« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月28日 (日)

晩秋の鳥

このところ朝は冷え込むが良い天気が続く。
今週はいろいろ雑用があったがその合間を縫って鳥見に出かけた。先日出かけた田圃では♂は見られなかったがコチョウゲンボウの♀タイプが稲わらの上で休んでいた。また今日は森でハイタカの♂が餌さの小鳥を探して上空を旋回していたし、猛禽の姿が良く見られるようになってきた。マヒワも相変わらず森を回遊し昨日はその中に赤いのが居たというのでカメラマンで賑やかだった。

稲わらにとまっていた恰好良いコチョウゲンボウ♀タイプ
Img_1424

晩秋の青空を背に森の上空を旋回していた ハイタカ♂
Img_1573

真っ直ぐにこちらへ向かって飛んできた田圃のハイタカ
Img_1163

電線にたくさん並んでとまっていた ニュウナイスズメ
Img_1349

顔の白い眉斑がよく目立つお洒落なニュウナイスズメ
Img_1359

先日、まるで暴れ竜のような乱れた雲が浮かんでいた
Img_1256

| | コメント (14)

2010年11月22日 (月)

収穫なし

土曜、日曜と良い天気が続いた。
昨日、午前中は写真展会場で午後からミヤマガラスやコクマルガラスが居たという田圃へ出かけたが、なぜか殆どカラスの姿を見つけられなかった。行動範囲の広いミヤマガラスは何処へ行ってしまったのか、この日はカラス日和ではなかったようだ。仕方が無いのでもう少し遠くのポイントにも行ってみたが時間が遅くなってしまい晩秋の太陽はかなり西に傾いていた。ここでは100羽弱のミヤマガラスと少数のコクマルガラスが見られたが淡色型は入っていなかった。陽も遠くの山に沈み始め諦めて帰る途中に田圃に降りているコチョウゲンボウの♂を見つけたが飛んで電線にとまってしまった。今日は殆ど収穫がなかったので写真は最近撮った鳥たちです。

紋付の着物を着てよく鳴いている可愛い ジョウビタキ
Img_0887

田圃の農道で1羽だけ車の直ぐ下に居た タゲリ
Img_1040

遠いところにチラッと出て来たが直ぐに降りてしまったホオアカ
Img_0814

田圃に降りていたが飛んで電線どまりのコチョウゲンボウ♂
Img_1221

地上の草はらでバッタを見つけたのでしょうかチョウゲンボウ
Img_1197

| | コメント (10)

2010年11月18日 (木)

田圃の空

昨日の雨も上がり朝から青空が広がるが寒い。
森は代わり映えがしないので田圃に行ってみた。土手から見ると遠くの木にオオタカがとまっているだけでカラスも少なく静かだった。農道を歩いていると突然前方から小型の猛禽が飛んできた、ハイタカだ!目の前を通って土手に居た小鳥を狙って猛進、しかし失敗。少し旋回して森に消えた。戻って来ないかなあと思いながら歩いていると今度は反対の方向からまたハイタカが飛び出した。これも小鳥は捕れずに旋回しながら高度を上げていったが最初と2回目のとは別個体のようだ。田圃の空も猛禽が揃って来て賑やかになってきた。

今年も彩湖や森や田圃の空を飛び廻っている ハイタカ
Img_1096

毎年MFに越冬しにやって来る ハイタカ
Img_1072

雲がバックになると色が出ないが恰好良く飛ぶハイタカ
Img_1088_2

反対方向から来たこの個体は♂のようだ ハイタカ
Img_1118

午後から風が強くなり雲が出てきた、カラスを嫌うオオタカ
Img_0940

煩くつきまとうカラスを避けて飛び出した オオタカ
Img_0942

雨水がたまった田圃から「ジェ」と鳴きながら飛び出すタシギ
Img_1005

今は田圃に水気があるのであちこちに居る タシギ
Img_1006

午前中は良い天気でポカリポカリと浮かんでいた白い雲
Img_0886

今年も開催します。皆様のお越しをお待ちしています。
Web10

| | コメント (10)

2010年11月14日 (日)

MF周辺

穏やかな天気が続いたが今日は雲が多く明日は雨模様の予報。
森はツグミの数が随分多くなり空を群れで飛んでいる。マヒワもいつ居ている。田圃を歩くとあちこちからタシギが「ジェ」と声を出して突然飛び出す。彩湖では赤いのは見られなかったがベニマシコも入ってきたようだし、水面にはハジロカイツブリが浮かんでいた。カモはヒドリガモ、キンクロハジロ、カンムリカイツブリ、オオバン、ヨシガモも少し居た。

MF周辺の森も赤や黄色に色づいてきた木々の紅葉(黄葉)
Img_0788

すぐ近くの木を鳴きながら登っていたが枝かぶり アオゲラ
Img_0882

いつも賑やかにおしゃべりをしながら群れてる メジロ
Img_9343

まだ草の中にすぐ潜ってしまうので見にくい オオジュリン
Img_0663

赤いのは見られなかったが少し遠くに出た ベニマシコ
Img_0853

今年もやって来たここでは少数派の ハジロカイツブリ
Img_0793

今季もMFの空のあちこちで見られると嬉しい ハイタカ
Img_0760

| | コメント (10)

2010年11月11日 (木)

秋の遠征完

今日は4日ぶりに船が出るというので最終日となる。あまり時間がないので近場の地上に居たキクイタダキやシベリアジュリンを探していると急に真っ黒な雲が出て猛烈な雨が降ってきた暫らくするとバラバラと「あられ」まで降って来たが雨は30分ほどで止んだ。秋は天候が荒れるし例年だと鳥が少なくて暇な時間が多いのだが今年は種類も数も多く暇な時間は余り無かった。お陰で「ブログ」も長くなってしまった。
同行された皆様お世話になり有難うございました。

燃えてる!頭頂がまるで炎のような赤い色になったキクイタダキ
Img_0619

炎のように燃える前の少し赤い色がついたキクイタダキ
Img_0624

針葉樹の中で餌さを探している小さくて可愛い キクイタダキ
Img_0353

枯れ草にとまったので見難いが シベリアジュリン
Img_0712

強い風で後頭の羽が煽られている シベリアジュリン
Img_0718

黄色に染まった冠羽がオシャレなミヤマホオジロ
Img_0674

置いてあった自転車に乗って何処へ行くのミヤマホオジロ
Img_0465

とまっている屋根の鬼瓦より恐い顔に見える イソヒヨドリ
Mg_0046

| | コメント (12)

2010年11月10日 (水)

秋の遠征4

日曜日以降は毎日雨模様の荒れた天気となる。初日に姿を確認したが小さいし動きが早くなかなか撮れなかったチフチャフを何とか撮ることが出来た。それと林の中ではこれも小さなカラフトムシクイやキマユムシクイがせわしなく針葉樹の中を動き回って撮るのに一苦労した。現地で会った色は派手ではないが小さな鳥ばかりを集めてみました。

草むらの中を動きまわり上手く撮れない小さなチフチャフ
Img_0159

細い嘴と黒い足のチフチャフ
Img_0102

オレンジ色の♂が見たい 尾羽を上下させていたオジロビタキ
Img_0278

可愛い大きな眼でじっと見つめていた オジロビタキ
Img_0475

小さくて動きが早く居たと思ったらもう居ないカラフトムシクイ
Img_0551

針葉樹の間を忙しなく動きまわる カラフトムシクイ
Img_0569

この鳥も最小の部類に入るので撮り難い キマユムシクイ
Img_0207

毎日 鉛色の空と荒れ狂う海岸から見た海
Img_0704

| | コメント (4)

2010年11月 9日 (火)

秋の遠征3

台風の影響は無かったが低気圧がいくつも停滞していて天気は荒れ、雨が降ったり止んだりで風も強くなってきた。強風で海岸線を歩くのは遠慮した。船は日曜日に出たきりで後は暫らく欠航になるという。この日は7年ぶりのご対面となったヤマヒバリが何箇所かで見られ撮影もできた。また、キレンジャクやヒレンジャクの十数羽の群れが入ってきた。

7年ぶりの出会いとなった数少ないヤマヒバリ
Img_9821

両側の太い眉斑がよく目立つ正面顔の ヤマヒバリ
Img_9812

近くの地上で草の実?を探して食べていた ヤマヒバリ
Img_9737

飛んできて蔓の絡まった低木にとまった キレンジャク
Img_0011

何か叫んでいるのかどうか、大きく口を開けたキレンジャク
Img_0522_3

強い風で冠羽が逆立ってカッコいい顔になったキレンジャク
Img_0530

群れで枯れ木にとまって「チリチリ」と鳴いていたキレンジャク
Img_0088

高く上がり海の方に向かって飛んで行った コミミズク
Img_9836

朝の雨が降る中なのでよく映らなかった ホシムクドリ
Img_9644

海は大荒れでたくさんの海鳥が飛んでいた
Img_0367

| | コメント (6)

2010年11月 8日 (月)

秋の遠征2

2日目、台風が接近中、船が出るのだろうかと心配したが無事渡れた。現地に着くとすぐヤマヒバリやチフチャフが見られたが写真は撮れない。ベニヒワやマヒワは大きな群れでたくさん居る。まだここでは初日慌てる事は無い。3日目、オオマシコが入っていると聞いていたが林の中を歩いているとTさんが何か撮っている、近づくと目の前に真っ赤なオオマシコが2羽で盛んにヨモギを食べていた。4,5羽いるというが2羽しか確認できなかった。久し振りのオオマシコだったのでたくさん撮ってしまった。

久し振り、葉陰から顔を出した真っ赤なオオマシコ
Img_9607
狭い道の目の前でヨモギの実を啄ばむ オオマシコ
Img_9598
口いっぱいに実を頬張りムシャムシャ食べる オオマシコ
Img_9572

食べ終わり一休みする赤い衣装が鮮やかな オオマシコ
Img_9393
頭の赤いベレー帽がチャームポイントの ベニヒワ
Img_9163
ヨモギの実は美味しいのか色々な鳥が食べていたベニヒワ
Img_9958
大きな群れの中でも数は少ない胸まで赤い♂ ベニヒワ
Img_9797
ススキ?にいろんな鳥がとまっていた ベニヒワやアトリ
Img_0029_2
あちこちに大小の群れで飛び廻っていた黄色い マヒワ
Img_9223
背の低い草の中で餌さを探して食べる数羽の マヒワ
Img_9381

| | コメント (6)

2010年11月 6日 (土)

秋の遠征1

今年の秋の遠征は悪天候の為、大幅に日程をオーバーしてしまったが、鳥の種類と数が多く退屈する事無く結構楽しめた。
先ず1日目は佐渡で放鳥され本土に渡ってしまった♀のトキに会いに行く。情報を聞きながら海沿いの田圃を探していると、居ました!朱鷺色の綺麗な羽で飛んでいた。近くの田圃に降りたので足輪やアンテナが付いていたがじっくりと観察する事が出来た。佐渡では今年も放鳥したそうだがたくさん増えて大空を群れで飛んでいる姿を見られたら素晴らしいだろうなと想像してしまう。

綺麗だ!人を惹きつける魅惑の朱鷺色の翼で飛び立つトキ
Img_8985

足輪がたくさん付いているが赤い顔がひときわ目立つトキ
Img_8980_2

田圃に降りて餌さを探して歩く正面から見た トキ
Img_9099

今ではだいぶ人馴れして余り警戒しないで歩く トキ
Img_9154

どんどん増えて欲しい、発信機をつけているが優雅なトキ
Img_9030

| | コメント (18)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »