« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月29日 (日)

小さな公園で

毎日暑い日が続き夜の寝苦しいのは辛い。
初めて行った公園ではプラタナスの木で営巣したツミの幼鳥が2羽巣立ちをして親の持ってくる餌をまっていた。都市近郷のツミはカラスやヘビなどによる被害が多くそれ程は増えていないようだ。この公園でも4羽の雛が孵ったがヘビに2羽がやられ残りの2羽が難を逃れて無事巣立ちしたという。

目線の高さの近くにとまってくれた、下面は白いが上面は青灰色で綺麗な個体 ツミ♂
Img_6143

何かが上空を飛んだのでしょうか、上が気になる ツミ
Img_6117

太い枝の上でリラックスして尾羽を広げてストレッチをする ツミ
Img_6122

巣立ちした幼鳥は2羽いたが、一番下の子と思われる ツミ幼鳥
Img_6063

親の持ってきた餌にむしゃぶりつく幼鳥 ツミ
Img_6269

地上に向かって急降下したので小鳥でも襲うのかと思ったらベタっと腹這いで日光浴ツミ
Img_6168

| | コメント (10)

2012年7月26日 (木)

まだこれから

今日も暑かったがまだまだ夏は始まったばかり、先が思いやられる。
少し早いとは思いながらシギチは来ていないかと少し足を伸ばして田圃を巡ってみた。休耕田はあるが殆どがまだ水が入ってなかった、わずかに数枚の水が入った田圃にはムナグロとアオアシシギが3羽、それにタカブシギが6羽ほどいた。シギチはまだまだこれからだったが、その周辺で会った身近な鳥たちの表情です。

早くもやってきた 水の入った田では畔の上にいた1羽の アオアシシギ
Img_6947_2

水の中にも2羽の個体がいた アオアシシギ
Img_6957_2

田圃と畔の堺に親と一緒に3羽の小さな子供が居た キジ
Img_6989_2

3羽のうちの1羽が急に農道を横切って向いの草むらに駆け込んだ キジ
Img_6994_2

「勝手に離れちゃダメよ」と心配そうに頸を伸ばして見守る親 キジ
Img_7001

以前は大きな運動会や国体などの開会式などでたくさん飛ばしていた真っ白なハト
Img_7065_2

畑などで群れではあまり見かけたことが無い 餌を捕っていた7羽の白いハト
Img_7075_2

綺麗な個体だったが非常に警戒心が強かった チョウゲンボウ♂
Img_7093_2

| | コメント (10)

2012年7月22日 (日)

田圃の葦原で

雨もやみ気温も低く過ごしやすかったが明日からまた暑くなるという。
MFの田圃でヨシゴイやオオヨシキリ、コヨシキリなどを見ながら鳥仲間と雑談をしていたら近くに居た人がイタチが鳥を咥えているというので畔を見るとオオヨシキリの雛と思われるものを咥えて葦の中に入った。暫く観察していると近くに2頭の子供が居て餌を一生懸命運んでいたのだ。今日はイタチが主役になりましたが、弱肉強食の自然界の厳しさを感じた日でした。

幼鳥も巣立ちをし、田圃と芦原の回りを飛ぶ数が増えてきたヨシゴイ
Img_4840_2

2回目でしょうか、まだ餌を運ぶ姿が見られる オオヨシキリ
Img_6693

今日の主役です、 葦の中から出てきて周りを見回す イタチ
Img_6874

葦原の中から飛び出してきた、口に咥えているのはオオヨシキリの雛と思われる イタチ
Img_6629

田圃から次に銜えてきたのはカエルだった 餌捕りに忙しい イタチ
Img_6755

草はらの中には可愛い子供が2頭いた、この子たちの為に餌を運んでいたのだ イタチ
Img_6836_2

親(上)の後をついて歩いていた2頭の子供(下) イタチ
Img_6824

先に行った親の後を追って溝を上がろうとする2頭の子供 イタチ
Img_6825

子供たちの為に溝を飛び越えてまた狩りに出かける イタチ
Img_6868

| | コメント (16)

2012年7月19日 (木)

神社の森で

梅雨明けから続く猛暑、今日は東京でも35度を超えた!
毎年1回は様子を見に行く神社では、今年も3羽のアオバズクの雛が巣立ちをしてかなり高い所に2羽の親と3羽の幼鳥が一緒になってとまっていた。毎年数羽の雛を無事巣立ちさせている家族を見るのは微笑ましい。

葉の陰で5羽は見えないが、2羽の親と3羽の幼鳥がかたまってとまっていたアオバズク
Img_6497

右側の子供が真ん中の子供と愛情を込めたキッス? アオバズク
Img_6531

このこどもが一番愛想が良く興味深げに下を見ていた アオバズク
Img_6545

今はたくさん巣立ちをして飛び廻っている姿が良く見られる ツバメ幼鳥
Img_2592

後ろの翅の白い紋が目立つ ナガサキアゲハ♀
Img_6557

| | コメント (12)

2012年7月15日 (日)

鳥いろいろ

今日は30度を超える暑さになった、もうじき梅雨明けだろうか。
午前中にMFの田圃へ行ってみた、だんだんと陽射しが強くなってきたがヨシゴイの幼鳥と餌捕りに忙しい親が飛び廻っていた。他にはチョウゲンボウとアオサギ、ヒバリなどでオオヨシキリの声も少なくなったような気がする静かな田圃だった。収穫もなかったので今回は最近撮った鳥たちです。

今年も会えて良かった! アカモズ
Img_3009_2

少し遠いところにとまってた アカモズ
Img_3029_3   

細い翼で高速に飛び廻る小型のヒメアマツバメ
Img_3312

小さな身体に比べて顔が大きく見える ヒメアマツバメ
Img_3303

飛びながらの正面顔 ヒメアマツバメ
Img_3304

黒いベレー帽を被った赤い嘴の クロハラアジサシ
Img_4897

少しマダラになっているがお腹が黒い クロハラアジサシ
Img_4902

近くの公園で、

こんなのが木にとまってました 小さなヨーロッパコノハズク(20㎝ぐらい)
Img_5338

こんなのもとまってました 大きなワシミミズク(66㎝ぐらい)
Img_5451

| | コメント (10)

2012年7月12日 (木)

カッコウ

今日は雨が降ったり止んだりの天気となる。
先日、行った高原ではノビタキの親子やコヨシキリが良く鳴いていた。見ているとそのうちに2羽のカッコウが近くに飛んできてあまり遠くに行かずに近くを飛び廻って楽しませてくれた。また何処かに托卵しょうとしているのでしょうか。

鳴き声がしたので探すと以外と近いところにとまっていた カッコウ
Img_4219

見ていると飛び出したがまた近くにとまっ カッコウ
Img_4214

綺麗な尾羽をいっぱいに広げて飛び廻っていた カッコウ
Img_4226

大きな口を開けて鳴きながら飛ぶ カッコウ
Img_4259

もう1羽がやってきて電線の上で絡み合っていた カッコウ
Img_4256

カッコウ

| | コメント (8)

2012年7月 8日 (日)

北の国で 完

今日は昨日からの雨も午前中にはやんで青空が広がった。
北海道の探鳥も早くも最終日。最終便なので空港へ向かう途中に会ったタンチョウの親子や草原でのオオジシギのディスプレイ飛翔、オジロワシ、公園で会ったコアカゲラなどの画像です。他にも広い草原のあちこちでノビタキやコヨシキリ、シマセンニュウ、ノゴマ、真っ赤なベニマシコなど短期間で多くの鳥たちに会い充実した旅となった。

大きな湖の岸辺で仲良く餌を食んでいた親子の微笑ましい光景 タンチョウ
Img_4539

餌を捕って与えている親と愛情に包まれてすくすく育つ子供のタンチョウ
Img_4517

青空を大きな翼でゆっくりと滑空していた まだ若いオジロワシ
Img_4468

なにやら口を開けて飛んでいたオジロワシ
Img_4323

鳴きながら大きな羽音を立て急降下する オオジシギ
Img_3365

3羽しか入ってませんが4羽で一緒に飛び廻っていたオオジシギ
Img_3399

草原の杭にとまっていた オオジシギ
Img_4044

初めての公園へ行ってみたら一生懸命に働いていた コアカゲラ
Img_4681

枝の上でジャンプしたので変な格好になった コアカゲラ♂
Img_4719

直ぐ横の木で上から下の方に降りてきた至近距離の シロハラゴジュウカラ
Img_4743

お馴染み原生花園の親子のエゾシカ
Img_4293

自動車道路を横切って草原に消えた キタキツネ
Img_4299

また来る日まで・・・、北海道の港に沈みゆく真っ赤な夕日
Img_3351

| | コメント (18)

2012年7月 7日 (土)

北の国で 2

今日も雨が続きじめじめ、むしむしとした陽気になった。
エトピリカを近くでしかも複数の個体を観察出来て大満足の後は同じ海域で撮ったケイマフリやウトウ、ミズナギドリ、ヒメウなどです。

数羽の群れが近くで見られた夏羽のケイマフリ
Img_3861

眼の回りの白い化粧と赤い足が可愛い、海面を助走するケイマフリ
Img_3542

飛翔姿の ケイマフリ
Img_3546

嘴に角のような突起がある、たくさん居てふつうにみられるウトウ
Img_3450

あちこちにたくさんの群れが浮かんでいたが急に飛び出したウトウ
Img_3744 

濃い霧の中で大きな群れが飛んり浮かんだりしていたハシボソミズナギドリ
Img_3917

島の岩場にごろごろとたくさん居た(白く見える) アザラシ
Img_3871

船を降りて時間が余ったので他へ向かう途中の川や海辺ではカワアイサやクロガモ、スズカモの群れが浮かんでいた。

途中の川では群れで行動していた カワアイサ
Img_4134

遠くのカワイアサと数百羽の群れが浮かんでいた手前のスズガモ
Img_4141

この時期にまだたくさんの群れが浮かんでいた、越夏するんでしょうかクロガモ
Img_4360

| | コメント (10)

2012年7月 5日 (木)

北の国で 1

今日は曇り空だがむしむしとしていよいよ暑くなった。
先日、久し振りに北海道へ出かけた。目的は船に乗って海鳥を見ることで、数年前から行きたかったがいろいろあってやっと今年行けることになった。以前は陸上から遥か彼方に浮かぶエトピリカを双眼鏡で見て喜んでいたが、最近は近くで見られるというので期待しながら船にのる。港を出るときは濃霧に包まれていたが、沖に行くと霧が晴れて数羽のエトピリカを直ぐ近くて観察できた。

この時だけ霧が晴れた、こんなに近くでみられるとは嬉しい エトピリカ
Photo

大きな嘴と白い顔が目立つ エトピリカ
Img_3660   

複数の個体が船の回りを泳いでくれた エトピリカ
Img_3798_2

飛翔姿のエトピリカ
Img_3836

船の近くを飛ぶ エトピリカ
Img_3763

後ろに見える島の周辺を飛ぶ エトピリカ
Img_3693

| | コメント (16)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »