« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月26日 (水)

今年も来た!

今日は風も弱く気温が上がり春の陽気となり過ごし易かった。
MFの森を歩いていたら少し離れた駐車場にヒレンジャクが居ると連絡を貰い急行する。現地のヤドリギにはたった1羽だったがずっと実の周辺にとまってくれていた。ここは昨年も十数羽が見られたところでヤドリギの実はみずみずしく新鮮そうだった。今季は冬鳥の数も少ないのでどうかと思っていたが、来てくれたのでこれから数が増えてくることを期待しましょう。

今季も姿を見せるのを待っていたが やって来てくれました! ヒレンジャク
Img_4985

ここでは1羽だけだったが仲間を呼んで来てくれるだろう ヒレンジャク
Img_4751

ここのヤドリギの実は大きくて色艶も良く水みずしかった 実を頬張るヒレンジャク
Img_4805

後ろから 尾羽の先端の緋色が鮮やかな ヒレンジャク
Img_4992

MFでは最近は複数があちこちで見られている 一人だと近くで撮れる トラツグミ
Img_3978

入ってすぐの広場では落ち葉をひっくり返して餌を探していた トラツグミ
Img_4011

先日の雪がようやく融けた鉢の中で今季初の花が咲いた小さくて可愛いユキワリソウ
Img_5035

| | コメント (2)

2014年2月23日 (日)

久し振り

相変わらず天気は良いが寒気が南下していてまだまだ寒い。
先日、オガワコマドリが出て居ると聞き行ってみた。現地では公園の中の池の端に出てきて餌を探して歩き廻っていた。フェンスの外から撮ったので距離もあり余り鮮明ではなかったが久し振りのオガワコマドリはやはり可愛かった。

池のそばの草むらに出てきて餌を探していた 久し振りに会ったオガワコマドリ♂
Img_4359_2

かなり広範囲に行動していた ゴチャゴチャした草むらを歩くオガワコマドリ
Img_4361_3

これから胸の色付きの帯はもっと濃くなると思われる オガワコマドリ
Img_4360

池の端で 尾をピンと立てた逆光のオガワコマドリ
Img_4260_2

何かクモでしょうか、虫を捕まえた オガワコマドリ
Img_4320

春まじか 満開の紅梅
Photo

| | コメント (10)

2014年2月19日 (水)

数少ない

天気が良く田圃の雪解けは早い、朝に少しあった雪は午後には殆どなくなった。
小鳥たちはこんなに居たのかと思うくらいにホオジロやカシラダカ、タヒバリ、ヒバリ、ツグミ、ホオアカ、などが餌場を求めて飛び交っていた。特にカシラダカの群れは右に左にと大きな群れが飛び廻っていたが、その中に1羽のコホオアカが混じっていた。昨年に続き今季も確認できたので、毎年MF周辺の田圃には少数が越冬しているようだ。その後チョウゲンボウが小鳥の群れの上空に飛んできたので大パニックになり瞬く間に小鳥たちは遠くへ飛び去り1羽も見えなくなってしまった。

雪が少し残る田圃で姿勢を低くして採餌していた 越冬中のコホオアカ
Photo_2

この周辺で少数が毎年越冬しに来ているようだ ここでは珍しいコホオアカ
Img_3300

一度見失うとまた探すのに苦労する 数少ない小さなコホオアカ
Img_3302

田圃でたくさんの群れから離れて小枝にとまった色の濃くなってきた カシラダカ
Img_3281

田圃で採餌していた小鳥たちを蹴散らして よそ見しながら飛ぶチョウゲンボウ♂
Img_3457

この周辺をテリトリーにしている綺麗なチョウゲンボウ♂
Img_3464

| | コメント (10)

2014年2月16日 (日)

雪、雨、晴れ

大雪の後は雨、今日は晴れて温度も上がり雪は大幅に融け始めたが強風が吹く。
雪が降った後は近くの公園へいってみた。だいぶ前からきているルリビタキが蕾も膨らんで一輪二輪と咲き始めた梅の木に来ていた。綺麗な♂で人気を集めていた。他は最近あちこちで撮った画像です。

数輪の花がほころび始めた梅の木にやってきた ルリビタキ♂
Img_3878

まだ蕾だが垂れ下がった枝で梅見としゃれ込む ルリビタキ
Img_3904

正面顔の ルリビタキ
Img_3909

遠くの木に十数羽の群れで飛んできたがここには2羽しか映っていません イカル
Img_6504

羽が飛び散っている獲物はキジバトのように見えるが・・・ハヤブサ若
Img_1328

彩湖の排水機場の上でカラスが何かを落としては拾ってまた空中から落とすという仕草を繰り返していた。これが餌の実を高い所から落として割って食べるという頭の良いカラスの習性で興味深かった。

何かの実を銜えて高い所に飛びあがった カラス
Img_3435

高さを見計らって銜えていた実を落とした カラス
Img_3438

落とした実と同じくらいの速さで地上に急降下する カラス
Img_3384

番外、

翼の下面のタカ斑模様が魅力的な 以前に撮った在庫のクマタカ
Img_1826

| | コメント (8)

2014年2月12日 (水)

最近のMF他

冷たい北風が強く吹き体感温度が下がり非常に寒い日となった。
先日の雪は舗装道路ではすっかり溶けてしまったが田圃や森にはまだ少し残っている。MFの森では今までなかなか出てこなかったトラツグミが見やすい広場に出てきて人気を集めている。複数の個体がいるようだ。今回は田圃や森や山で最近撮った画像です。

MFで、最近は見やすい広場に出てきて採餌をしている トラツグミ
Img_3125

今日はサービスよく長い時間同じ場所で餌を探していた トラツグミ
Img_3661_2

雪が降ったら見やすくなったようだ 数は結構入っている シロハラ
Img_1673

MFの水辺では いつもの葦原の中で オオジュリン
Img_6073

田圃では まだ雪のたくさん残っているまばらな葦原で丸見えの ウズラ
Img_3218

雪の残る農道の水溜りの端を餌を探しなら歩く イソシギ
Img_3235

山では カワラヒワの群れの中に居た1羽の マヒワ
Img_6552

ハンノキの枝先にとまっていた ビンズイ
Img_6646

| | コメント (4)

2014年2月 9日 (日)

逃がした魚は・・・

昨日からの大雪で町は真っ白に朝のうちの凍った道路は歩きにくい。
さて前回のミサゴの続き、今度は他の個体が飛んで来て堤防内の波の少ない場所で狩りを始めた。そのうち1羽のミサゴがダイビングなかなか上がってこない、ときどき見える魚の尾びれなどからかなりの大物と格闘をしているようだ。暫くしてようやく獲物を持ち上げて飛び上がったが重すぎて海面に落ちてしまい獲物には逃げられてしまったようだ。逃がした魚は大物だった。しかしミサゴの狩りの場面をいろいろ観察出来て楽しかった。

獲物を狙って海面すれすれに飛んできた ミサゴ
Img_2886

獲物に狙いをさだめると足を伸ばし鋭い爪を立てて一直線に突っ込む ミサゴ
Img_2935

 大きな水しぶきを上げて海中に飛び込んだ ミサゴ
Img_2936

海面から大きな魚の尾びれが見えるが、かなりの大物を仕留めたようだ ミサゴ
Img_2239

大物が暴れるのでなかなか飛びあがれず悪戦苦闘する ミサゴ
Img_2272_2

やっと少し飛びあがったが 高く上がれず高度がだんだん下がって行く ミサゴ
Img_2267_2

とうとう元の海面に下がって獲物は逃げてしまった 大物を・・残念!ミサゴ
Img_2268

| | コメント (12)

2014年2月 7日 (金)

荒波とミサゴ

今日は良い天気だが風が強く冷え込んでいる。明日は朝から雪の予報。
ミサゴのダイビングが見られるという海辺へ行ってみた。着くと波が荒く今日は良くないと聞き外れかと思っていたが、暫くするとミサゴが飛んで来て大きな魚は獲れなかったが荒波に飛び込む勇壮な姿を観察することが出来楽しかった。

上空を飛んでいたが急に翼をたたんで急降下を始めた ミサゴ
Img_1845

うねりが大きく大荒れの海 上空から低く海面目がけて突っ込む ミサゴ
Img_1976

海面に突っ込んだと同時に大きな波が来て顔に水しぶきを被りたてがみのようになった
迫力満点のダイビング!! ミサゴ
Img_1981

大きな波に巻き込まれて必死に脱出をしようと大きく翼を広げる ミサゴ
Img_1986

いったん姿が見えなくなったが無事脱出した ミサゴ
Img_1988

よかった!魚は獲れなかったが海が荒れた日の餌獲りは命懸けの ミサゴ
Img_1991

次回に続く

| | コメント (6)

2014年2月 4日 (火)

山へ行って

今日は立春、暦の上では春だが午後から雪となった。
先日、今年はイスカの数が多いと聞いていたので少しは平地にも来てくれないかと甘く考えていたがやはりやって来ないので少し遠くの低山へ行ってみた。着くと30分ぐらい前に出たと言われその後なかなか姿を見せないので朝だけかと思っていたら松の木の高いところに数羽のイスカが飛んで来て実を食べ始めた。その後も20羽ぐらいの群れが飛んできたが下には降りなかった。やはりイスカは山へ行かないとですね。

いつのまにか数羽が松の木に飛んできた色鮮やかな イスカ♂
Img_6701

松の木に逆さまにとまって美味しそうな実を探す イスカ
Img_6716

 実がたくさんあるのでより取りみ取り やはり松の木が似合う イスカ
Img_6724

ここには日に何回かあちこちを廻ってくるという イスカ
Img_6731

交差した嘴で巧みに中の実をほじくる イスカ
Img_6733

曇り空で色が良くでませんが 松の木の天辺にとまった イスカ
Mg_6772

| | コメント (8)

2014年2月 1日 (土)

でかい!(後)

先日のオオワシの後半です。その後遠くの方で獲物の魚を捕まえて近くの森へ運んで木にとまって食べていた。それを見て急いで少し近くまでいってみた。オオワシは餌を食べ終わってこんもりした樹の上でわりと長い時間動かなかったが暫くして大きな身体を飛びださせた。北海道以外にも少数が関東以南まで越冬しに来ているようだが近県でこの美しいワシの姿をみられるのは嬉しい限りである。

大きな黄色い嘴をもった世界で最も美しい鷲と言われる オオワシ
Img_6478

捕まえた魚を食べ終わって周囲を警戒する オオワシ
Img_6464

身体が大きいのでゆったりと翼を広げて飛びだす オオワシ
Img_6476

ゆっくりと大きく羽ばたいで豪快に飛び立った オオワシ
Img_6480

順序が逆になりましたが、餌の魚を捕まえて飛ぶ オオワシ
Img_6325

結構大きいと思われる獲物も小さく見える オオワシ
Img_6311

森から再び餌場の方に飛んで行った オオワシ
Img_6485

| | コメント (6)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »