« そろそろ旅立ち | トップページ | 季節の変わりめ »

2012年3月29日 (木)

水ぬるむ春

今日は穏やかな春の一日となった。
彩湖に行ってみると一時よりだいぶ数が少なくなったが夏羽になったカンムリカイツブリが寝ていた、暫く経つとみんな泳ぎだして1組のペアが静かな湖面でデイスプレイを始めた。他にはヨシガモが30数羽とオオバンの群れがまだ残っているのみとなりだいぶ寂しくなった。

頸の回りの羽を広げて♀に気に入られようとディスプレイをしていたカンムリカイツブリ
Img_0272

いつもは見過ごしてしまうがこの時期は夏羽で綺麗になるカンムリカイツブリ
Img_0279_2

少し遠かったが頸の回りの羽を全開して「たてがみ」のようになったカンムリカイツブリ
Img_0156

別の田圃では、

越冬したのでしょうか数羽が同じ田圃の隅で餌を捕っていたタシギ
Img_0330_2

水ぬるむ田で餌捕りに夢中のタシギ
Img_0313_2

|

« そろそろ旅立ち | トップページ | 季節の変わりめ »

コメント

isaさん おはようございます。
頸の羽を丸く全開しのをもう少し近くで撮りたかったんですが、距離がありました。
ディスプレイを繁殖地以外でみられるのもうれしいです。
カンムリカイツブリもだいぶ減ってきましたよ。

投稿: moto8 | 2012年3月30日 (金) 08時30分

おはよ~ございます!
カッコいいですね・・・・・・・♪
ライオンの鬣のようなカンムリカイツブリ!昔、
ポスター(そんなのがあった)で見てから密かな
ファンでした .この前ベニか迷ったのですが~

鳥やさんにのみ判る超季節感(^^)

投稿: isabird | 2012年3月30日 (金) 07時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« そろそろ旅立ち | トップページ | 季節の変わりめ »