« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月25日 (水)

珍しい!

今日は台風の接近で強い雨が降ったり止んだりの天気となる。
先日、ある田圃にセグロサバクヒタキが出ていると聞き出かけた。朝早めに出かけたつもりだが現地に着くとすでにたくさんのカメラマンが居て、人と人の間に入れてもらい畑のようなところを見るとセグロサバクヒタキは小さな小屋のようなところにとまり餌を見つけては畑に降りて虫を捕まえていた。この鳥は日本海の島などで見られることもあるようだがかなり珍しい、今度は♂の成鳥にも会ってみたい。

畑の中の棒にとまって餌探し 見られる機会の少ない珍しいセグロサバクヒタキ
Img_0143

餌の豊富なネギ畑に降りて一休みのセグロサバクヒタキ
Img_0118

お気に入りの場所で羽を広げ 特徴のある尾羽の模様が良くわかるセグロサバクヒタキ
Img_0049

餌を銜えて飛んできた この後大きくて食べるのに時間が掛かったセグロサバクヒタキ
Img_0373

少しボケていますが 餌を探して畑を飛び廻る セグロサバクヒタキ
Photo_3

ここは餌がたくさん居るようでいろいろな虫を捕まえていたセグロサバクヒタキ
Img_9944

| | コメント (6)

2013年9月22日 (日)

MF周辺で

朝晩は涼しくなったが昼間はまだ暑い。
このところ森は中だるみ状態で渡りの鳥たちもキビタキの♀やムシクイが単発的に見られる程度。そこで周辺の森や草はらを歩いてみるとエゾビタキが飛び廻って居たり、草はらと林の堺辺りの木に餌をたべて「そのう」を大きく膨らませたオオタカの幼鳥がとまっていた。また田圃ではタシギがあちこちから飛び出し、中に2羽のクサシギの姿も見られた。冬鳥が来るまでもう少しだが早く来て欲しいものだ。

1羽だけですが元気に飛び廻っていた可愛いエゾビタキ
Img_9206

暗い木陰をチョロチョロしていた キビタキ
Img_9165

目の前の木の低い位置で目線の高さにとまっていた オオタカ幼鳥
Img_9276 

何かを見つめていたが急に翼を広げた オオタカ
Img_9281

暫くたって枝から飛びだした ご馳走を食べた後でお腹一杯のオオタカ
Img_9292

稲刈りの終わった田圃でカエルを捕まえた ダイサギ
Img_9316

だいぶ前からこの田圃に居るマントを広げた悪魔か黒い妖怪のような変なアオサギ
Img_9323

雨水の溜まったところに居たが飛びだした2羽の クサシギ
Img_9398

この田圃だけでも40~50羽ぐらいの数が居た 遠くを飛ぶタシギ
Img_9441

| | コメント (12)

2013年9月19日 (木)

峠で

台風一過の爽やかな晴天が続き気持ちが良い。
昨日、少し遠い峠にタカの渡りを見に行った。台風の次の日はかなりの数のタカが飛んだというので今日はどうかと思ったが天気も良いので向かった。午前中は少し強い北風が吹きタカもボツボツだったが昼前からは大きな群れが次から次と現れて近くを飛ぶタカや遠くの山肌を飛ぶタカまた高いところを流れていくタカなどが見られた。この日さしばだけで2000羽を超えたという。毎年渡るタカを見送りに訪れるが何回見ても楽しい光景である。

この日は約2000羽超の数が高く低く飛んで行ったサシバ
Img_9736

秋の真っ青な空の中をスピードを上げて峠を渡って行った サシバ
Photo

鋭い眼で前方を見据えながら旋回していた サシバ
Img_9722

大きな群れの中に混ざって飛んでいた数少ない黒色型のサシバ
Img_9227

大きな群れが次から次と現れてタカ柱を作っていた サシバ
Img_9507

サシバの群れに混じって大きな身体で悠々と渡って行った ハチクマ♂
Img_9436

美しい上面の羽模様を見せてくれたハチクマ♂
Img_9444

山肌からぐんぐん上昇して飛んで行った ハチクマ♀
Img_9335

この日は少なかったがサシバの群れと一緒に渡って行った ツミ
Img_9622

| | コメント (6)

2013年9月15日 (日)

秋色のノビタキ

今日は台風が接近中なので天気は荒れて雨模様。
数日前、田圃の草はらでノビタキが2羽で飛び廻っていた。そろそろ来る時期と思ってあちこちの田圃をチェックしていたが姿を確認できたのは今週はこの田圃のみだったが、これからあちこちの田圃や草はらなどで次々と姿を見せてくれるだろう。春の♂のような派手さはないが秋の茶色いノビタキを見るのも楽しみの一つである。

今年も田圃に寄ってくれた 茶色い秋色のノビタキ
Img_8890

緑の背景の中で ノビタキ
Img_8975_2

頸を傾げて何を見てるのかな 「考える鳥」! ノビタキ
Img_8963_2

広い草はらの真ん中辺りにとまっていた ノビタキ
Img_8887

この草はらで繁殖したらしく家族と思われる4,5羽の個体が飛び廻っていた セッカ
Img_8866

少し贅沢なまた、サンコウチョウです!
森ではこの日も2羽のサンコウチョウが見られた。今週は同じ個体なのか次々と入って来たのかは分からないがサンコウチョウの見られる日が続いた。

この日は2羽の個体が飛び廻っていた 人気者のサンコウチョウ
Img_8985

なぜか今季は出会う機会が多い 何回見ても飽きない サンコウチョウ
Img_8983

| | コメント (12)

2013年9月11日 (水)

雨のち晴れ

午前中の早い時間まで雨が降っていたが午後からは晴れ間がでてきた。
雨がやんだのでMFの森へ出かけた。誰も居ない森は静かだった。いつものポイントで探しているとコゲラやシジュウカラの群れが飛んできて、その中にサンコウチョウの姿を見ることが出来た。見ているとサンコウチョウがあちらこちらで飛んでいるたくさん居るように見えた。(実際は3羽ぐらいだった)。その中の1羽は良く鳴いていた。秋にサンコウチョウの声が聞けるなんて最高の気分になる。

相変わらず高い空抜けで良くは撮れませんが サンコウチョウ
Img_8658_2

枝から枝へと素早く飛び移る サンコウチョウ
Img_8636_2

ここ数日は毎日のように姿を見られている サンコウチョウ
Img_8617_2

もっと下の方で撮りたい サンコウチョウ
Img_8621

こちらも複数はいっているようです コサメビタキ
Img_8440

数はたくさん入っているようです ムシクイ
Img_8396

| | コメント (3)

2013年9月 8日 (日)

曇天のMFで

今日は小雨が降ったり止んだりの天気。2020年の五輪開催が東京に決定した!
昨日、秋の渡りの鳥たちが姿を見せてくれる頃なので天気は悪く薄暗かったが森を歩いてみた。一回りしてもシジュウカラの姿も少なくカラスが騒いでいるのみだが、もう一度ゆっくりと同じ道を歩いてみた。すると木の高い所に何か動いている。良く見ると尾は短いがサンコウチョウだ!!その後暫く飛び廻っていたがいつのまにか見失ってしまった。それから同じ場所にツミの幼鳥が飛んで来たり、写真は撮れなかったがオオルリの幼鳥もチラっとみられた。また隣接する森ではコサメビタキを確認できたし、見つからなかったがムシクイ類も居るという。確実に渡りの鳥たちが森に寄ってくれているので、これからが楽しみになってきた。

薄暗い森の高いところで枝から枝へと飛び廻っていた秋のサンコウチョウ
Img_8188

渡り途中にやって来てくれた 尾は短いが会えると嬉しい サンコウチョウ
Img_8203

ポツポツと雨が落ちてきた暗い空模様の元での証拠写真 コサメビタキ
Img_8324

少数の群れが近くなったり離れたりしながら移動していった エナガ
Img_7417

同じ場所に飛んできた小型の猛禽 片足をお腹に入れてリラックスする ツミ幼鳥
Img_8244

足に掴んでいる獲物はアブラゼミだった、この場所に居つくと小鳥たちが危ない ツミ
Img_8308

数日前の猛暑の日に森の上空を輪を描いて飛んでいた ノスリ
Img_7955

同じく暑い日に低く頭上を飛んで行った オオタカ幼鳥
Img_7855

| | コメント (10)

2013年9月 5日 (木)

一枚の田で

このところ大気の状態が不安定で各地で大雨や竜巻などが被害を及ぼしている。
先日、MFの田圃にはシギチが少ないので、少し遠くの田圃へ行ってみた。ここも今年は水の入った田圃があまりないが、一枚のハス田にアメリカウズラシギやオグロシギ、エリマキシギなどいろいろな種類のシギチが入っていたのでなかなか見応えがあった。なおこの日の天気は雨が降ったかと思うと晴れて来たりめまぐるしく変わりいろいろな水面の色を見せてくれた。

現地に着いた時は激しい雨が降ってきてその中でじっと佇んでいたアメリカウズラシギ
Img_8240_2

暫くすると雨も上がり餌を求めて歩き始めた アメリカウズラシギ
Img_8493_2

少し日差しが出てきた水面に自分の姿を映しながら採餌していたアメリカウズラシギ
Img_8353_2

だんだんと青空が広がり水面は綺麗な色に変わってきた エリマキシギ
Img_8425

採餌に夢中のウズラシギ
Img_8394_3

後ろからですが数羽の群れでいた オグロシギ
Img_8452

雨の止んだ空を2羽で編隊飛行をする綺麗な模様のオグロシギ
Img_8087

畔に近い場所では草の色が写り込んだ綺麗な水の色の中で コアオアシシギ
Img_8321

水の浅い所を歩く こちらも数羽居た オジロトウネン
Img_8559

| | コメント (6)

2013年9月 1日 (日)

桜の木のご馳走

また、猛烈な暑さが戻ってきて少し動いただけで汗だくになる。
一時少し涼しかったのでそろそろ山の鳥たちの移動が見られるようになってきたようだ。MFの森にもツツドリなどのトケン類が5羽ぐらい入り桜の木に居る毛虫をさかんに食べていた。いっぺんに同じ所にまとまって成鳥や幼鳥や赤色型まで居て次々に出てきて楽しませてくれるが流石に鳥もこの暑さには参っているらしく気温が上がるにしたがって木陰に入ってしまい出が悪くなってくる。

移動途中と思われる4、5羽の群れがやってきて飛び廻っていた ツツドリ成鳥
Img_7566

桜の木には大小の毛虫がいっぱいいるので何回もやってくる ツツドリ
Img_7638

一回枝にとまると5匹ぐらいの毛虫を獲って食べていた ツツドリ
Img_7577

成鳥に追われたりしていた「暑いよう!」と言ってるような幼い顔のトケン類の幼鳥
Img_7694

警戒心が強くなかなか撮れなかったがやっと木々の間から見れた ツツドリ赤色型
Img_8014

桜の木にはご馳走の毛虫がウジャウジャ居るので食べ放題のツツドリ赤色型
Img_7987

右の林や左の林へと飛び廻っていた ツツドリ
Img_8067

| | コメント (12)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »