« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月28日 (水)

師走の田圃で

空気が乾燥した寒い日が続きます。
少し遠くの田圃へ行ってみた。水を張った田圃の真ん中にたくさんの白鳥やカモが来てる。その中の奥の方に1羽のシジュウカラガンが泳いでいた。また多くのコハクチョウの中に少数のオオハクチョウやアメリカコハクチョウの姿も見られた。何も障害物の無い田圃では吹いてくる風が超冷たかった。

東北地方ではかなりの数が渡来しているというが1羽でも貴重なシジュウカラガン
Photo 

ハクチョウの中では陰になると見えないくらいの体格の差があるシジュウカラガン
Img_9255_2

ここでは毎年少数がやってくるアメリカコハクチョウ
Img_9236

真っ青な空に真っ白な身体が映えるコハクチョウ
Img_9186

よそ見をしながら飛んでも広い空では大丈夫なチョウゲンボウ
Img_9090

良く会うがいつも電線どまり、地上に降りているところに会いたいコチョウゲンボウ
Img_7939

久し振りにMF周辺で観察した、赤く染まった林をバックに飛ぶハイイロチュウヒ
Img_9310

| | コメント (6)

2011年12月25日 (日)

コミミズク

クリスマス寒波が来ていよいよ寒くなってきました。
先日、人気者のコミミズクが飛んでいると聞き行ってみた。前日は暗くなった頃に飛んだというので、まだ、時間があるなと思って見ていたら土手から飛び出し、田圃と土手を行ったり来たりしてサービスしてくれました。思っていたより早くまだ明るいうちに出てくれ楽しませてくれた。今回は数日前に撮った画像です。

土手の草むらから飛び出してえものを見つけたのか急に反転するコミミズク
Img_8163

土手の古い杭にとまって何処へ飛ぼうかとキョロキョロするコミミズク
Img_8125_2

土手の草むらから飛び出しまだ足をしまいこんでいないコミミズク
Img_8075

こちらに向かって真っすぐ飛んできたが途中で方向転換をしてしまったコミミズク
Img_8227

土手の反対側の草原を飛ぶコミミズクImg_8334

夕日で葦の穂がだんだん茜色に染まっていく中を飛ぶコミミズク
Img_8198

| | コメント (12)

2011年12月22日 (木)

冬至

今日は冬至です、今年も残り少なくなりました。
今回は近くの小さな池に居たトモエガモや大きな湖のハジロカイツブリ、猛禽など最近あちこちを回って撮った画像を載せます。

ちいさな池でヨシガモやオナガガモなど他のカモと一緒に泳いでいたトモエガモ
Img_8394

顔の黄褐色の巴模様が特徴的、ここでは1羽だけだったトモエガモ
Img_8412

広い湖で、対岸の木々が赤く染まって写りこんでいる中を泳ぐハジロカイツブリ
Img_7848

暫く待って近づいてきたときには1羽は潜っていて3羽しか入らなかったハジロカイツブリ
Img_7861

背景が良くありませんが、今季はまだこんな感じのしか撮れていないMFのベニマシコ♂
Img_7319

冬枯れの芦原に降りていたが急に舞い上がった よく見かけるタイプのチュウヒ
Img_7803

手前の小枝が込み入って鮮明ではないが山肌の枯れ木にとまっていたクマタカ幼鳥
Img_6050

| | コメント (10)

2011年12月18日 (日)

青空の田圃で

朝は真冬並みの寒さとなったが真っ青な空が眩しいくらいの良い天気となった。
昨日、田圃を走っていると越冬中と思われるクサシギが飛んでいたので車を停めて撮っていて、何となく空を見ると正面からミヤマガラスの群れが飛んできた。よく見ると白黒のコクマルガラスが数羽混ざっていた。群れはそのまま林を超えて飛び去ったがこの日のコクマルガラスは予期せぬ出会いだった。

ミヤマガラスの大きな群れの中に混ざって飛んでいた淡色型のコクマルガラス
Img_7903_2

真っ黒なミヤマガラスの群れの中では白い身体が良く目立つコクマルガラス
Img_7904_2

真っ青な空に白黒の身体で2羽がならんで飛ぶとがひと際映えるコクマルガラス
Img_7913_2

偶然に出会った時はなにか得した気分になって嬉しい コクマルガラス
Img_7892_2

車に驚いたのか農道沿いの水路から飛び出してきた越冬中と思われるクサシギ
Img_7916_2

近くをグルっと一回りして遠くの田圃へ飛び去った、白い尾が目立つクサシギ
Img_7876_2

帰りに寄った川で♂が2羽に♀が10羽ぐらい居たハーレム状態のホオジロガモ
Img_7726

| | コメント (14)

2011年12月15日 (木)

色鮮やかな!

今日はまた10月頃の暖かさとなったが、明日は寒くなるという。
毎年この季節になると色鮮やかな羽衣になったオシドリに会いたくなる。都内の公園などで人をあまり恐れないオシドリも居るが、やはり山間の川や湖などに居る警戒心の強いオシドリの方が観察していても面白い。今年も低山のダムサイトの川で40羽ほどの群れを観察した。

川に突き出た枯れ枝にとまって休憩していた綺麗な羽衣になった♂のオシドリ
Img_7644

水の淀んだ川の淵でお互いに綺麗な姿を誇示しているかのようなオシドリ
Img_7558

ここは♀が少ないので複数の♂が1羽を追いかけていたオシドリ
Img_7672_2 

そのうちに1羽の♂が嫌がる♀を実力行使で追いかけまわしていたオシドリ
Img_7574

こちらは仲の睦まじいペアと♀に振られた?独り者のオシドリ
Img_7659

岸に近い所では枯れ枝の休憩場所にたくさん押し寄せて場所取りが激しかったオシドリ
Img_7589

ホオジロガモ

| | コメント (6)

2011年12月11日 (日)

青空のもとで

朝の冷え込みが厳しいが昼間は平年並みで暖かかった。
先ずMFへ、森にはツグミの姿は少し増えたように思えたがシメやアカハラ、シロハラなどはまだまだ少ないようだ。裏の田圃でホオアカを探し、他の田圃でタゲリの群れを見て真っ青な澄んだ空のもとで気持ち良かったが、鳥はサッパリでした。

田圃の草むらから葦の中に入ったがかろうじて見えるところにとまったホオアカ
Img_7435

この個体なぜか長いあいだ口を開けっぱなしだった 葦の穂の影被りのホオアカ
Img_7447

ノイバラの茂っている藪の中に降りてきたなかなか羽色の綺麗なイケメンのツグミ
Img_7312_2

周りを見てからたくさん生っているノイバラの赤い実を美味そうに啄み始めたツグミ
Img_7303

川向うから青空に溶け込みそうな高いところを40羽ぐらいの群れが飛んできたタゲリ
Img_7523

ちょっとグロテスクですがモズが獲っってきて枝に刺したと思われるバッタの「はやにえ」
Img_7380

先日、鳥見に行く途中の道で田圃の中に100mぐらいの間隔で赤い鳥居の神社と白い鳥居の神社が建っていた、両方とも脇には見事に黄葉した大きなイチョウの樹が立っていて印象的だったので写真に撮ってみた。

赤い鳥居
Img_7339

白い鳥居
Img_7341

| | コメント (12)

2011年12月 8日 (木)

今季は?

今日はまたどんよりとした天気で午後からは雨となる。
このところ天気が不安定である。今季のMFの森はツグミやシメ、アオジなどの冬鳥が入ってはいるものの少なく静かで寂しい。どうしたんでしょうか?そこでターゲットとなるのは猛禽となる。今回もあちこち廻って会えた猛禽たちの画像です。

今季なかなか会えなかったが電線どまりの個体を近くで観察できたコチョウゲンボウ♂
Img_7192

可愛い顔をしているが敏捷で田圃や芦原などでの狩りが得意なコチョウゲンボウ
Img_7195

冬枯れの田圃でモッタリと休憩をしていたが良く見る飛び出す前の態勢のノスリ
Img_7199_2

田圃の草山の上で夕日を浴びて甘い声で「ピーピー」鳴いていた幼鳥らしきノスリ
Img_7205_2

まいどお馴染みの大きな魚をつかんで飛ぶ正面から見た ミサゴ
Img_4616_2

| | コメント (6)

2011年12月 4日 (日)

もう、師走

もう師走!降り続いた雨も上がり今日は良い天気、気温も平年並みとなる。
今日は鳥見に出かけたが、雪を被った綺麗な富士山を眺めただけで収穫がなかったので最近撮った鳥たちを載せます。

電線どまりですが、胸から腹にかけての緑色や紫の光沢が綺麗なホシムクドリ
Img_6498_2 

電線にとまっていたがムクドリが飛ぶと一緒に何処かへ行ってしまうホシムクドリ
Img_6505

別の電柱にとまっていた、何を見つけたのか急に飛び出した若いハヤブサ
Img_4701

獲物をみつけたのでしょうか まっすぐに田圃の向こうに飛んで行ったハヤブサ
Img_4705

ここはこの個体のテリトリーで行くたびに飛んでいるのを見かけるチュウヒ
Img_4713

翼を全開にして広い空を縦横に滑空する チュウヒ
Img_6411

チョウゲンボウが飛んできてチョッカイをだすので蹴りを入れて追い払うチュウヒ
Img_6381

| | コメント (6)

2011年12月 1日 (木)

小さな海鳥

今日は一日中冷たい雨となった。
数日前、港近くにコクガンとウミスズメが居るというので見に行った。コクガンは居なかったが着いて防波堤の先で見ていると遠くの沖合に居たウミスズメが瞬く間に港の入り口付近に近づいてきて5,6羽で潜って魚を追いかけていた。そしてまた沖合へと行ってしまう。この繰り返しだったが小さくて可愛い海鳥なので見ていて楽しかった。

水中で餌の小魚の群れを追いかけ水面に浮かび上がってきた泳ぎの得意なウミスズメ
Img_6954

魚の群れを見つけると水中に潜り猛スピードで水の中を飛ぶように泳ぐウミスズメ
Img_6956

鳥が追いかけていたのはこの小さなカタクチイワシ?の群れでした ウミスズメ
Img_6952

防波堤のすぐ近くを泳ぐ小さな身体と小さな嘴がなんとも可愛い海鳥 ウミスズメ
Img_6941

ときどき羽繕いの後伸び上って羽ばたきをする正面から見るとメタボ体型のウミスズメ
Img_6769

近くには6羽の群れが餌捕りの後の休憩で羽繕いなどをして浮かんでいたウミスズメ
Img_6979

5羽しか入ってませんが6羽と遠くの沖合にも数羽の群れが浮かんでたウミスズメ
Img_6992

| | コメント (10)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »