« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月30日 (日)

似てる

今日は朝から降り始めた雨が午後になり強風を伴って本降りになった。
もう一月以上前になりますが、ヤドリギツグミに会いに長距離遠征をした。早朝に現地に着くとヤドリギツグミは広い田圃の畔で餌を探してあちこち移動し近くにも来てくれたのでしっかり観察することが出来た。そしてその一週間後ぐらいにわりと近い所に今度はウタツグミが出たという。この2羽は大きさは違うが羽色や模様がとても良く似ている。それにしても短期間で2種類もライファーが増えて嬉しかった。

遠くの方からだんだん近寄ってきた 野草が咲く畔で姿勢が良い ヤドリギツグミ
Img_7185

近くの畔にやってきて餌を探していた ヤドリギツグミ
Img_7125

遠くの畔に居た、 広い田圃を縦横に飛び廻っていた ヤドリギツグミ
Img_7064

近くの電線から田圃の方に飛び降りた 翼下面は白い ヤドリギツグミ
Img_7039

隣県に出現したウタツグミ。

ヤドリギツグミと良く似てます、大勢のカメラマンを集めて大人気だった ウタツグミ
Img_7627

今日は平年よりも4日も早く都心のサクラが満開になったようです 
Img_0398

| | コメント (4)

2014年3月26日 (水)

春霞の山で

今日は曇り空から多少晴れ間も出たがはっきりしない天気となった。
先日、久し振りに雪解けの山へ何か出てくれるかなと思いながら出かけたらクマタカに会えた。天気は良かったが春霞で遠くを飛ぶと霞んでしまうが、この日は出が良く数回近くを飛んでくれた。やはり大きなクマタカは迫力があって見応えがある。

わりと近くの山肌を飛ぶ大きな身体で迫力のある飛翔 クマタカ
Img_1745_2

スギ花粉の飛ぶ山肌をバックに クマタカ
Img_1767_2

黒い顔、幅広い大きな翼、羽の横帯が綺麗な クマタカ
Img_1774

山肌からだんだんと高度を上げて青空高く舞い上がって行く クマタカ
Img_9255_4

旋回しながら高度を上げる クマタカ
Img_9332

我が家の鉢植えの花、

始めは紫色だけだったがピンク色などいろいろ咲いて来た ユキワリソウ
Img_9227

| | コメント (10)

2014年3月23日 (日)

MFのレンジャク

今日は風も止み気温も上がって4月並みの穏やかな天気となる。
MFのヒレンジャクはいつものヤドリギにいないと思ったら近くの森に居た。はじめは30羽ほど居たが少しづつバラけて12羽ぐらいの群れが柳の新芽を食べていた。数は日ましに増えているようだ。今のところは赤色のばかりだが黄色もきてくれることを期待している。

ピンボケですが 空中の小さな虫をフライングキャッチしていたヒレンジャク
Img_9902_3

柔らかそうな柳の新芽を食べていた ヒレンジャク
Img_9858

小枝の多い柳の木にたくさんとまっていた ヒレンジャク
Img_9829

柳の木の下の小さな池で水を飲む ヒレンジャク
Img_9922 

そこへ突然ツグミが威嚇しに飛んできた慌てて飛びあがるヒレンジャク(↓印)
Img_9924

見難いですが 追いかけるツグミと逃げるヒレンジャク
Img_9925

この日は良く見える所に居た無事越冬した トラフズク
Img_9600_2

ベニマシコ

| | コメント (8)

2014年3月20日 (木)

そろそろ移動

今日は朝から気温も上がらず一日中雨が降り続いた。
先日、昨年末に見たコチョウゲンボウは元気にしているだろうかと少し遠い田圃へ出かけた。現地に着くと居ました!いつもの田圃に♂が土塊の上で休んでいた。かなり距離もあり陽炎が立っているので写真は上手く撮れなかったが、もうじき移動の時期なのでしっかり観察しておこうと思い約2時間あまりじっと付き合ってしまった。その後近くの電線に来た♀に誘われるように飛出し遠くへ行ってしまった。

田圃の土塊の上にとまっていたが陽炎が強くスッキリとは撮れないコチョウゲンボウ
Img_8387

約2時間後にやっと飛びだした コチョウゲンボウ
Img_8429

こちらに向かって真っすぐ飛出してきた可愛い コチョウゲンボウ
Img_8430_2

目の前を通過して飛んで行ったが陽炎でピンがきません コチョウゲンボウ
Img_8440

この時期は観察する機会が少なくなってきた ハイタカ
Img_1762

田圃では十数羽の群れが降りていたが 近くを飛ん行った タゲリ
Img_5446

近くの公園で サンシュウの花を眺める ルリビタキ
Img_5490

| | コメント (2)

2014年3月16日 (日)

今日の鳥見

今日は暖かく4月並みの穏やかな陽気となった。
今日のMFにはレンジャク目当てのカメラマンが朝からたくさん来ていた。お目当てのヒレンジャクは9時ごろに2羽がやってきて暫く居たがその後飛び去った。それからしばらく待っていると11時ごろに8羽の群れがやって来てヤドリギの実を食べたり水浴びをしたりしてかなり長い時間滞在し楽しませてくれた。MFでは今季こんなに長い時間居てくれたのは初めてだった。これからしばらく定着してくれると嬉しいのだが。

今季初の長時間滞在となった 今日は8羽の群れだった ヒレンジャク
Img_6091

ヤドリギの実を採る面白ポーズです 逆さまになって ヒレンジャク
Img_5941

頸が良く曲がりますねイナバウアー態勢でヤドリギの実を銜える ヒレンジャク
Img_5823

身体が柔らかい今度は身体と顔の向きが反対の態勢で ヒレンジャク
Img_5803

その後、アカガシラサギが居ると聞きそちらに向かう。着くと池の真ん中の人工物の上に冬羽のアカガシラサギが居た。見ていると右や左に飛んで近くの葦の中に降りて餌を探したり、松の木の天辺などにもとまったりしていた。冬羽は地味だが飛ぶと真っ白な翼が眩しいくらいで美しい。

岸に近いところの葦の中を餌を探して歩く アカガシラサギ冬羽
Img_9077

頸がこんなに長く伸びました 翼を上げて伸びをしたアカガシラサギ
Mg_9013

餌の魚を捕まえて近くの木に向かって飛んで行った アカガシラサギ
Img_9158

松の木の天辺にとまった アカガシラサギ
Img_9160

| | コメント (12)

2014年3月13日 (木)

漁港で

今日は午後から降り出した雨が夜には風を伴って激しくなった。
昨日、ケイマフリが出てるという漁港へまだ居るかなと行ってみた。この日は気温も上がり暖かな日で風もなく穏やかな海だった。漁港に着くと少し前に外海へ出て行ったという。また戻ってくるようなので待つ間に近くの他の漁港を覗いていたらケイマフリが戻ってきたと聞き元の漁港に戻った。北の国からやってきたケイマフリは他のアカエリカイツブリやクロガモ、ハジロカイツブリなどと潜水して餌獲りをしていた。その後廻った他の漁港ではシロエリオオハムやビロードキンクロ、クロガモ、アカエリカイツブリなどが見られた。

目の周りの白色部が少し大きくなってきて目元パッチリの可愛いケイマフリ
Img_8641

外海に出たり飛んで戻って来たりと結構元気だった ケイマフリ
Img_8538

羽ばたくと白くて丸いお腹が愛嬌のある ケイマフリ
Img_8485

仲良く赤い眼のハジロカイツブリと一緒に泳ぐケイマフリ
Img_8523

近くの別の漁港ではクロガモと一緒に泳いでいた シロエリオオハム
Img_8669_2

この場所に暫く滞在しているようです シロエリオオハム
Img_8705

漁港内では わりと近くを泳いでいた ビロードキンクロ
Img_8860

目の下の白い斑が特徴的ですが目つきが悪く見える ビロードキンクロ
Img_8890

尾羽を全開にして餌獲りに潜った ビロードキンクロ
Img_8882

黄色い嘴が目立つアカエリカイツブリ
Img_8520_2

| | コメント (4)

2014年3月 9日 (日)

今週のMFで

天気は良いがまだ朝の冷え込みは厳しい。
先日、MFの森にヒレンジャクが10羽ほど入って来た。その前の日にはもう少し多い群れが来たらしいがこの日は少し減っていた。まだヤドリギには長居をせずにメタセコイヤの木やハンの木などにとまり落着きがなかった。今週は群れが続けて見られる日と見られない日がありまだ安定しないようだ。画像は週半ばの午後に来たものです。またカワラヒワの群れの中に2羽のマヒワも観察された。

午前中の早い時間に見られたり午後から見られたりと安定しない ヒレンジャク
Img_5130

この日は9羽ほどがメタセコイヤやヤドリギに来たが落ち着かなかったヒレンジャク
Img_5206

ここではヤドリギの実を少ししか食べなかった ヒレンジャク
Img_5173

今週は続けて来る日と見られなかった日もあった ヒレンジャク
Img_5216

なにかに驚いたか群れは一斉に飛び去ってしまった ヒレンジャク
Img_5237

たくさんのカワラヒワと一緒に行動していた 逆光で色がでない マヒワ
Img_5113_2

2羽が観察されたが黄色みが薄い個体 マヒワ
Img_5067

春ですね~ 羽色も綺麗になり気持ち良さそうに囀る ホオジロ
Img_5049

| | コメント (8)

2014年3月 5日 (水)

集客力抜群!

今日は朝から晩までよく雨が降った。
先日、国内では数回しか観察されていないというウタツグミが居ると聞き出かけた。現地ではすでに100人以上のギャラリーが取り囲んでいた。主役のウタツグミは少し離れた草地で餌を探しては右や左に移動していた。時どきツグミと餌場が重なり近くに来るとバトルをするというパターンを繰り返していた。それにしてもこの珍しいツグミは集客力抜群のスターとなっていた。今日の新聞にも記事が載ったようです。

多くのギャラリーを集めていた 国内では数回しか観察されてない珍しいウタツグミ
Img_7771

この場所が気に入ったらしく大勢のカメラマンの前で一日中姿を見せていたウタツグミ
Img_7990

広い草地でミミズなどの餌を地中から引っ張り出して食べていた ウタツグミ
Img_7957

近くにツグミが来ると姿勢を低くして威嚇 向かっていく ウタツグミ
Img_8011

ツグミとのバトル開始 ウタツグミ(左)
Img_7853

飛びあがって蹴りを入れあうツグミとウタツグミ
Img_7856

激しいバトルでフレームから外れてしまったツグミとウタツグミ(下)
Img_7941_2

| | コメント (6)

2014年3月 2日 (日)

もう3月

雨がシトシト寒い日となり数日前の暖かさがウソのような天気。
少し前に正月だったのにもう3月に入った。最近はあちこち廻ってもあまり収穫はないがそれでも気分転換に行ってみる。先日、ハイイロチュウヒが明るいうちから飛ぶという田圃へいってみた。だいぶ前から話は聞いていたがなかなか腰が重くやっと行く気になった。着くとすでに朝の早い時間に目の前を飛んで餌獲りをしたという。それから数時間むだな時間を経過してやっと灰色の姿をみせたが目前を通過しただけで見えなくなった。その時の画像などです。

数か月ぶりのご対面となった、やはり美しいタカだ ハイイロチュウヒ♂
Img_4698

餌をさがしながらの飛翔なので何時も下を向いている ハイイロチュウヒ
Img_6801

田圃の遠くの方を低く飛んでいた 小さかったので♂かも ハイイロチュウヒ♀タイプ
Img_4698_3

大きな口を開けて空中で虫を捕りながら荒川上空を飛んでいた ヒメアマツバメ
Img_4473

変則的な飛び方をするので追うのが難しい ヒメアマツバメ
Img_4439

田圃の舗装道路でカエルを捕まえた 今日のご馳走は大物 ムクドリ
Img_4578

| | コメント (8)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »