« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月29日 (日)

年末

今年もあと2日です。天気は良いが寒さが厳しくなってきました。
先日、カモを見にあちこちへ出かけた。狙いはホオジロガモとトモエガモとミコアイサの3種狙いだった。ホオジロガモはわりと近くで撮れたがトモエガモは数日前には10数羽居たというが行った時は数羽だけで遠かった。またミコアイサは居るにはいたが警戒心が強くかなり距離があり思うようにはいかなかった。今回はミコアイサとトモエガモは遠すぎたのでまたリベンジしたい。

♂の群れが9羽と♀とは別に行動していた此処では毎年見られる ホオジロガモ♂
Img_7886

あちこちで羽繕いしたり潜ったりと各自が行動していた ホオジロガモ
Img_7914

下流の方に流されると上流に向かって短い距離を飛んでいた ホオジロガモ
Img_7992_2

池の奥の方には5,6羽の♂が居たが少し近くにはこのペアだけ ミコアイサ
Img_9031

もっと近くで撮りたい 助走して飛び立つ ミコアイサ♂
Img_9183_2

たくさんのオナガガモの中に数羽が泳いでいた トモエガモ
Img_9538

こちらも遠かった トモエガモ
Img_9477

彩湖では毎年2~3羽がやってくるが数少ない ハジロカイツブリ
Img_1292

彩湖で、なかなか見る機会が少ない飛翔姿 カイツブリ
Img_6522

彩湖では毎年数羽が姿を見せるがなぜか♀だけ 至近距離に居たホオジロガモ♀
Img_9114_2

| | コメント (6)

2013年12月25日 (水)

師走の鳥見

今日は温度は低いが風が弱く穏やかな日となった。
相変わらずベニマシコは愛想良く姿を見せている。猛禽はノスリが良く飛んでいるがハイタカやハヤブサはあまり見られなくなった。しかし冬鳥の少ないMFにトラフズクという新しい冬の顔がやってきました。無事に越冬してほしいと願います。

笹薮の中の トラフズク
Img_8827

笹の葉に隠れていたが風で葉が動くと見える トラフズク
Img_8923

暖かそうな葦の中にはたくさんの群れが潜っていた オオジュリン
Img_5927

広い冬の空を2羽で悠々と旋回しながら飛んでいた ノスリ
Img_8754

先日、少し北の方の公園に出かけた。奥に行くと林にはミヤマホオジロやアトリ、トラツグミの姿を見ることが出来た。やはり山に近い公園には平地と違っていろいろな鳥が来て居た。

落ち葉の中で見難いですが黄色い冠羽が目立つ ミヤマホオジロ♂
Img_8096_2

ブッシュの中から出てきた ミヤマホオジロ
Img_8064_2

十数羽の群れが飛び廻っていた アトリ
Img_8213_2

| | コメント (6)

2013年12月22日 (日)

田圃の名ハンター

天気は良いが風が強く体感温度は低く寒い。
久し振りのコチョウゲンボウ狙いで少し北の方の田圃へ出かけた。広い田圃をあちこち車で流して探し回る。今季は何回か同じ場所に行っているが♂には会えていなかった。しかしこの日は会うことが出来た。田圃の真ん中あたりで休んでいたが午後だったので陽炎が立っていてなかなかピンが来なく焦ってしまった。もう少し近くの荒川の草はらには毎年ペアで越冬する場所もありもっと楽に撮れるのだが以前にもいろいろ観察したので今季は違う場所で撮ってみたいと思い田圃へ、コチョウゲンボウは農耕地や草地など開けた場所で狩りをする名ハンターです。

広い田圃や草はらを狩場とする名ハンターの コチョウゲンボウ♂
Img_3947_2

田圃の少し高くなっている場所にとまって休憩中のコチョウゲンボウ♂
Img_3859

田圃の土塊の上で周囲を見回す コチョウゲンボウ♀タイプ
Img_3665

猛禽にしては可愛い感じのコチョウゲンボウ
Img_3680 

スピード感ある飛翔で一直線に獲物に向かって行く コチョウゲンボウ♂
Img_3906

地上すれすれを低く飛ぶ コチョウゲンボウ
Img_3909

| | コメント (6)

2013年12月18日 (水)

冬の信号色

低気圧の影響で関東でも山沿いは雪となり、朝の冷え込みは厳しくなるという。
先日、近場の山へ出かけた。平地では冬鳥が少ないので山はどうだろうと思っていたが行った場所ではイカルの群れやベニマシコ、少数のマヒワの群れぐらいしか観察出来なかった。聞いた話ではイスカも近くまでは来ていたそうだ。冬は地味な鳥が多いが今回は山で会った黄色のマヒワ、平地では青色のルリビタキや赤色のベニマシコなどの綺麗な信号色の小鳥たちです。

まだ一杯食べられる実が残っている 近場の低山で会ったマヒワ
Img_3781

今季は平地にはまだ降りてきていないが山では観察出来た マヒワ
Img_3816

山でもこの群れは十数羽と少なかった この中には4羽が居る マヒワ
Img_3743

平地では、

近くの公園で、後ろのサザンカの花が彩りを添えてくれた青い鳥 ルリビタキ♂
Img_6667

地味な冬鳥が多い中でやっぱりイケメンのルリビタキ
Img_6661

水場にやってきた ルリビタキ
Img_6779

河川敷で、最近は良く上の方の見易い所に出てくるようになった ベニマシコ♂♀
Img_7481

| | コメント (6)

2013年12月14日 (土)

初冬の猛禽

乾燥した良い天気がつづくが気温は低い。
MFではノスリやハヤブサ、ハイタカ、オオタカ等の猛禽が観察されるが、今日は葦原でチュウヒが飛んでいるのが見られた。ここでは数が少なくシーズンに1羽が見られる年がたまにあるだけである。またハイタカも増えてきたようだし、これからが楽しみになってきた。今回はMFや他で撮った猛禽の姿です。

MFで、葦原の上を飛んでいたここでは数少ない チュウヒ
Img_7195

この葦原で越冬して欲しい チュウヒ
Img_7208

他で見慣れた猛禽もここで会うと新鮮に感じる チュウヒ
Img_7227

餌を見つけたのでしょうか いつもとまる樹から飛びだした ハヤブサ
Img_6350

葦原のかなり高い上空で3羽のカラスにモビングされていた ハイタカ
Img_7155

他の場所で、

川の上を近くまで飛んできたが飛びこまなかった ミサゴ
Img_4264

河川敷の葦原をゆっくりと旋回していた チュウヒ
Img_4054

昼間の月とトビ
Img_4146

| | コメント (8)

2013年12月11日 (水)

MFのベニマシコ

先日まではまだ暖かかったが今週からはだいぶ寒くなってきた。
MFの川沿いや芦原にはかなりの数のベニマシコが入っているようだ。前から居るのは分かっているのに声だけでなかなか良い所に姿を現さずイライラしていたが、数日前やっと撮ることが出来た。この日は同じところで4~5羽の♂の群と3~4羽の♀のグループが近くで良く観察出来た。これでやっと胸のつかえがとれた感じがする。

やっとすっきりした場所に出てくれた 草のてっぺんで実を頬張るベニマシコ♂
Img_7048

餌になる草の実は豊富にあるようです ベニマシコ
Img_7020

♀もやってきた ♂と♀は別々のグループで行動していたベニマシコ♀
Img_7074

下へ降りゴチャゴチャしたブッシュの中でも餌を食べていた ベニマシコ♂
Img_6876

地上の藪ではイノコズチの実も食べていた ベニマシコ
Img_6863

草の実を夢中で食べる♂ばかりの群れは4~5羽いるようだ ベニマシコ♂
Img_6936

葦原の中や周辺の木立を行ったり来たりしていた ビンズイ
Img_5280

| | コメント (8)

2013年12月 8日 (日)

MFの猛禽

乾燥した良い天気は続く。
天気は良いが相変わらず森には冬鳥が少ない。今季はどうなっているんでしょうか、もう山にも雪が降っているのでマヒワやアトリなど冬の常連たちの群れがやってきても良い頃なのだが。MFの湖や田圃の周辺を歩くとハイタカやハヤブサやオオタカが良く飛び廻っている。今回も余り見たことのないハヤブサの水浴びやオオタカ、ハイタカなどが観察出来た。

遠くから飛んできて急に湖の岸辺に降り暫く経って浅瀬に入った ハヤブサ
Img_6468

暫く周りを警戒していたが水に身体を入れて水浴びを始めた ハヤブサ
Img_6440

水浴びは小鳥と違ってあまり派手ではなく翼を小刻みに震わせるだけ ハヤブサ
Img_6489

ドップリと水の中に浸かり気持ち良さそうにしながら、しかし警戒を怠らないハヤブサ
Img_6418 

田圃の大木にとまってじっと獲物を狙っていた オオタカ
Img_6213

2羽が同じ大木にとまっていた別個体の オオタカ
Img_6168

今季、MFでは数が少ないように思われる ハイタカ
Img_4711

盆栽のような植木の天辺にとまっていた チョウゲンボウ
Img_5977 

田圃の畦道に落ちていたオオタカの餌食になったと思われる綺麗なコガモの羽
Img_5403

| | コメント (6)

2013年12月 4日 (水)

最近の彩湖周辺

朝晩は冷え込むがまだ昼間は暖かい。
今年は小鳥が少なめのせいだろうか。MFの葦原に昨年まで来ていた綺麗なハイタカが今季はまだ来ていない。別の個体は2羽ほど確認できているが、これらは一か所に定着はしていない。その替わりではないが3羽ほどのハヤブサが良く観察できる。特に若い個体はこの周辺を毎日のように飛び廻っている。また彩湖のカモの数は少ないがホシハジロ、キンクロハジロ、コガモ、マガモ、ヨシガモ、オオバンとカンムリカイツブリなどで今日はハジロカイツブリと此処ではこの時期に見られるとは思っていなかった2羽のミコアイサが見られた。

この周辺をテリトリーにしているので毎日のように飛び廻っているハヤブサ若
Img_5361

たまには餌のハトを捕まえてくる姿も見られる ハヤブサ
Img_5815

翼を全開して旋回していた ハヤブサ
Img_5170

鉄塔にとまることが多いが、この日は小枝がごちゃごちゃした枝にとまってたハヤブサ
Img_5325_2

この個体もこの周辺をいつもパトロールしている ノスリ
Img_5382

今季はわりと早い時期に湖にやってきた ♂かも? ミコアイサ
Img_6071

少し遠かったがペアで泳いでいた 越冬してくれることを期待 ミコアイサ
Img_6085_2

何かに驚いたのか急に湖面を滑走して飛びだした ミコアイサ
Img_6095

遠いところを泳いでいたが飛んでもっと遠くへ行ってしまった ミコアイサ
Img_6104

対岸の林の木の間を飛んで行った ミコアイサ
Img_6109

今季はまだ1羽しか確認できなかったが此処では数少ない ハジロカイツブリ
Img_6131

| | コメント (4)

2013年12月 1日 (日)

冬支度

いよいよ師走、朝晩の冷え込みが厳しくなってきた。
海辺の公園にクロツラヘラサギが来ていると聞き行ってみた。前日は良い所に居て目の前で撮れたらしいが、この日は木々の隙間からかろうじて見える岩の上で休んでいた。さらに逆光気味で写真は苦労した。 先日は近県でヘラサギを観察したが今回は都立の公園で目まで黒い近縁種のクロツラヘラサギを観察出来た。両種とも数少ない冬鳥または旅鳥である。

ながいこと寝ていたがたまに起きて大きな嘴のヘラを見せてくれた クロツラヘラサギ
Img_5666_2

逆光だが水面がキラキラ光って☆を散りばめた様で美しかった クロツラヘラサギ
Mg_5692_3

冠羽を風になびかせて寝ていた クロツラヘラサギ
Img_5670_2

目が覚めておもむろに羽と足を一緒に伸ばしていた クロツラヘラサギ
Img_5614_2

まだ居ました、越冬するのでしょうか アオアシシギ
Img_5636

柵にとまって日向ぼっこのペア ホオジロ
Img_5259_2

海辺の公園では松の木も冬支度をしていた
Img_5856_2

| | コメント (6)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »