« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月28日 (木)

春の陽気

今日はだんだんと気温が上がり暖かく春を思わせる陽気になった。
MFの森に行ってみるとアオゲラやアカゲラもペアで良く飛び廻っていた。またカケスもドングリを銜えて飛び、ウソも桜の花芽を食べていた。暖かな陽気に誘われて鳥たちもウキウキしているようだった。

ドングリを銜えて一直線に林の中へ 青空を飛ぶカケス
Img_1418

先に飛んだ個体は空身だったがその後からドングリを銜えて来たカケス
Img_1424

林の中でゆっくり食べるのでしょうか カケス
Img_1425

今日はよく鳴きよく飛び廻っていた 小さな洞の中で餌を探す アオゲラ
Img_1406

枝が被っていますが、後ろを警戒して頸を回した アオゲラ
Img_1465

MFでは今季は比較的数が少ないように思う アカハラ
Img_1492

先日、セアカモズが居るというので行ってみた。現地には大勢のカメラマンが来ていた。セアカモズならば滅多に見られないので当然だろう。暫く待っていると何処かから飛んで来て近くにもとまった。どうやら広い範囲を飛び廻っているらしい。しかしこのモズはセアカモズとしては不明な点もあるようだ。いろいろな説もあるようだが果たして?・・・

かなり広い範囲を行動しているようでなかなか姿を見せなかったセアカモズ?
Img_1348

一番近くに来たときのセアカモズ?
Img_1303

| | コメント (4)

2013年2月24日 (日)

川と田圃で

今日は天気は良いが寒波が南下し北風が強く気温も上がらずとても寒かった。
昨日、イソヒヨドリが居るというので行ってみた。幅の狭い川岸で暫く待つと何処かから飛んで来て盛んに餌を捕っていた。海の近くでは良くみられるが、内陸の市街地などでも見られることがあるようだ。その後まだ時間が早かったので帰りに田圃へ寄ったらハヤブサがハトを掴んで飛んできた。見ていると先の畔に降りて羽をむしり食べ始めた。この日は午前中と午後と楽しめました。

内陸の市街地の川岸に来て餌を捕って居た色鮮やかな イソヒヨドリ♂
Img_0833

川岸の草はらに降りて餌を探していた イソヒヨドリ
Img_0780

帰りに田圃に寄ったらハトを捕まえて飛んできて遠くの畔に降りた ハヤブサ
Img_1164_2

少し近寄ってみると両足には緑色の足環が入っていたので伝書鳩のようだったハヤブサ
Img_0913

獲物は殆ど白いが薄い茶色が少し入ったハトだった 満足げな大陸系?のハヤブサ
Img_0912

たいぶ頭の黒くなってきた アトリ
Img_8684

| | コメント (8)

2013年2月21日 (木)

都会の川で

ここ数日天気は良いが気温が低く寒い寒い。
近くの川にアメリカコガモが2羽居るというので行ってみた。都内の川は両側が5,6mほどのコンクリートで固められ、まるで都会の谷間のようである。その底にわずかに水が流れていてカルガモやコガモが所々に居る。下流から上流に約1kmほど中を覗きながら探していくと数羽のコガモと一緒に寝ているアメリカコガモが居た。なかなか起きないのでもう1羽を探しになおも歩いたが見つからなかった、戻ってくると目を覚まし餌採りを始めていた。結局1羽しか確認できなかった。下流の辺りはゴミが多く汚いし上流にいくと少しは綺麗になっていくがこんな都会の谷間にやってくるカモたちの逞しさに感心した。

川も空気もあまり綺麗ではありませんが都会の谷間に居た亜種アメリカコガモ
Img_0530_2

下流は汚れていたが上流に行くにしたがって水が少し綺麗になった川でアメリカコガモ
Img_0566_2

浅い川底を探って水草を食べているのでしょうか 亜種アメリカコガモ
Img_0639_2

顔が見えませんが側胸の縦線と翼の色模様が鮮やかな 亜種アメリカコガモ
Img_0582_2

先日、MFの森でクラブの人と話をしてると道路際の水溜まりにウソが数羽舞い降りた。じっと見ていると1羽が水を飲み始めた。するとこちらを警戒するでもなくすぐ近くで他の数羽も水を飲んで飛び去った。最近はウソもある程度決まった場所で数羽が行動している。

友人とおしゃべりをしているすぐ側の水溜りに降りてきた ウソ
Img_0453

この場所に2人しかいなかったのでまったくの無警戒で水を飲んでいたウソ
Img_0426

| | コメント (7)

2013年2月17日 (日)

越冬コホオアカ

朝から良い天気となるが気温はかなり低く寒かった。
野焼きの終わった田圃でカシラダカやホオジロ、タヒバリ、ツグミなどが餌を啄んでいたが、その中に一回り小さなコホオアカが1羽居た。焼き跡であまり綺麗な場所でなく見難くて直ぐにカシラダカなどと飛んでしまい、行方不明となった。以前に冬の河川敷で見たことがあるが数年前にも近場の田圃で観察されているので越冬中のコホオアカは結構毎年来ているのかもしれない。

焼き後の田圃なので綺麗ではないが餌を探していた越冬中のコホオアカ
Img_6579

小さいうえに警戒心も強くあまり近づけなかった コホオアカ
Img_6576

焼け跡は見難くいちど目を離すと再びみつけるのに時間が掛かった コホオアカ
Img_6570

ゴチャゴチャしている地面の中を姿勢を低くして移動していたコホオアカ
Img_6564

別の田圃でも越冬中のホオアカやコジュリンなどが元気に飛び廻っていた。
まだ寒い日が続いているが暦の上では立春も過ぎツクシも顔を出し自然界では確実に春が進んでいるようだ。

暖かそうな葦の中から飛び出してきた ホオアカImg_8885

最近は複数の個体が飛び廻っていてよく見られるようになったコジュリン
Img_8814

| | コメント (13)

2013年2月14日 (木)

公園で

今日は午前中は曇っていたが午後からは晴れ間が出てきた。。
昨日、コスズガモが居ると聞き強風が吹いていたが行ってみた。コスズガモはキンクロハジロの群れのなかで行動を共にしていた。以前は不忍の池でも良く見られたが最近来なくなったようだ。

後頭にちょこんと出た小さな冠羽が可愛らしい コスズガモ♂
Img_0190

良く見るとなかなか格好が良い コスズガモ
Img_0161

周りにいたキンクロハジロが一斉に飛んだので一緒に飛び出したコスズガモ
Img_0074_2

50mほど飛んで着水した コスズガモ
Img_0078

この時は曇っていたので色が出ませんが 後姿のコスズガモ
Img_9630_2

池のカモを見ていると上空に1羽の猛禽が現れた。良く見るとハヤブサの若鳥がハトの群れを追いかけていた。池のカモたちはあまり警戒もしていなかったが、ハトの群れはパニックになってバラバラになり逃げ惑っていた。結果はハトに逃げられてハヤブサは飛び去った。

強風のなか池の上空に1羽の猛禽が現れた ハヤブサ若鳥
Img_9964

ハトの群れを追いかけて 足を出して捕獲の準備でしょうか ハヤブサ
Img_9977_2

暫く追いかけていたが結局ハトに逃げられて「あ~あ疲れた」と飛び去ったハヤブサ
Img_9912

| | コメント (4)

2013年2月12日 (火)

低山で

今日は曇り空で温度も上がらず寒く天気は下り坂。
昨日、オオマシコが居るという低山へ出かけた。着くとすでに先着が数人居てカメラを向けていた。見ると綺麗な♂が数羽、若い個体、♀などが近くに出て来ていた。このところオオマシコを見に遠くの山へ行く気にならなかったが近場というので行ってみた。数年振りに会うと冬の赤い鳥はやはり綺麗だった。今季は多いようであちこちで話を聞く。他にも近くで20数羽のヒレンジャクやウソなどが見られた。これらは平地の公園などでも見られるが澄んだ空気の山だとまた違った雰囲気で良い感じだ。

今季はあちこちで話を聞くが 空気が澄んでいる山での個体は綺麗だ オオマシコ
Img_9511_2 

苔の生えた古木の上で オオマシコ
Img_9304_2

山の雰囲気が似合う オオマシコ
Img_9447

雪の残る枝で オオマシコ
Img_9405

この個体が一番格好が良かった ヒレンジャク
Img_9568

もう春の兆しが、小さく膨らんだ花芽を食べていた ヒレンジャク
Img_9550

谷を隔てた山肌をバックに2羽の♂がとまって鳴いていた ウソ
Img_9588

| | コメント (6)

2013年2月10日 (日)

空と海で

今日は風も殆どなく穏やかに晴れて暖かかった。
今年も近県に飛来しているオオワシを見に出かけた。いつも風があり寒い現地も穏やかで暖かかった。暫く待つと本命のオオワシは現れたが高いところを飛び餌捕りをした場所も遠く陽炎が立っていたのであまり良い写真は撮れなかった。

高いところを飛んでいても存在感がある ワシの中では一番美しいと言われるオオワシ
Img_1124

旋回しながら高いところから水面の餌を探す オオワシ
Img_1198

風も弱くて空は霞んでいたので鮮明では有りませんが徐々に高度を下げるオオワシ
Img_1209

水面に餌の魚を見つけ急降下を始めた オオワシ
Img_1222

その後オオワシは諦めて海に向かい海岸の岩場に来ているシノリガモに会いに行ってみたが海も波が荒く近くにいたのは♀ばかりで♂は遠かった。また、期待していたクロガモやコクガンも見られなかった。

荒れた海で岩にぶつかる波しぶきの中を泳ぐ複雑な羽模様をしたシノリガモ♂
Img_9283

比較的波の穏やかな岩陰で近くを泳いでいたのは2羽のシノリガモ♀タイプ
Img_9228

羽ばたくシノリガモ
Img_9176

| | コメント (12)

2013年2月 7日 (木)

雪は積もらず

昨日の雪は積もらず今日は晴天となり暖かかったが、また明日は寒くなるという。
先日、久し振りに広い芦原に行こうと思い田圃を走っていたら途中の小さな公園にたくさんのミヤマガラスの群れが居た。良く見ると中に10羽ほどの白黒のコクマルガラスが入っていた。目的の葦原に行く時はいつも幹線道路を外れてなるべく田圃などの裏道を走るようにしている。今頃の時期になるとあまり話題に上らなくなるが、ここでミヤマガラスやコクマルガラスに会うとは思わなかった。

最近はあまり話題にならないが、広域農道の電線に並んでとまっていたコクマルガラス
Img_8200

田圃の隣の公園で ここで休んで暫くすると下の田圃へ降りていくコクマルガラス
Img_8213

ミヤマガラスと一緒に木の上で休憩していた コクマルガラス淡色型
Img_8249

この中には5羽しか入ってないが10羽ほどが居た淡色型のコクマルガラス
Img_8265

田圃に降りて餌を食べていたが1羽が飛ぶと一斉に飛び立ってしまう コクマルガラス
Img_8283

MFでは最近サービスの良いキクイタダキとウソも数羽の群れで桜の花芽や地上近くに降りてきてイノコズチの実などを食べている。

大好きなサクラの花芽を食べていた 花が咲くように残しておいて欲しい ウソ♂♀
Img_8474

目の前数メートルまで降りてきて野草の実を夢中で食べていた ウソImg_8517

今日のレンジャクは、
午前中に2回ほど来てくれたがたった1羽だった ヒレンジャク
Img_8738

| | コメント (2)

2013年2月 3日 (日)

田圃のハヤブサ

今日はまた北風が吹き寒くなった。
近くの田圃を廻ったら畔の上に大きなハヤブサが居た。見ていると暫く下を見ていたが畔から田圃に降りて何やら掴んできて直ぐ食べたように見えた。その後、時間をかけて入念に羽繕いをしていたが終わるといきなり飛び出して小鳥を追って遠くへ行ってしまった。久し振りに近くでハヤブサのいろいろな行動を観察できて良かった。

畔から田圃の中に降りて何かを掴んで飛び出してきたモグラ?でしょうかハヤブサ
Img_7454_2

近くの畔に長時間降りていた精悍な顔つきの ハヤブサ
Img_0541

尾羽を広げて日光浴?ハヤブサ
Img_7324

風切羽から尾羽えと長い時間をかけて入念な羽繕いをしていたハヤブサ
Img_0569_2

急にこちらに向かって飛んできたが近すぎてフレームから外れそうだったハヤブサ
Img_0872

何かを追いかけて田圃を低く飛んで遠くへ行ってしまった ハヤブサ
Img_0880

今日のレンジャクは、
風が強かったが10時ごろ森に寄ったら直ぐに5羽のヒレンジャクがヤドリギに来ましたが、やはり実はあまり食べずに短時間で飛び去りました。

何処かで餌を食べてきたらしくてお腹一杯10分ほどの滞在でした ヒレンジャク

Img_8390

5羽が来ましたが画面には3羽しか入りません ヒレンジャク
Img_8399

| | コメント (12)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »