« 神社の森で | トップページ | まだこれから »

2012年7月22日 (日)

田圃の葦原で

雨もやみ気温も低く過ごしやすかったが明日からまた暑くなるという。
MFの田圃でヨシゴイやオオヨシキリ、コヨシキリなどを見ながら鳥仲間と雑談をしていたら近くに居た人がイタチが鳥を咥えているというので畔を見るとオオヨシキリの雛と思われるものを咥えて葦の中に入った。暫く観察していると近くに2頭の子供が居て餌を一生懸命運んでいたのだ。今日はイタチが主役になりましたが、弱肉強食の自然界の厳しさを感じた日でした。

幼鳥も巣立ちをし、田圃と芦原の回りを飛ぶ数が増えてきたヨシゴイ
Img_4840_2

2回目でしょうか、まだ餌を運ぶ姿が見られる オオヨシキリ
Img_6693

今日の主役です、 葦の中から出てきて周りを見回す イタチ
Img_6874

葦原の中から飛び出してきた、口に咥えているのはオオヨシキリの雛と思われる イタチ
Img_6629

田圃から次に銜えてきたのはカエルだった 餌捕りに忙しい イタチ
Img_6755

草はらの中には可愛い子供が2頭いた、この子たちの為に餌を運んでいたのだ イタチ
Img_6836_2

親(上)の後をついて歩いていた2頭の子供(下) イタチ
Img_6824

先に行った親の後を追って溝を上がろうとする2頭の子供 イタチ
Img_6825

子供たちの為に溝を飛び越えてまた狩りに出かける イタチ
Img_6868

|

« 神社の森で | トップページ | まだこれから »

コメント

mtana2さん こんばんは、
イタチの子連れは初めてです!
一時は数が減ったようにおもいましたが、
また増え。てきたのでしょうか

投稿: moto8 | 2012年7月29日 (日) 21時55分

イタチの子連れなんてなかなか見られないシーンですね。しかも獲物をくわえて、厳しい現実を突きつけられた感じです。
貴重な生態写真ですね。

投稿: mtana2 | 2012年7月28日 (土) 22時22分

noriさん おはようございます、
イタチの子供は子犬のようで可愛かったです!
銜えられた鳥の雛は、まだ目が開いてない毛も生えてない孵化して間もないので顔の写っているのもあるんですが、かわいそうなので載せませんでした。

投稿: moto8 | 2012年7月25日 (水) 09時33分

親イタチもかわいいですが、子イタチはもっとかわいいですね。
餌を獲るシーンなんて、なかなか見られませんよね。すごいです。
鳥のヒナはちょっとかわいそうですが。
目もまだ開いてなかったヒナでしたか??
よくそこまで見られましたね!

投稿: nori | 2012年7月24日 (火) 22時05分

birdland7さん おはようございます、
私も、子供を見たのははじめてでした。
可愛かったです!
イタチ、そんなに増えてないと思います。
以前の方が今より良く目についたと思います。
今は草はらも良く刈られますからね。

投稿: moto8 | 2012年7月24日 (火) 07時17分

あんさん おはようございます。
子供が居るので同じ所に居ました。
イタチもそんなに増えていないから、
きっともっと小さい時にヘビなどにやられるのが多いと思います。
餌もカエルにゃ田圃の中に居るものは農薬を被っているのでそれをたべれば病気で死んだりするのもいるのでしょう。

投稿: moto8 | 2012年7月24日 (火) 07時13分

昨日はお世話様でした。
イタチを真正面からまともに見たのは初めてでした。
おまけにファミリーなんてラッキーでした。
イタチがあまり増えすぎると困りますが、自然界の
淘汰でバランスを保っているのでしょうね。
それにしても、可愛かった!

投稿: birdland7 | 2012年7月23日 (月) 23時21分

moto8さんの好きな4つ足の写真ですね。
こんな近くに居るのに驚きです。
イタチの胴は思い切り長いですね。

こうしてMFの田んぼでは食料を手に入れて子育てに励んでいるけど、イタチの天敵ってなんでしょう??
そこに天敵が居なくて、イタチばっかりになっても困りますねsad

投稿: あん | 2012年7月23日 (月) 13時39分

tokiさん おはようございます、
そうですね、子供は顔だけ見ると犬に似てますね!
身体はもう親に負けないくらいの大きさでしたが、
まだ餌は自分でとれないようです。
雛は芦原でカエルは田圃で捕ったようです。

投稿: moto8 | 2012年7月23日 (月) 07時42分

nomanさん おはようございます、
昨日はどうもです。
雛を銜えたところは後ろばかしです。
雛は確かに大きくも見えますが、
どうなんでしょうか?
オオヨシキリがあの芦原で繁殖しているのは確実ですが、
ヨシゴイにしては遅すぎるような気もするし、
2回目でしょうか、
まだ、目も開いてない雛でした。

投稿: moto8 | 2012年7月23日 (月) 07時39分

ジダンさん おはようございます、
イタチはいつもすばしこいですが、
この時は側に子供がいたので行動パターンが決まってました。
一か所で待っているとそこに餌を持ってやってくるので、
子供はかなり大きくなってました。

投稿: moto8 | 2012年7月23日 (月) 07時32分

isaさん おはようございます、
鳥の雛はかわいそうですが、
イタチも食料確保に一生懸命です。
自然が豊ならこういう後傾が繰り返されて、
数のバランスが保たれるのかもです。
イタチの毛は親より子供はかなり黒く見えました。

投稿: moto8 | 2012年7月23日 (月) 07時27分

イタチの親子、かわいいですね。
結構近そう。子イタチはイヌの子に似てますね。
あのカエルは大きそうに見えるからウシガエルかな?

投稿: toki | 2012年7月23日 (月) 06時22分

お疲れ様でした。
いや~、しっかり写真を撮ってますね。
私は餌をくわえたところは全滅でした。
オオヨシキリの雛…にしては大きくないですか?
足の太さ、腿の太さは、まさかヨシゴイの雛?
そういや、あの後コヨシキリを見なかったけど、コヨシキリは無事だったのでしょうか。

投稿: norman | 2012年7月23日 (月) 00時39分

うわ~、凄い場面に遭遇しましたね。
これは一度見てみたいシーンです。
イタチの子供が2頭ですか。
いつもすばしっこく隠れてしまうのでイタチ自体をまだじっくり観察した事がないので何とも羨ましい限りです。
それにしても鳥の雛はわかりますがカエルも食べるんですね。意外・・・。

投稿: ジダン | 2012年7月23日 (月) 00時04分

こんばんは!
ん〜じっくり観察ですね^^; 生態系の一部をまざまざと
眼の当たりにすると、残酷でもあり応援したくも有り、
ですね!
それにしても、夏毛のイタチは黒な〜

投稿: isa-bird | 2012年7月22日 (日) 23時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 神社の森で | トップページ | まだこれから »