« 秋の田圃など | トップページ | 峠の渡り »

2014年9月14日 (日)

中継地

今日も朝は気温が低かったが昼間は少し暑くなった。
ここのところMFの森の上空をサシバの幼鳥が2羽、5羽、3羽、4羽と毎日のように飛び廻っている。時々森の中にとまっていることもある。今年のMFは秋の渡りのサシバの中継地と化している。もしかしてタカ渡りの新しいルートになったのでしょうか。それなら嬉しいんですが。他にもミサゴやツミなども観察されている。小鳥はキビタキやエゾビタキ、ツツドリ、サンコウチョウ、また今日は早くもアカゲラが観察された。

今日は光線の具合が良くないが森の中で近くの横枝にとまっていたサシバ幼鳥
Img_2939

2羽の幼鳥が森の中で MFの森でこんなに近くで会えるとは驚き サシバ
Img_3016

昨日は遠かったが田圃の木にとまって餌を狙っていた サシバ
Img_9960

変な格好に見えますが 枝葉の中で片羽を伸ばした サシバ
Img_9966_2

遠かったが森の中へ飛んで行った 上面の模様が綺麗な サシバ
Img_2726

今日は低く高く何回も森の上空をんでいた サシバ
Img_2923_3

画面には2羽しか映ってませんが日によって2羽~5羽が見られた サシバ
Img_2635

田圃の上空を飛ぶ サシバ
Img_2785

コサメビタキやキビタキやムシクイなどと共に移動していた エゾビタキ
Img_2437_2

|

« 秋の田圃など | トップページ | 峠の渡り »

コメント

isaさん こんばんは、
これからは鳥見のベストシーズンですよ!
今日の地震は大きかったですね。
本当に今年は異常気象が続きますね。
これからは毎年なんでしょうか。
いやですね。

投稿: moto8 | 2014年9月16日 (火) 17時51分

昨日久々の鳥見、すっかり静まったであろうM池へ^_^;

猛禽の入れ替わりは今まで無かったですかね!気候の
変化でそんなこともあるかな~なんて思わせる異常?
な気象続きですね!

投稿: isa-bird | 2014年9月16日 (火) 11時26分

tokiさん おはようございます。
サシバはここで休んでいくようです。
田圃で餌を捕ったり、
森の中で休憩したりしてます。
幼鳥だからブラブラと時間を掛けて
ゆっくり渡って行くようです。

投稿: moto8 | 2014年9月16日 (火) 08時58分

noriさん おはようございます。
本当に来年から定点観測できると良いですね。
猛禽好きとしてはたまりません。
ただ、天気が良いとメチャクチャ暑いです。
たまにでも来たときに見られると嬉しいですよね。

投稿: moto8 | 2014年9月16日 (火) 08時56分

あんさん おはようございます。
MFのミニ渡りを楽しめました。
まだサシバの渡りはこれからです。
峠では一回目のピークがあったようですが、
来週あたり丁度良いんではないですか。

投稿: moto8 | 2014年9月16日 (火) 08時53分

ジダンさん おはようございます。
今年のサシバは楽しませてくれます。
何処で繁殖したのでしょうね。
5羽は今までで一番多いです。
田圃は休耕田があればまだまだ続くんですがね。
チュウシャクが居ましたか。

投稿: moto8 | 2014年9月16日 (火) 08時50分

いいですね、渡りの中継地として
鳥さんたちに周知させたいです。
何か上昇気流発生装置とか作りたいですね。
小鳥もどんどん入ってきてますね。

投稿: toki | 2014年9月15日 (月) 20時31分

止まりものや、森バック、飛翔いろいろと
定点観察をされているからこそ撮れた
写真の数々ですね。
たまにおじゃまする私は、少しのおこぼれに
あずかれれば…と思います。

投稿: nori | 2014年9月15日 (月) 09時40分

もうこんなに渡って行ってるのですか?
次の週末は例年通り、渡りを見に行く予定にしているのですが、
MFでこんなに見られるとなると、
向こうではピークを過ぎたりして。

心配になってきました・・

投稿: あん | 2014年9月14日 (日) 22時42分

サシバはこれからMFの常連になって欲しいですね。
ここ数年レンジャクもパッとしないので、レンジャクに次ぐ季節の風物詩が欲しいものです。
先日の5羽の鷹柱は見たかったなぁ。
タッチの差でしたから。(^^;)
今日はまた田んぼを覗きましたがトンネンが1羽増え3羽になってたくらいでした。
でも今日はチュウジシギの動画が撮れましたscissors

投稿: ジダン | 2014年9月14日 (日) 22時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋の田圃など | トップページ | 峠の渡り »