« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月29日 (日)

梅雨時の山で

今日は午前中は青空が出て居たが午後からは猛烈な雷雨となった。
先日、毎年出かける山へ行ってみた。山間部の林道を走っていると前方の道路脇の杭にハチクマがとまっていた。慌ててカメラを取り出し車の中から撮ることが出来た。その後も木にとまっている個体や上空を飛んでいる個体などを観察できた。またサンショウクイやノジコ、センダイムシクイ、オオルリ、キビタキなどの声が良く聞こえた。今回は時間がなかったので余りゆっくりは出来なかったがやっぱり山は空気が美味いし気分が良い。

山間部で空を見ると大きなタカが飛んでいた 綺麗な羽模様の♂ ハチクマ
Img_5171

杉の木の天辺にとまって周囲を警戒していた ハチクマ♀
Img_5060_2

林道の端の杭にとまっていたので車の中から ハチクマ♂
Img_5104

飛びだした ハチクマ
Img_5130

あちこちで見られた 青空を飛翔する サシバ♂
Img_0971

山間部の小さな渓流に居た ミヤマカワトンボ
Img_1236

アサヒナカワトンボ?
Img_1243_2

| | コメント (10)

2014年6月26日 (木)

近場で

ここ数日大気が不安定で猛烈な雷雨やヒョウが降ったりしたが今日は晴れ間が出た。
天候が悪く余り遠くへは出かけられないので近場の河川敷へ行くとコチドリの声が聞こえるくらいで他には鳥も少なく静かだったが1羽のチョウゲンボウが土手で餌を捕っていた。

大きなバッタを捕まえて杭にとまっていた チョウゲンボウ
Img_1430

随分と大きなバッタで食べ甲斐があったようだ チョウゲンボウ
Img_1436_2

顔があっちを向いてしまったが飛びだす前の チョウゲンボウ
Img_1479_2

だいぶ背丈が伸びてきた稲の上を飛ぶ チョウゲンボウ
Img_1393_2

冬にはカモたちがたくさん居て賑やかな池も今の時期はカルガモやコサギ、アオサギなどしかいないが子供を連れた3組のカイツブリの家族が居た。どちらも5羽、5羽、4羽と子だくさんの家族だった。子供たちもだいぶ大きくなっていたし5羽も居ては流石に背中には乗ってくれなかった。

大きな池に5羽の雛を連れた家族が居た カイツブリ
Img_1503_2

こちらにも5羽の子供を連れた家族がいた ↑とは別の カイツブリ
Img_1623_2

親子に他の家族が近づいて来たので猛然と水を蹴って追い払いに行く カイツブリ
Img_1568_2

もう一方の親も飛んで近くまできたが争そうことは無かった カイツブリ
Img_1573

短い翼で羽ばたいでいた カイツブリ
Img_1589

暑い日差しを避けて親の腹の下に潜りこんだ子供たち カルガモ
Photo

| | コメント (6)

2014年6月22日 (日)

ブッポウソウ

夕べからの雨が午前中までかなり降り続いたが午後からはやんだ。。
先日、少し遠くへブッポウソウに会いに行った。現地ではいつもの電線に2羽のペアがとまっていた。時々餌の虫を追いかけて飛出しまた電線にとまるという行動を繰り返していた。他には誰も居なかったのでわりと近くまで飛んで来てくれた。今年も変わらず真っ赤な嘴の綺麗な姿に会えた。

待っていたらこちらに向かって直ぐそばを通過して行った ブッポウソウ
Img_5193

初列風切の羽模様が良く目立ち綺麗な ブッポウソウ
Img_5222

餌の虫を見つけたのでしょうか ブッポウソウ
Img_1146

左に飛んでる虫を追いかけて飛びだした ブッポウソウ
Photo

電線どまりですが、 仲の良いペア ブッポウソウ
Img_5210

飛びものついでに別の場所で、

沼の上を4羽の個体が飛んでいた クロハラアジサシ夏羽
Img_5033_2

| | コメント (6)

2014年6月19日 (木)

梅雨の合い間

このところ暫く天気も良く梅雨を忘れさせるような陽気になった。
今年もサンコウチョウの様子を見にいったら、営巣していたが先日の大雨で巣が壊れてしまったという。仕方がないので林の中をブラブラしていたら近くで「ホイホイホイ」とサンコウチョウの声が聞こえてきた。暫くまっていたら声はどんどん近くなり長い尾をなびかせて枝から枝へ飛び移る姿が見えてきた。また少し離れたところでも声がするので良くみたら尾の長い個体と短い個体の♂が2羽いるようだった。この日は諦めていたのに姿を見ることが出来て良かった。

暗い杉林の中なので背景が良くありませんが尾の長い立派な♂ サンコウチョウ
Img_1194

近くで鳴いていたのは尾の短い個体 サンコウチョウ
Img_1204

尾は短かったが声は良かった♂ サンコウチョウ
Img_1212

遠くの枝にとまって長い尾を真っすぐに伸ばした サンコウチョウ
Img_1228

MFの田圃で、

ここでは数が少なくなり貴重になってしまった コヨシキリ
Img_0536

縄張り宣言をする コヨシキリ
Img_0487

ネムの木にとまって囀る オオヨシキリ
Img_9979

| | コメント (4)

2014年6月15日 (日)

空飛ぶグンカン

最近の梅雨は大雨が続いた後は暑い晴天が続いている。
山に近い公園にコグンカンドリが居ると聞き行ってみる。なるほど大きな黒い鳥が池の上を低く高く飛び廻ってたまに小さな魚を獲ったりしていた。この日は池の周り以外には出なかったが午後になって高く上がって遠くへ行ってしまったがまた戻るようだ。海辺などでは時々あちこちで観察されているがたまに内陸の方にも入ってくることがあるようだ。

長い大きな翼でほとんど羽ばたかずに旋回していた コグンカンドリ
Img_0884

白い頭と黒い身体が良く目立つ コグンカンドリ
Img_0872

飛びながらよく羽繕いをしていた コグンカンドリ
Img_0876

頸を伸ばして尾羽の辺りを整えていた羽繕いろいろなポーズ、コグンカンドリ
Img_0853

こんな面白い格好もしていた コグンカンドリ
Img_0930

上面からの コグンカンドリ
Img_0822

高度を下げて池の水面スレスレを頸を伸ばして飛ぶ コグンカンドリ
Img_4844

水面の近くに居た小さな小魚をとった 自分で獲るのは苦手?コグンカンドリ
Img_4849

| | コメント (12)

2014年6月12日 (木)

優雅なバトル

梅雨入り以来当然のことかもしれないが毎日雨が降り続く。例年に比べても多い。
先日、雨の合い間に海辺の公園へ行ってみた。2羽のセイタカシギの居る池を見ていたら何処からか3羽の別のセイタカシギがやってきた。直ぐに先に居た2羽がテリトリーを守るため侵入者に向かって臨戦態勢をとる。さあ、それからが大変いつもの優雅な姿からは想像もできないが長時間に渡って5羽が入り乱れての乱闘となった。一歩間違えたら折れてしまいそうな細くて長い足は戦いには向いていないように思われたが、果たして・・・ 普段は優雅なセイタカシギの激しいバトルに興奮して見入ってしまった。

テリトリーに入って来た侵入者に向かって攻撃を仕掛け乱闘となった セイタカシギ
Img_0283

あちこちでも争いが始まった セイタカシギ
Img_0242

下の1羽に向かって2羽が攻撃を仕かけるセイタカシギ
Img_0296_2

何時もは優雅な姿だが、細長い嘴で相手を攻撃する セイタカシギ
Img_0225_2

なが~い足と嘴を使って蹴ったり突いたりして激しく戦う セイタカシギ
Img_0326

長い足で後ろ蹴り、足で相手の頸を挟んで倒すプロレス並みの技 セイタカシギ
Img_0343

水の中に倒れた相手の上に乗り叫ぶ セイタカシギ
Img_0348

水の中に倒れた相手になおも嘴で突き攻撃の手(嘴)を緩めない セイタカシギ
Img_0351

少し離れたところでも勝ち誇って背中に乗る同じような光景が セイタカシギ
Img_0284

勝負あり! 逃げる相手を追う セイタカシギ
Img_0160_2

激しかった戦いが終わり元の静かな池で仲の良いペアの セイタカシギ
Img_0428

| | コメント (4)

2014年6月 8日 (日)

あちこちで

数日前に梅雨に入ったとみられると気象庁の発表があり、それ以後ずっと雨が降り続いている。そして暫くはハッキリしない天気が続くようだ。連日の雨で自宅待機の日が続いている。そこで今回は梅雨入り前にあちこちで撮った画像です。

大きな身体で飛びだした、毎年元気な姿を見せてくれる サンカノゴイ
Img_9910

何回も姿を見せてくれた サンカノゴイ
Img_9914

桜の木にとまってた アマサギ
Img_3703

まだ熟してなくて青いサクランボを食べていた シメ
Img_9137

忙しなく動き廻っていた センダイムシクイ
Img_4195_2

幹から伸びた小枝にじっととまっていた キビタキ
Img_4073

水場にやってきた マミチャジナイ
Img_9277

でかい!眼も魚の方が大きい、丸太のような魚体を飲み込もうとする カワウ
Img_4345

| | コメント (10)

2014年6月 4日 (水)

フクロウ

続いた真夏のような暑さも納まり、明日からは雨模様となる。
遠征に行ってる間にMFのフクロウが次々と巣立ちし、帰ってきた日に3羽めが巣立った。
この日は午後からだったが何とか間に合い巣立ったばかりの子供とご対面することができた。遅ればせながら今日は先週と今週に撮った画像です。

巣立ちしたばかり、まだ産毛が残る子供のフクロウ(5月28日撮影)
Img_9634_2

森の奥ではもう1羽の子供が木のぼりを始めた フクロウ(5月28日)
Img_9701_2

羽を広げてバランスをとりながらだんだんと上へ登って行く フクロウ
Img_9731

やっと安定したばしょにたどり着き一休みする フクロウ
Img_9668

木陰で寝てた、だいぶ大きくなった今週の子供のフクロウ(6月2日撮影)
Img_9850

森の奥ではモグラを足元に捕まえてとまっていた親のフクロウ
Img_2971

| | コメント (4)

2014年6月 1日 (日)

春の遠征 完

今日も気温は高く連日夏日となり暑い、この先が思いやられる。
最終日にオウチュウが見つかり何度かチャンスはあったが遠いのと黒い身体でなかなか良い写真は撮れなかった。今回は「ブログ」にUPした以外にもムシクイ類やヒタキ類他が多くみられたが主なものだけを載せてみました。少し遅い時期でしたがいろいろ見られて楽しい遠征となりました。
同行された皆さん、また現地でお会いした皆さんお世話になり、有難うございました。

松林の中を飛び廻っていた黒い身体の数少ない旅鳥 オウチュウ
Img_9552

黒い身体なので目がなかなか出ない オウチュウ
Img_9535

遠いので鮮明ではありませんが オウチュウ
Img_4443_2

松林の中でヒラヒラ飛び廻っていた サンコウチョウ
Img_9270

水場に現れた ノゴマ
Img_9183

近くに出てきたキリっとした白い眉斑が男らしい マミジロ
Img_4344

クリクリ目が可愛い! サメビタキ
Img_9309

近くで良く鳴いていた ツツドリ
Img_8983

頭の上から鳴き声が降ってきた ホトトギス
Img_9580

遠い枯れ木にとまっていた アオバト
Img_9209_2

これまたかなり遠い木にとまっていた ブッポウソウ
Img_9221

| | コメント (10)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »