« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月30日 (木)

いろいろ

今日も猛暑日となる。
このところの晴天続きで水を張った数少ない田圃もどんどん干上がって僅かに見られたシギチたちも何処かへ移動してしまっている。今日も炎天下にシギチを探しに出かけたが目的の鳥は見つけられなかったので、まとまりがありませんが最近いろいろな所で撮ったいろいろなものを載せます。

山で、すぐ頭の上の針葉樹にとまって鳴いていたのでカメラを向けた ヒガラ
Img_1695

高原で、低い枯れ草にとまっていた ホオアカ
Img_3156

山里の道で、人工物にとまる ニュウナイスズメ
Img_4559

田圃の土手で、青空の中を飛ぶ綺麗なチョウゲンボウ♂
Img_8550

山で、2羽のカラスをお供に引き連れて飛んでいた大きなクマタカ
Img_9499

水が干上がってこれでは酸素不足にさあ困った フナ
Img_7078

沼で、岸に近い浅いところに数匹が泳いでいた ライギョ
Img_4919

この七色の水玉の下では野外結婚式をしていました 天まで上がれシャボンダマ
Img_8189

| | コメント (8)

2012年8月26日 (日)

海辺の公園で

いつまで続く暑さかな!雨が降りませんね。
昨日、海辺の公園へ行ってみた。陽のあたる所は暑かったが、日陰に入ると海風が気持ち良かった。鳥は近くのアカアシシギや遠くのキリアイそしてキアシシギ、チュウシャクシギ、アオアシシギ、キアシシギ、ソリハシシギ、セイタカシギ、トウネン、クロツラヘラサギ、コムクドリなどが見られた。

始め遠かったがそのうちに飛んだので探していたら意外と近くに居たアカアシシギ
Img_0660

毎年、干潟や田圃などで見られるがそれほど多くはない アカアシシギ
Img_0674

ここもだいぶ水が少なくなっていた アカアシシギ
Img_0662

飛ぶと翼の後縁の白色部が鮮やかで良く目立つ アカアシシギ
Img_0637

右足が怪我をしているようで痛々しい チュウシャクシギ
Photo

群れで休憩中 キアシシギ
Img_0425

遠くて良くわからないかも知れませんが、白い↓の下の個体です キリアイImg_0465_2

池の近くの草原にたくさん飛んでいた居た アオモンイトトンボ
Img_0700

| | コメント (10)

2012年8月24日 (金)

処暑

暦の上では処暑、そろそろ暑さが終わる頃という意味らしいですが、まだまだ暑いです。
今回はこれといった収穫もないので、最近撮ったいろいろなものを載せます。

今の時期、田圃ではたくさんのサギ類が集まっています アマサギ
Img_7884

田圃のサギやシギ類を電柱の上から狙っている オオタカ
Img_5586

田圃や水の少なくなった調整池などで良くみられる クサシギ
Img_9130

低山の夏空を鳴きながら飛び廻っていた カケス
Img_0359 

もう、渡りが始まっています! 高い所を西に向かっていた2羽の サシバ
Img_9101

クヌギの幹にカブトムシとコガネムシ、蝶などで樹液の取り合いが始まった昆虫たちImg_8158

田圃の水路を泳いでいた大きなヘビ アオダイショウ
Img_6200

もうこんなに大きくなりました クリ
Img_6917

| | コメント (6)

2012年8月19日 (日)

大きな田圃で

今日は気温は上がったがスッキリと澄んだ青空で秋のような空だった。
アメリカウズラシギが入っているというので広い田圃へ出かけた。現地では水の少なくなった大きな休耕田の奥の方に1羽のアメウズは居たが遠すぎて写真は上手くとれなかった。しかしここにはエリマキシギやヒバリシギ、ジロネン、ウズラシギ、タカブシギ、コチドリ、ムナグロなどいろいろ入っていたがみんな遠かった。もう少し近くで観察したかった。

広い田圃の奥の方で遠いい草の中を歩く 渡来数の少ないアメリカウズラシギ
Img_9747

背の低い草がたくさん生えているので探すのに苦労した アメリカウズラシギ
Img_9770

遠いので何とか証拠写真が撮れたていどでした アメリカウズラシギ
Img_9845

田圃の農道に立っている電線には渡り途中のショウドウツバメがところ狭しとビッシリと並んでとまっていた。

茶色っぽい衣服を着て小さな身体でたくさん飛び廻っていたショウドウツバメ
Img_9907

農道の電線にびっしりと並んでとまっていた ショウドウツバメ
Img_9919

一度飛び出すと帰ってきて空いているところを探すのが大変 ショウドウツバメ
Img_9950

可愛い顔のショウドウツバメ
Img_0004

暦ではもう秋なのだが・・・ 澄んでいた今日の空
Img_8204

| | コメント (12)

2012年8月17日 (金)

ツルシギなど

天気予報よりも晴れ間が多く、昨日よりも暑くなった。
広い休耕田が広がっている田圃を訪れた。現地に着き目的の鳥を探したが昨日は居たらしいが今日は見つからなかった。しかしたくさんのアオアシシギの中にまだ夏羽の残るツルシギが1羽とエリマキシギやウズラシギやトウネンが観察できた。数は少ないが種類は少しずつ増えてきたようだ。

黒い身体なので見つけ易い まだ夏羽がだいぶ残っている換羽中のツルシギ
Img_9459

アオアシシギを先導するように飛んでいた ツルシギ
Img_9401

アオアシシギやコアオアシシギ、エリマキシギなどに混じって飛ぶツルシギ
Img_9390

色白のアオアシシギの群れに混じって色黒の身体と赤い足が目立つツルシギ
Img_9365

1羽だけアオアシシギの群れと一緒に居た エリマキシギ
Img_9528

2羽いましたが、遠くに居ることが多かった ウズラシギ
Img_9575

ピンボケですが、飛出したウズラシギ
Img_9591_3

| | コメント (4)

2012年8月16日 (木)

猛禽の幼鳥

猛烈な残暑が続く、そろそろ秋が恋しくなってきた。
成鳥はバランスのとれた身体と黄色い虹彩が精悍な中型の猛禽で近郷でも観察ができるので人気がある。そのオオタカの幼鳥が森を飛び廻っていた。

最近は近郷で比較的多く見られるようになった、まだ顔つきも可愛いオオタカ幼鳥
Img_5409_2

細い枝の天辺にとまって「ピーェ、ピーェ」と鳴きながらバランスをとるオオタカ
Img_7150_2

近くに居た姉弟が飛んできて2羽でじゃれ合いながら飛ぶ オオタカ
Mg_7783_2

お互いに強靭な足の鋭い爪を立てて・・・これも狩りの練習でしょうか オオタカ
Img_7784_2

2羽でじゃれ合いながら樹林の中に消えた オオタカ
Img_7785_2

| | コメント (4)

2012年8月12日 (日)

お盆の頃

また蒸し暑さがぶり返してきて少し動くと汗が噴き出してくる。
お盆の混雑と猛暑を避けてあまり出かけていないが、先日、少し遠くの田圃を廻ってみた。水の入った田にコアオアシシギが2羽とタカブシギ4羽、キアシシギ9羽、コチドリ多数、それに2羽のオジロトウネンが居た。その後もう少し先の田圃も廻ってみるとアオアシシギが2羽とその側で4羽のツバメチドリが飛び廻っていた。今季のシギチはまだ種類、数ともに少ないようだがこれから増えるのだろうか。

田圃の上をビュンビュンとスピードを上げて飛び廻っていた ツバメチドリ
Img_9054_2

いかにも早そうな翼の形をしている冬羽のツバメチドリ
Img_9064

バッタでしょうか、何かの虫を口に銜えて飛ぶ ツバメチドリ
Img_9003_2

何処に居るか分かるでしょうか、土塊のくぼみにいるので見つけ難い2羽のツバメチドリ
Img_9015

車の中で見ていたら こんなに近くまで来てくれた オジロトウネン
Img_8901

休耕田に咲く小さな花の前で オジロトウネン
Img_8785

顔がかゆいのかな 2羽居た オジロトウネン
Img_8907

昨年はたくさん来ていたが、まだ2羽しか見られなかったコアオアシシギ
Img_8713

水をどんどん入れてる最中の休耕田で アオアシシギ
Img_8917

| | コメント (14)

2012年8月 9日 (木)

残暑お見舞い!

ここ2日はカラッとした天気で少しは過ごしやすかったが、また暑くなるという。

残暑お見舞い申し上げます!

暑い中でも葉陰でじっと見守る丸い大きな目のアオバズク
Img_7224

| | コメント (4)

2012年8月 5日 (日)

チゴハヤブサ

晴天が続き夏真っ盛り、
先日、少し足を伸ばしチゴハヤブサを見に出かけた。以前にも来たことはあったがこの場所には実に11年振りの訪問である。周りの環境もあまり変っていなかったが、チゴハヤブサは同じ個体なのだろうか、2羽の仲の良いペアが見られた。ここも日陰ではあるが結構暑かったので長居をせずに引き上げた。

遠くに飛んでいる餌を見つけたのだろうか急に飛び出した チゴハヤブサ♀
Img_7429

高い枝に長い間じっととまっていた チゴハヤブサ♀
Img_7451

長い間とまっていたので飛び出す前に身体のストレッチをするチゴハヤブサ
Img_7288

白い地に黒い斑と赤い短パンをはいた敏捷そうなチゴハヤブサ♂
Img_7474

とびだすのかと思って構えたら向きを変えただけだった チゴハヤブサ
Img_7506

| | コメント (14)

2012年8月 2日 (木)

暑い田圃で

毎日暑い!言いたくないけど暑い!
今日出かけた田圃ではアオアシシギの30羽ほどの群れが飛び廻り、その中に1羽のオグロシギと3羽のキアシシギが居た。これからはシギチシーズン。炎天下の田んぼ詣でもまた楽しい。

「チョーチョーチョー」と鳴きながら真夏の大空を飛び廻っていた アオアシシギ
Img_7983

腰から背中までの白が良く目立つ アオアシシギ
Img_7970

水の中で涼しそうな アオアシシギ
Img_7892

たった1羽で広い田圃を歩き廻っていた オグロシギ
Img_8093

飛び出して離れた田圃に向かった オグロシギ
Img_8065

オグロシギ
Oguroimg_8067

3羽があぜに近いところで餌を捕っていた キアシシギ
Img_7871

道路に降りていた、青緑色のりん粉が鮮やかな カラスアゲハ
Img_7827

| | コメント (12)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »