか過ぎて目立ちませんが紅葉に染まった中を滑空する オオタカ
Img_8698

急接近されてパニックに羽を逆立てて「グアッ」と威嚇するアオサギと オオタカ
Img_8988_3

カラスをお供に従えて色づいて来た樹の間を飛び廻る オオタカ
Img_8921

カラスを避けて飛び廻る オオタカ
Img_8916

今度は高い樹にとまったら直ぐに数羽のカラスがやってきて睨み合い オオタカ
Img_8764

煩いカラスを避けて飛びだした オオタカ
Img_8715

| | コメント (2)

2014年11月 9日 (日)

遠くの

今日は朝から雨が降り始め昼間は小康状態だったが寒い一日となった。
先日、サンカノゴイが居るという調整池へ行ってみた。土手で待っていると池の葦が生えている辺りに遠くから飛んできた見つけるのが遅く撮れなかったが、暫くすると葦の端を歩いている姿が見られた。此処で越冬すると思われる。また彩湖の葦原を歩いてみたらアリスイが枯れ木にとまって良く鳴いていた。しかしサンカノゴイもアリスイも遠かった。

調整池の葦の端を歩いていた サンカノゴイ
Img_2232

大きな身体で忍び足のように葦の根元を歩く サンカノゴイ
Img_2254

葦原の中の遠い枯れ木にとまり良く鳴いていた アリスイ
Img_8600

遠くの枯れ木にとまった下の方のアカゲラと上の方に居る アリスイ
Img_8649_2

大きくするとこんな感じで枝と同じにとまっているので分かり難い アリスイ
Img_8623_2

こちらも大きくするとこんな感じで枯れ木に首を突っ込んで穴掘りに夢中のアカゲラ
Img_8629

草はらで低木にとまっていた遠くの ジョウビタキ♂
Img_8577

飛び出した ジョウビタキ
Img_8579

森には数羽の個体が来ていた クロジ
Photo

| | コメント (8)

2014年11月 5日 (水)

深まる秋

朝はだいぶ冷え込んで平地でも紅葉が見られるようになり秋が深まってきた。
MFの森でも木々が色づいてきたが圧倒的に黄色の葉が多い。奥へ行くとミヤマホオジロがいるという。暫く探しているとシジュウカラの群れが近くにやってきた。この中に居ないかと見ていると、梢の高い所にミヤマホオジロがとまっていた。それからしばらく周辺を飛び廻っていたが見失ってしまい、その後は姿を見つけられなかった。まだキビタキが複数いるしツツドリも複数滞在しているが、シメの群れも入ってきたので、これからは冬鳥に期待したい。

高い所で距離があったので証拠写真ですが森では今季初 ミヤマホオジロ
Img_8509

黄葉に染まった枝葉の間で休む 頭には灰色の羽が出てきた換羽中の ツツドリ
Img_8230_2

別の個体、地上に獲物を見つけて飛び降りる ツツドリ
Img_8524

地上に降りて巨大なミミズを捕まえた ツツドリ
Img_8554

秋晴れの日 深まる秋空を嬉々として飛び廻る モズ
Img_5592

高いメタセコイヤのてっぺんにとまったり周辺を飛んでいた群れで入った シメ
Img_8446

| | コメント (8)

2014年11月 2日 (日)

葦原で

昨日の雨も上がり今日の午前中は青空も出る天気となった。
ハイイロチュウヒの♂が昼間から飛んでいるという葦原へ行ってみた。現地に着いたのは昼過ぎだったが、暫く待つとチュウヒが飛んでいたので見ているともう1羽が眼に入った。逆光だったので見ずらかったが良くみるとハイイロチュウヒの♂だ。始め遠かったが次第に近くに来て側を通過していった。芦原をバックには撮れなかったが今季初なので良しとしよう。他にも数羽のチュウヒが良く飛んでいた。今年の冬も楽しめそうだ。

空抜けですが、わりと近くを通過して行ったいつも魅力的な ハイイロチュウヒ♂
Img_2103

上面にはまだ茶色の羽が多く見られるので若い個体のようです ハイイロチュウヒ
Img_2113

鮮明ではないが低いところをヒバリ(↓)と思われる小鳥を追う ハイイロチュウヒ
Img_2122

この個体は近くをゆっくりと旋回して飛んでくれた チュウヒ
Img_2188

鋭い目で獲物を探しながら葦原の上を飛ぶ チュウヒ
Img_2174

頭の黒い個体とは違うが 上面はなかなか綺麗な大陸型? チュウヒ
Img_2172

葦原の上を低く飛ぶ チュウヒ
Img_2158

葦原の上を飛ぶ別の個体 いろいろな羽模様で面白い チュウヒ
Img_4987

| | コメント (6)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »