« 近場で | トップページ | 河口で »

2012年6月10日 (日)

標高2000mで

先日、高山の中腹(約2000m)へ出かけた。現地では時々青空も出たが、じっとしていると肌寒くなり厚めの上着が必要だった。登るにしたがってルリビタキやビンズイが多く見られあちこちから声が聞こえてきた。そしてオオルリやウソやジュウイチの声や姿も見られたが、午後になってガスってきたので山を下りることにした。久し振りに高山の澄んだ空気を腹一杯吸ってリフレッシュできた。

山肌に残る雪渓をバックにあちこちから鳴き声が聞こえてきた針葉樹の上のビンズイ
Img_1608_2

登るにしたがって大きな声で囀っていた、たくさん見られたルリビタキ
Img_1651_2

新緑の枝にとまっていたが、目の前でヒラヒラする昆虫が気になるルリビタキ
Img_1649_2

ヒラヒラする小さな昆虫を身体をぐーっと伸ばして捕まえようとするルリビタキ
Img_1650_2

小さな身体で動きの早い ベレー帽をかぶったようなコガラ
Img_1736

すぐ近くの梢で囀っていたが曇りで真っ白な空抜けのオオルリ
Img_1674_2

こちらも少し遠くの針葉樹の天辺に止まった ウソ
Img_1615_2

|

« 近場で | トップページ | 河口で »

コメント

ジダンさん おはようございます。
本当にこれからは高原や標高の高いところは
涼しくて良いですが、
遠いところはそう何回も行けません。
別荘でもあったら夏の間中いられて良いんですけどね。

投稿: moto8 | 2012年6月12日 (火) 08時27分

涼しさ(というより寒々しさ)が伝わってきますね。
高原のルリビやウソは冬に平地で見るのと趣が違って違う鳥のようです。
これからは高原もいいですね。

投稿: ジダン | 2012年6月12日 (火) 00時04分

あんさん こんばんは、
虫は肉眼では見えないような小さなものでしたが、
さすがに鳥は目が良いですね。
山の雰囲気はいついっても良いです。
また、行きたくなりました。

投稿: moto8 | 2012年6月11日 (月) 21時36分

isaさん こんばんは、
流石に2000mはまだ寒かったです!
ホシガラスも居るようですが、
この日は見られませんでした。
まだ高いところは葉が少ないので
ルリビタキも見やすかったです。

投稿: moto8 | 2012年6月11日 (月) 21時34分

birdland7さん こんばんは、
ビンズイは天辺が好きですね!
ルリビタキはもっと下の方にもいましたが、
いたるところで鳴いてました、数が多いようです。

投稿: moto8 | 2012年6月11日 (月) 21時29分

ルリビタキが飛んでいる虫に構われているのか、構っているのか、楽しい写真ですね。
ウソも高原で響いてくる声は格別ですしね!!
山へ行って、こんな鳥達の囀りを聞いていると
happy01←こんな顔になれます。

投稿: あん | 2012年6月11日 (月) 11時54分

お〜早くも2000越えですか〜^^;
この高さでもオオルリが居ましたか!寒くても皆元気そう!!
しっかり繁殖して欲しいものです♪
ルリビの感じ良いですね^^

投稿: isa-bird | 2012年6月10日 (日) 22時59分

ビンズイ、いかにも高い山って感じですね。
清々しい感じがこちらに伝わってきますよ!
ルリビタキは平地では冬の鳥ですが、今頃は
高い山に行って子育ての季節なんですね。

投稿: birdland7 | 2012年6月10日 (日) 22時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 近場で | トップページ | 河口で »