« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月31日 (木)

巣立ち

5月も今日で終わりだが、この時期はいろいろな鳥が巣立ちを迎えてもうしばらくはベビーラッシュが続く。佐渡の放鳥トキも無事に雛が巣立ちをし親と一緒に飛び廻っているという。少し前になるがMFのフクロウも無事に4羽もの雛が巣立ちをした。餌が豊富なのだろうか。河川敷では小さなコチドリのヒナが、また今日行った山ではヤマガラのヒナに会うことが出来た。

4羽のヒナは巣立ちに差があるのであちこちに散らばってとまっていた フクロウ
Img_3123_3

木陰の中からじっと静かにヒナを見守る親のフクロウ
Img_6966_3

小さなヒナは親鳥の尾っぽの下に入ってしまうほどの大きさだ コチドリ
Img_3425_2

一人で歩き始めた雛 カラスやチョウゲンボウやイタチが居る危険がいっぱい コチドリ
Img_3532_2

羽を震わせて親に餌をねだっていた1羽の雛 何の子供かと思ったら ヤマガラ
Img_1037

直ぐに親が虫を捕まえてきて幼鳥に与えていた ヤマガラ
Img_1047

少しずつ小さくちぎって餌を与えていた ヤマガラ
Img_1048

今 食べたばかりなのに直ぐにまたご馳走をねだる食欲旺盛な幼鳥 ヤマガラ
Img_1028

 

 

| | コメント (14)

2012年5月27日 (日)

春の遠征 完

今回の遠征は始めにトキに会えて、幸先は良かったが目的地に入ってからはいつもより鳥が少なかった。しかし、ライファーは増えなかったがそれなりにいろいろ撮ることが出来た。まだまだたくさん撮りましたが、ここには主なものだけを載せました。
同行された皆さんお世話になり、有難うございました。

電線どまりが多かったが草はらの中に降りた、久し振りに会ったシベリアムクドリ♂
Img_9136_2

何か下を気にしているようで顔を傾けて飛んでいた シベリアムクドリ
Img_9155

草はらの上をムクドリと一緒に飛び廻っていた シベリアムクドリ♂
Img_9156

ムクドリの群れと行動を共にしていたが電線にとまることが多かったギンムクドリ♀
Img_8898

赤い嘴のギンムクドリ
Img_8886

電柱にとまろうとしている ギンムクドリ
Img_8908

笹薮の前の草はらで出たり入ったりしていた 1羽のチゴモズ
Img_3574

遠くの松の天辺にとまったブッポウソウ
Img_9550

鳴きながら海の方から飛んできた 赤い嘴が目立つ ブッポウソウ
Img_9520

松林の上を通過し一度とまったが次の日には姿が見られなかった ブッポウソウ
Img_9522

2羽が飛んできて近くの枯れ枝にとまった アオバト
Img_9649_2

| | コメント (9)

2012年5月25日 (金)

春の遠征 3

いつもより鳥は少ないがそれなりに入っている。ヤマショウビンやコウライウグイス、ヒメイソヒヨなどの派手な鳥も入ってきている、しかし飛ぶのを見ただけで写真には撮れなかった。ここは天候が荒れると多くの鳥が入ってくることもあれば、良い天気が続くとどんどん抜けていくので少なくなってしまう。運を味方につけるほかない。

ここでは少数が見られる小型の猛禽、青灰色の翼と暗色の虹彩の アカハラダカ♂
Img_9161_2

対馬や南西諸島では秋の渡りの時期に数万の群れが見られるという アカハラダカ
Img_9163

澄んだ青空の中を比較的低く飛んでくれた 格好良いアカハラダカ
Img_9203

春の青空の中で綺麗な飛翔を見せてくれた アカハラダカ
Img_9229

松の木にとまっていた夏羽のアカガシラサギ
Img_8770_2

見ていたら正面に向かって飛び出した アカガシラサギ
Img_8778_2

頸からの赤褐色と白い翼が青空に映えて綺麗だった アカガシラサギ
Img_8785_2

少し遠くの松の木にスーと静かに飛んできてとまった ツミ♀
Img_9242_2

獲物を探しながら何回も森の上を飛んでいる姿が見られた ツミ♀
Img_9372

お馴染みの爽やかな声で鳴きながら松の木の枝にとまったのを隙間から カッコウ
Img_9091

| | コメント (13)

2012年5月24日 (木)

春の遠征 2

今日からはいよいよ目的地の鳥たちです。
船は波も穏やかな海上を順調に進む。着くといつもなら港から宿に向かう途中に小鳥が飛び交っているのだが、何やら静かな様子で鳥影が薄そうだ。それでもノゴマやチフチャフやヒタキ類などが結構いる。期待しながらの探鳥が始まる。

今が満開のフジの花の下でポーズをとる喉の真っ赤なノゴマ
Img_8513

フジの花とノゴマ
Img_8491

「チフチャフ」と鳴くという囀りを一度聞いてみたい小さなチフチャフ
Img_8646

漁港なのでいたるところに網やロープが置いてあるその上に乗ったチフチャフ
Img_8704

次の餌場へ急に飛び出した 飛翔姿のチフチャフ
Img_8707

群れで松林などを飛び廻っていたスマートなサンショウクイ
Img_9009

広い空を縦横無尽に超スピードで飛んでいたハリオアマツバメ
Img_9436

| | コメント (10)

2012年5月22日 (火)

春の遠征

毎年恒例となった春の遠征、第1日目は冬羽は以前に見ているが、夏羽のトキ会いに行くことになった。これまでに2回外しているので、今回で3度目の挑戦であるが、探し始めてから比較的短時間で会うことが出来た。現在本州に居るのはこの個体1羽だけである。羽を広げた時のトキ色はやはり美しい。佐渡では繁殖が順調らしいが、この美しい鳥が群れで飛んでいるところを早く見れるようになって欲しい。

陽が西に傾いていたので西日を浴びてトキ色が一層美しく輝いて見えた トキ
Photo_2

田植えの終わった田で優雅に歩き廻っていた繁殖羽の トキ
Img_8407

盛んに嘴を泥の中に入れて採餌していたが獲物はミミズやドジョウが多かったようだトキ
Mg_8284

採餌中にブルブルっと身震いをして羽を膨らまし、冠羽がタテガミのようになったトキ
Img_8317

急に飛び出したが羽が画面から切れてしまった トキ
Img_8128

高い鉄塔から真っすぐににこちらに向かって飛んできて目の前の田圃に降りた トキ
Img_8211

| | コメント (12)

2012年5月15日 (火)

爽やかな季節

今日は朝から雨が降ったりやんだりで午後からは本降りの雨となる。
昨日、森では2羽のサンコウチョウが鳴きながら飛び廻っていた。暗くて枝の混みあったところをヒラヒラと動き回るのでなかなか良い写真は撮れない。繁殖地へ行けばもっと良く撮れるだろうが、この時期にMFで見るサンコウチョウはまた格別である。これで春の渡りは一段落、後はトケン類を待つばかりとなった。

GWが終わった頃に毎年その長い尾をヒラヒラさせて姿を見せる サンコウチョウ
Img_7672_4

春には繁殖地へ行く前に必ず立ち寄ってくれる サンコウチョウ
Img_7643_6

スーと音もなく高い枝にとまった猛禽、よく見るとまだ若い個体のツミ
Img_7599_4

畔が緑に染まった爽やかな田圃の上を低く飛んでいたチョウゲンボウ♂
Img_7021_2

この季節は畔にいろいろな花が咲き乱れている、チョウゲンボウ
Img_7022_2

広い草はらを右に左に超スピードで虫を追いかけている ツバメ
Img_7334_2

| | コメント (10)

2012年5月12日 (土)

GW後のMF

今日は天気は良いが風が強く森の木々も大きく揺れていた。
昨日、数人のひとが見たというミゾゴイを探したが見つからなかった。今日の森は朝からキビタキの声があちこちから聞こえ、複数のセンダイムシクイやツミが見られ賑やかだった。その後夕方になってヨタカが居ると連絡を貰い再度森へ急行した。

たまにうす目をを開けるがあとは頸をちじめて寝ていた珍しい今日の訪問者のヨタカ
Img_7454_3

昨日、1羽でやってきた、♂も来てくれることを期待する サンコウチョウ♀
Img_7201_3

今日もまだ居てくれたようです 2羽のサルハマシギ(数日前の画像)Img_5947

この森では春に会うのは初めてだった、長旅と思われる アサギマダラ
Img_5481_3

長い間とまってくれたので撮り易かった アサギマダラ
Img_5488_3

| | コメント (12)

2012年5月 9日 (水)

今日の田圃

朝から曇り空のどんよりとした日となる。
田圃へ行ってみると先日のサルハマシギは今日もムナグロの群れと一緒にとび廻っていた。そしてその中にキアシシギとハマシギも混ざっていた。サルハマは見つかってから今日で4日になるが、長く居て欲しい。

今日も居ました!花咲く畔の前で サルハマシギ
Img_6621

植えたばかりの幼い稲の中を歩く サルハマシギ
Img_6716

曇り空なので色が出ないので良くありませんがムナグロと一緒に飛ぶサルハマシギ
Img_6745

4羽ほどがゆったりと稲田で採餌していた キアシシギ
Img_6569

普段は群れで行動することが多いが、なぜか1羽だけで寂しそうなハマシギ
Img_6605

近くの灌木の茂った中で2羽のヒナが親の持ってくる餌を待っていた モズ
Img_6849

藪では親が餌を持ってくるとわれ先にと大騒ぎの雛 モズの親子
Img_6864

しっかりと近くに居たヒナがご馳走を貰っていた、もう1羽は次です モズ
Img_6865_2

| | コメント (8)

2012年5月 7日 (月)

サルハマシギ

昨日の午後は大荒れだったが今日は朝から晴天となる。
田圃に夏羽の赤いサルハマシギが居るというので早くに出かけた。昨日から確認されていたらしいが、今日は30羽ほどのムナグロの群れの中で2羽の個体が採餌していた。海辺の干潟などでは毎年見られるが、内陸のMF周辺の田圃で夏羽の個体が見られるのは珍しいと思う。

ここの田圃では珍しい真っ赤な羽衣になってやってきた夏羽のサルハマシギ
Img_5677_2

採餌に夢中のサルハマシギ
Img_5720

赤色の濃い個体と少し薄い個体の2羽が仲良く餌捕り サルハマシギ
Img_6114

畔の側で2羽が一緒に羽を伸ばした サルハマシギ
Img_6064

1羽は羽を降ろしてしまったのにもう1羽はまだ伸ばし続けていたサルハマシギ
Img_6067

ムナグロが飛んだので驚いて飛びだしたが、また近くに降りた サルハマシギ
Img_6229

座ってじっとしていると結構近くまでやってきた サルハマシギ
Img_6461

| | コメント (5)

2012年5月 6日 (日)

GW後半

GWの前半は順調に入って来ていた夏鳥も後半になるとキビタキやムシクイ類は少しいたが、かえって夏鳥たちが少なくなってきた感じさえしてあまり収穫がなかった。先日、午後から出かけた近くの公園ではコルリが来ていた。コルリも毎年この公園に立ち寄ってくれる。今回は1日しか居なかったようだ。そしてなかなか撮り難いエゾムシクイも低いところに降りてきてくれた。山へ行く前に短い時間だが立ち寄ってくれ楽しませてくれる小鳥たちに感謝です。

毎年立ち寄ってくれるが暗いところからなかなか出てこないコルリ
Img_4596

春は早く繁殖地へ行かなければと一日しか居なかった コルリ
Img_4573

普段は木の高いところでよくないているが姿が見つけにくい エゾムシクイ
Img_4676

水を飲みに降りてきてメジロとご挨拶をしているのでしょうか エゾムシクイ
Img_4692

夫婦で新築用の泥を探しにきたツバメ
Img_4755

泥を採る前に小さな虫を捕まえたようです。ツバメ
Img_4802

家の壁に塗る泥を口いっぱいに銜えている ツバメ
Img_4813

| | コメント (8)

2012年5月 2日 (水)

エリマキシギ

GWの真ん中で午前中は雨がしょぼしょぼ午後からは本格的に降ってきた。
このところMF通いが続いていたので昨日久し振りによその田圃へ行ってみた。途中の田圃にはチュウシャクシギやキョウジョシギ、ムナグロの群れが良く見られた。広い田圃の周辺を探すと始めわからなかったが奥の方に夏羽に換羽中のエリマキシギの♂2羽と♀が居た、周りにはウズラシギやキョウジョシギが一緒に採餌していた。

春先は繁殖地へ向かう途中に立ち寄ってくれる夏羽に換羽中のエリマキシギ♂
Img_5091

この黒い個体は色が濃くなかなか立派に見えた ♀とペアのエリマキシギ
Img_5160_3

長居してもっとフサフサした襟巻を見せて欲しいが じきに渡ってしまうエリマキシギ
Img_5153

雨が少し降り出した中を歩く 茶褐色の夏羽に移行中のエリマキシギ♂
Img_5236

茶褐色の♂と黒色の♂2羽が仲良く並んで採餌していた エリマキシギ
Img_5190_2

まだまだ短い頸の回りの羽を少し広げたように見える 2羽のエリマキシギ
Img_5096

黒色の♂と♀のペア エリマキシギ
Img_5126

なにかに驚いたのか急にこちらに向かって飛び出した エリマキシギ
Img_4985_3

| | コメント (12)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »