« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月30日 (日)

今週の鳥見

今日は台風が本州に上陸し夜半にかけて関東付近を通過するらしい。
昨日、MFの森でまたアオバトが見られた。2週間前に見てその後しばらく姿がみえなかったので居なくなったかと思っていたが昨日は煩雑に出てきたようだ。今日もアカゲラやキビタキの声が至ところで聞こえエゾビタキなどのヒタキ類はたくさんいるようだ。その他マミジロやマミチャジナイ、アリスイなどを見たという話を聞き捜し歩いてもなかなか会えないがいろいろ入っているようだ。

好物の木の実がたくさんあるのでこの場所が気に入ってるようです アオバト
Img_6289

葉陰の暗い所で気に入った実を探す アオバト
Img_6333

あちこちで声が聞こえてかなりの数が入っていると思われる キビタキ
Img_3470

木の高いところでじっと見ていたフクロウ
Img_6182

先日、海辺の公園にタカサゴモズが居るというので出かけた。現地に着くとまもなくに出てくれた時は比較的近かったがすぐに飛んでしまい、午後から出た時は遠くの方をチラチラ飛び廻っていた。画像は証拠写真程度にしか撮れませんでしたが昨年に続きタカサゴモズに会うことが出来た。

午前中に出た時はわりと近かった タカサゴモズ
Img_5606

これは遠い!午後からはこの辺りを飛び廻っていた タカサゴモズ
Img_5831

コガモやマガモが寝ている中で水浴びを始めた2羽のシマアジ
Img_5660

水浴びを終えて羽繕いをしリラックスしていた シマアジ
Img_5680

| | コメント (12)

2012年9月27日 (木)

今日のMF

台風が近づいているが晴れ間が多く過ごし易かった。
昨日サンコウチョウを撮りそこなったので今日はリベンジのつもりで森へ出かけた。あちこち歩いてやっと見つけ、暫く待っているとすぐ近くの木の枝にとまり羽繕いをしていた。昨日のような数は居ないようだが1羽でも居てくれて良かった。その後も森の中を歩いていると樹の間を飛び廻っている小鳥が居たので良く見るとサンショウクイだった!春には森の高いところで良く見かけるが、この森で秋に見られるのは少ないと思う。その後もカケスやフクロウも見られなかなか忙しくもあり楽しい日でした。

今日はこの個体がすぐ近くの枝でゆっくりと羽繕いをしていた サンコウチョウ
Img_6035_2

だいぶ煩雑に餌を求めて飛び廻っていたのでここで一休み サンコウチョウ
Img_6020

なかなか全身が見られなかったのがここでは丸見えでゆっくりしてたサンコウチョウ
Img_6061

薄暗い葉陰で餌の虫を捕って食べていた、秋には数少ないサンショウクイ
Img_6107

高いところに居たので白いお腹ばかり目立ってしまう サンショウクイ
Img_6132

時々小さな声で鳴いていた スマートな体型のサンショウクイ
Img_6136

近くにとまっていた大型の鳥を見つけ煩く鳴いて威嚇していた カケス
Img_6200

| | コメント (4)

2012年9月26日 (水)

森や田圃や沼で

今日は朝から抜けるような青空が広がった。
用事があり午後から森へ行ってみたら今日は朝からサンコウチョウが何羽も入っていて良かったとの話を聞く、まだ居るかなと探すと姿は見られたが枝葉が混み入ったところで写真は撮れなかった。しかしキビタキの♂♀やコサメビタキ、エゾビタキ、オオルリなどが居るし、田圃ではノビタキが多数飛び廻っている。渡りの小鳥たちの定番が揃ってきた。

田圃のあちらこちらを飛び廻っていた秋の定番 ノビタキ
Img_5372

飛び出したノビタキ
Img_5313

この日は8羽ぐらいが休耕田の草はらや土手の周辺に居た ノビタキ
Img_5285

かなりの数が入っていると思われる エゾビタキ
Img_5229

葉の生い茂る森の中を飛び廻るのでなかなか良い所には出ないオオルリ幼鳥
Img_5907

数日前に行った近くの沼では干潟が出て数羽の群れが採餌していた アオアシシギ
Img_5551

入念な羽繕いの後 餌を求めて水の中へ3羽居たオジロトウネン
Img_5590

| | コメント (2)

2012年9月23日 (日)

峠の渡り

今日は一日中本降りの雨となった。
昨日、タカの渡りで有名な峠へ行ってきた。雲が多かったが晴れ間が出る穏やかな天気でサシバやクマタカが今季最高の約4000羽ちかくがこの峠を通過し飛んで行った。高い所を通過するのが多かったが、中には低く飛ぶものもあり、鳥友達にも会い楽しいひと時を過ごすことが出来た。

雲が多かったが、上昇気流を上手くとらえて高く上がりタカ柱をつくる サシバ
Img_4763_2

山の稜線から湧き上ってぐんぐん正面から近づいて来た個体 サシバ
Img_5056_2

尾羽を広げて綺麗な羽模様を見せながら旋回するサシバ
Img_5021_2

大きな翼を広げて頭の上を低く通過する大型の猛禽ハチクマ
Img_5125_2

山肌をバックに低く飛んでいくハチクマ
Aimg_5199

サシバやハチクマに混ざって数羽が飛んで行った ツミ
Img_3881

タカの渡りの合い間に右に左にと飛び廻っていた かなりの数が居るようだホシガラス
Hosiimg_4287

| | コメント (12)

2012年9月20日 (木)

たまには・・・

この暑さは今日まで明日からは少し涼しくなるという。
今日も森へ、相変わらずコサメビタキやエゾビタキはそこそこ数が入っているし、ツツドリやヤマガラも今季は多いようだ。他はあまり代わり映えしなかったが、帰りがけに寄った森で歩いていたら前方の木にハトが飛んできてとまった、良く見たらアオバトだった!しかし警戒心が強くとまっていたのは短い時間だった。この森ではたまに観察されることがあるが稀である。

飛んできて目の前の木にとまったが、葉の色と同じで見つけ難いアオバト♂
Img_3310

この森ではたまにしか観察されないので新鮮な感じだった アオバト
Img_3301

じっくり観察したかったが直ぐに飛んでしまった アオバト
Img_3335

森の中で2羽が追いかけっこをしていたツツドリ
Img_4079

この個体の方が少し綺麗なツツドリ
Img_4085

帰りに彩湖に寄ったら護岸の上で羽繕いしていた、もうやって来たコガモ
Img_4138

| | コメント (4)

2012年9月16日 (日)

連休の頃

まだまだ厳しい残暑が続く。
この連休は期待したほどではなくコサメビタキやエゾビタキ、ツツドリなどはあちこちで見られるようになったが、キビタキの♂やオオルリの♂などは少ないようだ。まだこれから入ってくるのだろうか。

森の中を歩いていたら何かを捕まえて目の前に飛んできて食べ始めたヤマガラ
Img_3056

もちあげたのを見たら獲物はアブラゼミだった ヤマガラ
Img_3066

クモの巣にかかっている虫を捕まえようと身体を乗り出す ヤマガラ
Img_3092

餌と間違えたのでしょうか、クモの糸を咥えている コサメビタキ
Img_2850_2

今日は5,6羽の群れではいってきたようだ エゾビタキ
Img_2945_3

別の公園で、何とか証拠写真が撮れたサンコウチョウ
Img_2869

| | コメント (12)

2012年9月13日 (木)

今日の森

少し涼しくなったかなと思ってたらまた暑さがぶり返し今日は厳しかった。
MFの森はエナガの群れやシジュウカラ、メジロの群れの中にキビタキの♀タイプやコサメビタキ、ヤマガラは混じっていたが昨日居たキビタキの♂など期待していた鳥たちは居なかった。しかし、今日は朝から姿が見えなかったので、もう居なくなったかと思われたサシバの幼鳥がまだ滞在していて飛び廻っていた。

今年は2羽が数日間滞在している、渡り途中に森で羽を休めるサシバ幼鳥
Img_3174

少し遠かったが背の高いメタセコイヤの中ほどの枝にとまっていたサシバ幼鳥
Img_3144

餌でも見つけたのか地上の方に向かって飛び出した サシバ幼鳥
Img_3194_2

隣の田圃や森の上を飛び廻っている サシバ
Img_2995

目前にとまっていたので撮ってみた赤とんぼは ナツアカネ?
Img_3117

| | コメント (6)

2012年9月11日 (火)

賑やかに

まだまだ熱中症にご注意ください。
森にも日替わりで渡りの小鳥たちが入ってきて賑やかになってきた。今日はツツドリが複数羽飛び廻っていたし、コサメビタキやエゾビタキ、ヤマガラ、キビタキ、サンコウチョウを見た人もいる。また渡り途中のサシバの幼鳥が数日この森に滞在しているようだ。

少し離れた公園で、毛虫が居るのでこの木から離れなかった赤色型のツツドリ
Img_2459

葉陰でも暑いのでずっと口を開けていた 少し離れた公園に居たツツドリ
Img_2550

なかなか餌捕りが上手い、ツツドリ
Img_2783

MFの桜の木のスッキリした枯れ枝にとまってた ツツドリ
Img_2899

此処は桜の木がたくさんあるので餌が豊富らしくお気に入りの場所 ツツドリ
Img_2919

今年も数羽が森や近くの田圃にやってきた渡り途中のサシバ
Img_2357

| | コメント (10)

2012年9月 9日 (日)

今週の森で

真夏の頃よりも朝晩は少し涼しくなったが昼間はまだまだ暑くてうんざりする。
此処に来てようやくMFの森にも秋の渡りの小鳥たちの姿が見られるようになった。今季はコサメビタキが多いのかあちこちで高いところを飛び廻っている。アカゲラが入ったという話もあるし、ヤマガラやキビタキの♂♀を見た人も居るのでこれからが楽しみだ。

森の高いところを複数の個体が素早い動きで飛び廻っていた コサメビタキ
Img_2228

いつ見ても大きな目が可愛い コサメビタキ
Img_2281

2日ほど前、森で会ったNさんがフクロウが落ちてるというので行ってみると、細い溝の中で足にモグラを掴んだ今年生まれと思われるフクロウの幼鳥が細めの眼を開けてキョロキョロと首を回していた。人が近寄ってもじっとしていたので何処か怪我でもしているのではないかと思われたが。その後、獣医師に見てもらうことになり保護された。

そして今日聞いた話では獣医師に診てもらったところどこも怪我や悪いところは無かったようで再び森に放したとの事でした。良かったですね!!

狭い溝の中で目を開けて頸だけは動かしていたが身動きしない フクロウ
Img_2207

怪我でもしているのではないかと保護される事になった フクロウ
Img_2211

足にはしっかりと捕まえたモグラを掴んでいた、小さな赤ん坊のようなフクロウ
Img_2213

無事保護されて獣医師の元に運ばれるフクロウ 「後日放鳥されました!」
Img_2217

| | コメント (12)

2012年9月 6日 (木)

白い!

今日はまだ暑かったが涼しさはもうそこまで来ているようだ。
数日前、白いツバメが飛び廻っているというので行ってみた。着くと電線にとまっていたが間もなく飛出し近くの川の上を右に左にと一定の範囲を飛び廻っていた。白い姿は目立つので外敵などの標的になり易いし何か弱弱しく感じたがずっと無事で居て欲しい。

幅の狭い川の上を行ったり来たりして餌を捕っていた突然変異の白いツバメ
Img_1511

川の上を低く飛ぶ ツバメ
Img_1630

真っすぐに飛んでいたかと思うと突然反転するので捉えにくいツバメ
Img_1040

対岸の土手には菊科?の黄色い花が咲いていた ツバメ
Img_1149

川岸の土手を飛ぶ ツバメ
Img_1540 

飛んでいる時間の方が長いがたまに電線にとまって休憩する ツバメ
Img_0949

| | コメント (8)

2012年9月 2日 (日)

ホシガラス

今日は明け方から久し振りにまとまった雨が降った。
少し前になるが、、2000m以上の高山へ出かけた。標高が高いので朝は流石に涼しいよりも寒くてジャンパーを着るほどだった。さて目的のホシガラスは暫くすると下の方から次から次とたくさんの群れが飛んできてハイマツの実を口に銜えては下の方へ飛んでいく個体や、その場の枯れ枝で中の実を突いて食べる個体などいろいろ見られた。暫しホシガラスに遊んでもらい、気がつくと帰る時間になっていたが、下界の暑さを思うと降りたくなくなってしまうほど快適でした。

見晴の良い木に2羽がとまっていた 亜高山帯に生息する ホシガラス
Img_8304

えさのハイマツの実を捕りに飛び立つ ホシガラス
Img_8312

脂肪分が多く栄養がたっぷりなハイマツの実を銜えた ホシガラス
Img_8415

ハイマツの実を咥えて飛び出した ホシガラス
Img_8502

こちらはハイマツの実を枯れ枝の上で突いて中身を食べている ホシガラス
Img_8461

雲が出てきたが下の方から次々と飛んできて何羽も同じ木にとまってたホシガラス
Img_8291

| | コメント (10)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »