« 春の山で | トップページ | 標高2000mで »

2012年6月 7日 (木)

近場で

今日は時どき晴れ間も見えたが雲が多かった
近場の公園やMFの森などでは渡りの夏鳥が去った後は殆どがヒヨドリやムクドリ、シジュウカラ、エナガ、コゲラなど、たまにトケン類が鳴いていたりするだけで葉の生い茂った中を歩くとヤブ蚊の猛攻撃を受けるのであまり近寄らなくなってしまう。そんな中で桜の木にとまっていたコゲラの巣立ち雛の仕草が可愛らしく葉陰に飛び去って姿の見えなくなるまで見ていた。普段はあまり気にしないコゲラだがこうしてじっくり観察してみるのも面白い。

桜の幹の左下にいる幼鳥が上の親鳥をみつめている コゲラ
Img_1260

上から親が降りてきて口に銜えた餌を幼鳥に与えている コゲラ
Img_1267

もう、大きさが親と同じなので分かり難いが親子と思われる コゲラ
Img_1268

今度は1羽で小さなサクランボを見つけ「美味しそうだな」と近寄るコゲラの幼鳥
Img_1224

少しずつ近寄ってサクランボを突いてみる コゲラ
Img_1232

頸を伸ばしてサクランボをもぎ取り口に銜える姿が何となくぎこちない コゲラ
Img_1240

今年も来てくれました、この芦原では数が少なくて貴重な コヨシキリ
Img_1366

こちらも毎年同じ川のところにやってくる魚獲りの名手 ササゴイ
Img_1445

広い川面を対岸へ行ったり来たりしている ササゴイ
Img_1574

|

« 春の山で | トップページ | 標高2000mで »

コメント

ジダンさん おはようございます。
コゲラはふだんは見過ごしてしまいますが、
幼鳥が居たのでじっくり観察しました。
コヨシキリは風切の一部の色が抜けて白いので個体
識別が出来たんでしょうね。
ササゴイは引き潮で水位が低くなった時がねらい目です。

投稿: moto8 | 2012年6月10日 (日) 10時00分

大きさは親と変わらなくてもやはり雛は可愛いですね。
特に1枚目の雛はつぶらな瞳が素敵です。

先日ここのコヨシキリは4年連続で同じ個体が渡来していると聞きました。

ササゴイはいつも対岸でしか見てませんが待てば近くに来るんですね。

投稿: ジダン | 2012年6月10日 (日) 09時36分

tokiさん こんばんは、
サクランボとコゲラ何となく合わない感じですが、
何となく面白いです。
ササゴイは水が少なくなると良い岩がでできます。

投稿: moto8 | 2012年6月 9日 (土) 22時06分

コゲラがサクランボですか。
カワイイですね、ほのぼのシーン(*_*)
ササゴイは子育て中ですか?
いい岩にいますね。

投稿: toki | 2012年6月 9日 (土) 21時20分

幼鳥はなんとなく顔つきもあどけなくてかわいらしく見えますね。
この時期はこういうふうに鳥たちの様子を
じっくり観察するのっていいですね。
意外と発見があって楽しそうです(^ ^

投稿: nori | 2012年6月 9日 (土) 17時37分

birdland7さん こんばんは、
コゲラの幼鳥にとってはサクランボも初めてだったんでしょうか、一気に採らずに少しずつ近づいてました。
子供の仕草はみんな可愛いですね。

投稿: moto8 | 2012年6月 7日 (木) 22時05分

isaさん こんばんは、
コゲラの幼鳥はもう飛べるのでサクランボを口に銜えたまま他の枝に飛び移り葉陰で見えなくなりました。
きっと食べたんでしょうね、
そして後で種だけペリットとして吐き出したんだろうと想像しています。

投稿: moto8 | 2012年6月 7日 (木) 21時59分

コゲラの巣立ち雛可愛いですね。
田圃でも林でも、ベビーラッシュで微笑ましく可愛い
雛たちが見られますよね。
コゲラの雛が小さな桜の実を食べる仕草、雛にとっては
冒険だったでしょうね。

投稿: birdland7 | 2012年6月 7日 (木) 21時55分

6月はもう初夏の走り、露へ突入前の爽やかさですねね!
「コゲラ」の子のサクランボ写真、良い絵ですね〜あどけなさが
行動に現れてとってもイイ感じです♪
この後どうしたのでしょうか。。。。

投稿: isa-bird | 2012年6月 7日 (木) 21時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春の山で | トップページ | 標高2000mで »