« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月30日 (日)

ツミ(♂編)

はや6月も終わり、朝晩は涼しいが昼間は日差しが強く暑くなってきた。
今季はあちこちでツミの話が入ってくる。近場でも数か所ですでに巣立ちしたヒナやもう少しで巣立ちの時期を迎える雛もいる。あちこちのツミを観察しているが成鳥♂にもいろいろな個体が居て下面の胸から脇にかけてのオレンジ色が濃い個体や薄い個体など様々で年齢差なのか個体差なのか興味深い。また若い個体でも営巣はする。今回は3個体の♂成鳥に焦点を当ててみた。

身体は小さいが良く獲物を捕まえる下面のオレンジ色が濃い個体ツミ♂①
Img_3408

上と同じ下面が色濃く一般的に綺麗と言われる個体 ツミ①
Img_3494_2

下面の胸から脇にかけてのオレンジ色が少なくほとんど白く見える綺麗な個体ツミ♂②
Img_6143

上と同じ個体 ツミ②
Img_6105

下面の胸から脇の橙色が淡く横斑が殆ど見えない個体 ツミ♂③
Img_5521_2

緑の木々の中で格好の良い小型の猛禽 ツミ
Img_3377

飛出し ツミ
Img_3896

| | コメント (11)

2013年6月27日 (木)

鳴きまね上手

今年の梅雨は良く雨が降り晴れ間が少ない、梅雨だから当たり前ですが・・・
先日、雨の予報だったが山間の高原へ行ってみた。車で走っていると畑の向こうの林からクロツグミの声が聞こえてきた。車をおりて探すと2羽のクロツグミが松の天辺で歌っていた。そのうちサンコウチョウの「ホイホイホイ」という声がしたので探したが見つからず、暫くすると今度は姿は見えなかったがクロツグミがすぐ近くの林に来て鳴き始めた。そしたらなんと自分の声の他に「ホイホイ」とか「ピッコロ ピッコロ」とキビタキのような声で鳴くではないか、騙された!鳴きまね上手な鳥だったのだ。

荒地の向こうの松の木の天辺にとまっていた黄色い嘴が目立つ クロツグミ
Img_9311_2 

「ホイホイ」とか「ピッコロ ピッコロ」とかいろいろな声で鳴いていた クロツグミ
Img_9320

遠い松の木の天辺で2羽がとまって鳴き声を競っていた クロツグミ
Img_7485

電線に少数がとまっていた コムクドリ
Img_7530

荒地の奥では何かを銜えていたが遠くて良くわからなかった ホンドキツネ
Img_7493

沢筋の砂利道にとまってた ブルーが綺麗なカワトンボ
Img_9351

番外編

以前に船に乗った時に撮った在庫です、遠くて小さいので証拠写真のクロウミツバメ
Img_5102

| | コメント (4)

2013年6月23日 (日)

近場で

この週末は降り続いた雨もやんで少し晴れ間も出てきて久し振りの虫干しができた。
最近は天気もハッキリしない日が多く出かける機会も少ない。この週末は天気は回復したがいまいち気が乗らず近場をうろうろしていた。

降り続いた雨がようやく上がった朝、何となく疲れたような顔の子供 フクロウ
Img_6011

こんなに大きくなりましたがこの日は1羽しか確認できなかった子供 コアジサシ
Img_5959

何かにつまずいたのか態勢を崩して羽を広げてバランスをとる コアジサシ
Img_5968

あれっ変な鳥がいると思い良く見たら顔をかきかきで冠羽の逆立った アオサギ
Img_6119

小さな沢で倒木などが重なって込み入ったところで囀る ミソサザイ
Img_9848

バックがうるさいところで、倒れた枝の間を行き来していた ミソサザイ
Img_9905

一つの花で仲よく吸蜜する2羽のチョウ これが本当の蝶々
Img_5886

番外編、 

以前に山で撮った画像です 澄んだ空を飛ぶ貫録充分のクマタカ
Img_0763

| | コメント (11)

2013年6月20日 (木)

梅雨の最中

今の時期は梅雨真っ盛り、台風と前線の影響でジメジメ陽気が続く。
雨が降り続いているのでなかなか鳥見に出かける気がしない。収穫がないので良い画像がありませんが今の時期に良く見られる鳥たちです。

川で、水門の側の岩の上で冠羽をなびかせながら餌の魚を狙う ササゴイ
Img_1541

こちらは違う個体ですがみごと餌の魚を捕まえた ササゴイ
Img_1447

葦の中で 子育てに忙しい ヨシゴイ
Img_4840

田圃で、畔の草むらにでも巣があるのでしょうか 冠羽を立てた ヒバリ
Img_2577

田圃で、草むらから出てきたのは大きな身体をした立派な♂ キジ
Img_9840

お互いに近すぎたのでビックリして100m以上先へ飛んでいった キジ
Img_5320

土手で、口に銜えている獲物は小さなバッタだった チョウゲンボウ
Img_3118

山裾で、暗くて枝がゴチャゴチャした林の中なのでリベンジしなくては サンコウチョウ♂
Img_5742

| | コメント (8)

2013年6月16日 (日)

あちこちで

今日の午前中はまだ雨が続いたが午後からは晴れ間もみられた。
この時期は雨も多いが鳥たちの繁殖の時期なのであちこちで営巣している鳥たちを見かけるが雛たちが無事に巣立って欲しいと願っている。今回は最近あちこちで撮った画像です。

一月程前ですが木々の隙間から暗い森の中を覗いたらこんな事をしていたオオタカ
Img_8351

 山では蛾のような虫を銜えて近くの枝にとまった キビタキ
Img_4858

始めは少しずつ巣材を集めて口にくわえていた オナガ
Img_3455

暫くするうちに顔が見えなくなるくらいたくさんの巣材を集めた オナガ
Img_3464

求愛給餌をする カワラヒワ
Img_7971

お父さんお母さんに守られて コアジサシ親子
Img_4303

小さな小さなコチドリの雛
Img_5314

人工物の上で巣立ちした2羽の幼鳥が遊んでた チョウゲンボウと影
Img_4028

| | コメント (8)

2013年6月13日 (木)

遠景

梅雨入り宣言後の台風は熱帯低気圧となったがここ数日は雨となる。
先日また山へ出かけたが出発が遅かったので出会えた鳥も少なくしかも遠いところばかりになった。あまり成果はなかったが美味しい空気と新緑の山並みを眺めながら過ごした一日は多いに癒されました。

冬の間は人を寄せつけない厳しい山だが、 残雪の谷川岳
Img_3548

遠くの枯れ木にとまっていた サシバ
Img_4116

前回の山里の個体と違い山奥の個体は警戒心が強かった 後ろからの飛出しサシバ
Img_4121

こちらも遠くの枯れ木の天辺にとまってた サンショウクイ
Img_4146

高原への路を走っていたら良い声で鳴いている個体が居た ノジコ
Img_4216_2

奥へ奥へと行ってみたら沢筋に残った残雪の側に咲いていた群落 ミズバショウ
Photo

先日、久しぶりにMFの田圃へ行ってみたらオオヨシキリの声に混じってコヨシキリが鳴いていた。森ではフクロウの子供たちも元気にしていた。ただ、田圃は日陰が無く暑いし、森はヤブ蚊の攻撃にさらされるのを覚悟しなけらばならない。

今年も来てくれた昨年と同じ個体と思われるがこの田圃では貴重なコヨシキリ
Img_3911

3羽の子供のうち2羽が一緒にとまってた フクロウ
Img_3968

| | コメント (10)

2013年6月 9日 (日)

初夏の田圃で

今日も晴れて暑くなった。明日は曇りだが気温は上がるようだ。
今回は小さな子供に餌を運ぶコアジサシです。コアジサシといえば海が定番だが緑色の稲をバックに初夏の田圃を飛ぶ白い夏色の衣装を纏ったコアジサシも涼しげで良い感じだった。

画像には1羽しか映ってませんが3羽の子供が親の回りに居た コアジサシ
Img_4726_2

子供に与える小魚を銜えて戻ってきた コアジサシ
Img_4690

3羽の子供に餌を運ぶのに親は大忙し コアジサシ
Img_4499_2

地上に降りて早く子供たちの待つところへと急ぐコアジサシ
Img_4493_2

草むらに隠れている子供に餌を与えるとまたすぐ飛び立っていく コアジサシ
Img_4433

餌場に向かう コアジサシ
Img_4434_2

初夏の田圃をバックに飛ぶコアジサシ
Img_4597_2

| | コメント (6)

2013年6月 6日 (木)

子連れ

梅雨入りしてから晴れが続いているが明日は雨が降るという。
先日、子連れのタマシギが居ると聞き出かけた。現地に着くとタマシギ親子は草はらに居て良く見えなかったが暫くすると隣の田圃に入って田植えの終わった稲の間を行ったり来たりしていた。これから暫くはいろいろな鳥や動物たちの子育てが見られる時期になってきた。

お父さんに連れられて4羽の子供が田圃の中で餌捕り タマシギ
Img_9209

父親を先頭に4羽の子供が一列に並んで歩いていた タマシギ
Img_9148_2 

立ち止まると子供たちは好きな方向を向いて餌探し タマシギ
Img_9133

お父さんは4羽が離れないように注意深く見守りながら歩く タマシギ
Img_9052

稲の陰で羽ばたきの練習をする子や畔で休む子など タマシギ
Img_9113_2

少し離れた所にじっと佇んでいた タマシギ♀
Img_9293

だいぶ大きくなってましたが6羽の子供を連れてた コブハクチョウ
Img_9156

| | コメント (8)

2013年6月 2日 (日)

最近の山で

今日は曇りの予報だったが午後からは梅雨とは思えない澄んだ青空が広がった。
先日、毎年この時期に出かける山の方へ行ったが、目的のハチクマは飛んでる数羽を見ただけで想像していた場面には会えなかった。今年は遅れているのかそれとも少ないのでしょうか。途中サシバは良く見られた。他に主なものはサンショウクイやキビタキ、コサメビタキ、ノジコ、ブッポウソウなどが観察できた。

車から降りて撮影してもじっととまっていた堂々とした態度のサシバ♂
Img_3588

空を見上げると2羽の大小の猛禽が並んで飛んでいた サシバとハチクマ
Img_3625_2

サシバが接近 足を伸ばして攻撃を仕掛けてきた ハチクマ
Img_3631

小さなサシバがモビングしていた相手はあまり攻撃的でないハチクマ
Img_3627

攻撃的なサシバと身体のわりにはおっとりとして避けながら飛ぶハチクマ
Img_3629


近くに巣でもあったのでしょうか追いかけるサシバと反転して避けるハチクマ
Img_3628

近くで可愛い感じで撮れたお馴染みのキビタキ
Img_8801_3

お目めクリクリの コサメビタキ
Img_8813

とまっていた所から飛び出した ブッポウソウ
Img_3760


翼の白い斑が良く目立つ ブッポウソウ
Img_3788

| | コメント (16)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »