« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月28日 (日)

深まる秋の田で

今日は深まる秋の雨となり気温もだいぶ下がり肌寒くなってきた。
先日、まだシギチが見られるというので出かけた。現地の田では多数のコアオアシシギやアオアシシギ、セイタカシギ、オグロシギ、オオハシシギ、タカブシギ、ハマシギなどが見られ、中に1羽のコキアシシギも見られた。シギたちはこの場所がお気に入りとみえ結構長く滞在しているようだ。

餌を探して結構深い所まで入っていた コキアシシギ
Img_1287

9月ごろにも見られたらしいが、別の個体でしょうか コキアシシギ
Img_1272

ハス田の中を颯爽と歩く コキアシシギ
Img_1271

羽繕いの後 羽を高く上げるかと思ったが半分までだった コキアシシギ
Img_1243

たくさんの群れで採餌して居たがその中の1羽スマートな コアオアシシギ
Img_1146

隣の田から飛んできた コアオアシシギ
Img_1225

オグロシギと一緒に8羽が寝たり羽繕いをしていた オオハシシギ
Img_1368

| | コメント (6)

2012年10月25日 (木)

季節は変わる

厳しかった残暑も終わり昼間は丁度良いが朝晩はだいぶ寒くなってきた。
季節は気温の変化や草花の様子で感じることができるが、入れ替わる鳥たちの姿を見ることでも実感できる。まだ森には夏鳥のキビタキやエゾビタキなどがいるが、山や水辺などにも冬鳥のジョウビタキやマヒワやシメ、アリスイ、クロジなどが入ってきて確実に季節は変わっている。今回は森や水辺や山で会った鳥たちです。

干し柿のような綺麗な腹を見せて近くの低木にとまっていた ジョウビタキ
Img_0711

比較的人家に近い畑などにも姿を見せる この鳥がやってくると冬も近いジョウビタキ
Img_0688

遠くの枝が込み入った木に姿を見せた彩湖のアリスイ
Img_9831

 遠くてしかも後ろ向きで背中だけをみせる  リベンジしなくては・・・ アリスイ
Img_0015

森ではたくさんの群れがハンノキにとまったり飛び廻っている マヒワ
Img_0559

何処かに貯めているのでしょうか 、木の実を銜えて山の斜面を行き交う カケス
Img_0721

山ではたくさんの個体が飛んでいた カケス
Img_0749_2

澄んだ秋空を飛ぶ カケス
Img_0751_2

皆様のお越しをお待ちしております、
Photo

| | コメント (8)

2012年10月21日 (日)

今週のMFなど

今日は穏やかな秋晴れで汗ばむほどだったが、どこも人出が多く賑やかだった。
最近のMFはまだオオルリやエゾビタキなど渡り途中の夏鳥が居るし、ここでは冬鳥のマヒワの群れやアカゲラ、アトリ、ジョウビタキなども入ってきて賑やかでカメラマンも多く活気が出てきた。

背の低い木が多い場所で♀と絡み合っていた 今の時期森で良く会えるアカゲラ♂
Img_0158_2

小さな赤や熟した黒の実を食べに来た マミチャジナイ
Img_0575

どの実が良いかなとたくさんあるので迷ってしまう マミチャジナイ
Img_0600

アシ原の小さな水溜りに水浴びにきた ヒガラ
Photo

森で一本の木にメジロの群れが賑やかにとまっていたのを見ていたら突然ツミが突っ込んできて電光石火の素早さで反転し近くの枝にとまった。その足元にはしっかりと獲物のメジロを抑え込んでいた。目の前で繰り広げられた捕獲の瞬間は真さに目にもとまらぬ速さだった。

メジロを捕まえて近くの枝にとまった足には獲物を掴んでいる ツミ
Img_0254_3

獲物の羽をむしって食事を始めた ツミ
Img_0286

食事を終わって満足したのか足を延ばして超リラックスしている ツミ
Img_0374_2

別の場所でノゴマが出ているというので湖畔の堤防へ出かけた。此処のノゴマは3羽ぐらいいるらしいが、餌付けはされていない、たまたまタイミング良く着いたらすぐに目の前に出てくれた。ラッキーでした。

餌付けされていないので何処に出るかわからないがタイミング良かった ノゴマ
Img_0090

丁度草刈をしていたがその時はブッシュの中へ入り終わったら出てきた ノゴマ
Img_0085

| | コメント (10)

2012年10月18日 (木)

イナバヒタキ

今日は一日中雨が降り続ける。
先日、西の方にイナバヒタキが出ていると聞き出かけた。現地に着くと大勢のカメラマンが囲む芝生で1羽の小鳥が盛んに餌を捕っていた。サービスが良く近くまで来てくれる。地味な鳥だが日本で観察できるのは稀である、お蔭様でライファー1種増えました。

石の上でポーズをとる 国内では稀な迷鳥 イナバヒタキ
Img_9142

後ろからの見返り イナバヒタキ
Img_9119

盛んに草はらを突いていたが見事に大きなバッタを捕まえた イナバヒタキ
Img_9592

羽繕いの後に羽を膨らました正面からの イナバヒタキ
Img_9381

全開までいかないが8割ぐらい尾羽を開いた後ろからの イナバヒタキ
Img_9685

| | コメント (10)

2012年10月14日 (日)

遠征(下)

鳥の少ない遠征でしたが、帰りに海上の上に真っ黒な雲が出てその中から一本の太い柱が竜のように伸びていた、どうも竜巻らしい。こんなに大きいのは初めて見た。今回は鳥たちと相性が合わなかったし、天候も不順で久し振りにパッとしなかったがまた良い時もあるだろうと思いながら帰路に着いた。同行された皆さんお世話様でした。

海岸線の松の木でじっとしていた 白い下面が良く目立った ジュウイチ幼鳥
Img_8809

松の木の横枝にとまった シロハラホオジロ
Photo

顔に5本の白斑が入りデストロイヤーの仮面のような正面顔の シロハラホオジロ
Img_8730

桜の木にとまる小さな コホオアカ
Img_8963

正面顔からの コホオアカ
Img_8967

水場にやってきて水浴びをしていった ヤブサメ
Img_8650

小さな声と小さな身体で素早く虫を捕っていた たくさん居た キクイタダキ
Img_8038

順序が逆になりましたが、海を渡る前に寄ったハス田でタカブシギやトウネン、ハマシギなどの群れといっしょにツルシギが2羽居た。

 赤いソックスを履いた ツルシギ
Img_7659

| | コメント (10)

2012年10月12日 (金)

遠征(上)

今日は爽やかな良い天気となる。
先日、恒例の秋の遠征に出かけた。今回はいつも寄る蓮田でツルシギやハマシギ、トウネン、タカブシギの群れを見て、穏やか海を渡り現地着。荷物をおいて探鳥に出るが期待は空回りで鳥の種類、数とも少なかった。画像は主なものを載せます。

近くの枝にとまったので至近距離で撮れた綺麗な個体 シラガホオジロ♂
Img_8328

草原で昆虫を捕食していた 濃いヒゲを生やしたような正面顔のシラガホオジロ
Img_8375

1羽だけだが毎日同じ松の木にとまっていた ヒレンジャク
Img_7956

「ヒーヒー」と鳴きながら飛び廻っていたので見つけ易かった ヒレンジャク
Img_8428

草はらで 背の低い枯れ枝にとまった マミチャジナイ♂
Img_8894

見通しの良い草はらに居た 姿勢の良いマミチャジナイ
Img_8456

ここでもたくさんの群れが飛び廻っていたので今季は多そうです マヒワ
Img_7792

海岸の背の低い草に10羽ほどが入って実を食べるのに夢中 アトリ
Img_8149

1羽だけ観察出来た ミヤマホオジロ
Img_8420_2

| | コメント (12)

2012年10月 6日 (土)

冬鳥にも期待

今日は日向はまだ暑かったが、日陰は涼しい。
台風が去り、置き土産のクロハラアジサシも数がだんだん減ってきた。今季の森はヒタキ類が非常の多かったがそれらも次第に数が減ってきた。そして今度は水辺や田圃や森でここでは冬鳥であるノスリやカンムリカイツブリなどが入って来た。今年も冬鳥がたくさん見られるよう期待したい。

一昨日は同じところで餌捕りをしていた 愛想の良かった サメビタキ
Img_7347

今季は多かったヒタキ類の中では意外と数が少なかった サメビタキ
Img_7293

いつもの田圃で、ここでは冬鳥の猛禽が越冬しにやってきた ノスリ幼鳥
Img_7549

数日前は曇り空で色が良く出なかったのでリベンジ、夏羽→冬羽へ ハジロカイツブリ
Img_7420

この日は全部で4羽観察できた ハジロカイツブリ
Img_7478

まだ少数だが毎年この湖にやって来て冬を越す カンムリカイツブリ
Img_7448

先日、ある森でオオタカが水浴びしているところを観察することが出来た。オオタカはかなり身近で見られるようになったし人気のある猛禽だが、とくに成鳥は精悍で格好が良い!

横枝に白い腹を見せてとまっていた 細身の身体がいかにも精悍なオオタカ成鳥
Img_3596

暫くしたら近くの池の端に降りて水浴びを始めた オオタカ
Img_3628

池の浅瀬で水浴び ヨシが込み入った間から観察出来たオオタカ
Img_3635

| | コメント (10)

2012年10月 3日 (水)

MFの水辺

台風が立て続けに接近し、今日は19号の影響で曇りから雨となる。
そろそろカモなどの水鳥が入ってきているだろうと思って久しぶりに湖を廻ってみた。湖面を見ると長く繋がったブイに小型のアジサシ類がとまっていた。今頃?と思いながら良く見るとクロハラアジサシだった。なおも良く見るとなんと横の小さなブイの上に冬羽に換羽中の個体や幼鳥などが点々と20数羽もとまっていた!此処ではときどき沼アジサシ類が見られるが、20数羽の群れとは珍しい。他にもまだ夏羽の残るハジロカイツブリも観察出来た。

台風の影響でしょうか、あちこちで群れが観察されている クロハラアジサシ
Img_7174

ここでは時々見られるが、まとまった数は余り無いと思われる換羽中のクロハラアジサシ
Img_7163

湖の上を群れで飛び廻っていたが頭の上をすれすれに飛んでいくクロハラアジサシ
Img_6545

湖面の上を低く飛びホバリングをしながら餌を探すクロハラアジサシ幼鳥
Img_6629

湖面に餌を発見 頸を伸ばしてGO!クロハラアジサシ
Img_6632

湖面の餌をめがけてまっ逆さまに突っ込む クロハラアジサシ
Img_6633

湖の真ん中あたりに浮かぶブイにとまっていた 20数羽いたクロハラアジサシ
Img_6657_2

まだ、夏羽の金髪がバッチリ残っている換羽中のハジロカイツブリ
Mg_6939

この湖では数少ないが毎年やってくる ハジロカイツブリ
Img_7020

一列に並んで泳いでいる群れは ハシビロガモ
Img_7011

| | コメント (12)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »