« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月29日 (水)

森の池で

昨日の猛烈な雨も上がり晴れ間が見えてきた。
雨の後の森へ行く、一回りしたがコサメビタキやキビタキは居たが以外と寂しいので隣の森に行こうと思っていたら、先に行ったMさんから池にアカエリヒレアシシギが居ると連絡が入った。すでに数人のカメラマンが来ていた。池には1羽のアカエリヒレアシが泳いでいた。田圃などでは時々数羽が来ることがあるが、この森に来たのは初めてと思われる。この池は2,3日前までは干上がって底がひび割れていたが昨日の集中豪雨で溢れんばかりに水を湛えていた。群れから離れてしまったこの個体にとって渡り途中の休憩地として絶好の場所だったのかも知れない。

森の中の池で泳いでいた冬羽のアカエリヒレアシシギ
Img_6510

群れからはぐれてしまったんでしょうか アカエリヒレアシシギ
Img_6502

池に浮かんでいる枯れ木に乗って アカエリヒレアシシギ
Img_6388

底から生えている草の実を食べていたアカエリヒレアシシギ
Img_6504_2

| | コメント (8)

2010年9月26日 (日)

涼しくなった

数日前から急に涼しくなり長袖でないと寒いようになった。
今日はMFの森は静かなので近場の低山へタカの渡りを見に出かけた。先着の方に聞くと12時過ぎで230羽ぐらい飛んでいるとのこと、しかしたまに近いのも居たが、殆どが青空に溶け込んで見え隠れするような高くて遠いところを通過していったので撮影は無理だった。画像は最近ちかくの公園で撮った鳥たちです。

今日のタカ見で唯一撮れた1枚、数羽でタカ柱をつくるサシバ
Img_5717

近くの公園で目の前のヤナギの木にとまったツミの幼鳥
Img_6034

小さな身体でも流石猛禽、鋭い目をした ツミ
Img_6023

かなり距離のある池の対岸で一休み、上と同じ個体のツミ
Img_5944

池の周辺は小鳥たちのオアシス、水浴び後のオナガ
Img_5877

スタミナ食のスッポンを捕まえたが食べるのに苦労するカルガモ
Img_5823

午後からは真っ青だった空に広がってきた 今日のうろこ雲
Img_6249

| | コメント (10)

2010年9月22日 (水)

渡りの途中

9月の下旬というのに真夏のような暑さになる。
昨日、渡り途中のノビタキが来ているという田圃に行ったが、朝は居たが今は行方不明という、暫らく探したが姿が見えないので別の田圃へ行ってみたら土手の草に茶色いノビタキがとまっているのが見られた、2羽居るようだ。時々畔に降りたりして餌さを捕っていた。

秋は茶色い個体ばかしだが毎年来るのを待っているノビタキ
Img_6118

この暑さには参った!と口を開けっぱなしの ノビタキ
Img_6136

暑いので地上に降りて日陰で涼む? ノビタキ
Img_6104

森は鳥影が少ないので渡りのタカが見られる近郷の低山へ行った。着いたのが遅かったが先着の人に聞くとまだ飛んでいないという。暫らく待ったが飛ぶのは地元のオオタカやノスリ、チョウゲンボウなどでまだ時期が早いのかまったく気配が無い、暑さも厳しいので諦めて引き上げようと思っていたらほぼ真上に大きなタカが2羽飛んできた。1羽はトビだったがもう1羽はハチクマだった!しかも比較的低いところを飛んでくれた。例年ここの渡りはサシバが多くハチクマは数少ない。余り期待していなかったのでたった1羽だったが渡りのメッカでたくさん見るのとはまた違った嬉しさがあった。

たった1羽だったが羽の模様もハッキリ見えた ハチクマ
Img_6151

タカの仲間では比較的長い首を傾けながら飛ぶ ハチクマ
Img_6168

| | コメント (4)

2010年9月19日 (日)

連休のMF

朝晩は随分涼しくなったが昼間はまだ暑い。
森はバーベキュウの人は多いがバーダーは以外と少ない。タカの渡りなど遠出をしている人が多いのかも、鳥も少なめで唯一コサメビタキやエゾビタキの来るアカメガシワの木の下だけにカメラマンが集まっていた。今季まだ撮っていないツツドリを探して歩きやっと木の高いところに居たのを見つけたが、遠いので良い写真は撮れなかった。

高いところにとまっているのをやっと見つけた灰色型のツツドリ
Img_5767

枝が込み入ってあまり良く撮れていませんが赤色型のツツドリ
Img_5588_3

MFの池で一つだけ咲いていた真っ赤な スイレン
Img_5780

赤繋がりで、花、トンボ、鳥、赤が鮮やかなショウジョウトンボ
Img_3458

収穫が余り無かったのでよそで前に撮った炎の鳥アカショウビン
Img_1457_2

| | コメント (10)

2010年9月15日 (水)

秋へ

今日は朝から長袖が欲しくなるほど涼しくなり季節は急に秋へと替ったようだ。MFの森は今日も2羽のサンコウチョウが飛び回り、コサメビタキもいる。また新たにヤマガラも入ってきたようだ。これから一雨ごとに涼しくなり渡りの鳥たちも増えてくるだろう。

このところ毎日姿を見せて楽しませてくれるサンコウチョウ
Img_5325_2

飛んでいるのではありません、クモ?の糸に掛かったシジュウカラ
Img_5516

「あれっ、しまった」上を見上げて唖然とする シジュウカラ
Img_5517

力を込めて引っ張ってみたが外れない シジュウカラ
Img_5518

今度は上に向かって外そうとする、数分間の奮闘の末に力いっぱい引っ張って外し無事に飛び去った。良かった! シジュウカラ
Img_5525

田圃では半分以上の稲刈りが終わり夏場は姿を見せなかったオオタカが定位置にとまりそれを上空からチョウゲンボウが急降下し威嚇していた。また同時にノスリも空を旋回し秋から冬にかけて良くみかける猛禽たちも揃ってきた。

上空を旋回し電柱のオオタカにモビングしていたチョウゲンボウ
Img_5539

秋の空に幅の広い翼を広げて悠然と飛ぶノスリもやって来た
Img_5555

夏場は姿を見せなかったが田圃の電柱で休むMFのオオタカ
Img_5530

| | コメント (8)

2010年9月11日 (土)

秋の小鳥たち

また暑さが戻ってしまったが来週からは少し涼しくなるという。
昨日、森に行ってみるとコサメビタキが数羽アカメガシワの木でさかんに餌さを捕っていた。それから暫らくして少し離れた場所にエゾビタキが居るというので行ってみるとヤナギの枯れ枝の天辺でこちらもフライングキャッチを繰り返していた。近くにはサンコウチョウやキビタキやツツドリも居た。いよいよ森も数は少ないが秋の渡りの小鳥たちがやって来た。

この森には春にも秋にも立ち寄ってくれる サンコウチョウ
Img_5414

暗いところを飛び廻っていたので撮り難かったサンコウチョウ
Img_5292

ちよっと失礼、尾羽を広げた後ろからの サンコウチョウ
Img_5323

ヤナギの枯れ木の天辺に何回も戻ってくる エゾビタキ
Img_5150

此処は餌さの虫が多いんでしょうかずっと居た エゾビタキ
Img_5451

アカメガシワの周辺で数羽が見られた コサメビタキ
Img_5057

| | コメント (10)

2010年9月 9日 (木)

今日のMF

昨日台風が通過して今日は一転して涼しくなり気分は爽快。
雨も上がったので森に出かけてみた。数日前には30羽以上のエナガの群れが見られた、多少数は減っているようだが今日も賑やかにおしゃべりをしながら飛び廻っていた。他にはキビタキやムシクイ、コサメビタキなどが見られ、ツツドリもいたようだ。

今季も立ち寄ってくれたクリクリ目玉が可愛いコサメビタキ
Img_5013

上のオニグルミの実と同じくらいの大きさに見えるコサメビタキ
Img_5013_2

暑い日が続いたが、季節の移ろいを実感する コサメビタキ
Img_5016

数日前は30羽以上の群れで賑やかだった エナガ
Img_4952

この群れが移動してしまうと急に静かな森になる エナガ
Img_4967

後ろからですが、紫黒色の金属光沢が綺麗なチョウトンボ
Img_3484

MFの森でもよく見られるようになった アカボシゴマダラ
Img_4984

| | コメント (2)

2010年9月 5日 (日)

今週のMFと海

暫らく雨が降らないので田圃も森もカラカラになっている。
今日、そろそろ森にも渡りの鳥たちが来ていないかと思い行ってみた。一回りしても何も居ないように思えたがシジュウカラの群れが居たので良く見たらその中にキビタキとムシクイが入っていた。キビタキは撮りそこなったがやはり渡り途中の小鳥たちが寄っていたのだ。これからだんだん増えていくだろう。

キビタキやシジュウカラ、メジロとの混群の中に居た ムシクイ
Img_4754_2

目の前のヤブの中でゴソゴソと歩いていたコジュケイ
Img_4883

大きな声で「チョットコイ、チョットコイ」と鳴いていたコジュケイ
Img_4884

テニスボールほどの子供を4,5羽連れていたコジュケイの親子
Img_4925

昨日、MFの田圃は少ない休耕田も殆ど干上がり僅かにヒバリシギとクサシギが見られた程度だった。

今年は多いのでしょうか8羽も居たヒバリシギと1羽のクサシギ
Img_4784

先日、行った海辺ではミヤコドリの数が増えて30羽ほど居た、それとミユビシギが多数集まっていたが、他のシギチの種類や数も少なかった。

先週よりも増えてきたという ミヤコドリ
Img_4182

エンジン付きのパラグライダーに驚いて飛んだミヤコドリ
Img_4217

餌さ捕りに夢中、たくさん食べて体力をつける オバシギ
Img_4168

| | コメント (10)

2010年9月 2日 (木)

鳥が集まる田

9月に入ってもまだ猛暑日が続く。
昨日、干潟には毎年入るが、田圃に数少ないキリアイが入っているというので少し遠くの田圃に撮りに行った。ここの田圃も稲刈りが進み水を抜いているので殆どが干上がって僅かに残っている水のある田にシギチが集まっていた。その中にキリアイとオグロシギやエリマキシギ、アオアシシギ、コアオアシシギ、ヒバリシギ、オジロトウネン、ソリハシシギ、トウネン、ムナグロ、クサシギ、イソシギなどが居た。

1羽でエリマキシギと行動を共にしていた オグロシギ
Img_4591

まるで親子のようなエリマキシギと一緒に オグロシギ
Img_4568

エリマキと一緒だと身体が一回り大きい オグロシギ
Img_4489

やっぱり田圃で見ると周りが綺麗なので良いキリアイ
Img_4698_2

頭の縦じま模様が特徴でよく目立つ キリアイ
Img_4678_2

畔でじっとしていたらすぐ近くまでやって来た キリアイ
Img_4653

トウネンの群れと一緒に餌さを捕っていた キリアイ
Img_4665_2

トウネンの群れから離れたところに居たオジロトオネン
Img_4646

何処からとも無く鳴きながら飛んできたムナグロの群れ
Img_4598

| | コメント (5)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »