« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月31日 (日)

幼鳥

このところ毎日雨が降ったり止んだりでパッしない天気が続く。
MFの田圃のヨシゴイが巣立ちの時期を迎え親が来ると葦の上の方に出てきて姿を見せている。毎年繰り返される光景だが無事に育った幼鳥を見ると「よかったな」と思わずにはいられない。

隠れてて見難いですが親が餌を持ってくるのを葦の中でじっと待つ3羽のヨシゴイ幼鳥
Img_5658

そろそろお腹が空いたのか親の帰りを頸を長く伸ばしてまだかと待つヨシゴイ幼鳥
Img_5610

親が帰ってくるとさあ大変鳴きながら大きな口を開けて餌をねだる ヨシゴイ
Img_5624_2

親は子供に餌を与えるとさっさと2羽ともまた餌捕りに飛びだして行くヨシゴイ
Img_5672

こちらも親を見習って餌捕りに励んでいたが捕った獲物は小さかったササゴイ若鳥
Img_6222_2 

尾羽を広げて綺麗なタカ模様をみせながら飛ぶ今年生まれと思われるオオタカ幼鳥
Img_5186_2

望遠で撮ったので上手くないですが白黒の模様が良く目立ったラミーカミキリ
Img_2304

この日は田圃の畔で30㎝、農道で50㎝、休耕田を泳ぐ1m超と3回も会った青大将
Img_6200

| | コメント (8)

2011年7月27日 (水)

そろそろシギチ

このところ猛烈な暑さはお休みだが曇り空でも湿気が多く蒸し暑い。
すでに海辺ではシギチのシーズンが始まっているらしいが、先日、田圃でもそろそろだろうと思っていたらアメリカウズラシギが入っているというので出かける。現地ではまだ数は少ないがアオアシシギやタカブシギ、ムナグロ、アメリカウズラシギの夏羽の個体が1羽、それとまだ夏羽の残るエリマキシギが見られた。

シギチシーズン 早くもやってきた数少ないアメリカウズラシギ夏羽
Img_6090

毎年どこかで見られているが数が少ないので人気があるアメリカウズラシギ
Img_6082

じっとしているとかなり近くまで寄ってきた アメリカウズラシギ
Img_6111

近くの田圃にはまだ夏羽の残る個体が1羽で餌を捕っていたエリマキシギ
Img_5967_2

繁殖地では身体の黒い羽と真っ白なフサフサした頸の羽が想像できるエリマキシギ
Img_5965_2

5月に繁殖地へ行く夏羽に換羽中の個体を見たのにもう戻ってきた エリマキシギ
Img_5914_2

この日はまだ1羽しか観察できなかったお馴染みの アオアシシギ
Img_5935

| | コメント (12)

2011年7月24日 (日)

今週のMF

台風の後は数日涼しい日があり一息つけたが、また今日から暑くなった。
森は蚊ばかりなので横目で見て通過、田圃に行ってみた。今頃の季節は日陰の無い田圃は直射日光が猛烈に厳しい。鳥も少ないがオオヨシキリはまだ賑やかだし、以前とは離れた場所でコヨシキリが鳴いていた。またヨシゴイも子育ての真っ最中、空にはツバメが飛び交いヒバリやセッカ、チョウゲンボウも飛んでいるわりと賑やかな田圃でした。

繁殖は成功したのでしょうか以前とは離れた場所で囀っていたコヨシキリ
Img_5253

もう何処かへ移動してしまったかと思っていたが元気な声が聞けたコヨシキリ
Img_5273

餌探しに田圃のはずれの方まで飛んで行った ヨシゴイ
Img_5502

今年は幼鳥を見ることが出来なかったこの田圃をテリトリーとするチョウゲンボウ♂
Img_1712

尾羽の灰色が綺麗な杭にとまろうとする後姿のチョウゲンボウ
Img_1706

カメラを向けたら興味深そうに立ち上がってじっと見ていた2本足ポーズのイタチ
Img_5512

こうやって見ると可愛い顔をしているがなかなか獰猛で敏捷なイタチ
Img_5523

蝶はやっぱり花にとまっているのが一番綺麗 キアゲハ
Img_5318

イタチのしっぽみたいな毛の長い生き物が居たがケムシでしょうか?
Img_5484

こうやって見ると何かハリネズミみたいな物体が動いていたがケムシ?
Img_5485

| | コメント (16)

2011年7月20日 (水)

夏の海辺

大型の台風6号が来ています。久しぶりの雨は激し過ぎて被害も出ている。
台風の来る前の海辺にはアジサシ類の他にも荒地に3羽のツバメチドリが飛び回っていた。換羽中なのか羽はボロボロの個体が多かった。

灼熱の海辺の荒地に3羽がじっと佇んでいた 澄ました顔のツバメチドリ
Img_4040

春先ほど鮮やかではないがまだ赤い口元や顔の黒い縁取りが残るツバメチドリ
Img_4066

ボロボロで破れ傘のような翼で夏の空を飛びまわっていた ツバメチドリ
Img_3629

長い翼とスマートな身体で青空のもとを高速で飛ぶ ツバメチドリ
Img_4006

夏の海辺と積乱雲
4096

| | コメント (6)

2011年7月17日 (日)

夏はアジサシ

連日の猛暑に早くもバテ気味、涼しさが恋しい。
先日の暑い日に海辺へアジサシを見に出かけた。この日は東京33度、現地は30度とだいぶ低く涼しい海風が吹いてくるので体感温度は低く感じるが、紫外線は猛烈に強い。浜辺ではたくさんのアジサシやコアジサシの中に2羽のベニアジサシとアカアシアジサシが1羽、それと換羽中のクロハラアジサシが観察できた。また近くでは3羽のツバメチドリが飛び回っていた。

白っぽい身体に赤い嘴と赤い足が鮮やかで涼しげない色合いのベニアジサシ
Img_3881

青い夏の海に赤と黒と薄灰色の身体がよく目立つベニアジサシ
Img_3854_2

アジサシの中に1羽だけ居た嘴と足の赤いどっしりと構えているアカアジアジサシ
Img_3803 

2羽で涼しそうな感じのベニアジサシと少し暑苦しいそうな感じのクロハラアジサシ
Img_3935

夏羽から冬羽に換羽中でお腹が白黒のまだら模様のクロハラアジサシ
Img_3944

長い翼を広げて青い海原に飛び立とうとする換羽中のクロハラアジサシ
Img_3943

| | コメント (12)

2011年7月13日 (水)

コシアカツバメ

今年は梅雨明けも早かったので暑い日もそれなりに長くなりそう。
最近ツバメづいている、普通のツバメは身近で見られるので馴染み深いがイワツバメは平地でも飛んでいるのを見るがあまりしっかり観察していないし、アマツバメはツバメの仲間でなくアマツバメの仲間で市街地では渡りの時期しか見られないなど、最近はこれらもしっかりと観察しようと思い、今回は市街地でも見られるが関東では数が少なく何処ででもというわけにはいかないコシアカツバメがよく見られるという場所へ行って見た。現地ではたくさんのコシアカツバメが人工物に営巣し、餌を捕りに河川敷の上を飛び回っていた。

やはりツバメは電線にとまっている姿が定番でしょうか 長い尾のコシアカツバメ
Img_3499 

青空を飛んでいる時は腰の赤褐色がよく目立つ 夏空を飛ぶコシアカツバメ
Img_3503

普通のツバメよりは少し遅れて渡ってくるようだ 滑翔することが多いコシアカツバメ
Img_3446_2

長い尾羽を全開で急転回をしながら飛んでいる虫を捕まえるコシアカツバメ
Img_3521

ボケてますが 身体の下面の縦班と長い尾が特徴的なコシアカツバメ
Img_3473_2

暑い今の時期は公園でいろいろな蝶が飛び回っている アゲハチョウ
Img_3146

| | コメント (10)

2011年7月10日 (日)

水浴び2

梅雨も明けいよいよ夏本番、予報によると猛暑日が続くという。
今日は林の道を歩いていたら少し脇のそれたところに小さな水溜りがあり、1羽のアオゲラが居た。水が濁っているのには気にもせず周りを警戒しながら素早く2回ほど中に入り勢いよく水しぶきを上げるだろうと思って見てたが浅かったようですぐに出て行ってしまった。とても簡単な水浴びだった。暗かったのでいまいちの画像になってしまった。

水溜りの脇で周りを警戒しながら入るタイミングを計っているアオゲラ
Img_3188_2

片足は突っ込んだからもう片方も、ゆっくりと入る慎重なアオゲラの♀
Img_3181

さあ、どっぷりと入ってこれから一風呂浴び始めた 良い顔をしてるアオゲラ
Img_3205

水が浅いのか羽を震わしても余り水しぶきが上がっていないアオゲラ
Img_3237

水浴びを終わったがもう1度入りたそうに未練を残しつ飛び去ったアオゲラ
Img_3219

アオゲラ

アオゲラ

| | コメント (12)

2011年7月 6日 (水)

最近の鳥

夏は暑いのがあたりまえなのだが都会は夜になっても温度が下がらない。
この時期は小鳥たちも殆ど繁殖を終わりあまり姿を見せなくなったが、巣立ったばかりのツミの幼鳥やその周りで繁殖をしているオナガの巣立ち雛を見ることが出来る。今回は最近あちこちで撮った画像です。

お兄ちゃんやお姉ちゃんはすでに巣立ち一番下の末っ子も急いで出てきたツミの幼鳥
Img_3123

周りでは親が餌を持ってくるのを待っている まだ尾が短いやんちゃ顔のオナガ幼鳥
Img_2936

親が来ると一斉におおきな口を開けて餌をねだる声が賑やかなオナガの幼鳥
Img_2938

すでに換羽が始まっているのか後頭の飾り羽も少なくインパクトのないカラシラサギ
Img_3017

2羽居たというがこの時は1羽しか残っていなかった餌を探して歩くカラシラサギ
Img_3004

まだ、森の中に居るのでしょうか MFの道の側に落ちていたフクロウの羽
Img_3077

樹液の出る幹に蝶やスズメバチやコガネムシなどの昆虫が集まっていた ルリタテハ
Img_3050

| | コメント (12)

2011年7月 3日 (日)

水浴び

毎日暑い日が続く、これからが夏本番だというのに。
高原へ行った時に狭い砂利道の水溜りにホオアカが4羽集まって水浴びをしていた。見ていたらそこへアオジも参加して小さな水たまりは小鳥たちでいっぱいとなった。ほんの5,6分だったが賑やかに水しぶきを上げていた小鳥たちが去った後はまた爽やかな風だけが通り抜ける静かな高原の小道になった。

炎天下にお風呂にどっぷりと浸かって気持ち良さそうにしていた ホオアカ
Img_2861

猛烈な勢いで水しぶきを派手に上げて全身浴を始めたホオアカ
Img_2857_2

この暑い時には水浴びが超気持ち良いとばかり満足げな表情の ホオアカ
Img_2807

4羽が小さな水溜りに入れ替わりに入って水浴びに夢中だった ホオアカ
Img_2767_2

そこへアオジの♂も入ってきて小さな露天風呂は小鳥たちでいっぱいになったホオアカ
Img_2735_2

お先に失礼とばかり後から来てさっさと出て行くアオジとまだ居た長風呂のホオアカ
Img_2755_2

珍しく小道の横の低木の天辺に出て大きな声で囀っていた ウグイス
Img_2910

帰りに通りかかった牧場では仔馬が何頭も親に寄り添っていた微笑ましい光景
Img_2919

| | コメント (8)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »