« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月28日 (月)

クロツラヘラサギ

今日は日差しが無く寒く感じたが気温はそれ程低くはなかった。
近くの沼にクロツラヘラサギが来ていると聞き出かける。着くと現地にはすでに大勢のカメラマンがいた。クロツラヘラサギは幼鳥と思われる若い個体で工事の為に水が少なくなって干潟が出ている沼を歩き回り盛んに餌を捕っていた。以前にもこの沼と近くの田圃に来たことがあったが久しぶりに出会いとなった。

曇り空なので水の色が出ませんが久し振りにこの沼に現れた優雅なクロツラヘラサギ
Img_6726

水浴びの後は良く羽を広げて水を切っていた クロツラヘラサギ
Img_6729

海辺の公園などでは見られる所もあるが、このあたりでは超珍しいクロツラヘラサギ
Img_6601

大きな餌や小さな餌を捕りながら右にひだりに歩き廻っていた、クロツラヘラサギ
Img_6543

水浴びを始めたが大きな身体のわりに少し羽ばたくだけの入浴だったクロツラヘラサギ
Img_6681

何を思ったのかときどき沼の端から端へ飛翔、白い身体が綺麗だったクロツラヘラサギ
Img_6624

晴天なら水の色が青く染まって白い身体がもっと綺麗に見えるのだがクロツラヘラサギ
Img_6630

| | コメント (4)

2011年11月27日 (日)

紅葉の中で

朝晩は冷え込むが昼間はわりと暖かく晴天が続く。
東北など北の国では雪もだいぶ降ってるようだが、今年はツグミやシメなど冬の定番ともいえる冬鳥たちがまだ少ないように思う。これからやってくるのでしょうか、期待をして待つことにしましょう。今日は最近山や近くの公園で撮った画像です。


紅や黄の葉が水面に映り黄金色に染まった夕方の公園の池で カワセミ
Img_6305_2

こちらも紅葉色の池の草むらで尾をピクピク上下させて飛び回っていたキセキレイ
Img_6256_2

MFの川辺で♂を探したが見つからずこの個体だけが良く鳴いていた ベニマシコ
Img_5887_2

川の岸辺に出てきてキョロキョロ、この後飛んで対岸に渡っていった ベニマシコ
Img_5875

近くの低山で紅葉に染まった木々をバックに山肌を飛んでいた1羽のハイタカ
Img_5827

山へ行ってみるとこんな大きな鳥も黄葉の山肌の中を飛んでました クマタカ
Img_6139_3

黄金色になった木の中でどっかりと座り超満足そうな顔をしていたニホンサル
Img_3887

| | コメント (6)

2011年11月23日 (水)

遠かった!

今日は日向は暖かかった。
MF周辺の川沿いで先日の日曜には葦の中の♂をちらっと見たので、ベニマシコを探したが姿をみせたのは♀だけだった。午後になって近くの公園に行ってみるとオジロビタキが出ているという、少し待つと真ん中の島に小さなオジロビタキが藪から出てきてフライングキャッチで餌を捕っていた。しかし遠い!鳥が小さいのでピントが合っているのかどうか良くわからないくらいだが、大きくトリミングして載せてみた。またオジロが藪に入ったら、今までとまっていた木の側にヒヨドリを狙ってハイタカが突っ込んできた。狩りは失敗して反転し対岸の木にとまった。そしてそろそろ帰ろうかと思っていたら、今度は奥の方の木にオオタカの幼鳥がとまった。いや~、短時間でいろいろ見られて面白かった。

ヒヨドリを狙い失敗し暗い木の中で休憩、正面を向くとひょうきんな顔になったハイタカ
Img_5919

池の対岸で遠く、前の太い枝が邪魔だが何とか見られる程度に撮れたハイタカ
Img_5929

遠いのと鳥が小さいので鮮明には撮れなかったが藪から少し出てきたオジロビタキ
Img_5906_2

数日前からいる越冬しに来たのでしょうか、ここでは初めてだと思われるオジロビタキ
Img_5907_2

近年は毎冬何処かで確認されているが、成鳥の♂を見たいオジロビタキ
Img_5902_2

夕暮れどきに入って来た何処かで食事をしてきたらしく「そのう」が膨らんでいるオオタカ
Img_5958

| | コメント (14)

2011年11月20日 (日)

雨の後のMF

昨日からの雨も上がり午後からは良い天気となる。
今日は始めに行ったMF周辺の川辺ではベニマシコの声を聴いたが良い所には出てきてくれなかったので諦めて森に移動する。着くと先ほどアリスイが出たと聞き待つことにした。それから待つこと約1時間半(1回目に出てからは2時間半ほどになるという)ようやく姿を見せた。それからは藪に潜ってもすぐに姿を見せ何回も出てくれた。今年もアリスイはいつもの場所でいつものように楽しませてくれた。

雨上がりの森で今年もいつもの場所にやってきてその複雑な模様を見せたアリスイ
Img_5305

長時間待ってそろそろ諦めかけた頃やっと藪から出てきた、待った甲斐があったアリスイ
Img_5292

小鳥の少ない最近のMFの森で毎年来てくれるこの鳥に今年も会えて嬉しい アリスイ
Img_5374

「ジュルジュル」と鳴きながら5,6羽の群れで水辺の目の前の低木にやってきたエナガ
Img_5226

向こう岸の葦から出てきて警戒しながら右へ行ったり左へ行ったり歩き回るクイナ
Img_5145

水辺でうろうろしていたが突然手前の岸に飛び出してきた、飛ぶとは思わなかったクイナ
Img_5158

クイナ

| | コメント (8)

2011年11月17日 (木)

ミサゴ(緋鯉編)

朝はだいぶ冷え込んだが日中は快晴となる。
今日は数日前に撮った2回目に飛び込んだ時の画像です。1回目から暫く経ってもう1羽が上空にやってきて対岸に近いところに飛び込んだ、飛び出してきた足には真っ赤な色が鮮やかな緋鯉とみられる獲物を掴んでいた。この日は何回も飛び込んでサービスしてくれて見ていて飽きなかった。

上空をグルグル旋回していたが急に翼をたたんで急降下をはじめたミサゴ
Img_4106

獲物をめがけて両足をめいっぱい伸ばして突っ込んで来たが後ろ向きだったミサゴ
Img_4501

水しぶきを上げて水面から出てきた足には赤い色の魚を掴んでいたミサゴ
Img_4522

獲物を掴んで成果を見せびらかすようにゆっくりと川の上を一回りしていたミサゴ
Img_4535

この日の獲物の赤い緋鯉は紅一点で地味な色合いの中で目立っていたミサゴ
Img_4544

少し小さいが緋鯉を両足で掴み悠然と調理場へ向かって引き揚げるミサゴ
Img_4559

| | コメント (8)

2011年11月13日 (日)

今年もハイイロチュウヒ

ここ数日は寒くなったり暑くなったり寒暖の差が激しい。
広大な葦原へ猛禽を求めて行ってみた。現地ではノスリやチュウヒやコチョウゲンボウ、トビなどが悠然と飛んでいたが、遠くからハイイロチュウヒの♂がこちらに向かって飛んできて正面で旋回してサービスしてくれた。やはり何時みても美しいタカだ!これから冬にかけての芦原の主役に今季も会うことができた。

今年もその美しい姿を存分に見せて葦原の上を悠然と飛ぶハイイロチュウヒ♂
Img_5036

灰色の身体に黄色く鋭い目で獲物を探しながら旋回するハイイロチュウヒ
Img_4989

雲が多くバックが灰色の空になってしまったが青空のもとで撮りたいハイイロチュウヒ
Img_4970

正面から見ると目は鋭いが何か愛嬌のある顔になるハイイロチュウヒ
Img_5024

どんどん近づいてきて目の前でUターンして遠くへ飛び去ったハイイロチュウヒ
Img_5032_2

| | コメント (10)

2011年11月10日 (木)

もう冬

暦の上では一昨日が立冬、急に寒くなってきた。
今週のMFは昨日までは鳥が少なかったが寒くなった今日は森でアカハラやシロハラ、たくさんのアオジ、ハイタカ、そしてその周辺ではアリスイや森では見られなかったツグミやシメの姿も観察でき、ベニマシコの声も聞こえてきた。少しずつだがいよいよ冬の常連が入って来たようだ。

嘴の先の黒いものはペリットで苦しそうに吐き出した あちこちで見れるジョウビタキ
Img_3857

冬鳥の常連もやって来た、森では見られなかったが周辺の桜の木にとまっていたツグミ
Img_4675

わかるでしょうか?枯葉と枯れ枝がゴチャゴチャしてる所に居た証拠写真のアリスイ
Img_4653_2

河川敷の杭にとまっていた細身の敏捷そうで精悍で綺麗な成鳥のオオタカ
Img_3974

今年も来てくれました、森から飛び出して上空を旋回し田圃の方へ飛んで行ったハイタカ
Img_4217

MFでも一年中大きな声でいろいろな声を出して鳴いている外来種のガビチョウ
Img_4661

前から見ると目の周りのリングで以外に面白い顔をしている少しメタボ気味のガビチョウ
Img_4659

| | コメント (14)

2011年11月 6日 (日)

ミサゴ

今日は一日中雨模様の天気となる。
一昨日、何となく出かけた川でミサゴの狩りを観察できたので翌日も出かけてみた。昨日はすぐに雲が出てきてどんよりとした空模様になってきた。暫く待っていると上空にミサゴが現れて旋回しはじめた。だんだん高度を下げて反転し一気に水しぶきを上げて川に突っ込んだ。少しの間頸だけだしていたが、羽ばたいて上がってきたときには足にコイと思われる大きな魚を掴んでいた。この日は数回飛び込んだがさすがに百発百中とはいかず失敗するときも2回ほどあった。天気が悪かったので画像は鮮明さにかけますが見ていて楽しかった。

一気に川に突っ込み暫くして上がってきたときには大きな魚を足に掴んでいたミサゴ
Img_4451_2

獲った獲物は大物だ!!重そうですね、見事な大きさの鯉のようだったミサゴ
Img_4453

獲物が大きいのでなかなか高く上がれずに川の上を低くすれすれに飛ぶミサゴ
Img_4349

この獲物は大物なので落としそう、ちょっと掴み方が危ないが障害物の間を飛ぶミサゴ
Img_4353

ようやく高く上がり大きなコイをしっかりと掴み直して調理場に運ぶ長い翼のミサゴ
Img_4473_3

| | コメント (10)

2011年11月 2日 (水)

コウライアイサ

もう、11月というのに明日の昼間は25度の夏日になるという。
先日、コウライアイサの♂が近県に出ていると聞き出かける。現地に着いたのは昼過ぎだったが先着の友達に聞くと運良くまだ川の中州で寝ているという。見るとカワアイサの♀と一緒に寝ていたが間もなく目を覚まし泳ぎ始めた。ときどき羽ばたいたりアユのような魚を獲ったりしていたが急に飛び立って上流の方に行ってしまった。昨年は♀タイプを観察できたが、やはり♂は綺麗で見応えがあった。

真っ赤な嘴とボサボサの冠羽が目立つ渡来数の少ないコウライアイサ♂
Img_3692

長い時間寝ていたので動き始めたら何回も羽ばたきを繰り返していたコウライアイサ
Img_3696

昼寝の時間は終わり、起きて頭をカキカキしてから泳ぎはじめたコウライアイサ
Img_3563

冠羽をなびかせて泳ぐ特徴のある脇腹の鱗模様と足も真っ赤なコウライアイサ
Img_3624

カワアイサの♀と一緒に川の中に顔を突っ込んでアユ?を獲っていたコウライアイサ
Img_3758

どこからみても赤い嘴が超目立つ後ろからの姿も美しいコウライアイサ♂
Img_3775

| | コメント (12)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »